正しい休日の過ごし方 -昼の部-

夜は、外で飲みたくない酒が出てきたときは別として、夏でもほとんどビールを飲まないのだが、昼はまったく別物。みんなが仕事をしている時間に飲めると思うだけで、うまさ20%アップだっちゃ。(笑)
てな訳で、缶ビールの定番『サントリー ザ・プレミアムモルツ』をお供にお山を目指したまでは良いが、あと半分というところで…
【雪崩のため通行止め】ガ━━(゜Д゜;)━━ン!
しからば、と迂回路を選択し、しばらく走ったところで…
【冬期間通行止め】ガ━━(゜Д゜;)━━ン!
もっとも狭く、もっとも曲がりくねる第3のコ〜ス!! さんごぉさ〜ん!!
雪がないときは「これが?」と首をかしげる道も、さすが国道。しっかり除雪してあったため、予定より1時間近く遅れてお山の湯に到着。
持ち込みフリーのここゆえ、途中のスーパーで買い込んだ、真鱈の刺身、北寄貝・浅葱・若布のぬた、春菊の白和え、ポテトサラダを広げ、箸をもらうためにモツ煮込みを追加。
さっそく、プシュッ!!っと缶ビールをグラスに注いで余計なガスを抜き…
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ!
アテを食べ尽くすまで、当然、プシュッ!!、またプシュッ!! (^^;
納豆巻と鉄火巻きで腹ごしらえして、しばしの昼寝。
雪が舞い落ちる露天風呂を独り占め。見渡す限りの雪景色を眺めながら、92℃という源泉の側に寄り、肩を温める。顔に当たる雪が心地良い。
すっかり温まって、またうとうと。目を覚ませば、また露天へ…を繰り返していると、いつしか夜に。深まりゆく闇の中で細かい雪がシンシンと降り続いていた。