あ、ふしぎなお酒

といっても、一ノ蔵の『あ、不思議なお酒』みたいに奇を衒ったものではない。
正真正銘、王道をいく純米酒。それも『生もと』となると、この純米馬鹿杜氏(失礼_(._.)_)の酒が最右翼であろうが…。
『睡龍 生もと純米原酒 瓶燗 H16BY』
冷や、それも開けたてにもかかわらず、ここの生もと特有の香りが強く立ち上る。もちろん、香りが強いといっても、プンケバ酒のどぎつい化粧のような香りではない。いかにも酒らしい素直な香りが割水版よりも豊かということだ。
口に含むと、甘さを伴った旨味が一気に押し寄せる。アルコール度数が高い(18%台)とはいえ、圧倒的な強さ。しかも、16BYなのにハネもなく、口当たりはあくまでもまろやか。完全発酵させたアルコールをも、トロトロの口当たりと、甘さと見紛うばかりの練れた旨味に変えてしまっているではないか。
「どうして!? ねぇ、どうしてなの!?」
あの杜氏を知る人なら、すがって詰問したくならなければ『ウソ』だ。(苦笑)
これだけ味が出ていればと、飛び切り燗(55℃近辺)超に。さすがに徳利から湯気が出ますな。(笑)
やや若返った感はあるけど、分厚さに締まりが加わり、トロトロのうまさが、最後はスウ〜ッと消えてゆく。
「いやぁ〜、ウンマい!!」
しかも、これだけ味があるのにもっと飲みたくなる。
「罪作りね、あ〜なたぁ」てなもの。
アテは自家製の鯖味噌煮。輸入物に良くある過剰な脂はなく、背はしっとりと旨いし、腹身には程良い脂のうまさ。これぞ魚の煮物。
もう一つは、鮭の香味焼。うぅむ、こちらは今イチ。たぶん、最近の脂っぽさだけが珍重される流れどおりの輸入物だろう。
里芋・大根・人参・シメジ・椎茸の煮物。こういう野菜料理があるのが家庭のありがたいところ。
鯖の味噌煮の骨を出すのが間怠っこいと思いつつ、お代わりお代わりで三切れも。
定量で十分な満足感。
いやぁ、「原酒が苦手なあたしにも飲めるから」、そう唆してくれたO亭さんに感謝しなければ。
お客様は神様です、ホント。(笑)


もやしもん

moyashimon.jpg大豆インクによる印刷と帯・カバーが古紙100%再生紙。内容の説明よりもそちらが目立つ、というよりそれだけをウリにしていた奇妙な帯の第1巻が発刊されてまもなく、某全国紙の書評に載ったことから、いきなり増刷となった石川雅之『もやしもん』の第2巻が出たので、さっそく右下の『おすすめ』にも追加。
某農大を舞台に、菌が見えるという特殊体質の主人公が巻き込まれる騒動が展開されていく。
発酵と腐敗をとってもそうだが、善玉菌と悪玉菌、どこで線を引くのか。
菌が好きな人には必読書の書。読むべし!! (笑)1
これ、欄外がまた楽しいのですよ。「へぇ〜」も…。読めば分かる!! (笑)2
合言葉は『かもす』。かもさない・かもします・かもす・かもせば・かもせ。サ行五段活用。(笑)3
■『もやしもん -2-』
 作 者:石川雅之
 出版社:講談社 イブニングKC ISBN:4063521265 2005/10/21
 定 価:560円(税込)
ちなみに…


moyashimon1.jpg第2巻、カバー裏(実際の表紙)にまで仕掛けが…。
立読みでも、そこを忘れるべからず。(笑)4
第1巻を未だ読んでいない人、あるいは買いそびれていた人は、こちらから。
買うべし!! (笑)5
■『もやしもん -1-』
 作 者:石川雅之
 出版社:講談社 イブニングKC ISBN:4063521060 2005/05/23
 定 価:560円(税込)
weekly_im.jpgこれもなかなからしい。
買ってみる? (笑)6
■『週刊石川雅之』
 作 者:石川雅之
 出版社:講談社 モーニングKC ISBN:4063288676 2003/02/21
 定 価:540円(税込)
3冊まとめて買えば、Amazonの送料は無料になるし、おやぢに雀の涙ほどの手数料が…。(笑)7


あぶない酒

あぶないシリーズ第2弾!! (笑)
一升瓶を開けちゃった後でサンプルを持ってきてどうする!? 相変わらずトンチンカンな我がスタッフT君。orz
それはさておき、やっとこの酒が日の目を見ることになった。
『群馬泉 山廃もと純米 H15BY』
この酒を知ったために薄酒との縁が遠くなって久しいものの、特選本醸造だけは「らしくない」と手を出さなかったのだが、それを補完してくれる酒がこれ。
実は、昨年からタンクに寝ているのは知っていたのだが、この蔵、熟成にはとてつもなく頑固で、若いとなると品切れさせても出荷しないほど。
「早くても来年の秋以降かなぁ」、と常温タンク貯蔵しながらのこの台詞で想像できるでしょ?
冷や。「あれれ!?」。酸はあるし、押し味もそこそこ。でも、「すごくヤンチャ。一番ウチらしい酒かも」、その言葉から想像していた暴れん坊のイメージが見えてこない。まぁ、開栓して間もないから、その点はもう少し様子見が必要か。
「絶対、燗で飲んでほしいんですよ」。そんな台詞、冷やで飲める酒を造ってから云って。(笑)
まぁ、冗談はともかく、『燗、それも熱燗(50℃近辺)以上から冷ましてやらなければ、本当の群馬泉にならない』ことは紛れもない事実。
それゆえ、当然、飛び切り燗(55℃近辺)にして冷めるのを待つ。といってもじっと指をくわえているはずがなく、冷やでちびちび舐めているのだが。
頃合いかと一口含むと、「わぉ!! このヤンチャ坊主め、今まで猫を被っていたな」。酸の立ち上がり、押し味、そして後のキレ。超特選純米ほどのアクの強さはないが、山廃本醸造や特選本醸造を凌駕する味の豊かさ。値段的にも手頃だし、新たな定番酒の誕生だ。
ちょっと危ういタコ刺し。え〜い、三杯酢に浸しちゃえ。夜中に何ともなかったから、ギリギリのタイミングだったのか。(苦笑)
ほうれん草と菊のお浸し。これもか。今日は人間ディスポーザ?
豚肉のカレー炒め。やっとまともなものを食べさせてもらえるのね。脂をものともせずに洗い流してくれる酒の旨いこと。パクパク、グビグビ。
鶏・玉葱・人参・モヤシ・シメジ・椎茸の炒め煮で野菜を補充してと。旨酒のおかげで食欲に火がついた。
「良いね、良いね」と一人にやにやしながら酌んでいたら、あらら、酒が終わっちゃったよ。
休み前だし、お代わりを…。「あ、ダメなんだ」、腰をあげながら思い出した。早朝6:30に頼まれものが一件。てことは、遅くても6:00前には起きなくては…。
こんな旨酒を前にして返す返すも残念だが、受けた約束を反故にするわけにいかず、お代わり代わりに涙を飲んで打止めを宣した夜だった。orz


おかげで5:00にはスッキリ起床。やっぱ、まっとうな酒はエラいっ!! (笑)
ただ、せっかくの休みだというのに、懐かしい「支那そば」風ラーメン屋を見つけたものの、ダラ〜っと過ごしてしまいましたぜ。


マッ○ーの酒

まき子さんのおかげでまんまとせしめた酒を、まだ一週間の放置ながら持って帰った。
# OSのヴァージョンを上げたついでに、デスクトップもちと秋らしく、これ↓に。
『銘柄非公開』(04.12詰)
autumn.jpgといったところでバレバレだが…。(苦笑)
まずは冷やで含む。「あれ!? この含み香は…」、裏ラベルを見ると原料米は一本〆。「あぁ、あの酒にあった匂いだ」と、某純米を思い出す。わずかにアルコールのハネを感じつつ、後半はかなり強い甘が支配し、それが後々まで残る。うぅむ、やはり残糖の甘か。
ちと気の毒かと思いながらも熱燗(50℃近辺)に。冷やで感じたハネはなくなったが、甘が強調されてきた。旨味がありながらキレる酒なら良いのだが、この手の甘は重いだけでキレない。それゆえ、いつまでも後を引く。
冷めてくると、さらにその傾向が強まり、ぬる燗(40℃近辺)辺りでは砂糖の甘さそのものになってしまう。
もっともと(酒母)をしっかり造り、それに耐える強い酵母を育て、完全に発酵させきれば、最後までもたつく鈍重さはなくなると思うのだが…。
酵母の選択といい、最近、この手の酒が多いのよねぇ。
大根・蒟蒻・(なぜかウチのには入っている)里芋・ツミレ・薩摩揚げ・がんもどき・玉子のおでんは、まだしも、(イヤな脂がなかったから、たぶん)地のイナダには…。冷めてくると、いくら山葵で味を締めても甘いジュースを飲みながら刺身を食べているような気分になってしまう。
豚肉の脂も持て余すし、食中酒には難がありすぎ。
ただ、プンケバと違って香りは穏やかだから、冷やして食後に酒だけを楽しむには良いのかも知れない。


Desktop Picture同様、黄昏なコメントで、重ね重ね申し訳ありませぬ。_(._.)_ >まき子さん


Tiger

3連敗でもう後のない虎のことではありません。:-)
今さらですが、半年遅れでメインマシンをOS X 10.4にしました。


X1042.jpg上書きインストールは不安なので、いつもの前システムをアーカイヴしての新規インストール。そのために、なけなしのハードディスクからアプリを一時的にアンインストールするなど、一手間も二手間もかけたヴァージョンアップだったのですが…。
I-O DATA製GV-1394TV/Mビデオキャプチャーが使えなくなりました。orz
メーカサイトには「現在、動作検証中」とだけ。おいおい、もう半年だぜ。(怒)
iMovie HDも、以前までつながっていたK兄所有のPanasonic製NV-C3ビデオカメラを認識してくれないし…。
このように古い周辺機器が使えなくなるのが頭痛のタネ。(´ヘ`;)


霜降

つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也 −暦便覧−
二十四節気であることをすっかり失念していたため、いつもの「鯉川 純吟にごり酒<五百万石50%> H16BY」の出番はなし。
なのに結果は…。
『生もとのどぶ H16BY 秋火入れ』
開けた直後からジンワリと広がるうまさ。「げげっ、反則だぁ〜!!」と、うれしい誤算を罵詈で取り繕っていた酒を選ぶことになるとは。どうも「二十四節気にはにごり酒を嗜む」という図式ができあがりつつある。(苦笑)
さっそく飛び切り燗(55℃近辺)にしてから冷ますことに。
ふうっと息を吐き出す。春火入れほど味は乗っていないが、澄んだ香りとやさしい旨味。穏やかでありながら、米をはんでいるかのような、どぶ特有の味わいは健在。
揚出し豆腐の油がマイルドに感じる。焼餃子の強いタネも難なくこなしてくれ、さて、もう一口と思いきや…
「えっ!? もうないの?どっちも?」。orz
しょうがなく、この後はひたすら鍋。具は豚肉・白菜・人参・玉葱・椎茸・シメジ。
「どうして黄色いの?」
ほのかにカレーの風味。牛乳とブイヨンの味も。洋風な味付けだったのね。
ふぅむ、石川杜氏が「ごはんのような酒を造りたい」といわれた気持ちがよ〜く分かるわ。
米の味をきちんと引き出し、その味を湛えた酒ならではの守備範囲の広さ。
世に酒の類は数あれど、どんな『おかず』にも合うとなると、やはり、まっとうな米の酒の独壇場ではないか、とつくづく思わされる。
「米喰い人種だから?」


深まりゆく

autumn.jpg降りそうで降らない天気。やけに暗くなったと思ったら、いきなりの雷雨。おかげで、いつもながらの懐具合に加えて肌寒さまで実感するようになってしまった。orz
とっぷり暮れた時刻、いつもの場所にいつもの面子が集まった。
こりゃもう、飲み会ですな。全員確信犯。(笑)
アテは、地のイナダ・カンパチ・鯛・烏賊の刺身盛り合わせ。ただ切っただけとはいえ、このエッジの立ち方がプロの技。ほうれん草とモヤシの炒め物。ほうれん草とカキノモト(食用菊)のお浸し。酢豚。
そこにH兄差入れの蛸刺しとカキノモトの胡麻酢和えが加わり、燗のできあがりを待つ。
『鶴齢 特別純米酒 山田錦 無濾過瓶燗 H15BY』
冷やジュルで若干の甘浮きを感じたが、16%台のアルコール分の練れ具合に支えられて、まずまずか。
上燗(45℃近辺)と熱燗(50℃近辺)の中間くらいに仕上げると、多すぎる味にも締まりは出てきたが、メーターどおりキレが今イチ。酵母を替えてくれると、もっと良くなるはずなのだが…。
酒の弱点は気心知れた仲間たちとの会話でカバー。
おやおや、いつもはビール党のH兄までハートランド1本で切りあげ、燗酒をご所望。
前夜もおやぢにつきあって飲み過ぎのK兄はなかなか調子が戻らない様子。お気の毒に。(^^;
絶好調T兄のリードで賑やかさを保てば、徳利の空き方も忙しくなるは必然。65℃の湯温に設定された燗どうこがフル稼働。
「あら〜!?空いちゃった」。ご相伴に与ったカミさんの声で一升瓶が空になったことに気づく。「次、何にする?」
『鷹勇 山廃純米60% H9BY』
鶴齢とグレードを合わせるために50%を開けようとしたら、「もう良いよ」の声が。残ったら次回まで預かっておいてあげるのに…。
「しょうがねぇ、人柱にしちゃったことだし、試飲用を供出してやるか」と、60%の出番と相成った。
こちらは熱燗超から冷まして。
「あぁ〜」、溜息が洩れちゃうよ。良い面子に良い酒が加われば鬼に金棒だ。
深まりゆく秋の宵、雨の夜が更けていった。


前夜のツケで片付けもそこそこに帰宅。チョロQ、オバQ、バタンキュー♪となったことは、云うまでもない。(爆)


差しつ差されつ

入り口のダウンライト、調子が今一つなので点検してもらったら、ダウンコンバータがその名のとおりダウンしていた。
「今から!? ヂグジョオ、ぜってぇ不良品だぜ!!」。クレーマー・クレーマーになっちゃうぞ〜。(怒)
「やっぱりか」と、仕事を終えた元締めK兄が登場。
「そういやぁ、今日はKちゃん(K兄ご長男)の誕生日だねぇ」「お前ンところもだろ?」。
そう、奇しくもK兄ご長男と我が家の二番娘・三番娘は誕生日が一緒なのだ。
「んじゃ」てんで、主人公たち抜きの祝宴の用意を。(笑)
「取りあえずこれで」と、焼ママカリ酢漬けとふぐの子の糠漬け・チーズを用意し、この酒を燗徳利に…。
『鷹勇 純米酒“鷹匠”』
税込みで2,000円/1800mlと、財布にやさしい定番酒だ。燗番をK兄にまかせて仕事を片付ける。
ぬるめの燗が好きなK兄、「ちぃっと辛いな」と、また燗徳利に戻す。待つことしばし、「お!? 味が変わった!!」と、ご満悦。
でしょ、でしょ!? 値付けは安いけど山田錦の70%、そんなヤワな酒じゃありませんって。
イカ刺し。ありゃ!? 地物じゃないね。甘みがないよ。orz
定番ポテトサラダ。そうそう、マヨネーズの酸味、こっちのほうが良く似合う。
イカ(刺身に取られた残り部位)と里芋の煮っ転がし。ぜんまいの煮染め。
祝宴にしては地味なアテだが、まぁ、家庭の味が何よりですから。(^^;
業務用2合の燗徳利。あっという間に酒は空き、次を注いだり、お湯を換えたり、となかなか忙しい。
『肥前蔵心 純米吟醸 H15BY』
『綿屋 純米吟醸 阿波山田錦55 H15BY』
この辺りで、もう少し濃い酒が欲しくなり…。
『奥播磨 純米吟醸スタンダード H14BY』
『秋鹿 純米吟醸 無濾過火入原酒 H14BY』
怒濤の2合×5本飲み。
奥方が明早朝からお出かけで、一人取り残されるK兄に千鳥足をプレゼント!! (笑)