時期尚早

 
 
せっかく出かけたもののまだ蕾の方が多くて、視界いっぱいの…は拝めず。_ノ乙(、ン、)_

色の濃いのめっけ♪
色の濃いのめっけ♪

ちなみにこんな場所♪

北海道ではないけど♪
北海道ではないけど♪(2014年10月8日撮影)

この後に行った某エキナカのメシが…高い!・不味い!・(接客)悪い!…と三拍子揃ってくれて、
「あんな店でも成り立つなんて、ナント羨ましい!」と負け犬の遠吠えを………。(´Д`)ハァ…


絶滅危惧種

某所にあげたこちらでの俗称アナゴの浜焼きの補足を♪
あちらの写真はフィルターをかけたものなれども、そのオリジナルがこれ。

久々のアナゴ
久々のアナゴ

ずいぶんご無沙汰していたこちらの魚屋さん(リンク先にある公式サイトはOCNの“PageON”サービス終了のため、閉鎖されたらしい)へひょんなことから立ち寄ったら、何年か「アナゴはないよ」が続いたために「もう食べられなくなった」と記憶から消し去っていたこれが並んでいてビックリ。「これはもう買うしかないでしょ!」といつもの呪文を唱えると、ナント秤に乗せられ重さによって値段が変わるシステムに変わっていたのに二度ビックリ。

ブツ切りにする前の2本で1,400円(税込)とプチ贅沢に合わせるは睡龍生酛純米H21BY(生憎とH19BYは欠品中・泣)のアチチ燗♪

ところで、この俗称アナゴの正体は…クロヌタウナギ(以前はクロメクラウナギと呼ばれていたが、差別的な名前だということで2007年に日本魚類学会から日本産魚類の差別的標準和名の改名最終勧告を受ける)というあのお蕎麦屋さんでもおなじみのアナゴとは全くの別物。何しろ生息するのが深度50〜400m(後述の秋田では100m前後?)の海底というだけあって獲ってくれる漁師がいない。確か出雲崎でも「やっと1人、後を継いでくれた!」と魚屋さんが喜んでいた頃は当たり前のように目にしていたのに、「アナゴはないよ」と珍しく不機嫌なおばあちゃんに何回か会って「また獲ってくれる人がいなくなったのか」とこのタイトルどおり「もうお目にかかることはないかも」と半ば諦めていた(スーパーで売られていることはあってもあの味と値段では買う気にもならない)だけあって感慨一入!
※クロヌタウナギの大きな画像を見たい物好きな方は… → こちらで♪(笑)

秋田には“棒アナゴ”と呼ばれる似たようなものがあって内臓や血を抜いて干すらしいけれども、出雲崎のはまるごと茅の串に刺されて炭焼きにするのが特長かも。
ただ、先に挙げた秋田でも漁師不足は否めないようだから、この先いつまで食せますやら………。

昨今は世界遺産などへの登録がブームのようで、とうとう和食までもユネスコの無形文化遺産になってしまいましたが、登録そのものがまるでイベントになってしまい、またぞろ広告代理店の喰い物にされているかのよう。
何でも遺産としてしまうことよりも、どんなに時代が移ろっても伝統的な食が日々の食卓に登るのが当たり前の世が続くことこそがその本質なのでは…と思うおやぢでありまする。


葉月晦日

 
 
今日も今日とて正午前に三条市で35℃を記録する猛暑。
ちょっとは涼しい思いをしてもバチは当たらないでしょ♪(笑)

冬の新潟は二階から出入りする?(38豪雪の頃)

 
こちらはちと艶っぽく♪
十日町小唄の世界♪

人が見たらば 横丁へよけて
雪のトンネル 隠れ場所
恋の抜け道 まわり道

 
「月末なんてなければいいのに……」と完全逃避モードです。_ノ乙(、ン、)_


はいしゃ

歯医者さんじゃなく、車の方の『廃車』のお話です。
先月、雪道でヘマをやらかしてしまった荷車の成れの果て。

ローブローにより大破!_ノ乙(、ン、)_

幸い怪我はなかったものの、衝突の衝撃はラジエーター、フロントの足回りや操舵装置に加え、クラッチペダルとフロントグリルにまで及び、あっさり全損宣告が出されました。_ノ乙(、ン、)_

如何に売れない酒屋とはいえ荷車無しではお酒の移動も儘なりませぬゆえ、土地柄4WDは必須で早速当たってみたものの、100万円を超える新車に手が出るはずもなく、昨年の震災も相俟って中古車市場は高騰の一途。
【例】販売されている中古車 → ダイハツ北海道販売

「古い年式ながら走行距離が少ないからどう?」と辛うじて見つけてもらったのも支払われた保険金の3倍弱という、トホホな有様。
てな訳で、甚だ心苦しく存じますれど、善良なる皆様の情けにお縋りいたしまする。
 
小さな善意も積み重なれば大きな愛に!(どこかで聞いた台詞)
どうぞよしなに。m(_ _)m

春のたすけあい受付中!(汗)

 
 
 


あのねぇ〜

【身近から消えたもの】
懐中電灯・乾電池・カセットボンベ・灯油ポリ容器・ウエットティッシュ・ティッシュペーパー・トイレットペーパー・幼児用紙おむつ・粉ミルク(後ろ二つは、共に昨夏生まれた乳幼児を抱えるT兄家・H兄家情報)

 
1970年代にあった二度のオイルショック時を彷彿させる狂乱ぶり。
他にもカップラーメンなどインスタント食品やミネラルウォーターなども棚から消えたようですけれど、それは無くても困らないから外すとしても、何やっているのでしょうかねぇ。
目先の不安で騒いだところで、とどのつまり…なるようにしかならないでしょうに。

震災時にも秩序を乱さぬ様から「日本は凄い!!」と絶賛する海外の声もあるものの、こうしたさもしい行動心理に加え、祝事や祭事の自粛は然も然も当然という必要以上のネガティブ指向に関しては、日本人であることを恥じ入ってしまいまする。


多謝、そして複雑

電話が繋がらずにご心配をおかけしたみなさま、お気遣いありがとうございました。
おかげさまで人も、そして最も気になったであろうお酒もすべて無事です!! (笑)
一番娘と二番娘、それに弟一家とも連絡が取れ、家族の無事が確認できました。

それにしても悲惨な光景がTV画面の向こうに…。
被災された方々へ心からのお見舞いと、まだ安否が不明な方々のご無事をお祈りいたします。

そんな処へ一本の電話(同一エリアの固定電話)が…。

被災した自社工場(福島県)からの援助要請とはいえ、ミネラルウォーターを500箱(2.0L×6)を至急調達したいという某社からの依頼でした。
同僚を思う気持ちは分からないでもありませんが、この非常事態にそれだけの数量を一社で独占していいものでしょうか!?
 
「あんたのところだけが困ってるんじゃねぇ!!」
 
宅配事業者各社が被災地向けの荷物の受け付けを止めたため、親戚や知人に送りたくても送れない人たちを尻目に、「関連の運送会社を使って送るから」と大手メーカーならではの対応力を羨ましく思う反面、釈然としないものを感じるのはおやぢだけ?


10月1日は…

昨日の朝、関西から一枚のFaxが届きました。
それによると…

新潟で生まれた純米酒がこの値段!? 【10月15まで期間限定】
新潟県産の酒米「五百万石」を使用し、独自の「○○酵母」で仕込んだ本格純米酒。
通常1,080円を特別価格で!
1本○○○(税別)
しかも送料無料!

  • 完全先着100ケース
  • 高級感のある専用の白酒袋包装付きです!
  • 新潟酒特有の淡麗辛口と濃醇な味わい!

商品名:純米酒 ○○
容 量:1,800ml
原 料:五百万石・米こうじ
度 数:15〜16度
その他:日本酒度+3/精米歩合65%
蔵 元:○○酒造株式会社


希望小売価格:オープン
参考税込売価:1,480円

まるでモノクロ (汗)
まるでモノクロ (汗)

いよいよ本番♪
楽しみなおチャケたちの到着を待つ日になるはずがもう…

朝っぱらからこの写真のように…
どよ〜ん!?!?
あるいは、鬼瓦の飾りのように…
怒髪天を衝く!?!?

さて、おやぢの気分はどっちだったでしょ? (爆)


夜の訪問者

shikishi.jpg暗くなってから、声もなく、のそ〜っと入ってきたおじさんが…。
店の中をうろうろ歩き回った挙げ句、
「八海山や越乃寒梅は置いてないのかい?」
どことなくブローカーっぽい。
「あぁ、それでしたら、○○(某スーパーマーケット)へ行けば並んでいますから、どうぞぉ〜」
もったいないから、塩も撒きませぬ。X-)