旅に病んで

遅い夏休み、いつもの呑兵衛家族で信州某温泉へ。
sotoyu.jpg寄り道したため予定より小一時間遅れて宿に入り、さっそく楽しみにしていた外湯巡り。
土産物屋のおやじに「入るなら、○○と…」と、5つの源泉掛け流しを教わった内、まずは一番近い風呂へ突撃。「アチ〜っ!!」。先に入ったK兄の悲鳴が風呂にこだまする。水で薄めすぎると地元の人に怒られると聞かされ、我慢して全員が茹で蛸に…。
街をぶらつき、宿の至近にある次なる外湯へ。ここが彼の地のシンボルだ。ぬる湯でも十分に熱いのに、わざわざあつ湯につかる。熱いのだが、湯から上がると思いの外さわやか。
宿へ帰って、湯上がりの火照った体を持て余しながらも、持ち込みの枝豆と煮卵をアテに缶ビールを飲み始める。冷たいビールが喉を通りすぎる時の気分は、もう最高!! 🙂
そうこうしている間に、もう一つの楽しみ、夕食の時間だ。
無遠慮に持ち込んだ日本酒は『清泉 亀の翁 純米大吟醸原酒』と『英 jungin H15BY』。
清泉をちょっと舐めて、英へ。15℃に1年以上置いただけあって、がっしりとした骨格が固まってきたようだ。ただし、如何せん冷や。この酒の本領発揮には程遠い。
uchiyu.jpg冷たい酒が苦手なT兄につきあって宿の燗酒を。「ここの水で造られているんですよ」と若い仲居さんが教えてくれたけど、地元の水で水増しされた訳じゃあるまいに、何これ!? 新潟酒に良くある大量アル添の炭酒タイプで、薄っ辛く飲み応えがない。orz
元○屋というから、ちっとはまともな酒を出すだろうと期待したおやぢが悪うござんした。
今度から電気ポットと銚釐も持参しなければならないのか…。
料理も品によって出来不出来がバラバラ。といっても目を見張るほどのものはなく、気にせずに食べても良いかというレベルが最高で、ダメなものに至っては料理人に「病院へ行ってきたら?」といいたくなるようなものも。
結局、この宿で良かったのは、二の間付きの広々とした部屋と源泉掛け流しの風呂だけ。
やっぱり見てくれで選んじゃダメってことか。orz


翌朝食時、性懲りもなく、T兄につきあって「どうせまた焼酎擬きのアルテンダー」と覚悟を決めて燗酒を口に…。
「ぐぇっ!! なんだこりゃ?」
今度は、前夜の酒がまだマシと思えるようなベタ甘の臭酒。思わず朝から星 一徹したくなったほど。
料理は少しはまともになったように見えたが、相変わらず一品一品の出来不出来にムラあり。
18,900円を30%ダンピングしてもらっても、二度と行きたくない宿の一つ。
気心知れた仲間と一緒だったから救われたが、信州でも酒の扱いはこの程度なのかと思うと、旅に出る都度、気が重くなりそうだ。(´ヘ`;)