うる星やつら

一人で星もない夜道をてくてく帰る。というほどの距離じゃないんだけど…。(^^;
台所に湯豆腐らしき残りが…。冷蔵庫を覗くと豚肉があるぞ。「煮やっこにしちゃえ」
「なら、なめこ、なめこ…」ガサゴソ、ガサゴソ「な〜い!!」(T^T)
諦めるにしろ「出汁が少ないなぁ」某特別本醸造をジャブジャブ。「まだ足りないよ!?」某純米もジャブジャブ。「良し」と火にかけ、酒を飛ばす。
さて、酒はなんにするかなぁ〜。「あれ!? 燗冷ましが…。昨晩、残した?」ラップを取って鼻を近づける。匂いからすると「真穂人かな」戻って口直しにつけたんだけ。
杯に注いでチビチビやりながら、今宵の酒を…。
『扶桑鶴 純米吟醸-雄町- H15BY』
熱燗(50℃近辺)超の予定でレンジに。箸や取り皿を出して…とやっていたそのとき、
ピーッ!!!!
台所からけたたましい音が…。「あっ!? ヤバ〜」酒を煮切ろうとすると働く迷惑ガス漏れ警報機だっちゃ。寒いのに慌てて窓を全開に。こんな時間に近所迷惑なやつっちゃ。orz
一騒動あったものの煮やっこ完成。酒も良い按配に冷めたし…
「いっただきま〜す!!」
ハフホフ、アッチいよ、アッチいよ、熱々の豆腐には燗冷ましの真穂人で急冷。
長葱に大根まで入っている。豚肉も頬張りまたもや真穂人。「神亀臭〜い」:-)
大根と人参のなますにたらこが加えられている。おや、おからの炒り煮にも酢が…。
今日は酢の物デイかなぁ。母にもろみ酢をあげたから、飲用にしていた玄米酢の処分策?
メンチカツには頃合いに冷めた扶桑鶴を…。「うぅ、良いぞ、良いぞ」
締めに残りごはんで雑炊を。これくらいならと思いきや、結構な量に…。
あ〜あ、ちと食べ過ぎた(-Φ-)ブヒ!!


輿入れ

すっかり舞い上がったこの出会いから4ヶ月半。「遅くなりました」との便りが届く。
「えっ、なになに!?」

娘の嫁入りの件ですが、
・・・・・・・・・・・
程でしたら出荷可能です。

「わぁお、やったぁ〜!!」\(^-^)/バンザーイ /( )\モヒトツ \(^o^)/バンザーイ
一も二もなくお願いしてから数日、やってきましたよ、因州若桜の里の別嬪さんが。
長の道程をようこそ越の国へ。
benten_1st.jpg右が…『辨天娘 H16BY 五番娘』
玉栄65%の純米酒。お蔵でのきき酒では同じ造りの二番娘よりやや大人しく感じたけど、熟成させたら…と思っていた。
遠来のmacjiroさんから強奪した1本は、今も加温開栓放置中。(^^;
左が…『辨天娘 H17BY 三番娘“槽汲”』
こちらは五百万石65%純米酒の生原酒。先に入手された方からは「ガチガチに硬いけど、元気が良くて、毎朝、ポンポン飛ぶ栓の音が目覚まし」というご報告もある。
真ん中のベビーは「すみません、実は…できちゃって…」じゃない(^^;
三番娘のサンプルだけど、もったいなくて、これにさえ手がつけられないという有り様。
実の娘たちが知ったら、いじけそう。(笑)
さてさて、次はいつかなぁ〜、なにが来るかなぁ〜。
当分、この小さな小さな酒蔵から目が離せそうにありませぬ。:-)