燗の館にて

「あれ、ここって!?」目的地に辿り着いてみれば、斜向かいは一昨年連れてこられた店。
「あぁ、あの時、こっちへ来ていたら…」とはいえ、ここのオープンは昨年6月27日。
それでも本店へは行けたのに…。
isshin_entrance.jpgこの看板を横目に見ながら階段を下りると手前が本店。その奥が幾度となく焦がれたこのお店。
暫しぼぉ〜と眺めていたら、間の扉が開き、小柄な女性が…。
「ひょっとして、燗主さん!?」
人懐っこい笑顔の燗主さんに迎えられ、カウンターに陣取ります。
“カウンターは禁煙でございます”
この断り書きも苦にならなくなった俄禁煙者。
さて、いつまで続くやら。:-)
isshin_counter.jpg    isshin_sashimi.jpg
「取りビー」も省略してのいきなり燗酒。お酒の選択も、お燗も燗主さんにおまかせ。
まずはお通し代わりの刺身三点盛り。ぼたん海老・ほたて・鮪の赤身。初っ端から写真を撮り忘れ、ぼたん海老は既に胃のなか。といっても、ここは錦糸町に非ず。(笑)
お酒は久々の“酉与(*1)右衛門 雄町”から。
isshin_soramame.jpg    isshin_hoya.jpg
次いで茹で空豆。茹でたてがウンマい。ちなみに空豆は皮ごと!! がおやぢ流♪
これから夏にかけては「これを食べずして仙台へ行ったということなかれ」のホヤ。
ホヤとともに現れしはお初の“日輪田 純吟(?)”。
やや細い!! と感じた酒がホヤと合わせると化ける。さすが燗主さんのお導き♪
isshin_nuta.jpg    isshin_anago.jpg
呑兵衛ならば、やっぱこれも外せませぬ。鰺と仙台葱のぬた。味噌は仙台味噌かしら。
そして、そして、出ました!! 活穴子白焼き。でかいっしょ!? 🙂
「お好みで」と山葵が…。これ、これ、この山葵をちょんと乗っけて、と♪
お酒はこの辺りからこちらのリクエストに。このお銚子の艶姿、熟女だぁ〜。(笑)
isshin_takenoko.jpg    isshin_shimabuta.jpg
筍と蕨の煮物。筍のシャクシャクとした歯触りと蕨のぬめり。春の息吹ですなぁ。
お隣は牡鹿半島で生育されているという島豚の塩焼き。豚肉の澄んだ旨みと軽やかな脂。
加えて、付け合わせのグリーンアスパラの鮮烈な風味。旨みが濃いんですよ。
サラダ菜も然り。ただの付け合わせではありませぬ。どれもが主菜といっていい味わい。
isshin_oshinko.jpg    isshin_yakioni.jpg
胡瓜の糠漬けと鰺のはずなんだけど…。飲過ぎで記憶が…。
〆にカミさんがお願いした焼おにぎり。旨すぎて写真はまた後回し。(苦笑)
いただいたお酒は、危うい記憶を辿ると…

  • 酉与右衛門 雄町
  • 日輪田 純米吟醸
  • 鯉川出羽燦々純米大吟H12BY
  • 三井の寿“美田”育て?
  • 日置桜 純米“燗あがり”…やっと飲めた 🙂
  • 鷹勇 坂本俊…某酒屋さんのPB
  • 辨天娘H16BY七番娘
  • 睡龍 生酛のどぶ…H17BY春火入れ(?)
  • 悦凱陣 オオセト純米
  • 竹鶴…はてなんだったか (^^;
    綿屋も飲んだような気がするんだけど、もう思い出せるはずもなく…。
    気がつけばシンデレラの時間になろうかという頃合い。繁華街からえっちらおっちら駅近くのホテルまで夜のお散歩。ツインの予定がトリプルの部屋をあてがわれたからではないけれど、湯上がりで二つ並んだキングサイズの広々ベッドを占拠して横たわり、そのまま沈没。バスローブが外れたら、すっぽんぽんの寝姿を曝すところでありんした。
    そんなもの、誰が見るか!! (爆)
    isshin_plate.jpg

    ■一心 “燗” 別館
     〒980-0803
     仙台市青葉区国分町3-3-1 定禅寺ヒルズB1F【地図
     Phone. 022-261-9889
     営業時間…17:00〜24:00 祝日…17:00〜22:00
     定休日…日曜日
     燗主さんのあたため屋さん日録…“燗々草紙
    【*1】酉与右衛門(よえもん)

      岩手の川村酒造店が醸すお酒。
      「酉与」のフォントがないため、二文字で表記してあります。