これぞ…

近所のスーパー、店が入れ替わってから鮮魚類の種類・質がよくなって助かっています。
「これがあったから買ってきた」とカミさん。先日の誤って冷凍されてしまい、スポンジを食べているような苦行をもたらした一品。果たして今夜は!?
『秋鹿 山廃純米 山田錦 H16BY』
空き瓶が居並ぶ棚にぽっかり空いたスペースを埋めるべく、常温放置のこれを。
冷やでも練れ味たっぷり、燗では押し味も。山田錦らしいふくよかな旨みが好きな方はこちら。きりりと締まった酸を好まれる方は同雄町を選ばれるとよろし♪
egoneri.jpgアテはまず、これ。調理前、かつピントが甘くてすみませんが、佐渡の“えごねり”。
寒天のように分厚く固めたものもありますが、ご覧のように薄く仕上げて巻かれたものは佐渡でしかつくられません。たぶん。(^^;
分厚いものには辛子酢味噌がついていて、これで食べることが多いようですが、こちらは佐渡で食べた、「巻かれたまま細く切って薬味に葱をちらし、生醤油をかける」という食べ方が“えご”の風味を損なわず、我が家のお気に入り。
この夜もまたもや賄い夫。“えごねり”を切り、下味がつけられた豚肉は胡麻油で焼き、つけ汁をかけ回して皿へ。次いで残ったつけ汁に荒くスライスされた椎茸と長葱を加え、手早く炒めまする。軽く塩胡椒をして肉の上に盛りつけ、完成。
他にはニギスの煮付けも。これがまた丸々と太って…。おぉ、1匹はオスだ。
オスに当たりついたのは実に久しぶり。この白子がまた旨いんですよ〜。
“えごねり”は磯の香りが口にあふれ、椎茸と長葱は甘く、ニギスのしっとりとした旨み。
胡瓜漬けで口を直しながら、酒が進むこと、進むこと。あっという間に空っぽ。
居候の3杯目よろしく、恐る恐る「お代わりを…」「何がいいの?」
おぉ、らっき〜♪ 油ものに手を染めずにすんだからか、ご機嫌麗しゅう…。(笑)
『清酒竹鶴 純米にごり H17BY』
「よぉ〜く振ってくれよ。でぇ、ちょっと熱めに」「分かってるって」
上澄みはチェック済み。今宵はしっかり醪を搦めて味わいます。
ウマ〜!! 米の旨みを存分に噛みしめます。神様、仏様、石川様!! ですな。
「明日は頼むな」というK兄の一言で5:30起床が決定した前夜だというのに、ちと呑みすぎましたかなぁ。