明日のために

連休前だというのに、入り口のダウンライトの具合が悪い。点灯後、しばらくすると消えてしまう。orz
呑兵衛仲間のK兄に電話。チラッと見て、「安定器かなぁ」と腰を落ち着けちゃったよ。「あれ、それだけ?」。
「こりゃあ、飲もうってことか」と、都合の良い解釈を…。
『鯉川 純米吟醸<美山錦50> 一度火入れ H16BY』
残り一合半の開栓常温放置2ヶ月もの。ぬる燗(40℃近辺)、あぁ、まだ後味が…。再度、燗どうこへ。
熱燗(50℃近辺)弱から冷ましたら、とろ〜っと甘みが出てきた。後味の若々しさが味のインパクトをもたらす。
もっと置いておいても良かったなぁ。でも、もうお終い。
ホヤの塩辛とふぐの真子の糠漬けをアテに、ドライバー二人で予行演習を始めちゃいましたよ。
『竹鶴 雄町純米 H14BY』
「これ、いつのだっけ?年明け?」というくらいの開栓常温放置。当然、持てないくらいの飛び切り燗(55℃近辺)超に。
冷めてくるとトロトロに。「6号系」といわれているが、もはや「竹鶴酵母」といってもいい多酸酵母。若いとその酸をダイレクトに感じるのだが、ここまで練れると、ただひたすらうまい。
色? 当然、たっぷりありますよ。真っ黄っ黄。:-)
ちびちびやっていたら、「よぉ〜」とT兄登場。鼻が良いこと。
『綿屋 純米吟醸 阿波山田錦55』
開栓常温放置8ヶ月とはいえ、竹鶴の後じゃ、気の毒だったか。品の良い味わいも薄っぺらに感じてしまう。
今度はスターターにしてあげるよ。
チーズを足したけど、アテが不足。イカそうめんとポテトサラダ、茄子の南蛮煮を追加。
『睡龍 速醸純米吟醸 H15BY』
開栓加温放置9ヶ月を熱燗(50℃近辺)から冷ます。「うひゃ〜、うめぇ〜」。排熱にさらされながらもビクともしないどころか、やっと飲み頃がきたかという感じ。
残り一合半ほどはまたもや排気口の真ん前に。:-)
あらら、もうこんな時間。明日もあるからお開き、お開き。
帰ってから秋刀魚の塩焼き一匹とご飯を軽く一杯。
これにて予行演習、無事終了。「解散!!」。:-)


長月の定番酒 -其之四-

四の五の言わなくても良い酒って、ホントありがたいですな。
『鷹勇 純米 勇翔 火入原酒 H16BY』
「あれは木香でしょうか?」というご指摘をいただいたけど、そんなこと気にもせず、さっさと熱燗(50℃近辺)に。(^^;
以前は原酒特有の鈍重さを嫌うこともあったが、今はこの重厚感がたまらない。もちろん、原酒なら何でも良いという訳ではない。飲める原酒、それを欲する体調、その両方が揃わなければ画に描いた餅なのだが、この酒、この値段でこの味、しかもきちんと切れる。たまりませんな。
蛸刺しとぶつ切りの胡瓜が盛り合わせてあった。「?」。三杯酢、うぅむ、よろしくない。
素直に山葵醤油で。うむ、こっちですな。胡瓜がかっぱを食べているかのよう。
蛸のモチモチ感と胡瓜の香り。蛸、酒、胡瓜。胡瓜、酒、蛸。やめられない、とまらない、たっかいさみ〜♪
先ほどの三杯酢は若布と胡瓜に回し、即席の酢の物に。磯の香がプ〜ンと立つ。
快調、快調。あっという間に終わった定量だけど、飲み応えは十分。
ポンポン、お腹を二つ叩いて締めた夜だった。:-)


はて、あと何を食べたんだっけ…。
寝て、目が覚めると、前夜の記憶さえ覚束ない。脳の酒粕化、ますます進行中。orz
肴が乏しかったので、乾麺の蕎麦まで食べたことだけは憶えているんだけど…。