洋食にも燗酒♪

まずは…

Merry Christmas!

今年は…

YouTube? それともNORAD? はたまたダブルで? (笑)

さて…
昼はcafe、夜はbarながら、マスターにお願いすれば燗酒も♪というお店で年忘れの会をやることになったものの、お店がメニューに悩むことに。
「日本酒だとやはり和食主体の方がいいですか?」
「日本酒を意識して和風にしなくても、いつものままで」
下段は和のテイストですが、鍋の味付けは塩♪
この他に “茄子のブルーチーズからめ” も登場するなど、いつもの宴とはまったく毛色の違うメニューでも…


飲むのはやはり…

どぶは私物の17BY♪
どぶは私物の17BY♪
地元組のKINTAさん、Creedさん、そして援軍のちゃむさんも。
都合により参加できなくなったま・ぜらさんの分までたっぷり飲みましたから…
最後はただの大酔っぱ!! (汗)

ご参加いただいたみなさま、お忙しい中お差繰りいただき、ありがとうございました。
そして、我が儘なお願いを聞入れてくださった “ho.cca” の中島さんご夫妻、たいへんお世話になりました。
またいつか、このカウンターでまったりと♪


cafe&bar ho.cca -ほっか-
 新潟県見附市葛巻1丁目94-49
 Phone. 0258-63-5873
 10:30〜16:00:cafe time
 18:30〜 23:00:bar time
 木・日曜休み

より大きな地図で ho.cca を表示

燗酒の縁 -東-

異空間♪
異空間♪
飲みはじめた頃は明るかった空もすっかり暮れて…
ようやくお邪魔できたのは、こちら♪
「初めまして、おやぢです」
「いらっしゃい、お待ち兼ねですよ」
と案内された席ではお久しぶりの顔ぶれが既にスタート。
「遅れてすみませんでした」
( ^_^)/▽☆▽\(^_^ )カンパーイ!

こちらの定番、寄り道セットをいただきながら、“龍勢” や “いづみ橋”、“花垣” などにおつきあいしていたものの、いつも電話でお話しながら思い描いていたイメージと全く違ったご主人が…

へぎ刺し? (笑)
へぎ刺し? (笑)
「いい鯛があったから」
と麹蓋より深い、へぎそばの五升盛りはあろうかという木の器に盛られたお刺身を用意してくださったとあっては、やはり…
「すみません、これ、お燗してもらえますか?」

●群馬泉 山廃純米吟醸 “淡緑” H19BY
こちらには “山廃酛純米” を定番にしていただいておりますが、めったにない顔ぶれでもあり、ご主人にもこの味わいを知っていただきたかったので、風呂敷に包んで持参した一本の登場♪
「これも良かったら…」
とすかさずたっぱさんが取り出したるは…
あれ〜!?!? 何でしたっけ、どぶ?

看板&燗番娘♪
看板&燗番娘♪
おなじみの顔ぶれ♪
おなじみの顔ぶれ♪
「お店の写真、撮らせてもらってもいいですか?」
「おやぢさん、ぜひここ撮って!!」
と自慢のコーナーもご主人の手作り!?
しかも居並ぶはどれもおなじみ、まっとうな燗酒ばかりがズラ〜ッと…。短い間でよくもここまで!?!?
↓でご案内している公式サイトの日本酒メニューがどんどん変わっていく有り様は、そのままお店の変わり様でもあったはず。
今度はピアノの会にもぜひお邪魔したいものですな♪

おつきあいいただいた先輩諸氏とたっぱさん。
ご多用中にも関わらず、ありがとうございました。
ご主人の小川さんはじめ、お料理を担当してくださる奥様、そしてお酒担当のお嬢様。
遅ればせながらたいへんお世話になりました。
これに懲りずにどうぞまたよろしくお願いいたします。

【余談】
最近はどちらも若い店主さんばかりで、おやぢより年上の方は久しぶりでしたけれど…
同世代ですから、次回はカウンターに陣取って酒談義や料理談義でも♪ (笑)


■酒処 波葉菜亭公式サイト
 千葉県船橋市本中山2丁目23-9 〒273-0035
 Phone. 047-332-1988
 12:00~14:00・18:00~23:30
 日・月曜休み

より大きな地図で 波葉菜亭 を表示

燗酒の縁 -option-

暑い盛りに静岡へご一緒したたっぱさんから
「こちらへ来られるなら水先案内を…」
というお言葉に甘え、某ネズミ〜ランドの隣のICまでひとっ走り。
首都圏内と首都高を利用したため、さすがに1,000円ではムリ!!
でも、ETCのマイレージがあったから、実支払額はゼロ円♪

まだ日が高い内から おやじ組二人で目指すは、住宅街の一角にひっそりと佇む某店。
お店や料理の写真を撮ったはずなのに記録されておりませぬゆえ、ご容赦を。

ビールを珍しくお代わりした後は、こちらで唯一の地元産純米の燗酒へ。
うぅむ、悪くはないんだけど、糠臭いなぁ。(苦笑)
「昔の流儀を守るのも結構だけど、わざわざ味を汚してどうするの!?」
と夏前に旅先で仕入れた或る酒に感じたことを再び…。

アテは…確か、煮魚か焼魚を頼んだはずだけど、憶えているのは…自家製のお新香がうまい!!
同じく自家製の豆腐の味噌漬も◎♪
じっくり時間をかけて水抜きした豆腐を味噌に漬けて半年(?)経ったものなれど、
これほどうまく漬けられた豆腐は初めて!!
たっぱさん秘蔵の神亀の槽口は老ねも霞むほどの熟成具合。
あの味わいなら燗で飲ったらもっとうまかったはず。

そして、なぜか千葉で芋煮を…。(笑)
醤油味の山形内陸ヴァージョン芋煮はしっかり出汁が利いていて、バカウマ♪
この出汁のおかげで…
「すみません、燗酒もう一本!!」(爆)

こちらは決して今風な小綺麗な店構えではありませんし、出されるものも至って地味。
なれど、どれもきちんと手をかけ、真直ぐな味のものばかり。
『当店は化学調味料は一切使っていません』
とわざわざ断り書きをするくらい、調味料や仕事にもこだわりをお持ちの様子。
お年よりも若く見えるご主人の話からすると、かなり原価高そう。(笑)
気さくな女将さんとお二人で切り回されるお店ですから、団体でドヤドヤと押し掛けるには不向きですが、
独りでぶら〜っと、あるいは気の置けない人たちと小人数でおいしいものを…には恰好ですな。

これでいつものまっとうなおチャケたちが一本でもあれば…は言いっこなし!?


燗酒の縁 -中-

お酒同様、ネタまで放置してしまいましたけれど…
この秋から拙庵にお目見えした “小左衛門” の中島蔵元が訪ねてくださいました。
「せっかくド田舎までお越しいただくのですから、一晩ゆっくり」
「ありがたいのですが…朝イチの飛行機を予約してしまったので」
ならば、せめてお時間の許す限り!! と鴨見もそこそこに別ルートで向かった先には…

ピンボケ -1-
ピンボケ -1-
十四代“目”ご当主♪
十四代“目”ご当主♪
オサムさんご夫妻、ま・ぜらさん、ちゃむさんが既にお待ちかね。
何で、みんな、こんなに早いの!?
「ビールを飲む人は?」
の問いにも全員…
「(し〜ん!!)」(笑)
「じゃあ、50℃ちょい上で」
と “純米播州山田錦六割五分” から♪
「あ、お酒は全部二合ずつね」
まずは…
「ようこそお越しを」
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
茄子のはず(汗)
茄子のはず(汗)
ピンボケ -2-
ピンボケ -2-
総勢7名のこぢんまりした「蔵元を囲む会」ですから、一つ一つのお話が全員にしっかり伝わりますし、こちらの質問にもすべて開けっ広げに答えてくださいますから、お互いの距離が急接近♪
この距離感、実にいい!!
かつ、実に贅沢!!
少人数だったこともさることながら、やはりいいメンツが揃ったからですな。
ピンボケ -4-
ピンボケ -4-
ピンボケ -3-
ピンボケ -3-
お酒は “山廃純米播州山田錦” へ。
次いで “生酛純米備前雄町” も。
この生酛の火入れヴァージョン、飲めるのはまだ拙庵のお客様のみ!! というありがたい一本♪
あ、もう一人いらっしゃいますね。
そう、あのお方!! (笑)

お刺身と新米のおむすびの写真を撮り忘れたことはご容赦を。
「あぁ、もう時間が!?!?」
お帰りになる小左衛門さんをお見送りした後は、もちろん…
「さて、延長戦開始!!」(笑)

ま・ぜらささん、ちゃむさんもお帰りという時になってから…
「あ〜っ、小左衛門さん、飲み逃げ〜!!」(笑)
帰りながら iPhone でメールをチェックしたら…
「すみません、お代をお支払いしていませんでした」というメールが来ていて独り笑い。
「新潟のみなさん、最高です!! また来ます」とつづけてあったことをお知らせして…。

スタッフの麻予ちゃん
スタッフの麻予ちゃん
遠路お越しいただいた小左衛門さんはじめ、平日にも関わらずお集まりいただいた、地元代表のオサムさんご夫妻、新潟から駆けつけてくださったま・ぜらさん、ちゃむさん、どうもありがとうございました。
またしてもお世話になった “魂 -Kon-” の本間店長にも感謝を。

三条にもまっとうな燗酒を飲ませてくれるお店がありますから…
みなさま、どうぞご贔屓に♪
本間店長の写真がないので麻予ちゃんの写真を♪
「えっ、こっちがいいですって!?」
お気持ちはわかりますが、店長も好男子なんですよ〜♪ (笑)


■魂 -Kon-
 新潟県三条市本町2丁目1-31 〒955-0071
 Phone. 0256-33-3451
 17:30〜24:00
 日曜休み

より大きな地図で 魂 -Kon- を表示

燗酒の縁 -西-

「今度の休みに…」「え〜、ホントですか〜」
まずはお蔵元に電話してご都合伺いと某店の予約をお願いし…
そして、あそこではやはり燗主さんのお店は外せないし、新星にも行っていただきたいし、予備は…。
翌日のお昼はここ。夜の予約を考えるとこのバスでここで降りてもらって…。
さらに次の日のお昼はお蔵にも近いここがいいか。
双方のお蔵にリレーもお願いし、温泉宿でゆっくりしていただいた翌日は…
う〜ん、JRで移動したことがなかったけど、あらためて調べると在来線は不便!!
などなど、いろいろありましたけれど…

防犯対策? (笑)
防犯対策? (笑)

浪速からのお客様とほぼ一年ぶりのご対面♪
「ようこそド田舎へ!!」(笑)

何もない荒屋でしばし雑談ときき酒タイムをお過ごしいただいた後は、新潟麦酒を遠目に眺めて柳都へ。
ちと予定が狂ったものの、飲み屋街を一回りした後、向かった店先にはこんな自転車が…。
「あ、もう来ている!?」
暖簾をくぐれば、ま・ぜらさんとちゃむさん、いつものコンビが先着。
柳都の燗星♪
柳都の燗星♪

ちゃむさんは浪速のお店にも伺ったことがあるだけに感慨一入?
じっくり腰を落ち着けて、飲むお酒はいつもの…
群馬泉・辨天娘・睡龍・小笹屋竹鶴・鷹勇
ちっとも変わり映えしないものの、やはりしみじみうまい。
どうせなら…
日置桜や鯉川もあるともっといいんだけど。(苦笑)
浪速の燗酒事情も伺いつつ、徳利が次々に空に♪
せっかく新潟へ来られたのですからこれも…
鶴の友純米♪
「これが油揚げ!?」と…
「これが油揚げ!?」と…

今だけはなぜか我が荒屋にもある純米と合わせるは…
お江戸ではかなり目にするようになったとはいえ、まだ関西までは届いていないようで、ちとびっくりされたご様子。
でも…
そのヘアスタイルでサングラスをかけた上に皮の上下に真っ赤なシャツ♪という出で立ちに、通りすがる人たちは一様におっかなびっくりの視線を送っていましたけど。(笑)

蔵朱 -CRUSH-” の大西さんご夫妻、
わざわざお越しいただき、ありがとうございました。
柳都の一夜、お楽しみいただけましたでしょうか?
また、“そばきり酒房 吟” の畔上さん、まっちゃん、いつもながらにお世話になりました。
そして、ま・ぜらさん、ちゃむさん、おつきあいいただき、ありがとうございました。

それにしても、メガネを外して飲んでいたらお馴染みさんに…
「聞いたことのある声なのに顔は違うし、人違いかと思った」と。(汗)


駿府炎上

今さら…という感もあるものの、行く前から「タイトルはもう決まっている!!」
と吠えていた手前、差し障りのない範囲で写真でも。(笑)

てな訳で… 夏遠足社会科編♪
詳しくは、こちらのM女史あちらのH女史の記事をご参照くだされ、とチョー手抜き!! (爆)
[nggallery id=1]
しかし、登崎さんはじめ、男性陣とは初対面だったにも関わらず、すんなり打解け、
「おぉ、やっぱりいたぁ〜♪」
と常連同士ならではの挨拶さえ似合いそうなほど。
まるでしょっちゅう顔を合わせているかのように、親近感どころか懐かしささえ感じるって、
やっぱみんな血の中に日本酒が流れている!?!? (笑)

それはたぶん、こんなことでもなければ滅多に行けない “しぞぉ〜か” の地に…
てんでに集まり、ユルユルやるのに相応しい顔ぶれが揃ったからなのかも♪

H女史、Sさんの両幹事、そして華音の店主、登崎さん、たいへんお世話になりました。
遠来のM女史と絶品の切干し大根をご持参くださったYさん、コワイモノ見たさのAさん、
お集まりいただいたみなさまにあらためて感謝を…。
どうもありがとうございました。

【夏遠足社会科編 お終い】

くいもんや 華音 -はなおと-
 静岡市葵区昭和町3-9 〒420-0033
 星ビル1F
 Phone. 054-273-8591
 18:00〜03:00(金・土曜…18:00〜05:00)
 月曜休み


夏遠足 -Digest-

やっぱ雨男!?
やっぱ雨男!?

ETCの土・日特別割引がありますから最寄りICからでも1,000円とはいえ、運転する身にとって大概の高速道路はつまらないこと、この上なし。それにわずか4〜5%ながらも遠回りとなると…
「○○まで下道で行くぞ」
深夜のニュースを見ながらスタートし、県境を越える頃からポツポツとフロントウインドウに当たってきた雨は次第に強さを増しまする。山中を抜ける真っ暗な一般道にも飽き、予定地点から高速道へ。
所々にできた水溜まりでズルッと後輪が滑る感触を味わいつつも2時間ほど走れば、目的地まで30分ほどに迫りましたから…
「少し寝ようか」
なれど…
大して眠ってもいないのに、いつもどおりの時間に目が覚めるのは年寄りの習性でしょうか。(苦笑)
それにしても日の出が遅くなりましたこと。

遠足ですからお約束の社会見学ももちろん♪
朝からお昼までしっかり見るものを見て、語ることを語った後は…

キラキラ光るは半熟白身?
キラキラ光るは半熟白身?
ビール、売ってないの!?
ビール、売ってないの!?

某店メニュー♪
某店メニュー♪
某店壁掛け♪
某店壁掛け♪


日付が変わるまで社会見学が続くことに…。
その内容は誰かが書いてくれたら「詳しくはこちらを」とご紹介しましょ♪ (笑)
数えたら…
数えたら…

そして、一夜明ければ、もうお帰り!!
決してこのマヤ遺跡を意識した訳ではありませんが、行き掛けの駄賃で立ち寄ったら、マヤの365段に及ばないものの、一段が30cmはあろうかという天然石の石段、287段が立ちはだかっておりましたゆえ、少なく見積もっても80m超、余計な飾りがなければ24〜25階建てのビルに相当する高さですから、上の方にいる人が豆粒ほどに見えても当然な訳でして…。

それにしても社会科ばかりか体育まである遠足って…。(爆)


参上仕り候

今を遡ることン十年前は、毎日、ぎゅうぎゅう詰めのディーゼルカーで通った街、三条。
金物・刃物で知られるこの街は昔から “本寺小路” という飲食街でも知られていますが、その一角に燗酒の店が!?
地元ともいえるこの街にまっとうな燗酒が根付いてくれたら、この上なくうれしいこと。

期待の燗星♪
期待の燗星♪

どぶ連” や “華燭の典” と先月から行事が立て込んでおりましたゆえ、遅ればせながらになってしまいましたけれども…
「今度お店にも…」
と足繁く通ってくださる店長との約束を果たすべく、どうせなら…
「たまにはゆっくり飲みませんか?」
と声をおかけしたところ、地元組はじめ、見附や長岡、それに新潟からはいつもの援軍ちゃむさんが馳せ参じてくださいました。

「ビール!!」「オレ、ビールいらない、燗酒!!」
と初っ端からテンションの高い猛者も♪
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
テーブルの上には…
テーブルの上には…
魂の純米
魂の純米

名前入りのお品書きはさておき、一升瓶に貼り付けられ、テーブルやカウンターの随所に置かれている酒のメニューに目をやれば、冷や酒系もあるものの、お馴染みの銘柄がずらり♪

下の写真にはこの時、お燗場に出動中だった群馬泉が写っていませんけれど…
「ここはどこ!?!?」
ってくらい、そうそうたる顔ぶれでしょ!?

燗酒団 -1- 今宵のお酒たち 燗酒団 -2-
前菜盛合せ 活けタコと葉葱の酒盗和えに夕取れアスパラガス 煮アサリの山葵みぞれ
夕取りの茶豆 刺身盛合せ(〆鯖・秋刀魚・カンパチ) 里芋の唐揚げ
地鶏焼き 漬物盛合せにはチーズの麹漬けも 長芋焼き

本間店長におまかせしたアテの数々をいただきながらも、冷し酒御免の燗酒団が繰り出す怒濤のオーダーは最後まで途切れることなく…
たぶんこの一週間の燗酒オーダーより今一夜の方が多かったのでは!?!? (笑)

「あ、終電が!?」
ダッシュでお店を出られたちゃむさん、無事お帰りでしたか?
オサムさんご夫妻ををはじめとする地元組のみなさま。
そしてタクシー組のS水さん、S田さんの蔵人コンビ。
そしてそして、“魂 -Kon-” の本間店長と○○さん。
八月八日。末広がりの “八” 二乗の夜にここ三条でお目にかかったすべてのみなさま、
たいへんお世話になりました。また、ありがとうございました。
このお礼はこれからもまっとうな燗酒をオススメすることで♪


■魂 -Kon-
 新潟県三条市本町2丁目1-31 〒955-0071
 phone. 0256-33-3451
 17:30〜24:00 日曜休み


延々宴

滅多にないご当主のご来訪ゆえ、拉致したからには…
「次なる店は」とまるで “市中引廻し” の刑!! (笑)

「また来ました〜♪」の新堀通りには “鉄人うすにごり” が先回り♪
加えてちゃむさんの秘蔵酒から “H10BY 純米吟醸 亀の尾” も!!
「良く見つけてきますねぇ」と目を白黒させるご当主。

「いつも休みとかち合って、やっと来られたんですよ」
というたまたま隣り合わせになったカップルにも鉄人や亀の尾の10年古酒をお裾分けしつつ、
「アルコールは… (中略) だから、飲むならカラダにやさしい燗酒を」
と布教も一くさり。(笑)

翌日、メールをいただいたら、ナント、彼も佐藤さん!?
「新潟で鯉川の会を!!」
と早速、下準備をはじめる優秀なスタッフもいることですから、ぜひとも実現させましょ!!
その時にはお知らせしますから、ぜひお二人でお越しを♪

それとせっかくこんな写真(↓)を撮ったんだから…
ぜひ鯉川もお店のおすすめ燗酒に加えてくだされ!!

記念撮影中♪
記念撮影中♪
本日のスタッフ♪
本日のスタッフ♪


「昨夜は何時まで飲んでいたんだっけ?」
右の写真の撮影時刻によると… 23:26:26 ♪
てことは…ひぃ、ふぅ、みぃ(指を折っておりまする)…10時間半!?
鯉川どっぷりなマラソン宴の一日、これにてお終い♪

遅くまでおつきあいいただいたご当主とお内儀に心からの感謝を。
燗酒レーダーで捕捉してくれた参加者のみなさま、楽しんでいただけたでしょうか。
そして、畔上さんはじめ “吟” のスタッフのみなさま、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました!! >各位

■そばきり酒房 “吟” -ぎん-
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜02:00 日曜・祝日休み


延宴

「せっかくですから」
お内儀を伴ってお見えのご当主を拉致することに…。(笑)

袖すり合うも多生の縁♪
袖すり合うも多生の縁♪

柳都で鯉川が飲める数少ない店は…
「ウチ、おつきあいないからお願いしますよ〜」
とH屋さんに丸投げ♪ (笑)

ホテルでお二方と合流して向かった先には…
「もう知り合いが来ているよ」「あ、やっぱり」
燗酒レーダーで捕捉したま・ぜらさんとちゃむさんのお顔が…。
先週はお手伝いいただき、ありがとうございました!!

ご当主のバッグの中から、講談社 “Kiss” で連載中の “おかわりのんdeぽ庵” の主人公コンビが米処・庄内で日本酒の蔵見学や豊かな大地ではぐくまれた食材をさらにおいしくするイリュージョストにも遭遇!? という “第3巻”(右)が出てくると…
「わぁ〜」
という歓声があがりまする。
何しろ13代目胆九右衛門のモデルにされたご本人が目の前にいるのですから、そりゃ受けますわ。(笑)
しかも、この第11杯はあたかも今日の日を見越したかのような話で…
1ページだけ立ち読み♪
1ページだけ立ち読み♪

みんながうすはりのタンブラーに注がれたハートランド樽生を持つ中、一人 “鯉川” 純米の熱燗が注がれた杯で…
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

「もうちょっと熱くしてもらえます?」
と我が儘な注文を出しつつ、ひっきりなしに「すみません、お酒、お願いしま〜す」ですから
「お店の在庫を飲み尽くすのでは!?」と心配になるほど。
とはいえ、柳都の夜はまだまだこれから♪

いい席を設えていただき、ありがとうございました。>H屋さんご夫妻
たいへんお世話になりました。>ご店主・奥様

■酒肴屋 “いっこう”
 新潟市中央区西堀通6-889 〒951-8061
 phone: 025-367-7154
 17:00〜24:00(23:00LO)/水曜休み