或る別離

■呑録(旧暦3/24)
何を飲もうかとしばらく思案したが、意を決してこれに。最後の一回分を…。orz
『睡龍 生もと純米吟醸 15BY』
冷やで。3ヶ月の開栓放置でだいぶ開いた感はあるものの、もっと置きたかったなぁ。
当然、湯気燗(徳利から立ち上る湯気を視認できる温度:おやぢ命名)。凛と引き締まったボディに抑えの利いたうまみ。外連みのない後キレで安心して飲める。
常温なら、もう2年? いや、3年かな? いっそ4年我慢したら、とんでもない酒に化けるのでは…。この酒の未来を探るのは本当に楽しみ。
肴は、鮪の山かけ。この山芋、箸で摘めるな。肉じゃが、今日は牛かいな。そうそう、黒毛和牛も退治せねば。これは塩コショーで。わぉ、ホタルイカも片付けろって。なんか、中華風のあんかけ擬きがあるなぁ。ちょっと甘いか。どれを口にしても、酒を含めば、きちっと舌を洗ってくれる。いつものことながら、睡龍を飲むと箸が止まらない。
造ったご本人の言を借りれば「華のない酒」となるが、こういう引き締まった辛口の酒にはそうそう出会えるものではない。華美な花なんか無用、実のある酒が飲みたいんだ。
いっそ加温貯蔵するか。よからぬ浅知恵が脳裏をかすめた夜だった。


720mlの方は、しぶとく放置中。こちらは間もなく半年かな。:-)


懺悔

■呑録(旧暦3/23)
生酒を燗したときの、生老ね香やムレ香ともいえる、腐ったご飯の臭いのような、あの独特な香りが”でぇ〜っきれぇ〜!!”なばかりに、生酒嫌いで通してきたのにぃ…。
しかも、某先生の論を得て、ますます「生酒は所詮”半製品”。火入れしてこそ酒として完成する」と、公言して憚らなかったのにぃ…。
それゆえ、無濾過生至上主義者に喧嘩をふっかけたこともあるのにぃ…。
禁断の道へとうとう足を踏み入れてしまった、おやぢ。orz
『鷹勇 勇翔 しぼりたて純米無濾過生原酒 16BY』
東奔西走から戻るのを見計らったかのように、絶妙のタイミングで届いた酒を半月あまり10℃そこそこで放置。どんなに嫌いなものでもきちんと確かめ、評価する“この姿勢”を見習わなければと開けてみた。
冷や。うぅむ、さすがにガスっ気が残る。9号としては控えめな吟香。酸がキラキラと舞う。
へぇ〜、良いじゃない。あぁ、惜しい、やや平板。でも、素性は良いし、後ハネが気にならなくなるまで熟させたら良いんだろうなぁ。
え〜い、燗しちゃえ。50℃超で良いか。
おぉ、あちちち。こりゃ、55℃かな。ほらほら、泡があるよ。うひゃ〜、やっぱり出ちゃうよなぁ、あの臭いが。ちょっと冷めるまで待とう。
よし、かなり収まった。このくらいなら我慢できる。うわぁ、なんだ!? もう飲める味になっちゃうじゃない。
さらに冷めると、我慢せずともあの嫌な臭いが気にならなくなる。良いよ、これ。上品、かつ穏やかな吟香にふくよかなうまみ。若い分だけ、さすがに背伸びしている感は拭えないが、鷹勇らしい捌けの良さとキレは健在。当年度の酒をここまで飲めるようにするなんて…。
坂本杜氏の酒は久しぶり…、あ、この前、シャレの純米松○梅made in USAを飲んだか。でも、値段からしたら、ひょっとしたらあれ以上だぞ。
やはり、すごい人だわ。どの酒もきちっと鷹勇の酒に仕上げちゃうもの。
肴は豚生姜焼き。加えて、ほうれん草と玉葱とで塩コショーで炒めたものまである。はは〜ん、豚肉始末日だな、今日は。買い置きの食材が危うくなると、こんな風に一つの素材が多種多量な献立に化けることがままある我が家ならでは。
前日の残りのおからはあるし、茹でたブロッコリー、胡瓜と蕪の浅漬けか。
生姜焼きに負けないじゃない。やや濃いめの味付けのおからとも良いね。
酒には大満足だったけどぉ…。あぁ〜、とうとう無濾過生まで手を染めちゃった。orz


本音を云えば、これの火入れを早くだせ〜!! 原酒でも良いよ。:-p
原料米:(麹)山田錦(掛)五百万石 精米歩合:70% 酵母:協会9号 醪日数:24日
日本酒度:+5.5 酸度1.9 アミノ酸度:1.4
さっそく常温放置が決定。目があぶないぞ。<自分 (^^;;


連荘

■呑録(旧暦3/22)
帰ったら、食卓に豚カツがどかんと。うぅむ、酒をなんにしようか。
やや強めの酒が良いかな。おっ、これがあるよ。けど、昨晩に引きつづき竹鶴かぁ。良いじゃない、好きでしょ?
『竹鶴 純米酒 秘傳 14BY』
当然、湯気燗ですな、これも。:-)
肉を食べて「やわらか〜い」としか言えないTVタレントのコメントに辟易するけど、この日の肉もその程度の感想しかない生憎な肉だった。だから、とんかつソースをだらり。それでも、ほらほら、酒が口を洗ってくれるよ。ほうれん草と茸の炒め物だって、パクパク食べられる。きゅうりと若布のサラダで口直し。おから(上品に言えば、卯の花)は大好物。
そうそう、ホタルイカがあったでしょ?勿体ぶらずに出しなよ。これは生姜醤油で。おぉ、丸々としたお腹。予想どおり肝の風味がジュワッと。
やっぱり良いなぁ、秘傳は。地味だけど、さりげなく見せる守備のうまさが玄人好み。ゴールデングラブ賞をやってよ。
最後は、なぜか、赤飯で締め。おめでたいこともなかったはずなのに、?な夜だった。