鯉川 純米吟醸 DEWA33

Tankさんのコメントに書きながら、その晩は忘れてしまった「鯉川 純米吟醸 DEWA33」。
昨夜はしっかりと抱いて帰った。:-)

肴はギス(地方名)の煮付け。塩焼きもうまいが、淡泊な白身に煮汁がしみ込んだうまさはまた格別で、おやぢには鱈と並ぶ冬の煮魚の両横綱に思える。
白身魚のそこはかとない甘みを得も云われぬうまさと感じるのは、それなりの年になってきたということかも知れない。

さて、『DEWA33』だが、オール山形だから、当然、山形酵母と思われる。
元々やわらかな口当たりと甘みの余韻が鯉川の持ち味だからと、45℃ほどの燗にした。
余目の某居酒屋に持ち込んだ大吟醸を「45℃にして香りを飛ばして」と注文を付けた蔵元を真似たのだが、『出羽燦々と山形酵母』のコンビは予想どおり(いや以上か)に吟香が強い。
そのが香りがギスの風味を覆い尽くし、鼻につきまとう。もっと温度を上げれば良かったかと思ったものの、それによるバランスの崩れも気にかかるし…。
そんなにヤワな酒ではないと思いつつ、もう少し飲み込む必要があると感じた。
そういう意味では、昨晩は庄内産一般米を使った『鯉川 純米酒』の方が合わせ易かったかも知れない。
この2,000円/1800mlの純米酒がまた、おやぢの好みなのだ。
 


 
※『ギスの煮付け』のギスについて
こちらでは単に『ギス』とか、稀に『キス』とも呼ぶが、正式には『ニギス』のことをいう。

【ニギス】
サケ目ニギス科。
オオギスとも呼ばれる本当の『ギス』は、カライワシ目ソトイワシ科。
天ぷらや刺身でお馴染みの『キス』は、スズキ目キス科。
それぞれまったく別物であることが分かる。

『ニギス』をキュウリウオ目ニギス科とするサイトもあるが、旧い分類か。
同サイトで『オオギス』と呼ぶこともあるとされるように、魚の地方名は実に様々で、名前だけでは判別が難しい。
要は、その土地に口を持って行けということか。


そのまんま

t0moriさんのblog経由で知ったのだが…
これ、Mac使いほど驚嘆するかも知れない。

*↓Let’s click!
finder
 
Macの起動音だけでも感動ものなのに、実物同様に動作するFinderはあるは、
ドックの拡大オプションもあるは、メニューバー内の時計までちゃんと動いているときては…
***『MacOS X』ブラウザウインドウ内に突如出現!! ***
てなもの。(@_@)

Windowsな方にも、ぜひ体験してほしいが… きちんと動作するかなぁ。
# 最初に表示される○のイラストがMacのパワー(電源)ボタンだぞ。;-)

【検証】
Windows2000上のFirefox 1.0だと、惜しいことに時計が表示されない?
Internet Explorer 6.0SP1なら、大丈夫のようだ。
ただし、Macromedia Flash Playerは必須。
*いずれもVirtual PC for Mac 7.0.1での確認


続・酒温計

mac次郎さんのblog『旨味三昧』へのじんべいざめさんのコメント菊正宗のサイトにあるプロの道具「燗どうこ」というページが紹介されている。
【おすすめ機種】のタイジ製TSK-60が、燗徳利で間に合わない時のおやぢの愛用機なのだが、これはおいといて…。

【「燗どうこ」のお悩み解決グッズ】なるものの中にある「お燗メーター」が、9月30日の『酒温計』に書いた「おかんメーター」だ。
見てのとおり金属板でカバーされているものの、棒温度計がむき出し。
口にするものに使うのだから、万が一のことも考えなくてはならない。
誤ってガラスが割れたら…。怪我が怖いばかりか、なにより酒がもったいない。:-)

kan_meter01そこで、おやぢ御用達のバイメタル式『酒温計』を、今度は画像付きで紹介してみよう。

まずはメーター部。実温度の目視が容易なお手頃サイズ。
ただ、この例表示では、冷蔵・燗とも初心者に誤解を生む恐れがあるから、「なぜ、このような表示に?」製造元に確認してみた。
曰く、「某蔵元さんの考案によるオリジナルだから」と。
おいおい、純米蔵宣言をしながら、なんとも情けない話じゃありませんか、某蔵元F社。
60℃に『煮酒』と表示した、某交流会オリジナルを作ってくれないかしら。:-)

kan_meter02ちなみに、全体のサイズはこちら。

メーター部分の下のスライドする金具で、徳利や銚釐などの口回りに引っかけることができ、金具下を燗器の深さにあった長さに調整して使う。
金属棒部分の長さは147mmほど。ほとんどの器で底部近くの温度を測定できる。


似顔絵

昨日、久々に壊れたんで、なんとなく今日は真っ白。(-.-)~

ウォームアップがてらにkanzakerakuenさんの『煮酒で呑』で紹介されていた似顔絵イラストメーカーという、MSNメッセンジャー用アイコンをWeb上で簡単に作れちゃうサイトで遊んでみた。

illustration1若作りが過ぎる?(^o^;;;

なお…

無精時はこっち。:-p
illustration2


似たようなもの

明日は地元の行事に駆り出されることが決まっているから、仕事は休み。
今しがた、その小道具類のプリントアウトが終わったところだ。
早朝から準備を手伝って昼過ぎに終わり、そのあとはお決まりの慰労会。
飲み物は、ビール・缶チューハイと清酒(日本酒じゃないやつ)。
浮き世の義理に加え、もっと大きな義理もあるから飲まない訳にいかないし…。
清酒とはいえ薄酒の中ではまともな方なのだが、最近、そのような酒を飲んでいない身体が受け付けるかどうか。(´ヘ`;)
# 二次会以降はもっとひどい。薄さに炭臭さが加わり、さながら拷問。水の方がマシだって…。

同じような値段なら、秋鹿「千秋」純米酒もあるのだが、この辺りもまだ『安くて量が多い』が良いもの・良い店の判断基準だし、『おらが国さが一番』という思い込みも激しい。
そのくせ「酔えば一緒」と、暗に「だから安い方が良い」と云わんばかり。
酔えば良いだけの酒を浴びるほど飲むくらいなら、まともな酒を適量飲んだ方が結果的には安いはずなのだが、表面的な金額でしか判断しない。
そんなだから、値頃感のある真っ当な酒も「余所の酒がうまい訳がない」と、飲む前から毛嫌いされてしまう。

とはいうものの、黙っていたら、DSやスーパーの缶ビール(いや発泡酒?)に清涼飲料水より安い缶チューハイ、仕上げはパック酒かペットの焼酎、ということになるんだろうから、義理を授かるだけ良しとしなければならないのだろうか。

地方はどこも似たような環境ってこと?


英 70%精白純米酒 13BY

宿借り玉三さんは14BY生もとを褒めておられるが、手元のはまだ早いだろうから、今晩はこれにしよう。
おやぢが勝手に命名した『白英(はなぶさ)』。
平成13酒造年度仕込み第8号 上槽日:平成14年3月3日
原料米:70%精白山田錦 酵母:6号

ちなみに特純は『紅英』。単にラベルの色からだが、無農薬山田の特純火入原酒が最もおやぢ好み。
今は14BYしかないけど、これも13BYが抜群に良かった。


夏子の酒 by 尾瀬あきら

新装版が完結したので、久々に読み返してみた。
内容については触れる必要はなかろうが、今でも泣ける話が随所に展開され、連載時の熱を懐かしく思い出した。
尾瀬さん、この時期が一番乗っていたかも。

以下余談。:-)

【其之壱】
5巻の表カバーに書かれた「居酒屋」は、bbsに書き込んでくれる某奥様の地元にあり、彼女のホームグラウンドでもある。
9月某日、某奥様とそのご学友の3人で訪れた。尾瀬さんの色紙に目やりながら終電間際まで神亀(マイナーヴァージョン)を痛飲。店の在庫がなくなりかけた。
尾瀬さんご推奨の「櫃まぶし」も良いが、「白レバー刺し」が絶品。

【其之弐】
アマゾンのおすすめにも書いたが、5巻のあとがきに登場する「おやっさん」は、竹鶴酒造の石川杜氏。
NYヤンキースの松井選手に似ている(彼の方が年上だから、松井選手が石川杜氏に似ていると云うべきか)彼を「大魔神」と呼ぶ向きもあるが、あの年齢であれだけ老成(褒め言葉と思って欲しい)している人は初めて。

【其之参】
最終6巻のあとがきには、尾瀬さん自身が「もやしを撒いた」麹で仕込まれたという、「おこぜ」が登場する。
この洒落につきあったのは、昨年から奈良・久保本家酒造に移られた加藤杜氏。鳥取で副杜氏を務めておられた時にお目にかかった。その時に手がけた「生もと強力」が熟すのは、まだまだ先のようだ。
常温放置がおすすめ。


鴨猟

一昨日からsbのカスタマイズにかまけて書きそびれていたが、夜明けとともにけたたましい爆竹のような音が響く。
「七五三」の日でもある15日を待って解禁される鴨猟の散弾銃の音だ。
白鳥の飛来地で有名な瓢湖(阿賀野市水原)周辺は、彼奴等も禁猟区と知っているのか、難を逃れようとする鴨が白鳥よりも多いのだが、昔からこの辺りも鴨猟のスポットであるらしい。
葦の生い茂る中に猟小屋を作ったり、船を使ったりと、あの手この手で人間と鴨の戦いが毎朝繰り広げられる。

おやぢは狩猟の趣味は持ち合わせていないが、銃の音が聞こえる時期になると、鴨が食べたくなる。脂と肉の弾力が豊かな上に、金っ気を感じる癖も強いが、やはり野鴨は格別。
一羽丸ごとさばければ、鴨のローストやつくねに鍋、存分に堪能できるのだろうが、絞めただけのものをもらっても、毛抜きに解体、素人には荷が勝ちすぎるというもの。

ああ、うまい鴨が食べたい。


sb

先日から「ツリー化」のカスタマイズを手がけているけど、上手くいかない。
sbは、このようなカスタマイズをテンプレートで行うのだが、MacOS X上で困った問題が起こる。
スクリプト内の1バイト(半角)「バックスラッシュ(\)」が正しく表示できないのだ。
バックスラッシュらしき文字はすべて「?」に置き換わってしまう。
その所為か、スクリプトの書き方が拙いのか、まだ詳しく調べていないが、テンプレートの修正には「再構築」という内部ファイルを再生成する処理が不可欠なのに、そのルーティングが上手く動作してくれないことも問題のひとつ。
しばらく表向きは現状のまま、ということになりそう。


無念

10.23中越地震さえなければ、今頃はお江戸で『長期熟成酒を楽しむ会』に出ているはずだったことを、鴨猟の書き込みで思い出した。X-)
申し込んだ翌日にあの地震では目処が立つはずもなく、泣く泣くキャンセルせざるを得なかったのだ。
もしかしたら、酒飲みの師と仰ぐ某氏から久々に薫陶を受けることができるかもしれないとの期待に加え、明日、大久保であるはずだった薄酒会を例の如く抜け出し、高田馬場の名店を訪ねようとしていた計画もすべておじゃん。

無事だから叩ける軽口だが、本年最後のお江戸漫遊を踏みにじってくれた地震が憎らしい。