す、素早いこと

とっぷりと暮れた刻限、お馴染みさんのTさんから電話が…。
開口一番、「あの〜、まき子さんのblogにあったT寿司さん、ご存じですか?」と。
生憎…、知ってるのよねぇ、それが。(苦笑)
だから、まき子さんもカンザワユミコさんも【T寿司】で通してくださっているのに…。
「今どこ?」「中井にいるんですが、見つからなくて…」ガ━━(゜Д゜;)━━ン!
やられた…。orz
無事入れたかなぁ。しんさんの繰り出すあんなものやこんなものに、熟成燗酒の数々。
もっともプンケバ系もOKのTさんだから燗に冷や、タ〜イやヒラメの舞い踊り〜♪だったに違いない。楽しんでくれたら、うれピ〜だっちゃ。(笑)
[2006/01/28 17:40 追記]
「週末だからなぁ」と紹介はしたもののちょっと不安が残っていたのよね〜。
しんさんによれば…案の定、やはり予約で満員だったとか。Tさん、ざんね〜ん!!
お店は逃げないから、お楽しみは次回に。今度は前もって電話を入れてね♪

『奥播磨 山田錦八割磨き 火入原酒 H16BY』
okuharima_muro.jpgこれ、予約しておいて忘れてました。(^^;
確認のFAXもらって「あれ〜?」と思いつつ、送ってもらったら“原酒”ヴァージョン。「あ、そっか〜」
ボケボケですなぁ、もう。
開けたてで梨のような香りと甘み。熟れた洋梨に近いか。遅れて原酒ならではのアルコールの強さがズ〜ンとやってくる。が、ちょっとチグハグ。もっと早くに飲むか、じっくり練れるのを待つか。
熱燗(50℃近辺)から冷ますと、それなりにまとまるのだけど、いつものことながら奥播磨は飲み頃が難しいなぁと…。ま、割水版の“八割磨き”にはない押しの強さが+250円の差(1800m/税別)だと思えば、これはこれでありかもね♪
味たっぷりの奥播磨がお好きな方に。:-)
アテは、豚ハツの塩胡椒炒め。もっと食べた〜い!!というところで終了。残念〜!!
鰹のタタキ。のハズだけど…やけに端のほうが多い。これじゃ、オトシだよ〜。
ぽむ!! 真ん中はジジババのものになったって訳か…。orz
玉子とコーンがメインのポテトサラダ。つづきますなぁ。
白菜の浅漬けで口を直しながら、定量お終〜い。
“マイノリティ・リポート”って、ちょっと退屈。:-p