一日遅れ

「今日こそは忘れてなるか!!」とまたしても届いたばかりのこれを…。
ホントはもう少し休ませてあげたかったんだけど、それはこの後の開栓放置で。(^^;
『鷹勇 純米“勇翔”無濾過火入原酒 H16BY』
otani_yusho.jpg現地駐在員、煮酒さんからの情報により、昨秋の“火入原酒”でのゴネや、あの感動をもう一度!!と在庫や支払いも顧みずに急遽取り寄せ。(笑)
キャップにはあの“金色の酒“と同じシールが…。グリーン瓶にお召し替えしたことといい、なんかお洒落〜♪
冷やジュルでは、さすが開けたて。強さはあるものの、まだまだ硬い。原酒らしいふくよかな旨みを楽しむには1〜2週間必要か。
加減したのに飛び切り燗(55℃近辺)に…。(^^;
気をつけるとわずかに生臭がありますな。余計な甘はなく、強さとキレで押すタイプか。ま、開けたてですからね。これがしっかり開いたら、あのウマウマが再び!?
「それまで待っておくんなまし〜!!」
って、これじゃ女形。男の酒には相応しくありませんな。(笑)
otani_yusho_back.jpgアテは、二日続けて“卵とじ”。蟹風味蒲鉾が車麩に替わったけど、卵の在庫処分というヨミは正しかったみたい。
ポークソテー。ごていねいにウインナーまでついているのは、春休みに毎日来ていた甥っ子用の残り物か。
付け合わせには莢隠元と炒めた玉葱を混ぜた里芋の粗いマッシュが…。これがネットリと甘い上に玉葱と相まってウンマいこと。加えてさっと火を通された莢隠元の歯触りと風味が何ともいえませぬ。
あらら、あっさり“勇翔”が終わってしまった。うるさ型がいぬ間にもう少し…。(笑)
原酒の次となると、同じくらい強さを持つ酒じゃなければ…とまたも原酒を。
『睡龍 生もと純米瓶燗原酒 H16BY』
こちらは遠慮容赦なしに飛び切り燗(55℃近辺)超に。:-)
某麒麟女史曰く「椎茸出汁系」の風味がますます際立ってきましたな。(笑)
取り皿に一杯だけの湯豆腐と、昨日から持ち越しのアンキモ一切れ、ササミと千切り胡瓜のマヨネーズ和えを平らげてしまいましたよ。満腹〜♪
家呑みで原酒四合は、いくら純米とはいえ、ちと呑過ぎかも。(;^^)ヘ..


忘れ物

帰った途端、手ぶらなことに気づきました。「あぃや〜」
この台詞の言い回しは、“前略おふくろ様”のショーケンを思い出してくだされ。
持って帰るはずの酒が頭からすっかり外れていました。orz
『ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり (2002.05詰)』
「おぉ!?」しっかり神亀クサ〜!! どっしりとした味わいがやっと表に出てきた様子。
冷やでもウンマ〜い!!
なれど、燗がつく合間の冷やジュル2杯分しか残っておりませぬ。(T^T)
『悦凱陣 手造り純米オオセト55%(割水火入) H16BY』
maruo_refrigerator.jpg無濾過生原酒ヴァージョンに比べるとパワー不足は否めないが、これはこれで定番純米酒として置いておきたい一本。これまた残りゼロ。
アテは、アンキモ。うぅ〜、酒を含むと生臭さで台無し。アンキモは単独で食べて…
ニラと蟹風味蒲鉾の卵とじに逃げよう。買い置きされた卵の見切り処分か、た〜んまりとあること。こっちの出汁の味となら喧嘩することもない。パクパク♪
茄子となんだったっけ?ともかく、茄子の煮浸し。これまた汁がたっぷり♪
一口だけ残された長芋をすすり込み、ササミと千切りにされた胡瓜はマヨネーズで和えて。スライスして水にさらした玉葱が加わると、さらにうまいんだけどなぁ♪
“悦凱陣”としては大人しめの酒がすんなり空いて、本日の晩酌終了。
忘れてきてしまった酒への未練が募る夜でしたが…
ずいぶん久しぶりに遠藤賢治と鈴木茂を目にした〜♪


“カレーライス”なんて、何年、いや何十年ぶりだったでしょ。
ニュースを見たくて途中で変えちゃいましたが…
しかし、エンケンって、某酒呑娘っ子のサイトと同じタイトルの唄があったのね。(笑)


これにて打止め!? それとも…

「そろそろおチャケのことも書かんかい!!」とお叱りを受けそうですな。(笑)
てな訳で、二十四節気の一つ『清明』ににごりブレンドという荒技で端瓶整理をしたのにつづき、またもや我慢できずに届いたばかりのこれを…。:-)
『辨天娘 H17BY八番娘 純米にごり酒』
ota_2f03.jpg今年は、五百万石と玉栄の65%、“八番娘”がにごり用に選ばれました。
冷やジュルで。うぅむ、娘よ、お前もか!?
五百万石だけだった16BYのにごりに比べ、熟成の遅い玉栄の性格が色濃く出ていることもあるでしょうが、“すっきりスイスイ”。
後に若干の苦(にが)が残るけど、それを苦にさせないキレの良さ。
旨み? それは、当然、まだまだ。(笑)
熱燗(50℃近辺)ほどに燗をつけたら…。
あらら、お子ちゃまに戻ってしまいましたかぁ。苦がはっきり出てきますわ。でも、切れ上がりの良さはさすがですな。冷やで…なら、これまた飲過ぎ注意!!のリスト入り。
当然、やっと温かくなってきた気候にまかせての常温放置、決定!!
許せよ。許せなんだら、これ見よがしに大バケせ〜い!! (笑)
アテは、豚肉・玉葱・グリーンアスパラの炒め物。三平さんの苦手な玉葱との相性は…
甘かった玉葱まで苦み走ってしまいます。まだお子ちゃまだから、無理ないか。orz
鮭の焼漬け。焼いた鮭を漬けダレに漬けたものですが、焼かれた皮の香ばしさとタレの沁みた身の旨さが杯を進めます。こっちとは◎。
菜の花の辛子和えと、この根っこの形は… わぉ、やはり芹だ!!
お浸しをパクパクと。いつの間にか好物の一つに加わった芹の香りが鼻に抜けて…。
もう一つは、名前の分からない菜っ葉の塩揉み。緑が食卓に溢れていますぞ。
遅れてやってきたカミさんの手にはモツ煮込みが…。だが…。
うぅむ、モツがトロトロになるまで下茹でしていない。こんな煮方で金を取るのか!? と憎まれ口をききながらも味の染みた大根・人参・牛蒡・蒟蒻を…。
「もうちょっと呑みたいんだけど…」「昨晩もたっぷり呑んだんだから、今日くらいは少しは控えたら!?」とさっそく飲過ぎ注意の第1号に…。
おやおや、今日は手厳しいのね。まぁ、楽しみは最後に残しておこうか。ただし…
だまって呑むなよ!!


Parallels Workstation for Mac OS X on Intel

またもMacネタ。blogだけは休肝日が続いておりまする。(笑)
pw21ss.pngIntel MacへのApple純正Windowsサポート環境、“Boot Camp”の発表が巷を賑わす陰で、Microsoft “Virtual PC for Mac”の向こうを張ってVirtualization Solutionを提供するParallels “Workstation for Mac OS X on Intel”なるアプリが登場。
“Boot Camp”は、あくまでもIntel Macでのデュアル・ブート環境を提供するだけだから、Mac OS XとWindows XPを同時に使うことはできない。Windows OSを単独でもMacハード上で使いたいという向きにならいざ知らず、多少のスピードを犠牲にしてもその快適性を買ってきたVirtual PCユーザにとっては、歯痒さが残るものだろう。
“Virtual PC for Mac”のIntel Mac対応については「Microsoftのやる気がなさそう」と噂される中で、歓迎すべきライバルの登場となるかも。
30日間無料で試用できる2.1 Betaのダウンロードは、こちらから。


Boot Camp

bootcamp_pb.pngt0moriさんの“Boot Camp っておいっ!”で「え〜っ!?」って驚いていたら、なんとNHK総合の10:00のニュースにまで取り上げられていました。(@_@)
Appleのプロモーションビデオが長々と流されていましたから、“Intel Mac”を世に知らしめることになったでしょうね。
同様のCFを放映したとしたら、いくらかかるんだろ? 🙂
Apple Japanのプレスリリースは、こちら
“Boot Camp”パブリックベータのダウンロードは、こちら
■CNET Japan

  • Intel MacでWindows XPが利用可能に
  • PCユーザーはAppleに希望の光を見出せるか?
  • FAQ:MacでWindows XPを動かすには

  • Mac OS X 10.4.6

    osx1046.pngMac OS Xの最新ヴァージョン、10.4.6が公開されました。
    Apple USサイトには、ご覧のようにClient versionに加え、Server versionも。Client versionには、Intel versionPPC versionが…。
    また、Client version・Server versionともに、既存のアップデータをすべてまとめたCombo versionも置かれています。
    ダウンロードは、Software Update経由、もしくは、Japanサイトにはまだアップされていないので、USサイトから。


    Software Update経由では以下のコメントが…。

    すべての対象ユーザの方々に、10.4.6アップデートの適用を推奨します。
    このアップデートには、オペレーティングシステムの全般的な修正のほか、次のようなアプリケーション、サービス、テクノロジーに関する修正が含まれています。

  • 各種のネットワーク環境におけるログインと認証
  • AFPファイル共有でのファイルアクセスとバイトレンジロック機能
  • プロキシサーバの自動構成ファイル使用時のネットワークアクセス
  • IP/Secを使用したCisco VPNサーバとの接続
  • Bluetoothのワイヤレス機器の使用
  • iWork ’06やMicrosoft Officeの書類のSpotlight検索
  • ネットワークホームディレクトリ使用時のWord書類の自動保存
  • iPhoto 6用のAutomatorワークフローの作成
  • .Macや携帯電話とのアドレスデータ、カレンダーの同期処理
  • iDiskボリュームのマウント、マウント解除の処理
  • 他社製アプリケーションやデバイスとの互換性
  • 以前に、単体で実施されたセキュリティアップデート
    このアップデートの詳細については、こちらを参照してください。
    セキュリティアップデートの詳細については、こちらを参照してください。


  • スパムフィルター

    Serene Bach 2.03R・2.04Rに対応した凪さん作のスパムフィルタープラグインを入れてから、プログラムによるコメント・トラックバックのスパムに悩まされることもなくなりました。
    “承認待ち状態で受信”モードも使いましたが、一時的にしろ内部に溜め込むので数が多くなると削除の手間がたいへん。こちらが考えていたとおりに動作してくれるようなので、思いきってスパムはぜ〜んぶ弾く、すなわち“拒否”モードに。
    これにより、今まで承認制にしていたため、こちらが気づくまで反映されなかったトラックバックも、即時受け付ける設定に変更しました。
    ご不便をおかけしていましたが、どうにか人並みの環境になったかと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。_(._.)_
    凪さん作のスパムフィルタープラグインの最新版、Ver.1.1.0については、こちらを。


    旧暦 上巳の節供

    戌三つ刻、灯りを落とした隠れ処にまたもや訪れる人あり。
    「お〜い、きたぞ〜!!」あれれ、手ぶらですかい!?
    『志太泉 純米酒 (H15.4詰)』
    1shuan_gallery.jpg最後の1本。まぁ、引退試合のようなもの。(^^;
    さっそく燗どうこに放り込んで、その間にアテの用意でもしましょか。
    先日も登場した明石のお手製いかなごのくぎ煮に、生うにの水炊きをありったけ供出して、お後はスモークチーズと切り干し大根の煮染め、ポテトサラダ。
    有り合わせですみませぬ。_(._.)_
    「まだぬるいかなぁ〜」と思いつつ、ぬる燗(40℃近辺)好みのK兄に。H1兄にはビールを。おやぢは先日の“秋鹿 山田錦80%精米“の燗冷ましの再度燗で。
    ( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ!
    “秋鹿”、燗冷ましなのにウンマいっす。「滑りも良くなったのでは?」と思うほど。
    ほどなくT2兄も。恒例の年度末に加え、震災の復旧に挙げ句の果ての降雪で休日なしのフル操業、とかなりお疲れの様子。うまい燗酒で疲れを癒してくださいな。
    “秋鹿”が終わって、こちらも“志太泉”へ。「あちゃ〜、冷めるとスカスカだね」
    もう一回、燗どうこにつかるとよろし。
    「オレも酒にする」とH1兄。次々に燗をつけないと間に合いませぬ。
    貶している割にピッチは落ちないんだから、もう。(^^;
    「おぉ〜、もうこんな時間だ!?」
    『羽前白梅 純米梅酒“梅湧水”』
    冷やでは酒っぽさが勝っていたけど、上燗(45℃近辺)ほどに燗をつけて、〆の酒に。
    ウホッ!!
    俄然まとまりが良くなる。程良い甘さ。控えめな梅の酸を純米酒の旨みが下支えするかのようで、いくらでも呑めてしまいますが、一応“〆の酒”ですから一杯だけで打止め。
    のつもりが…
    「この前の梅酒もうまかったぞ」というT2兄の一言で
    「そっちも飲ませろ!!」と。
    『睡龍 生もと純米漬 梅酒』
    こちらは冷やのまま杯に。「ウメ〜!!」の声がお開きの合図となった夜でした。:-)