こんな余禄でもなければ…

久々の…
■呑録(旧暦3/21)
旧暦でも春分を過ぎたこの日、巷ではゴールデンウイークがスタート。
10連休どころか休みもままならない身の上では、うまい酒で自分を労うのが関の山。
ということで、飛びっきりを用意。
そう、“発掘酒-其之壱-“の後、二ヶ月半ほど開栓常温放置されていた、あの酒だ。
『小笹屋竹鶴 宿根雄町 無濾過純米原酒 H11BY』澱入り。:-)
冷やで。開けたてとは打って変わって、はなっからまぁるい。うまぁ〜。脂下がっちゃうよ。
当然、徳利から湯気が立ちのぼる温度に、燗!!
ふ〜ふ〜しながら、口に。うひょ〜、これが雄町ぃ!? 山田錦かと思いたくなるような甘みがあるじゃない。でも、山田錦ほどもたつかない。これが完熟雄町かぁ。
50℃以下に冷めると、あぁ〜、もぉ〜、とろとろ。脂下がりっ放しで悶えてしまいそう。(^^;
セリのゴマ和え。セリの鮮烈な香りとシャキシャキした歯触り、ゴマのねっとりしたうまみが良いよ。『富士酢のすのもの酢』に土佐醤油を足した即席のタレで食べる鰹のたたき。出来合いのものだが、今日はなんでも許しちゃう。カキフライ。衣が多少パサついているから、松田のマヨネーズ(風)で食べちゃえ。庭に生えた筍をさっと湯がいて皮を剥いたら、子どものチンチンみたいな大きさになったけど、いいさ、シャクシャクだもん。
庭に自生する肴たち。茗荷も芽吹いてきたが、次の狙いは独活の酢味噌和えだぞ。:-)


もし玉さんが読んでくれていたら、酢締めの魚を作ったときに、ぜひ酢味噌和え、もしくは酢味噌かけを試してたもれ。
■酢味噌のレシピ(一例)

  • みそ …大さじ3
  • 純米酒…大さじ1(煮切りならなお良し)
  • 純米酢…大さじ3(当然、まっとうな酢造りをしている蔵の米酢)
  • だし汁…大さじ2(なくても良いよ)
    参考にしたレシピでは、純米酒に代えてみりん…大さじ1を、また、砂糖…大さじ1も加えていましたが、酒の肴ですし、おやぢ好みで甘くない酢味噌の作り方をご紹介しました。
    その辺りはお好みで加減してください。


  • QuickTime 7.0 Released

    単体ではまだアップされていませんが、Software Update経由での配布がはじまったようです。
    が、やばっ!! 入れると”QuickTime 6″用のPro Keyが使えなくなるんだ。いかん、前ヴァージョンに戻さなければ!!
    ところが…。orz
    おやぢ同様、つい”QuickTime 7.0″をインストールしてしまった人たちへ。


    【追記】
    ここまでSoftwareUpdate経由でアップデートしていましたから、Apple Japanのサイトからあらためて単体の”QuickTime 6.5.2″をダウンロードしようと試みるのですが、リンク先が既に”7.0″に置き換わっており、”6.5.2″を入手する道は閉ざされています。
    バカなぁ…。
    でぇ、USサイトを確認したら、ありましたよ!!
    その名も“QuickTime 6.5.2 Reinstaller for Mac”が。
    About this update
    The QuickTime 6.5.2 reinstaller will remove QuickTime 7 from a Mac OS X 10.3.9 system and restore QuickTime 6.5.2.
    Note: This reinstaller will only run on Mac OS X 10.3.9.
    という説明付きで、あちら時間4月29日にアップロードされていました。
    まだリストアしていませんが、取りあえず胸をなで下ろしても良さそう。
    こういうところは、相変わらず不親切なままだこと。<Apple Japan


    東奔西走 -其之五-

    指定された讃州高松のチェックポイントは、真ん前に立たないと看板も見つけられない店。
    先ほど目と鼻の先まで来ていながら、その看板が見つからなかったばかりに界隈を一周。とんだ回り道をしてしまったのだ。orz
    ただし、ここは写真なし。退屈な拙文に暫しおつきあいくだされ。
    さらに、飲み過ぎて記憶が曖昧なため、順不同、かつ漏れがあることを最初にお断りしなければならない。裏を返せば、印象に残っているものだけを挙げてもこれだけあったということ。
    某師匠絶賛のその扉を開けると、先着者がカウンターにずらり。一番端に置かれた燗鍋と思しき鍋の前に蔵元が陣取っている。ツケ場から主の微笑みの出迎えを受け、席に着く。
    それが、目くるめく官能の一夜のはじまりだった。
    <田口トモロヲの語りに、音楽は"Also Sprach Zarathustra(ツァラトストラはかく語りき)"をぜひ> (^^;
    酒はカウンターにおかれた蔵元の酒から料理に合わせ、適当にチョイスできる体制なっていたから、手近にあった”神力”からスタート。
    お通しの”イカナゴの釜あげと菜のお浸し”がポツンとおかれた盆に最初に乗ったのは、”生トリ貝の刺身”だったはずだが、如何せん心許ない。鮮烈な磯の風味が鼻に抜けてくる。次ぎに「活きが良かったから、ちょっと変わったことを…」で出されたのが、なんと”鯖のルイベ”。鮭のルイベ同様、凍ったままスライスされる。生臭みもなく、口の中でとろける。青物好きを差し引いても文句なしに「うまぁ〜い」。
    そして、なんとツケ場でキャベツが千切りされる。「寿司屋でキャベツ?」。目が点になったものの、その疑問はすぐに解けた。それを皿に盛りつけた上に鰆のたたきが、ポン酢をまとって出てきた。ほんのりと温められたことで、淡泊ながら魚のうまみがきちんと伝わる。鰆と春キャベツの甘みがデュエットしているようだ。
    「店の中がわやになっちゃうんだけど…」といいながら、トロ箱からイカナゴの成魚を取り出し、塩を振ると、ツケ場の背中側のどう見ても水鉢という鉢で赤々と燃える炭火に網がかけられているのだが、その網の上で転がしはじめた。すると、白身で直径15mm(体長150〜180mm)ほどしかないのに脂乗りが良いのだろう、もうもうと煙が立ちこめる。そのうちにカウンターに座っていても目にしみて涙がこぼれてきた。「地元でも知らない人がいっぱいいる」といううまさのため、普通なら迷惑千万なことだろうに遠来の客をもてなそうと、あえて焼かれたイカナゴ。「真ん中から二つ折りにして、頭からパクッと…」。教えられたとおりに丸かじりしたら、白身で、しかもこの大きさでとはとても思えない濃厚なうまみ。たまらず杯を口に運ぶ。”オオセト”の酸がイカナゴのうまみと渾然一体となって、口福に相応しいひととき。こういう味に出会えるから、やはり口を持ってこなくてはならない。つくづく思わされた一品だった。
    まだ口に残るイカナゴの味を丸物のトマトで洗い流す。寿司屋でトマトが丸ごと1個。これにも意表をつかれた。
    当然、酒も休みなしに飲んでいる。”讃州山田錦”、”赤磐雄町”、”興”、”譽”、もう手当たり次第。10BYか11BYもあっただろうか。
    「寿司も…」という蔵元の声で握っていただいたのだが、これまた驚きの連続。
    白ミル貝、烏賊、そして小豆島産という鱸をおろしたら、なんと肝を叩きはじめた。これに塩を振ってシャリに盛り、鱸をにぎる。いわば、鱸の即席酒盗にぎりだ。どの魚も肝や白子のうまさは格別で、それが知れ渡ってからカワハギなども一躍高級魚になってしまった。良い漁場には密漁者が群がる始末。阿呆どもの片棒は担ぎたくないが、こういううまさを知ってしまうと、金に糸目をつけないバカが出てくることも不思議でなくなる。
    後ろの火鉢で焼かれているのは皮目が銀色に輝く太刀魚。ザクッと切り分けられたと思ったら、なんと焼き太刀魚のにぎりに。「温かいうちに…」。その言葉が終わるか終わらないうちに1カンが口に。焼かれてうまみを引き出された太刀魚が口の中でほろりとほぐれる。
    瀬戸内の穴子が火鉢で炙られ、ツメを塗られて出てくる。そうそうこれこれ。宮島のあなご丼が脳裏に甦ってきた。
    だし巻きも火鉢で炙られ、ぬる燗ほどに温めてからにぎりに。控えめなだしの利かせ方と温められたことで玉子のうまみが引き立つ。冷たいだし巻きでは味わえない素材の持つうまみだろう。
    話がこの季節の魚になり、「地元ならそろそろ川鱒が…」と口を滑らせたら、冷蔵庫から取り出した魚箱の中を見せ、「市場の箱物に混ざっていたんですよ。これがこちらの桜鱒です」と。炭火で焼き、人数分に取り分けられた鱒まで堪能。
    最後の味噌汁で締めだったが、一つ一つにきちんとなされた手仕事。それも素材の持ち味を引き出すための見極めが見事。すべての仕事が目の前で行われるから、口からの衝撃に眼からの感動が加わって、師匠が、鳴門の海士が、揃って「絶品!!」の「太鼓判を押すわけだ」と得心がいった。
    口を運んでくれた客に地のものだけで感動と満足を与えてくれる。
    この店だけで讃岐へ行く価値あり。
    久々にまた行きたいと思わせてくれる店に出会えたことがうれしい初四国の夜だった。
    長文多謝。m(__)m


    鮪もあるのかもしれないが、赤身さえ出てこなかった。バカの一つ覚えみたいにトロの脂乗りの良さを自慢する寿司屋に見習って欲しい。
    しかも、この中身ながら、勘定はいたってリーズナブル。お江戸や大阪なら、いくら取られるかの心配をするより、怖くて近寄れない店になってしまうことだろう。
    酒はこの店で常温貯蔵していたという、無濾過生原酒。しかも、そのほとんどが14BY。
    こんなに時間がかかる酒だったとは… 先が思いやられるわい。orz


    直に入力します?

    “google.com”の誤入力で…って、今どき、わざわざGoogleのURLを入力する人がいることの方が不思議。
    Safariはデフォルトで、Firefoxは登録された検索エンジンからGoogleを選んで、ともに専用の検索フィールドが備わっている。
    タブに未対応など、古くさくなったInternet Explorerでさえ、無償の“Google Toolbar”をダウンロード・インストールすれば、それっぽく使うことはできるというのに…。
    なぜ?


    遙かなG5

    “Tiger”の出荷につづき、US AmazonがNew “PowerMac G5”をサイトに掲載と、フライングづいているApple周辺だが、今回もG5/3GHzは登場せず。
    Cinema Displayが値下げされたことは朗報だろうが、いよいよ買い時が難しくなってきたともいえそう。


    PowerBook G5も気がかりだけど、やっぱPowerMac G5に、30″とはいわんから、せめて23″のCinema Displayをつないで使い倒してみたいなぁ。
    と、手が進まないので、またもやMacネタでお茶濁し。orz


    Skype again

    日経BP IT Proに“1億ダウンロードを突破したSkypeの脅威(1)(2)”という集中連載まで登場した”Skype”。
    企業が利用しはじめたとなると、その勢いがさらに加速することになりそうだ。
    つい今しがた、OS X用の最新ヴァージョン、”1.0.0.24″をダウンロードしたが、アクセスが混んでいると見え、たかさか6.7MBを落とすのにえらく時間がかかってしまった。
    国内でも300万ダウンロード突破とか。どなたか使ってないの?


    上記記事にあるように、携帯型のSkype端末が開発されたら、どこでもIP電話?
    無線APインフラの整備がなった暁には、既存の携帯はバカらしくて使えなくなってしまう。


    Already

    HOTWIRED JAPANが伝えた“アップル社の最新OS『タイガー』、フライング出荷”
    4月29日世界同時発売を待つことなく手に入れた幸運な人たちは、素直にリコールに応じるのだろうか。
    サポート対象外の”Tiger”。その希少さからまたぞろオークションに?


    Amazonのおすすめに入れたものの、オーダーはまだ。
    クレジットカードの締め日(月末)待ちという「情けなかぁ」なおやぢ。orz


    東奔西走 -中休み-

    某BBSで『西遊記』と揶揄された此度の『東奔西走』。
    其之五を書きかけておりますが、だらぁ〜っと引っ張る悪い癖がまたぞろ出ており、未だ上がらず。
    今のところ七か八までありそうだけど、武蔵乃國での宴も控えているため、まったく予定が立ちませぬ。
    おなじみの拙文に加え、筆も遅いときては、物書きの素養まるでなしと云わねばなりませぬなぁ。
    てな訳で、くどきだけでお終い。X-)


    新興宗教か?

    ITmedia『Apple、米国で東芝抜いてシェア5位に浮上−Gartner速報』
    1〜3月の短期間とはいえ、USでの販売が、45.1%増!? (・。・)


    PCの普及率に大きな変動があった訳じゃあるまいし、今さらどこの誰が買ったらこんな数字が出てくるのか。iPodにより、まさに『Switch』スイッチが入ってしまったかのようだ。
    取りあえずVirtual PCがバカ売れしたりして… 😉