Faxが…

数日ぶりにiMacからFaxしようと思ったのに、なぜか愚図っています。
Macの現行モデルには予めApple Internal 56K Modem (v.92)が内蔵されていますし、それ以前も手持ちのモデムを使って、もっぱらMacで作成したドキュメントを直にFaxしていましたから、これができないとなると、もうたいへん。
すべてE-Mailで済めばいいんだけど、現実は、まだまだFaxに頼るところ大なのです。

Classic OS時代から、ずっとFAXstf Proというアプリケーションを使ってきたのですが、OS Xになってからは付属のFAXstf(フリー版)にダウングレード。
先日、OS Xを10.3.6にアップデートしたせいで合わなくなったかと、これのアップデートを探し、早速インストールしたり、OS標準のFax機能に切り替えたりしながら試しましたが、自分のところのFaxにさえ送れません。

「待てよ、Faxがおかしいと云ってたな」と、ダメモトで送付先へ送ってみたら、これがすんなり上手くいってしまいました。
「なんなんだよぉ〜」。(>_<); どうやらアップデート版を適用した時点でMac側の問題は解消されていたみたいで、あとはあくまでも相手先のFaxの問題と思えるのですが…。詳細はもうちょっとつっこんだ調べが必要みたい。 そういえば、もう一軒、送れないところがあるのよねぇ。 円高に乗じて、歯がゆさ一杯のFAXstfを製品版のProにしちゃおうかなぁ。