正しい休日の過ごし方 -夜の部-

帰り道、止せばいいのに、新雪の積もった緩い下りカーブでブレーキテストなんぞを…。
「きゃあ〜!!」カミさんの悲鳴とともに車はあっさり横向きに…。(^^;
アクシデントにもならないご愛敬レベルだけど、リアが弱いなぁ、この猫目。
PAJEROで駆け回っていた頃なら、どうってことない動きなのに…。
で、家に戻ると、食卓にはなにもな〜い。orz
冷蔵庫から出来合いの鰹のタタキ、しゃぶしゃぶ用豚肉、絹ごし豆腐を出して…
まずは燗!! ♪
『睡龍 生もと純米原酒 H16BY』
ちょっと強めのどっしり系を探したらこれが…。徳利と杯に移したら、空いた。(T^T)
もっと取っておきたいのに、もたな〜い。まぁ、未開栓放置はまだあるから…。(^^;
kubo_backyard.jpg飛び切り燗(55℃近辺)ほどにセットして、鰹のタタキをサッサッサ〜とスライス。
ちなみに柳刃じゃなく、こういう形のペティナイフを使うダス。
土鍋に水を張って火にかけ、取り皿や箸を用意して、鰹と燗酒を食卓に運んでお先に〜。
グビッ!! プハ〜、ウンマい〜♪
え、土鍋はどうなったか?そちらはカミさんまかせ。
鰹は生姜醤油に酢を足して、パクリ。出来合いで焼きが雑だから美しくはないけど、中身はもっちりしていてまずまず。ゴリゴリしているだけで、ちっともうまくないのもあるからね。
やがて煮やっこも登場。豚肉がやわらかく、軽やか。葱もちょうど良い按配の煮え加減で、落ち着いた味わいが加わった“睡龍 生もと純米原酒”がさらにうまく感じる。
でも、休みの日って、どうしてこう短いんでしょうねぇ。
そうそう、しばらくぶりに髭を剃りました。顎が寒いっちゃ。(笑)