仕事モード -其之肆- Episode 1

ベロ感もどうやら復調してきたようなので「中断していたきき酒を再開しなければ」と。
冷やジュル・燗ジュルに加え、喉も通しての飲み応えも見まする。
ってのは、体の良い言い訳。(笑)
『某純米・純吟ブレンド 生原酒』Al:18.0% Sm:+6 Ta:1.8 Aa:1.2
■冷やきき
1shuan040418.jpg開けたての感想は…
「若くてハネあり。後切れに難はあるが、幅味あり。ただし、平凡」とあまり芳しくないもの。(^^;
3日ほど経ってまとまりと締まりが出てきた様子。味の輪郭がはっきりしてきた。キレも良いとはいえないまでも、どよ〜んといつまでもまとわりつくような悪さはない。これで平凡といったら気の毒ですな。訂正。(苦笑)
■燗きき
生ですからねぇ、熱燗(50℃近辺)ほどから冷まして。
あぁ、やっぱり出ますよ、生臭。でも、締まりはさらに良くなり、キレもとやかくいうほど悪くありません。これなら普段飲みに十分なレベル。原酒ならではのアルコールの強さが押してきますが、決して諄くはありません。良い按配の飲み応えになりますよ。
あとは… 値段次第ってところでしょうか。(笑)
アテは、若竹煮。筍の歯触りと磯の香りがうれしい一品。旬の味、旨いです。
久々にキャベツの千切りがあったので茹でたササミとマヨネーズで…。「おほっ!?」
マヨネーズが邪魔をしないかという心配を吹き飛ばしてくれましたよ。むしろ好相性。もっとも合わないような酒だと困ります。なにせ、ポテトサラダが大好物ですから。
椎茸の煮染めとも良く合います。この酒、“睡龍”と同じ椎茸出汁系かな。(笑)
作り置きされたわらびの醤油漬。シャキッ&ヌル〜のわらびの食感がたまりませぬ。
しばらく、仕事モードが続くにしろ、やっぱ楽しまないと。ね♪


戦いすんで日が暮れて

近年の大珍事ともいえる“2日間の酒抜き”後、ベロが鈍ったのか、酒が素っ気なく感じます。
滅多にないことをすると、かえって体調が狂う?(笑)
『日置桜 純米酒 八割搗き強力 H16BY(タンク貯蔵)』
1shuan060423_2.jpgこれ以来、3カ月ぶりの八割搗き強力。
このロットは、ずうっと暖房の効いたところにさらされていたもの。(^^;
開けたてを冷やジュル。
「ひょえ〜!!」練れ味の二乗。
熟成酒と見紛うような香味。甘さともいえるたっぷりの旨みを“強力+協会7号”の酸がきちんと締める。ウンマ〜い!!
気温からしたらやや長めの3分10秒、レンジ燗。その間に肉を焼く。今日は豚ヒレ。塩胡椒で下味をつけた肉は某純米吟醸酒と醤油で味付け。レタスをしいた皿に盛りまする。
いただきま〜す♪
アチチ〜、酒は予想どおり飛び切り燗(55℃近辺)超に…。
やや冷めたとはいえ、ちと熱すぎ。冷やで感じた甘みが引っ込んでしまった。orz
けど、強力であることをしっかり自己主張しておりまする。
こりゃあ、一週間もすれば、煮てもOKになりますぞ。楽しみだ〜♪
アテはほかに、ソーセージ・レタス・玉葱・もやしの炒め煮。野菜の味がやさしい。
鰊の唐揚げ。先日よりは落ちるけど、お腹に真子、つまり数の子がいっぱい。
火が通っているから食べますけど、数の子、あのえぐみが苦手。白子で良いのにねぇ。
わらび・人参・生姜の醤油漬。まだ去年のわらびが残っていたのか、大量につくってあります。これ、酒が進みすぎる困りもの。(^^;
春菜とシラスのお浸しで口を直しながら、久々に酒をうまいと感じることができました。
やっぱ、燗酒はいい!! 🙂


メンテ裏話

blogのメンテをいえば聞こえは良いけど、その実態は文字コードの変更が主たるもの。
sb”は、元々EUC-JPが標準なので、“Serene Bach (sb version 2)”にアップデートする際もそのまま踏襲せざるを得なかったのだけど、せっかくUnicodeが普及してきたのだから、使える文字数が多いという恩恵を生かそうかと、UTF-8版への乗り換えを図ったのだが…。
1shuan060429_1.jpg

内部リンクのことを考えると同じURLで続けたかったけど、サーバ上にEUC-JP版のデータを保持しながら移行しようとすると、内部のディレクトリ定義をすべて書き換えなければならなくなり、これがなかなか面倒。双方にログインしてテンプレートや諸々の設定もコピー&ペーストしたかったから、余計にね。
URLに“blog”が含まれているだけでスパム発信元のサーチに引っかかりやすくなるか?とも考え、スパム対策の意味でも新URLへの移行に踏み切ったのでありんす。

が、自分のミスもあったとはいえ、こんなに手間取るとは思いませんでしたわ。
書き出した記事を読み込むと、ごていねいなことに1行ごとに余分な“br /(改行タグ)”が付加される、すなわち行間が倍になってくれるし…。
直近の20は改行タグを抜きましたが、それ以前のまではとても手が回りませぬ。
[2006/04/30 追記]
これ、どうやら4月分だけテキストファイルの修正を怠っていたようです。orz
全部の修正を終えました。_(._.)_

それと、記事のIDが再度採番された関係で、記事同士に使われていたリンクがうまく機能しないことも…。
余計なことをしなきゃいい?
ごもっともなことで…。“草臥れ損の骨折り儲け”を地でいってまする。
二日も酒を抜くとロクなことがありませんな♪(笑)
■此度の成果■
『生酛のどぶ』がラベルどおり書けるようになったこと。
(爆)

#ただし、Unicodeに対応していないOSでは文字化けするはず。すみませぬ。_(._.)_


IPスパムフィルター

ip_spam_f.pngメンテが終わって「やれやれ」とちょっとガードを緩めたら…
たちどころにコメントスパムの嵐。(怒)
凪さん作のスパムフィルター(簡易版)もすり抜ける輩が増えてきたので、さらに強力といわれるたけっぴろ!さん作のこちらに。
Serene Bach 2.03以降とMovable Type 3.2-jaほかのヴァージョンで使えます。
Serene Bachで使う方法


今さらどぶ〜♪

dobu_17by_s.jpg

すっかりお馴染みの“生もとのどぶ”、今年の“春火入れ”から1,800ml詰に変わりましたよね。
といいつつ、つい先日気づいたのですが…。(苦笑)
今まで1,750ml詰だったのは、瓶燗するのに「一升丸々詰めると噴きこぼれる」と聞いていたのですが…。ひと工夫あったのでしょうか。
まぁ、それはともかく、1本当たり50mlお得になったことは事実。:-)

Unicode(UTF-8)環境だと、本来の【酉元】も表示されるんですけどねぇ。
このblog、EUC-JPだから…。orz


MacBook Pro 17"

mbp17.png出ましたね、17インチモデル。:-)
けど、Intel Macにネイティブに対応したアプリは、Adobe Creative Suiteが来年だというし、Microsoftは?。とにかく、使えるものがまだ、な〜んもありまぬゆえ、手を出すにしろまだまだ先のことかと…。
あ、これ入れて、Windowsを使うか。(笑)
とはいえ、ダシも出ないくらいに囓り尽くされた脛を持つ身では、おいそれとポチできるものではありませぬ。(T^T)


Thunderbird 1.5.0.2

tb1502.pngセキュリティの脆弱性が修正されたアップデータ、Thunderbird 1.5.0.2が公開されました。
ただし、残念ながらIntel Macへの対応は、次期ヴァージョン1.5.0.3からになるとのこと。
詳しくは、Mozilla Japanリリースノートで。
ダウンロードは、自動アップデート機能、または“ヘルプ”メニューの“ソフトウェアの更新を確認…”、もしくはこちらから。


もやしもん解析機vol2

またもや登場。もやしもん解析機vol2!!
ちなみに…
もやしもん解析機vol2による【燗酒おやぢ】の解析結果

  • 燗酒おやぢの55%はスカボロー・フェアで出来ています
  • 燗酒おやぢの29%はカンジダで出来ています
  • 燗酒おやぢの9%はキビヤックで出来ています
  • 燗酒おやぢの4%は媚薬(イモリの黒焼き)で出来ています
  • 燗酒おやぢの3%はA.オリゼーで出来ています
    って、Simon&Garfunkelのあとは、やはりクサイのか…。orz
    ネタ元:【もやしや繁盛記】:-)


  • 変わりもの同士

    1shuan060423_1.jpg

    今年の初収穫♪
    意味もなく、Cinemaサイズ(16:9)。:-)
    というか、間引かないと竹藪になっちゃうので、しばらくは生え方を見ながら、これの繰り返し。
    そこそこ大きくなるのを待って皮付きのまま焼いて食べると、やわらかい上に鮮烈な香りで燗酒のアテに最高。:-)

    『大洋盛 熟成純米“華凛” H14BY』
    taiyo_karin.jpgこの酒こそ、“レア中のレア!!”といっていいでしょう。何しろ全国でたった2軒しか取り扱っていません。(^^;
    もう一軒はほとんど業務用(飲食店向け)らしく、店頭に並んでいるのは“変人酒屋”だけかも。
    それはなぜか!?
    ラベルに“熟成純米”とありますが、ただの純米酒じゃないんです。日本酒度が普通の計測機器で測れないという代物。そのため、“ボーメ度”を換算して当てています。その数値、なんと日本酒度:ー(マイナス)50!!
    「変わった酒があるんですが…」と聞かされ、「へ〜、じゃあサンプル見せてよ」ではじめて口にしたとき、
    なんじゃこりゃ!? でしたから。(笑)
    「マイナス50!?」どうせ、ベタ甘・重い・諄いでどうにもならないだろうと思っていた予想は完全に覆され、豊かな酸がまるで○○のよう。バラバラだった味が熟成でまとまったそうで、飲めるんですよ。
    10〜20%ほどのソーダ割りにしても良いし、ぬる燗(40℃近辺)〜上燗(45℃近辺)ほどでじわ〜っと沁みる様は「疲れたときにも良いかも」というもの。
    さて、予備知識はここまで。あとは…、もちろん○○の答えも
    呑めば分かる!! (笑)
    熟成がさらに進み、最初に感じた“○○のよう”という印象は薄れましたが、「たまにはこんな酒も良いな」という思いは変わらず。しっとり落ち着いた味わいをぜひお試しあれ。:-)
    アテは、またもやポークソテー。今宵はちと塩がきつい。(T^T)
    セロリ・トマト・若布・戻し椎茸のサラダが、脂と塩っ気を薄めるのにちょうどいいので、どんどん食べまする。
    豚肉・玉葱・人参・シメジ・シラタキの煮物。じゃが芋が入ったら、肉じゃがですな。
    菜っ葉のお浸しにホッとしつつ、変わり酒を…。
    変人と変な酒が相まみえた夜でした。:-)


    初お目見え

    1shuan060422_1.jpg

    庭の桜(ソメイヨシノ)はどうにか咲いたものの、風雨止まず。加えて黄砂と花冷えの気温。春はまだ来ぬと嘆いていたら、これが…。
    (クリックして拡大画像で見るとよろし♪)
    分かります?
    苔を突き破っての本年第1号!!
    もう少し内(画面右)側に出てくれたら、そのまま育てても良かったのに…。
    花見もできない腹いせに喰っちゃうぞ〜♪(笑)
    何だかんだ云っても、季節は春たけなわへと向かっているのですねぇ。

    さて、呆れた手違いに挫けて、仕事モードから逃避。届いたばかりのこれを…。
    『天穏 雄町熟成純米 H14BY』
    tenon_omachi14.jpg冷やジュル。「おぉ〜!?」
    サンプルの時点より熟成が進んだだけあって、ミネラルのような旨みが思った以上に出ています。後に若干の苦が残りますが、これは開けたてゆえのこと。一週間ほどで取れると思いますよ。
    締まり、捌け、後のキレに某氏曰く「全日本蒸し米ベスト3!!」の片鱗が…。
    さっそく熱燗(50℃近辺)から冷ますと、旨みを感じさせながら、まとまりも良く、70%精米とは思えないほどきれい。ますます珠のような美酒となります。
    値段も手頃(2,400円/1800ml:税別)だし、“鷹勇 特別純米”の良い好敵手? 🙂
    これ、良いですよ〜!!
    さぁ〜て、どこまで化けるか。放置しましょ♪
    tenon_omachi14_back.jpg

    アテは、ポークソテー。厚さ10mmほどの肉を噛みしめると、ジュッと肉汁が…。
    “天穏”を一口。“竹鶴”のような自己主張はないけど、燗の効用もあって上手に脂を洗ってくれます。黒子役が似合う?
    卵黄+長芋が掛けられた胡瓜・玉葱・レタスのサラダ。また変わったものを…。ヌルヌル、パリパリ。(^^;
    里芋・人参・車麩・エリンギの煮物は煮汁がたっぷり。煮汁を吸い込んだ車麩を口に放り込むと、シンプルな味付けの中に野菜の旨みが感じられますよ。
    いやぁ〜、酒がウンマい。汁酒(汁物+酒)は、やはりおやぢ呑みの極致です。(笑)

    これも【飲過ぎ注意報】くらいは出しておいたほうが良さそう。
    「仕事は家に持ち込むな!!」つくづく思った夜でした。:-)