Mac on business

これ、かなりエポックメーキングな出来事だと思う。


シンクライアントもかなり羨ましいが、業務が業務だけに専用機器があるはずだが、それらのコントロールはどう解決したのだろう。
こんなにご大層なシステムではないが、EPSONのレシート・ジャーナルプリンタにMac用のドライバさえあれば、こちらもごっそり乗り換えられるのに…。orz


ゴジラ菌

大魔人を迎えての宵、手配した宿に奇しくも全日本プロレスの面々が…。
「このネタしばらく使えますよ」。酒ゴジラへと変身の大魔人、「Gyaow〜!!」と一吠え。(笑)
sake.jpg某店カウンターに並ぶ、『清酒竹鶴 雄町純米 H14BY』『生もとのどぶ H16BY 秋火入れ』『小笹屋竹鶴 番外編 H12BY』『英(はなぶさ) 70%純米酒 H13BY』『竹鶴 秘傳 (H14BY?)』(左から)という、NBAオールスター並みの食中酒スターティング5。
しかし、この薄酒の地にこれらの酒が並ぶ日が来るとは…。お釈迦様でも見通せなかったでしょうなぁ。
この日の献立は、酒の後ろに写る店主まかせ。「のっぺ」にはじまり、豆の味がストレートに伝わる豆腐は塩で。魚の味たっぷりの自家製焼ちくわ、鮭白子の味噌漬焼おろしポン酢和え、里芋団子の揚出し、身欠き鰊に煮バイ貝。酒のアテとして過不足のない品々が並ぶ。
nishin.jpg大魔人も絶賛の一品。食べかけで申し訳ないが、タダの身欠き鰊(左)がたまらない酒肴に。戻し方と汁。コツはたったそれだけ。このための「にしん鉢」まである会津の郷土料理「にしんの山椒漬け」に、店主が酒に合うよう一工夫加えたもの。バイ貝(右)もデカいっしょ!? ネットリだけかと思いきや、食感も楽しめるように仕立てられた里芋団子の揚出し(奥)は、出汁の風味が利いた餡もうまい。
「仕上がりは香りで見極める」という、店主のこだわりの技で次々に繰り出される燗酒。番外編の相変わらずの分厚い旨味、秘傳のホッとする味わい。それぞれに好評を博したが、練れ味を見せはじめた雄町純米H14BYが、この日の一番人気。
急、かつ、こっそりの会だったため小勢ではあったが、酒を酌み交わしつつ、確実に病気はばらまかれたようだ。(笑)


baigai.jpgバイ貝の中身。
上手く取り出せたので、記念撮影。後ろの煙草のパッケージと比べてもらうと大きさが想像できるだろう。
予定時間をオーバーして一次会を閉め、二次会へ。
『清酒竹鶴純米にごり酒』の熱燗でスタート。一次会もかなりの酒量であったにもかかわらず、ここでも二合徳利がどんどん空に。
「あれ!?」「店閉めてとんできちゃいましたよ」と、先ほどの店主が。お互い顔見知りの店主同士も加わり、感染希望者拡大。
『奥播磨 純米 山田錦八割磨き H15BY』『日置桜 復刻純米 H13BY』と、ここではそれぞれに個性的なJazz Trioの味わいを堪能したが、やはりにごり燗が秀逸。
深夜まで続いた宴でしっかり「もやし(種麹)」撒布を終えた酒ゴジラと月に見送られつつ、家路についた夜だった。


豚に無花果

ダラ〜っと時間だけが過ぎた休日。いただきものがあったとはいえ、休んだ気がしない。
体調がちょっと下降気味だろうか。(´ヘ`;)ハァ
『鯉川 純米酒』
すっかりこなれて、冷やでも味をきちんと伝えてくる。「羽前白梅 純米 尾浦城」に使われている「どまんなか」といい、一般米とはいえ、庄内米パワーは侮れませんわ。
1合強を熱燗(50℃近辺)から冷まして…。これから1ヶ月、すっかり定番酒然としている。\(●o○;)/
『肥前蔵心 純米酒』
「えっ!? 古酒じゃないのに?」。こっちはこっちで熟成香を帯び、さらに捌けが良くなっている。後味に引っかかるものがなければ、なおのこと良いのだが…。
ここまで10ヶ月以上。しばらくファーム行きかなぁ。
豚肉・シメジ・長葱の炒め物かと思いきや、肉が異様に軟らかい上に、異なる食感が混ざる。
「ひょえ〜、いちじくだ」。こいつの酸で肉が軟らかくなった? 妙な組合せだこと。
焼餃子には、熟成香が漂う肥前蔵心を合わせよう。
卯の花。そんな上品なものじゃない、おからで十分。しっとりとした炒り煮で酒を楽しむ。これぞ、家飲み。
茄子の辛子漬で刺激を与え、胡瓜の浅漬けで口を直す。
鯉川を飲んだ分、定量を超えてしまった休日の夜。無花果嫌いのおかげで二人前も食べてしまった。
酒もたっぷり、アテもたっぷり、こちらの腹まで豚並みにでっぷり。orz


またもや

pm_g5.jpgAppleから矢継ぎ早に新製品が登場している。
ハードウェアでは、デュアルコアPowerPCを積んだPowerMac G5と、バッテリー駆動時間とDisplayを強化されたPowerBook
ソフトウェアでは、Adobe Photoshopのお株を奪うかも知れないApertureがそれ。
夢に見るPowerMacとCinema Displayの組合せ。30″とは云わないから、せめて23″でも…。orz


シャキッとね

久々の午前様まで大魔人と痛飲したのは良いが、寝不足からか、身体に力が入らず。
年ですなぁ〜。orz
そんな体調に活を入れるため、あえてサンプルに手を出すことに。緊張!!
『銘柄非公開』
まずは冷やで。ふぅむ、含み香の最後に感じるこの匂い… ちょっと引っかかる。香気性アルコールだろうか。味はとても+10とは思えないほど。ほどほどの幅味もあり、捌けも良いが… 後切れにやや難あり。しかし、これが市販のものなら、よく練れた酒を出してくれていると思う。
ことさら強い酒ではないので、熱燗(50℃近辺)にしてから冷ます。
燗で薄れたとはいえ、やはり最後に鼻に抜けてくる香りが気になる。温められて捌けもさらに良くなり、旨味も兼ね備えているとは思うが、後口が今イチすっきりしない。
2度目の印象も最初とそう変わりないし、値段も2,000円前後よりもう一クラス上のはずだから、やはり見送りだろうか。
モヤモヤしたものが残ったので、休前日を口実に口直しのお代わりを。
『羽前白梅 純米酒』
地味なラベルと肩書きに欺されてはいけない。この酒、酒造好適米「美山錦」を50%にまで磨いて仕込まれている。それでいながら“タダの”純米酒とは…。分かる人には分かってもらえても、このままではちょっと気の毒になる酒なのだ。
冷やジュル(*1)なしでいきなり熱燗超から冷ましつつ、口に運ぶと、「あぁ、これだよ」、ついニンマリしてしまう美酒。涼やかな吟味あり。フワッと旨味を広げて、スッと切れ上がる。16度台のアルコール分がしっかりと骨組みを形作っていることもあり、こういう酒を食中酒にできる幸せを実感。
それも、開けたてでこんなにうまいなんて、ここの蔵には珍しいことだ。(苦笑)
塩胡椒で炒めた豚肉。酒を替えてから箸の進み具合もスピードアップ。つけ合せのキャベツの千切りやブロッコリー・トマトとともに完食。
子持ちししゃも。といっても、擬き(キャペリン)だけど、この卵の食感は久しぶりだし、酒がうまいから許すとしよう。
生揚げ(=厚揚げ)と牛蒡の炊いたの。牛蒡の香りが移った生揚げを噛むと、煮汁がジュッと口に…。こういう汁気のあるものと合わせる燗酒の何とうまいことか。
あんなに飲んだのに、日が暮れるとまた酒に吸い寄せられていく。旨酒もこうなると罪作りかもしれないね。


【冷やジュル】ひやじゅる
冷やでジュルジュルの略。つまり、きき酒のこと。おやぢ語。(^^;


いただきもの

makihata.jpgまき子さんに激しく唆された『巻機』の通常の酒銘は「高千代」だ。
「ならば、あの酒屋さんだな」と、別件のついでに頼んでおいたら、わざわざご店主から電話をいただいた。
「巻機いるんだって?」「純吟がほしいんですけど」「(昨年の)12月ので良ければ」。
古物好きのおやぢ、すかさず「なおさら良いです」「あ、自分で飲むのか。じゃあ、全然OKだね」と、すっかり見透かされてしまった。
挙げ句「いくらですか?」「いらない、あげるよ」となれば、うれしさ二乗。
こういう電話なら、休みにかかってきても苦になりませぬ。(笑)
左は同じ酒屋さんからいただいたお酒。もうひと月以上、サーバとプリンタの排熱のこもるウサギ小屋に放置されていたもの。冷蔵貯蔵されていたという「巻機 純米吟醸」も同様、しばらくこの部屋に置かれることになる。
いっそのこと、開栓しちゃうかなぁ。(-。-) ボソッ


師弟対決 -後編-

今宵に備えて一夜漬けを…。
taketsuru.jpg『清酒竹鶴 合鴨農法米雄町純米 H15BY』
開栓放置1ヶ月半。色は山吹を通り越して、褐色に近い。冷やでまだ硬さを感じるが、厚みを感じつつ、程良い酸も健在。このあたりがただの雄町純米と違うところ。酵母も違うから単純に比較できないし、好みによって使い分ければ良いことだと思う。
門藤さんのにこやかな顔と米に対する真剣さ、やさしさを隣の席で感じたことが、まだ昨日のことのようだ。あのひと時がこれを入れさせたといっても構わない。選ぶほうは同じ価格にぞろっと並んでたいへんだろうけど、それもまたうれしい悩みだろうから。
これは煮ました。誰かみたいに。(笑)
徳利の口から立ち上る湯気。が、「あらぁ〜、ちょっと若返り過ぎかなぁ」。素直に飛び切り燗(55℃近辺)から冷ませば良かったかも。H15BYでこれだから、小笹屋やその番外編のとろけるうまさを期待するのは、もう2〜3年先か。
とはいえ、雄町の逞しい酸は健在だし、味がありながらキレる酒であることに違いない。
豚冷しゃぶ。山葵醤油で肉をパクつきながら、竹鶴をグビリ。あぁ、ヤバいよ、これ。どっちも「やめられない、止まらない♪」になってしまう。
つけ合せはのトマトやキャベツ・胡瓜・人参の千切りが良い口直しになる。
お次はアジフライ。名古屋なら、アジフリャアかな?(^^; >まき子さん
玉葱と人参のスライスをのせ、富士ポン酢がかけられている。てことは、出来合いかな?
あ、やっぱり、衣が厚く、揚げ油もあまり良くない。苦肉の策だったのね。
胡瓜と蕪の浅漬け。蕪の風味が豊かだこと。ただ、ブロッコリーは…。
南瓜の炊いたの。またたくさん作ってくれたのね。でも、煮物って、たくさん作らないとおいしくないからねぇ。ゆっくりじわじわ食べることにしましょ。
さて、これで25%くらいは竹鶴モードになったか。用意した酒はあれとこれとそれ。(笑)
大魔人ご本人を交えてなら、120%間違いなしでしょ。:-)


師弟対決 -前編-

予習をしないまま、明日はもう大魔人との“飲み”となってしまった。
shinkame.jpgまぁ、あれこれ見てしまうと感動が薄れるから、と言い訳しつつ、大魔人の原点、この酒をチョイス。
カミさんに先を越された悔しさがなかった訳じゃないけどね。:-)
『神亀 辛口純米酒』(2003.12詰)
ここの酒は常に王道であってほしいというのがおやぢの願い。
蔵内での熟成、涼冷え(15℃近辺)での2年近い熟成を経ても、開けたては硬いだけで幅も奥行きも感じられなかったが、やっといつもの神亀に。きりっとした強さが旨味を引き締めながら、キレへとつながる。
ここまで強ければとアチチ燗(推定60℃近辺)に。またまた徳利が持てない。
含むと、I酒店さんがいうところの「神亀臭」が広がり、引き締まった味がズンと押し込んできて、最後はズバッとキレる。
ただ、この酒は冷やで飲んだらもったいない。もう一つ、素飲みも同じく。きちんと燗をつけた上で、おいしい料理と合わせてこその神亀だから。
てな訳で、アテは、サーモンフライ。プンケバ酒の香り同様、下卑た脂をこれでもかと吐き出すものではなく、身のうまさを味わえるタイプの鮭。ちょっと揚げ過ぎの感はあるが、マヨネーズに醤油をたらして食し、酒を含むと、鮭の味とマヨネーズの酸味とが渾然一体。さらに酒を含むと、口の中の脂を洗って、次のひと口を誘う。
次いで焼餃子。これも餃子の個性に負けることなく、酒の旨味を伝えるし、酢醤油とともに脂っこさを流してくれる。
豚肉と玉葱・椎茸の煮物や三つ葉と椎茸の煮染め。穏やかで汁たっぷりの味にほっとするも、酒が出しゃばらないか気になったが、汁の旨味を殺さない頃合いを知っているかのように、分をわきまえた旨味の抑え方。
これで口を直しながら、トマトやブロッコリーもつまみ、定量が終わる。
食中酒として、料理によってあれこれ使い分けなくても良いのは物臭なおやぢにはピッタリ。
久しぶりにこの酒の実力を垣間見た夜だった。


写真は、神亀酒造の槽(ふね:酒を搾る道具)。