ぶらり如月 -其之弐-

赤羽で乗り換えた埼京線が池袋に滑り込む。そのまま新宿まで行っても良かったのだが、どこかで昼飯をすませなければならないと、風邪薬で覚束ない頭で考えるより早く足は電車を降り、さっさと東口を目指していた。
区民会館脇の道を進み、階段を下ると、『坐唯杏』の見慣れた扉が‥。まだ準備中。
懐かしい顔を求めたら、「今日は遅いんですよ」と、申し訳なさそうな返事。外で待つこと暫し、開店時間前にもかかわらず招き入れてもらう。
「今日は鯖ずしはないんだよね?」と、野暮な質問を。「すみません」と、当然の答えが‥。
重いiBookと暖かな陽気にコートという出で立ちで喉が渇いたから、お約束の昼ビール、エビスの生をグラスでもらうことに。
これも熱烈なファンを持つ『ミニ天丼』と『ぶっかけ 温』を注文し、ビールを待っていたら「おかげさまで今日はテイクアウトのご予約が多く、二切れでよろしければお出しできるそうです」という、気遣いに迷わずオーダー変更。
来た来た、目の前で切り分けられた武内氏自慢の『鯖ずし』が。昆布ごと口に放り込むと、適度に締められた鯖の風味に酢飯のうまみがからむ。その酢飯にも煎りごまや細かく刻まれた大葉など、一工夫が加えられている。
『ぶっかけ』の麺は強い小麦粉の香りをまとい、もっちりシコシコ。つゆの旨さは云うに及ばず、最後まで飲み干してしまうことは請け合いだ。
回った店の数を自慢したがる讃岐通にも、たまには一つの店で完結する味も試してものだ。
武内氏に会えなかったのは残念だが、スタッフの気持ちの良いもてなしを受け、混み始める前の店を後にした。


欲を云えば、酢飯にはもう少し硬く炊いたご飯が向くと思う。それとも粗熱の取り方に難があるのか。
鯖自体は十分にうまいのだが、グニャっという飯の食感は寿司にはありがたくないと、苦言を一つ。
この鯖ずしを店で食せるのは、土曜・日曜・祝日のランチタイムのみ。
予約によるテイクアウトや当日宅配可能地域なら発送も可。詳しくは下記を。
『楽旬堂 坐唯杏』


ぶらり如月 -其之壱-

薄酒と炭酒が蔓延する此の地。外で飲むたびに胸が悪くなる思いを重ねていたから、お江戸出張を口実に5ヶ月ぶりのS市に降り立った。ここで最強の呑兵衛諸氏の洗礼を受けるためだ。
酒量を自慢するだけのただの飲兵衛なら「勝手にやっていろ」ですむが、ここの呑兵衛諸氏、その知識と経験は半端じゃない。師を求め、縁をつなぎ、酒を見極める目を持った「酒徒」ばかり。一途な想いに反したがために、文字通りしぼられ、吊られた酒や蔵元は数知れずという猛者揃い。
飛んで火に入る夏の虫とならなければ良いのだが‥。荷をほどき、戦々恐々、集合場所へ向かう。
指定されたU駅出口で待っていると、濃い二人組が目の前で「○○○で‥」「○○○は‥」など、呑兵衛諸氏固有のキーワードを交わすではないか。「あの〜、○乃○会の方ですか?」の問いに「そうですけど〜」と怪訝そうな答えが。「おやぢです」。三々五々集まってくる諸氏たちと挨拶を繰り返す。
会場は某居酒屋。ここで酒を飲みたかったばかりに昨年秋に初めて訪れた店を指名させてもらったのだ。居酒屋としては新顔ながら、酒、肴、もてなし、どれを取っても侮れない実力。きちんと本物を知る店の一つだ。
まずは、新装版夏子の酒第6巻あとがきに登場した『おこぜ(生もと純米)12BY』で乾杯。
肴はカワハギ刺身肝添え、イシダイ刺身に定番の白レバ刺しからスタート。
『睡龍生もと純米』『睡龍生もとのどぶ』と、この杜氏の酒が続く。朧気な記憶だが、『どすこい誉』もあったような‥。これに『日置桜生もと強力14BY』が加われば、彼の酒造りの歩みそのものが揃うことになる。
菜の花おひたし、むかごなど、思い思いに肴が追加されていくが、どれも呑兵衛らしい選択だ。ここでの定番『神亀 甘口純米』に続き、『いづみ橋 恵』『奥播磨 山廃純米』など、次々に酒をオーダー。
大阪からはるばる参加されたmacjiroさんの差入れ、『辯天娘 槽汲 五百万石』もいただく。リンゴを思わせる含み香。やっとこの酒に出会えたことを感謝。
初めてお会いした面々なのに、真っ当な酒好き同士、長年の知己に久しぶりにあったような温かさと心地良さに、瞬く間に時間が過ぎていく。
締めに、これまた定番の穴子ひつまぶしを、そのままと出汁をかけ回したもの、二つの味わいで堪能し、お開きに。
U駅前で「一に蒸し!! 二に蒸し!! 三に蒸し!! 純米吟醸、オ〜ッ!!」。某J1チームのサポーター顔負けの儀式を行い、洗礼は終わった。
こんなに気持ちの良い飲み会は、そうそうあるものじゃありません。またお目にかかれることを楽しみにしております。
ありがとうございました。m(__)m >上○宮○のみなさま


その後、宿に戻って缶ビールを飲みながら、macjiroさんと2:00過ぎまで酒談義。
寝る前に食べたメンチカツサンドが翌朝の目覚めを重くしてくれた。おかげで朝飯が食えず。
鼻の奥の痛みと鼻水をこらえながら、次の目的地、お江戸を目指した。
いやぁ、筆記試験がなくて良かった。:-p