鶴の里帰り

ここしばらくメールでやり取りしていた方からお電話が…。
「メール届いてませんか?」「はい、その後、いただいていませんけど」
どうやらメールアドレスに要らぬゴミまでつけてくださったようで…。:-)
改めて届いたメールを拝見してビックリ。「えっ、広島!?」
お呼びがかかったのは、“清酒竹鶴 純米酒(広島)”“杜氏の詩 特別純米酒(福岡)”“鷹勇 純米 鷹匠(鳥取)”“北翔 純米酒(新潟)”という顔ぶれ。
お声からするとかなりのご年配のご様子だけど、ご地元でも買えるでしょうに…。
広島にあっても竹原は遠すぎるのか? (笑)
『清酒竹鶴 合鴨農法米(雄町純米) H15BY』
taketsuru_chozouko.jpg「今日の気分は竹鶴かな」“小笹屋竹鶴 大和雄町 H14BY”を手にしたら異様な減り方。
あとで聞いたら「飲んだ?」「少しだけ」
アナタサマノスコシハ、イカホドナノデセウ…。
まだちょっと若さが目立つゆえ、台所の片隅に追いやられていたこちらにチェンジ。
「ホントはもう一年置きたいよなぁ」
前夜の残りの燗冷ましを冷やで飲みながら煮酒に…。
ゆえに冷やジュルはなし。:-)
「土鍋がかかっているということは…温めろってことね」その隣には「ん!? 魚っぽいけど、なんかいろいろ混ざって…。おぉ〜、鮟鱇だぁ〜!!」
鍋に加えれば良いだけになって、肝も、ふ・た・つ!!
こうして酒ばかりか鍋も煮ることに…。(笑)
「できた〜!!」カチャっとドアが開いてカミさん登場。なんというタイミングか!?
ちょっと味噌が足りなかったけど、まぁ、良いっか〜♪
この葱は下仁田葱だな。それに豆腐・大根・シメジにシラタキ。あ〜んど、鮟鱇!!
プルプルのゼラチン質、シットリの身、そして、ウルウルの肝。
肝を一口、竹鶴をグビリ。「はぁ〜♪」溜め息が漏れまする。
鶏・厚揚げ・里芋・人参・椎茸の含め煮。たっぷり吸い込んだ煮汁もうまい。
鍋と煮物。素朴な味なれど、鮟鱇〜う〜まい、ツ〜ルうまい〜♪
えっ!? そりゃお粥仕込みの酒の唄ですって!? サルマタシッケ〜イ♪(笑)


鱈汁喰ひたひ

北陸道が開通してから滅多に通らなくなった国道8号線。
この時期、市振(富山県)までの県境は鱈汁をウリにするところが目白押し。
酒粕入れて、丸ごと一匹、食べさせてくれないかなぁ〜。その際は、ぜひオスで!! 🙂
『悦凱陣 ムニャムニャ酒』:-)
maruo_binkan.jpg昨年8月初めからの開栓放置四合瓶。試飲用としてもずいぶん活躍してくれたけど、残り半分ほど。そろそろ引退させてやろうかと…。
「誰、自分が飲みたかっただけでしょ!?なんていうのは…」
そういうことは思ってても口にしないほうが…。(苦笑)
燗がつくまでのお約束、冷やジュルでは5ヶ月余の苛めにも耐え、健気に酸をきちんと出しているし、さすが三造り前の酒、口当たりもひたすら良く、丸みさえもある。
ただ、この後がまずかった。
熱燗(50℃近辺)の予定が飛び切り燗(55℃近辺)超になってしまい、酸を感じさせる飲み口は良いものの、悦凱陣らしいたっぷりの後味がない。やけに素っ気なく引いてしまう。
冷めてきてもこの傾向は変わらず、温度を上げすぎたことを後悔しても後の祭り。orz
#あのお燗メーターをさしながら湯煎して、50〜55℃どまりかと。<伝言
とはいえ、前半の湧き立つ酸と練れ味は、やはり悦凱陣ならでは。
味たっぷりが持ち味のオオセトか、特長ある酸が魅力的なこちらか、うぅむ、実に悩ましいところだけど、無濾過生原酒ヴァージョンのオオセトは残りわずか。
H17BYが熟すまでもつかどうか、これまた実にビミョ〜。:-)
アテは、またもやポークソテー。醤油を少し垂らしてあり、葱焼が添えられている。
トロトロのアマアマ葱を期待したのに、火の通りがあまく、芯がから〜い!! (T^T)
慌てて薩摩芋・シラタキ・冬菜(青梗菜だったかも)の煮物で中和。
豆腐・カイワレ・玉子の煮物。ほとんど味を感じないほどの薄味で、良い口直しに。
塩鮭の焼き物も一つまみ、二つまみ… これがあったばかりに、ありゃりゃ、とうとうごはんまで食べてしまいましたよ。
ますます(-Φ-)ブタ!になっても、知〜らないっと。(笑)


ニクい奴等

お年賀に生肉をいただいたそうで、それも欠食娘たちが戻った後で…。
ポークソテー用の肉が手を変え、品を変え、毎夜の如く責めてきます。orz
『秋鹿 山廃特別純米 山田錦 無濾過火入れ原酒 H16BY』
akishika_muro.jpg雄町ヴァージョンよりも早く味が出ているとはいえ、やはりH16BY。まだまだ7号酵母の本領発揮とまではいかない。ましてや鷹勇の完熟山廃(60%原酒H9BY)を見ちゃうとなおのこと。
飛び切り燗(55℃近辺)ほどに燗をつけると…
「あ〜、やっぱ出るよね」
生酒を燗したときのあの匂い。無濾過生原酒でなら想定内だけど、火入れ原酒でこれだと…。
生で引っぱる期間がちょっとだけ長すぎたかも。
それさえ気にしなければ、山廃ならではのヨーグルト様の香りや秋鹿らしい後のキレもあり、70%にしては雑味も少なく、スイスイ飲める酒なのだが、欲をいえば、今一つ馬力不足か。
アテは、ポークソテー。塩胡椒だけのシンプルな味付け。たまになら…。
鰆のムニエル。年寄り用にバターは使いませぬが、やっぱ魚喰い、これがあってホッとしました。でも…
「どうして前の日に出てこない?」
足の早い魚ゆえ、買ったその日に調理してくれたら…。自分でやれってこと?
つけ合せはじゃが芋、人参、ブロッコリー。うぅむ、珍しく洋風な味ばかり。
カミさんが食べていたクリームチーズをご相伴に与り、“雲丹・鮑”といいつつ、雲丹も鮑も擬き、かつクラゲのほうが多い!! (-_-)# 出来合いの珍味をのせて…。
フレッシュっぽいチーズと添加物たっぷりの珍味はとてもちぐはぐな味。一緒にしないほうが良かったか。orz
この時期は、常温開栓放置も冷蔵庫並みの温度。熟成が遅くなるのは必定だから、自家熟成用に温室でもほしくなりますな。(苦笑)


Mac OS X 10.4 Update and others (Update!)

Intel Macの登場に賑わう陰で、こっそりいくつかのUpdaterがリリースされている。
いつ買えるか分からないNew Macより、こちらのほうが重要。(^^;
まず、Mac OS X 10.4、Tigerが、Client・Serverとも10.4.4にアップデートされた。
※詳細は、こちらで。
その他、QuickTime 7.0.4やiPod Updater 2006-01-10なども…。
[2006/01/13 18:00 追記]
ここで紹介したQuickTime 7.0.4によるトラブルが報告されている様子。
気になる方は、こちらから“QuickTime 7.0.1 Reinstaller for QuickTime 7.0.4”をダウンロードして、置き換えよう。
また、Software Update経由でアップデートしたなら、“iTunes 6.0.2”もインストールされただろうが、これは“Quick Time 7.0.3”以降を要求するので、正常に動作させようと思ったら、“Quick Time”を7.0.3にまでアップデートする必要があるので、要注意。
“Quick Time 7.0.3”の入手は、こちらから。
あるいは、“iTunes”を6.0.1まで戻すかだが、これがまた単体では“6.0”しか提供されていない。おまけにリインストーラもアンインストーラもないし…。
こういうことがあると、Windows OSの“アプリケーションの追加と削除”のように、Macにも「単体のUninstallerがほしい!!」とつくづく感じてしまう。そう思いません?
こうしてみると今回の“QuickTime”絡みのアップデート、かなり人騒がせなものになってしまっているみたい。orz

osx1044.jpg
ダウンロードは、はSoftware Update経由、もしくはこちらから。


Windows Media Player for Mac

“Microsoft Office for Mac”を継続的に提供する5ヶ年契約をAppleと結んだことを明らかにしたMicrosoftだが、一方で“Windows Media Player for Mac”の開発を打ち切る決定を下したらしい。
となると、Mac版としては最新の“Windows Media Player 9 for Mac OS X”をもってしても再生に難のあるWindows Media Video(WMV)ファイルをどう扱えばいいのか?
心配はご無用。:-)
Internet Explorerに依存するサイトの問題ほど深刻ではない。WMVファイルをMacのQuickTime Playerで再生できるようにするプラグイン、“Flip4Mac WMV”を用意すれば事足りるのだから。
f4m.jpg
今ヴァージョンからフリーウェアとなったFlip4Mac WMVのオフィシャルサイト
ダウンロードは、こちらから。


お毒味申受け候

久々の休みに、これまた久々に日帰り温泉へ。
公認昼酒なれど、この手の施設でロクな酒にあった試しがなく、500mlPETを持参。:-)
そうしたらメニューに「な、なんと!?」さもさも燗でうまいと謳ったネーミングの純米酒が、燗徳利入りであるではないか。半信半疑で頼んだら、池田屋さんのサイトでお馴染みの一合湯燗徳利が出てきたよ。
「どれどれ…」→ オエ〜〜!! (|||_ _)ノ‖WC‖
「どこが純米酒やねん!!」
“米の旨さをしっかりと削ぎ落としました”と云わんばかりで、アル添たっぷりの薄酒と見紛っても不思議じゃない薄っ辛さ。「これで燗してうまい!?」
500mlPETをお燗できる道具の借り賃にしては高かった。(怒)
その口直しと、アル添王国越後にもまともな純米があることをほのめかした追試を…。
『大洋盛 純米吟醸“越の魂”』
taiyou_ginjo.jpg色はごくわずかにあるようだが、ほとんど無色透明。
開けたてはさすがにつらい。酸が浮つき、まとまりに欠けるのだ。後味の軽快さはあるものの、線の細さは如何ともし難い。
やわらかな口当たりと軽やかな飲み口、この蔵の特徴を守りつつ、腐心された酒であることはうかがえるだけに、きちんと練れてくれれば、淡雪のようなうまみを持つ酒になってくれるだろう。
熱燗(50℃近辺)から冷ますと、まとまりは多少良くなるが、やはり若さが露呈する。ほのかな甘みを感じるまでには、先回同様、開栓から2〜3週間を要するのだろうか。
高麹歩合とはいえ、味の多さを嫌う流儀ゆえ、幽しき味わいを楽しみたい向きに。
お燗もあまり苛めず、上燗(45℃近辺)からせいぜい熱燗に留めた方が良さそう。
アテは、鰤の漬け焼。うぅむ、鰤の酸が強調されるようだ。好き嫌いの分かれるところ。
玉葱主体のかき揚げ。こちらは油っぽさをすっきり切り、甘みに変えてくれるみたい。
高野豆腐・里芋・人参・椎茸・蒟蒻の煮染め。あっさりした味付けで汁たっぷりの高野豆腐がうまい。里芋のネットリした甘さとも好相性。
あまり強い味より野菜の煮物や白身魚など、あっさり系のアテと合わせたい。
この値段だと、“鯉川 亀治好日”や“羽前白梅 ちろり”があるし、小笹屋竹鶴などの強い酒がお好みの方には物足りなさが残るでしょうなぁ。
反面、強い味だけに慣れてしまった舌に、淡い味で基準となる味の誤差補正を促すにはうってつけなのかも知れない。
てな訳で、決して無理なさらぬように。>お心当たりの方 (笑)


Intel inside

思いの外、早い登場でしたね。Mac Book Proというネーミングは今サンですが…。
Note派にとっては「待望の」かも知れませんが、この重量を持ち歩く気力はありませぬ。
個人的には、12″ Displayで良いから1.5kg[Max. 1.8kg]程度のがほしいところ。
MacBookPro
今すぐなら、むしろこちらですが、先立つものが…。(苦笑)
iMac(intel)
blogも“sb”で事足りているのですが、iWebがどうなのか、ちょっと試してみたい気も。
事ほど左様に、物欲のタネは尽きませんな。:-p
iLife06


金色の誘惑

ある晴れた 日曜日 越後へ 続く道 ネコが ゴトゴト 鷹を 乗せてきた♪ 🙂
いつもの紙袋を開けると「珍しい!!」ビニールシールと透明瓶だ。
おずおずと紙袋を下げると、燦然と輝く黄金色の液体が!!
肩に貼られた“完熟山廃”の短冊。も〜、たまりませぬ!!
届いてから最低でも一週間は静置して、旅の疲れが取れるのを待つのが常なのですが、極上のソーテルヌと見紛いそうな、あ〜んな色を見せられては「何をさておいても!!」と開けちゃいました。(苦笑)
『鷹勇 完熟山廃(60%山廃純米原酒) H9BY』
takaisami_shikomi2.jpg冷やでも、な〜んにも角がありません。穏やかな熟成香、原酒で嫌われる引っかかりもなく、ふくよかな旨みが珠のまま喉を過ぎます。
まさに、これぞ完熟という味わい。
「これは苛めるべきじゃない」
と熱燗(50℃近辺)超から冷めるのを待って、口に含むと、さらにふくよかさを増した旨みが甘みとなって広がります。角も、きつさもなく滑り落ち、後の余韻にひたる短い時間はもう至福のひととき。
まるで、妙なる天上の調べに身を委ね、このままたゆたう小舟になってしまうかのよう。
アテは、持ち越しの鯖の煮付け。甘辛な煮付けの味をもしっかり受けとめる酒の強さ。
鮪赤身のヅケが食感も今イチで、頼りなく感じる。
まだ豆腐・長葱・白菜・エノキの、シンプルな野菜の甘さが際立つ鍋のほうが良い。
これの割水ヴァージョン、通常の山廃純米60%は蔵では売り切れたとのことだけど、まだこちらがある内にお早めに。原酒嫌いでも呑まずにはいられなくなる酒ですぜ。:-)


サバ、サバ、サバ

年が明けて一週間。そろそろ息切れかも…。
休み恋しや、ホ〜レヤ、ホ♪ あと何日かいな、ホ〜レヤ、ホ♪
遠征を企てたものの、この様子では無理か……。
『秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過火入原酒 2001醸造』
akishika_yamada.jpg開けてから2ヶ月になろうとしている開栓放置もの。山廃らしい酸を感じるが、ほかに突出するところもなく、落ち着いた味わい。よくぞ練れてくれたものだ。
飛び切り燗(55℃近辺)にして冷ますと、出しゃばりすぎず、控えめすぎず、実に良い按配。こういう風情は若い酒や熟成が不十分な酒では味わえないもの。
自家熟成の醍醐味だろうか。
残り物の厚揚げのはさみ焼と鯖味噌煮を持って帰ったら、なんと、我が家も鯖!!
それも、煮付けと味噌煮の二品が鉢にド〜ンと…。今日は、サバデイ!?
お隣からのいただき物らしいが、小柄なので脂も少なめ。輪切りにされた鯖煮付けをパクつきながら、出来合いの鯖味噌煮も…。こちらは脂乗りもそこそこだけど、甘すぎ。
秋鹿がしっかり味を切ってくれるおかげで、なんとか完食。
タコ刺し。切り方が厚すぎたから口に頬張ると噛み応えたっぷり。
厚揚げも食べながら、タコと鯖を行ったり来たり。
草臥れているから定量で十分。チャチャッと片付けだけして「お先に〜」
なんか、最近ずっとこのパターン。休みが待ち遠しいぞ〜。