夕涼み

hanabi2.jpg梅雨明け前、夜になったら汗も出ない涼しさ。
表に出て、こんな絵を見ながらキリンのラガーを飲み始める。つまみはスモークチーズ。
大びんを2本飲み終えたところで花火は終了。最後のナイアガラはもっと近づかないと見えないのだ。
中に戻って、もう少し…となれば、やはり燗酒。
『初霞 生もとのどぶ 16BY春火入れ』
開栓して常温に置くこと3ヶ月半だろうか。燗どうこの湯温が上がらず、イライラしながら何度かカミさんが味見するが、「まだぬるいよ」と。
どうにか生もとらしい切れが出てきたところで、5勺のきき猪口に注いで軽く2杯ずつ。
いつものことながら白飯を食べているかのように、すんなり体が受け容れる。
夏のにごり燗、Good!!
さあ、帰って本番か。
帰り道、牛蛙(食用蛙)の泣き声(重厚なバス)が幾度となく闇に響く。「昔は泥鰌もいたんだよ」。今ではU字溝で囲われ、軽く越えられる用水も、あの頃は立派な小川。蚯蚓をつけた釣り糸をたらし、秋には木の上で食べる無花果や柿が毎日のおやつだった。
儚く消える花火が思い出させた遠い日々。
『天穏 純米酒』(H17.2詰)
五百万石・神の舞65%+協会9号の純米。720mlに半分ほど残し、開栓常温放置4ヶ月超。
古酒のカラメルを思わせる香りを纏い、熟成というより老ねを感じる。
上燗(45℃近辺)のやや上に燗をつけ、とんかつソースをつけたヒレカツで遅い夕食の開始。
とんかつソースの甘さや複雑な香味はさすがにつらい。釣り合うことなく、どこまで行っても平行線。決してヨワヨワな酒ではないし、古酒の香りもカツとは合うのだが、如何せんソースが邪魔。塩の方が良かったかも。
キャベツの千切り代わりのレタスをバリバリ、皮付きのまま揚げた新じゃがもうまいね。


ミイラ取り

■呑録(旧暦6/15)
こじこじさんを唆し、まんまと開栓させたは良いが、あまりにうまそうでこちらがミイラに…。orz
『小笹屋竹鶴 純米原酒 番外編 12BY』
何度見てもしみじみうまい。滋味竹鶴と名付けようか。
燗をつけて喉を通すと、じわ〜っと体中に染み渡る。その染み加減がまた絶妙で、筆舌に尽くし難いを地でいってくれる。
宿根・大和の雄町よりも当たりがやわらかいのは、山田錦の長所だろう。
揚げ茄子にかけられた奇天烈ソースはマヨネーズをさらに酢で伸ばし、鮭フレークを加えたものか。スープは使ってないはずだが、味が薄くて良く分からない。orz
鮪赤身の刺身、秋刀魚の甘辛煮、冷や奴、トマト、それに磯の香りが口中に広がるえごねり。えごは薬味の長葱と醤油で。
番外編は、ボリュームたっぷりの肉と合わせても抜群のしなやかさを発揮するが、こういう和の素材相手でも酒が勝ちすぎるようなことはない。
全幅の信頼とはまさにこのこと。これを定番酒にできたら…。
『羽前白梅 純米大吟醸』
竹鶴の後で徳利に注いだら、プ〜ンと吟醸香が立ち上る。こんなに香りのある酒だっただろうか。いよいよ台所の温度が上がってきた?
上燗(45℃近辺)ほどに燗をつけ、取り出すと、またもや品の良い吟醸香が…。
含んで邪魔になるような強さでないが、確かに吟醸酒であることを自己主張するようになった。
或る意味、ここまで待たないと純米大吟醸としての本領を発揮しない酒なのかもしれない。
実に難儀な酒だが、待って損はない。早飲みは厳に慎むべきだろう。
窓を開けると、遠くで民謡流しの囃しが聞こえる夜だった。


2本ともこの日で完飲。以前と比べたら、放置スペースがスカスカになった。
ただ、一度飲んだは良いが、その後、二度と手を出そうとしない酒が数本。何とかしなければならないとは思っても、体が呼ばないことには…。


BY違い

■呑録(旧暦6/10)
日付が前後してしまったが、H6BYを飲んだからには、こっちも飲まずにいられなくなるのは必然というもの。
『旭菊 純米古酒 H5BY』
もっと甘みが多かったように記憶していたが、パンチの強さがそれに取って代わった。
決して温和しくはないH6BYが、枯れ味をウリにしているかのように思えるほどのやんちゃ坊主ぶり。兄貴の方が落ち着いて見えても良さそうなものなのに、まるっきりあべこべだ。
それも雑味がもたらすただのにぎやかさとは別物。素性の良い酸が生み出す強さだから、長めの余韻を楽しんだ後、きれいに切れる。
燗をつけてもその印象は変わらず、口が杯を催促する。こりゃヤバい。パンチに溢れ、かつ汚れがないからどんどん飲んでしまう。
肴は、銀ダラの照焼き。この脂とタレの香ばしさが熟成純米にピッタリ。茹でた烏賊・胡瓜・若布をこの日はマヨネーズで。口直しに家庭菜園のグリーンアスパラ。ひょろひょろして、ドジョウインゲンと間違いそうだ。定番のトマトとブロッコリーも健在。
冷やでもうまく、燗がつく間にお代わりしてしまったのに、燗でもこんなに追い立てられては、定量があっという間に空に…。
開栓から3ヶ月、じっと我慢した甲斐があったというものだ。


Birthday燗酒

■呑録(旧暦6/13)
知人にお茶代わりのSamuel AdamsのBoston Lagerを注いでいたら、もう一人が…。
たまたま誕生日が一日違いという二人のために、即席なれど前夜祭をすることになり、選んだ酒がこれ。
『鯉川 純米吟醸 美山錦 16BY』
冷やでひと舐め。あぁ〜、まだまだ硬い。後ハネも。今から飲むなんて、青い蕾を手折るようなものだが、フレッシュな酸を楽しめるのも今の内だけ。また葛藤の芽が…。orz
ぬる燗好きな知人には42〜43℃に、自分用には47〜48℃に、燗どうこで燗をつける。
飲み始めの温度では後戻りしてしまうが、捌けの良さと後のキレはさすが。
少し下がったところでふくらみを見せるものの、ぬる燗を過ぎるとまた蕾を閉ざし、辛さが出てくる。燗温度にはデリケートな酒だ。
〆鯖と青柳の刺身、茹で烏賊のマリネ、ホッケの焼き物、豆腐・ニラ・豚肉の麻婆風、筍・ししとうの中華風炒め物、ポテトサラダ、スモークチーズ、鳴門の若布の手千切り、差入れの胡瓜辛子漬。
魚屋が営む総菜屋の出来合いを並べただけだが、話が出てから15分で始まる即断即決宴会。こういう見切りもありかと。
ビール党にはシメイのホワイトラベルを追加し、こちらはひたすら燗酒を。
気がつけば、一升瓶は残り一合。滑りが良いとこれだから困る。って、それは逆恨みというものか。(^^;


盲点 -梅酒などを作る際の注意-

我、某杜氏から受けた警告を広く知らしめんと欲す。:-)
その昔、自分でも純米原酒でチャレンジし、次は旧式みりんで…などと思ったこともあったが、まさか、こんな条項があったとは…。
家庭で梅酒などを作る行為は、酒税法上、混和とされる。その混和する(梅などを漬ける)前の酒類のアルコール分が20度以上ないと酒税法違反となるなんて…。

●酒税法施行令第50条第10項
 法第43条第9項 に該当する混和は、次の各号に掲げる事項に該当して行われるものとする。

  1. 当該混和前の酒類は、アルコール分が20度以上のもの(酒類の製造場から移出されたことにより酒税が納付された、若しくは納付されるべき又は保税地域から引き取られたことにより酒税が納付された、若しくは納付されるべき若しくは徴収された、若しくは徴収されるべきものに限る。)であること。
  2. 酒類と混和をする物品は、糖類、梅その他財務省令で定めるものであること。
  3. 混和後新たにアルコール分が1度以上の発酵がないものであること。

これ即ち、20度未満の酒類を用いる場合は、リキュール類の製造免許がない限り密造酒となり、酒税法第9章罰則第54条により、最低でも5年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処せられるということだ。
となると、「純米原酒や旧式みりんで…」云々は、すべて酒税法違反。ヤバいこった。orz
ふなぐち菊水とか、あの来陽でもないと、20度以上の市販清酒はなかなか見当たらない。46度という清酒もあるものの、当然、これも前に挙げた2銘柄同様、アル添だろうし…。
ああ、純米酒で漬ける梅酒は見果てぬ夢となりにけり。
また、この例のように、消費者が自分で飲む分には問題ないが、営業の用に供することも禁じられているから、努々油断無きよう。


うぅむ、敵も然る者引っ掻く者とはこのことなり。限外濾過並みに目こぼしがないっ!!
最近、いくつかの飲食店が自家製梅酒を営業に用い、酒税法違反で摘発、罰金刑を受けている模様。
酒類の製造・販売に関わる者には、さらに『免許取消』の追打ちあり。
見せしめの意味もあるだろうが、知り合いには「大っぴらにはするな」と耳打ちを。(^^;


撤収続く

■呑録(旧暦6/9)
ここ数日、放置してあった酒が台所から空き瓶となって、どんどん姿を消している。
裏を返せば、また増やす余地ができたってことだが、我慢に我慢を重ねて空けない酒と、空けようにも空かない酒と、ここでも二極分化が…。
『旭菊 純米古酒 H6BY』
麗峰60%の特別純米。4月上旬に開けてからかなり経つのに、まだまだしっかりとしたうまみ。
冷やでもボテ〜っとしたところはなく、味の多さを良い具合に引き締める酸がある。
5BYの甘さたっぷりの味も良いが、6BYの締まりも捨て難い。
無理に上げることはなかろうと、熱燗(50℃近辺)の下で留める。
ふぅむ、余計な評価は無用。ただうまい。一気に力が抜けていくようだ。
さらに締まりが出てきた燗酒に合わせるのは、烏賊と馬鈴薯の煮付け。ゲソの歯触りを楽しんだり、烏賊のうまみの染みた芋を口の中で潰したり…。熟成純米との相性はなかなかのもの。
昨日の残りの濃い味付けのおからも難なくこなし、醤油をかけ回したチキンカツとも、その脂っこさを上手くあしらい、好調をキープ。
口直しは、またもや烏賊。小振りなのをまとめ買いしたと見える。茹でたそれに胡瓜と若布を加えた酢の物。
酢の効きが弱いように感じ、老梅酢をかけ回す。ふくよかな米酢の香りと酸っぱさが蒸し暑い晩にちょうど良い。
定量+冷やで数杯。この酒もまた完飲、撤収と相成った。


Firefox 1.0.5(E) Released

12件の脆弱性に対応したという、Firefoxの最新版、1.0.5が公開された。
firefox105.jpg
[07/19追記]
Firefox 1.0.5とThunderbird 1.0.5でAPI関連の問題が見つかり、再度アップデートされるようだ。
1.0.5でセキュリティ問題を修正したことにより、1.0.4以前では正常に機能していたエクステンションの多数にトラブルが出ているとのこと。
FirefoxとThunderbirdの1.0.6のβが公開されている?


まだ英語版だけだが、近々、日本語版も登場するはず。
アップデートをお急ぎの方は、こちらからお使いのOS向け1.0.5ヴァージョンをダウンロードしよう。
日本語版をご希望の方は、しばらくここのウォッチを欠かさずに。
今週末には、Thunderbirdのアップデータも。