雪中行軍 其之弐

ここへお邪魔するのはいつも夕方。蔵の裏の亀の尾の田圃も雪に覆われている。
ドカ雪の内陸部にお出かけのご当主が遅れそうだからと、ゆっくりめに着いたのだが、まだお戻りじゃなかった。
母屋のお座敷で初めてお会いする杜氏さんとご挨拶を交わした後、連れとともに蔵を拝見。
凍てつく寒さの蔵内でここだけは別世界の室に入れてもらったら、良い麹の匂いが充満している。
毛布にくるまれた麹が2種類。出羽燦々の麹をかじらせてもらう。米粒が大きいのにびっくり。「55%くらいですか?」「40%だね」「これでですか?」「心白も大きいからな‥」。
寡黙な杜氏さんが訥々と語ってくれる。
枯らし場には出麹された亀の尾が。こちらは異常に小さい。「これ、40%の大吟用ですか?」「55%だな」「これで?」。亀の尾って、こんなに小さかったっけと、またまたびっくり。「小さいし、硬い米だから、水を吸わせるのがたいへんなんだぁ」。自らも亀の尾を栽培するという杜氏さんの庄内弁の語りが再び。
もと場や醪を見て、お座敷でご当主のご帰還を待つ。「いやぁ、除雪につかまっちゃって‥」と、にぎやかにご登場。あれこれ話をした後、「今日は家内の手料理で」と、実にありがたいお話。
宿のチェックインを済ませ、再度、蔵に戻る。
tank.jpg
今晩の会場は蔵人さんたちの食堂。
漢数字(男性用)といろは順(女性用)に番号が振られた昔懐かしい箱膳が箪笥に収まっている。
テーブルの上には手づくりの品々が並び、ご当主、杜氏さんと差し向かいで宴が始まる。
ご当主の体型よろしく二合半から三合は入りそうな徳利には出羽燦々の40(?)%が、杜氏さん体型のすらりと細身の徳利には亀の尾が注がれ、直々のお酌で乾杯。
「まず、この味を覚えておいて」と、亀の尾40%火入熟成酒を冷やで。残りが燗鍋に浸けられる。「50℃くらいかな」とお内儀に指示するご当主。待ちきれずに人肌燗辺りでつまみ飲み。
「これでどう?」と温度計で50℃に仕上がった亀の尾が。後に苦を感じたので「もっと熱くしないと」で、目視上の飛び切り燗へ。「いけない!! 熱くしすぎちゃった」とお内儀の声。「お宅のお酒はそんなにヤワじゃないですよ」と減らず口を叩きながら、持つ方がたいへんな熱さの徳利からお酌を受ける。「ほらぁ、良いじゃないですか」「へぇ〜、ウチの酒、こんなになるんだ」と、ご当主の驚きの声ににんまり。:-)
「熱いうちに‥」と、頂戴した鱈汁からは酒粕の香りも。白子を含み、酒を運ぶ。口の中で溶け合って、幸せを実感した後は、鱈をしゃぶり尽くす。「烏賊刺しはこうやって山葵醤油で和えた後、刻み葱を散らして」と、ご当主から蔵人風の食べ方を教えていただき、ツンと鼻にくる山葵と烏賊の甘さの対比を。地の野菜の漬け物が箸休めにぴったりだし、えごねりの和え物からは磯の風味が。「賄いで良く作るんですよ」と珍しいカレー味のモツ炒めなど、お内儀心づくしの品々を堪能しながら、燗酒が進む進む。
トドメは「蔵ではいつもこれですよ」と、五百万石55%の薬缶燗。
やや金っ気が気になったが、郷に入らば郷に従えだ。どれ飲んでも旨いし、酒談義は果てがないもの。「うんめがっだぁ」。
そろそろ蔵ではお開きとのことで、ジャンボ厚焼き卵と宿で飲む純米酒の中から連れに合わせて宿酒を選択。
連れの部屋でお手製の漬け物と飲む燗純米。ちょっと温度が低すぎたように思うが、扱い慣れていないゆえのご愛敬だろう。連れがこんなに燗酒を飲むのを目にしたのは初めて。冷やと飲み比べさせ、「これなら良いでしょ?」と、ここぞとばかりに真っ当な酒と燗酒楽園へ、あの手この手の籠絡を続けながら庄内の夜は更けていくのであった。


翌朝、やっと純米を扱う気になってくれた若女将に、不肖おやぢが燗温度のレクチャーをさせていただきましたよ。>ご当主


雪中行軍 其之壱

前日の長岡市の24時間降雪量、91cm。19年ぶりの大雪と報じられ、あちこちの交通機関の乱れを尻目に、綿菓子と見紛うような波の花が舞う日本海沿いを北上。目指すは庄内平野のど真ん中。
内陸に入ったら路面には圧雪が‥。お世辞にも上手いとは云えない除雪のレベルだ。ノロノロの車につきあうのはかえって危険なので、遠慮なく追い越させてもらう。
連れの案内で、快晴なら鳥海山が真正面というロケーションの某蔵元に到着。
若い蔵元にご案内いただき、蔵を拝見。最盛期にはそれなりの量だったという内部は結構広々としている。
fune.jpg
なんと、この槽が3台。「要らなくなったら、いつでも譲って」と、値段も聞かずに云ってしまった。
# どこに置いて、何に使うつもりなのか。値段といい、我ながら気がかり。(^^;
16BYの新酒をみせてもらう。生が3点。火入が6点。10年古酒が1点。
炭酸ガスが残る生は渋いものの味の片鱗が見えるが、火入はまったく味がない。山田錦を原料とする2点にわずかに片鱗を感じられるだけ。どれもきちっと発酵させきったきれいな酒であることは分かるが、いつになったら飲めるのだろう。燗でみてみたかった。
古酒は10年とは思えないほどパワフル。まとまりに欠けるが、上燗ほどにしてみたい酒。
それぞれの売価を尋ねたら、結構な値段。つり合いは微妙かも。
14BYか15BYなら‥と思いつつ、また雪が落ち始めた蔵を辞した。


睦月晦日

月末がなければ楽なのに‥。とんだことで有名になった埼玉県蓮田市の拾得物騒動を恨めしく思いながら、雪の中を帰宅。
腑に落ちないまま放置していた『天穏 辛口特別純米 馨』を啜る。だいぶはっきりと味が分かるようになった。
「へぇ〜」。うまい塩を舐めた後味に似た余韻が口に残る。
50℃強の燗に。塩につながる旨みはそのまま、捌けも良いし、きれい。ず〜んと響くような重厚感や強さはないが、うまくまとまった酒か。
ハマチの刺身は脂がありすぎた。たぶん、養殖だろうが、そつなくこなす。
昨日の鰤がまだあったらしく、ご丁寧に皮を残してある。「魚はここがうまいのに‥」。よろこんで後始末を。魚らしい自然な旨みがうれしい。
牛蒡たっぷりのモツ煮はさっぱりとした薄味。これと上手く合ってくれてお代わりをしたほど。
風は止み、静かだが、明日の朝が思いやられる。


早起きが必要と覚悟していたはずなのに、目が覚めたらいつもよりはるかに遅い時間。
外に出たら、昨日の苦労は水の泡ならぬ新たな雪にすっぽり埋まってしまっていた。
しかし、これはまだ、雪との格闘のイントロに過ぎなかったのだ。(>_<) 草臥れたから、早く帰って飲みたひ‥。(-.-;