続・鯉川 純米吟醸 DEWA33

『鯉川 純米吟醸 DEWA33』を貶したように思われたら心外なので、蔵元の名誉のためにも補足しておく。

昨晩の再チャレンジは前回よりやや熱め、上燗(45℃前後)と熱燗(50℃前後)の中ほどまで上げてみた。
肴は鮪の赤身の即席ヅケ。鮭の塩焼き。茹でた野菜のドレッシング和えほか。
先回同様、華やかな吟香は健在だが、温度のせいか、また日を空けたせいか、鼻について困るようなことはない。やわらかさと品の良い甘みもそのまま、予想どおり燗に負けるようなヤワな造りではないことを物語っている。
すべりも良く、余韻を楽しみながら、食と杯を進める。
いただき物の杯のテストも兼ねていたのだが、これはまた別の機会に。

純米吟醸と銘打ってある以上、これくらいの吟香がないと、あべこべに吟醸ファンからお叱りを受けるかも知れないし…。吟香があると、どこか落ち着かなくなるおやぢだが、この日は久々の吟醸酒を堪能した。
2,500円/1800ml(税別)弱でこういう酒に出会うと、薄酒の純米酒が一層高く感じられるのだ。


最近、多いね

昨秋「純米蔵宣言」をした金沢の福光屋が、同社のサイトで
『お燗特集』をはじめた。

蔵元交流会の影響ではなかろうが、マスコミもこぞって燗、燗と、鐘を打ち鳴らすが如くの大合唱。
「ぬる燗がベスト」「燗はやはり湯煎じゃなくちゃ」…。またぞろ半可通を量産しなければいいが…。

ここが全量を純米に切り替えると言い出した時は、正直驚いた。
2万石を超えるクラスでは初じゃないかと思うが、最廉価の、いわゆるレギュラー酒、「福正宗 黒ラベル」(当時、既に本醸造だったが)をどうするのか、気にしていたら…

麹米に厳選した酒造好適米のみを使用した純米酒です。たっぷりとした旨味がありながら、さらりとした後味が特長です。
●純米 さらりとしてゆたかな旨味
●アルコール度数/13.9 日本酒度/+2 酸度/1.5

1,630円/1800ml(税別)そこそこで実現された味わいはいかがなものか…。
安酒呑みのおやぢには、ちょっと気になる存在。