夏のにごり -其之伍-

ダメ押しでせうか。(苦笑)
居丈高な“開栓注意 生”の朱書きに恐る恐るキャップを捻ると…
うわ〜っ!!
と悲鳴を挙げることもなく、これ同様、活性にごりなのにすんなり開いちゃいましたよ。もう3回目の夏を迎えたわけですから…無理もないかも。
okuharima_nigori.jpg奥播磨 純米活性すくい汲み H15BY
含み香に生っぽさを感じるものの、ぶどうの果汁を思わせるかのようなゆたかな酸味と甘味がさまざまなコントラストを描きます。完熟といっても良いほどですぞ。
上燗(45℃近辺)ほどに燗をつけても、あの生酒特有の香りはほとんど気になりません。酸味と甘味がさらに分厚いうまみを織りなします。ただし、鋭利なキレを求めるのはお門違いでしょうね。“奥播磨”の持ち味である豊潤なうまみ。それをたっぷりと味わうことを第一義とすべきかと。
アテは、秋刀魚の塩焼き。最近の網で獲られた秋刀魚は、飲み込まれた鱗が肝や腸を楽しむ邪魔をしてくれて、なんだかつまらない。「さんま さんま さんま苦いか 塩つぱいか」の佐藤春夫の詩どおり、腹の中の苦さも味わってこその秋刀魚かと…。
イカ刺し。ヤリイカでしょうか、久々にイカ刺しをたらふく食べたばかりか、ゲソは茹でて胡瓜や若布とマヨネーズで和えて。
冷や奴は茗荷を薬味にカンホアの塩で。十全茄子の塩漬は夏だけの味ですものね。
しかし、アテがうまいとつい「お酒、お代わり〜♪」となることだけが玉に瑕ですなぁ。


初お目見え

“トヨニシキ”、耳慣れない名前の米ですよね?
え〜と、なになに…

ササニシキと奥羽239号を交配させ、1968年に東北農試で育成された一般米。いもち病に強い多収品種として九州・沖縄まで普及したが、食味が不十分なため減少。主な産地は岩手・宮城・秋田。酒米(掛米)として南部杜氏が好む。

ふぅむ、飯米としては不味くても、酒米としてはあべこべに、それが功を奏したってことなのでしょうかねぇ。
wataya_kuro.jpg綿屋 特別純米“トヨニシキ” H17BY
“黒ラベル”と呼ばれている“綿屋”を入れてみました。開けてまだ数日、酸は感じるものの力強さに欠けまする。今年の酒ですものね。
熱燗(50℃近辺)を超えないよう抑えめの燗をつけると、冷やよりは力感も出てくるけど、もう一押しか。しっかり締まり、しっかりキレる酒と比べてしまうと歯痒さが先に立ってしまいますなぁ。
まぁ、開けたてですから…そこんとこの加減をよろしゅうに。:-)
アテは、牛焼肉のネギ塩。謳い文句ほどにうまい塩とは思えず、またもやコーレーグスに頼ってしまいました。口に運ぶと、一瞬ヒリヒリ〜っとする辛さを感じますが、そのあとが爽やか。癖になってしまいそう。
鮭の味噌漬けと付け合わせはじゃがいもとプチトマト。トマトの酸と絶妙な相性を見せるはずの“綿屋”を含む。悪くはないが、驚きとまではいかない。
ここで…
どうでもいいですよ〜♪
フランスのパトカーの警告音は絶対「ま〜てぇ〜、ま〜てぇ〜」と云っているっしょ!!
そう聞こえるのはおやぢだけ〜?
てな訳で、もうしばらく待ってやっておくんなせぇやし。(汗)


ときめきの青

“生?のどぶ”はともかく、澄み酒の生?純米・速醸純米ともまだ15BYがあるから、つい後回しにされてしまっている16BYのチェックを久々にしようと、この顔を…。
おこぜ”は“睡龍”の生?純米中、尾瀬先生がその仕込みに携わったタンクのお酒で、公式サイトのいざかやくんなどでお馴染みの自画像が目印。
kubo_okoze.jpg睡龍 生?純米“おこぜ” H16BY
さすが開けたて。冷やジュルでは、練れ味や枯れ味、いろいろ表情を見せますが、ややチグハグ。
飛び切り燗(55℃近辺)を超させるつもりで燗をつけたけど、キレはあるものの線が細く、やや平板。届いた当初の厚みたっぷりの味わいから奥行きや深みを感じさせる味わいへの移行時期かも。
まぁ、このまま二週間も置けば変わるはずですけどね。
アテは、背中が光り輝いている鯖の酒蒸し(?)。この背の青さと腹の銀色だけでドキドキしてしまいましたが、身のほうもしっとりと、ウンマ〜い!! こんな鯖は久しぶり。ついパクついてしまい、一切れが二切れ、二切れが三切れと、もう止まりませぬ。
付け合わせのレタス・もやし・茗荷もサラダ感覚でムシャムシャ食べながら、豚の漬け焼もバクバク。
十全茄子の塩漬がちょうどいい頃合いで茄子の甘さが際立ちますぞ。
願わくば、この鯖ときっちり開いてからの“おこぜ”を合わせたかったですなぁ。
ちなみに久保さんとこのお酒は、加藤杜氏の言いつけを守って、しっかり常温貯蔵。
バックヤードでも冷蔵庫から一番遠い酒です。:-)


季節の便り

kb_akiaji.jpg

“キリン秋味”をぶら下げて帰ったら、思いがけず鈴虫のソリストに迎えられました。:-)
ここへきて夜な夜な秋の気配が濃くなってきましたよね。
昨晩は下拵えしてあった牛鍋を卵とじにしちゃいましたが、今宵もまた肉が台所に…。
生姜焼かぁ。じゃあ、チャチャ〜ッと作っちゃいましょ♪
フライパンを熱してサラダオイルを垂らし、豚肉を一枚ずつ広げて…。あらかた火が通ったら“コーレーグス”をかけ回して、ちょいピリ辛に仕上げまする。燗酒の準備も♪
さて、腰を落ち着けてと…。
まずは“秋味”から。いつものボディにうまみ。これ年中あってもいいと思いません?
奥播磨“白影泉” 山廃純米山田錦5割5分磨き H14BY
これを開けたのは、はてさていつだったかしら。5月?6月?台所で「ここにあることは忘れてしまいましょ」のグループに入れられていた夏越しの酒。きれいな熟成色。味は“奥播磨”らしくひたすらふくよかなうまみを楽しめるが、開けたての据わりの悪さが消え、やっとまとまりと締まりを感じるようになってきました。
熱燗(50℃近辺)から冷ますと、もうとろとろ、あまあま。香りに山廃らしい熟成香が混じりますが、味はたっぷりのうまみ。“奥播磨”が練れたときの本領を見せつけてくれますぞ。
アテはまだあったのか、ラタトゥイユ。野菜のうまみは毎日食べても飽きませぬ。
胡瓜・キャベツ・紫蘇の実の浅漬けを口直しに、キャベツ・紫キャベツ・人参などのサラダはマヨネーズでと、生姜焼以外は野菜デー。
濃い酒にも負けない野菜のうまみ。やっぱ大地の力ですかねぇ。


生一丁!!

夜になると虫の声だけはするものの、日中はまだまだ残暑厳しく、アヂ〜!!、グテ〜!!
でも、ここ数日はエアコンなしでも寝られるようになりましたから、少しはマシになったのかも。秋はもうすぐそこ…でしょうか。
暑いときはさすがにデリケートになってしまう生のお酒もそろそろ出番? 🙂
tenon_jg_saka_uf.jpg天穏 純米吟醸“佐香錦” 無濾過生原酒 H17BY
佐香錦を55%に磨いた純米吟醸。“島根K-1″酵母が使われているのは、先の改良雄町の純米吟醸無濾過中汲みと同じですが、こちらのほうが吟醸っぽいでしょうか。上立ち香も華やかで、うまみもたっぷり。原酒ならではのパンチもありながらきれい。あとに苦が残るのは若さゆえのご愛敬ですな。:-)
燗をつけると、さすがに生酒特有のあの香りが出ますが、冷めてくると気にならないレベルです。うまみはさらにたっぷりと感じますが、アミノ酸度が低いだけあって諄くなることはありません。最後には密のような甘さも顔を覗かせますから、熟させたらもっと良くなるんでしょうね。
燗の温度は無理をせず、上燗(45℃近辺)ほどで。:-)
アテは、なぜか前日と変わり映えしない“あなご”の浜焼きと伯母手製の“えごねり”。
“えごねり”はつくり手によって色も風味も違いますが、伯母のは「水羊羹か?」と見紛う色合いながら風味はさほど強くありません。が、“えご草”を洗いながら何度も天日干しを繰り返し、乾燥が終わった後は鍋につきっきりで煮る手間はいずれも同じ。暑いさなかにたいへんな労を費やしてつくられたものだけに、感謝を込めていただきました。
トマトの酸味や茄子の甘みが溢れる夏野菜のラタトゥイユもさることながら、ユウガオ・オクラ・高野豆腐の煮物がうまい。煮汁をたっぷり吸い込んだ冷たいユウガオや高野豆腐が体の熱を取ってくれるかのよう。
夏の定番、茄子の塩漬も平らげ、定量がお終い。ごちそうさま〜♪


吉報

電話をさしあげたら、珍しいことにいきなり社長のお声。用が終わった後で…
「賑々しくするのも憚れたので、工事関係者と身内だけで…」と仰っていましたが、予定よりひと月早く、建物の修復が終わったとのこと。
そう、あの災難から半年余り。待ち焦がれた“群馬泉”の復活です!!
izumozaki_sea.jpg

「これで例年どおり造りに入れますが、今になって思えばあの時期で良かったのかもと話していたんですよ。もうふた月も遅かったら、契約栽培してもらっているお米を作れなくなるところでしたから」。
稲作に携わった方なら、田圃を一年間休ませることがどういうことになるかご存じでしょう。また、長年にわたって築き上げた契約農家との信頼関係も然り。
天は“群馬泉”を見放さず!! ですな。:-)

建物の修復は終わったとはいえ、醸造機器の設置や蔵内の清掃など、再開までにはまだまだ残された仕事もありますが、取りあえず「今年も仕込みができる」目途が立ったことを一緒に喜びましょう。
こんなめでたい日は、当然、祝杯。もちろんお酒は…
群馬泉 山廃酛純米
ishii_yakiba.jpgアテは、こうして焼かれている石井さんちの浜焼き、“小鯛”と“あなご”。「オメデタイ」鯛は今が時季だけあって、塩をふらない素焼きのままでもギュッと締まった身のうまさが際立ちまする。あなごはいつものように生姜醤油で。
“群馬泉”を飲みながら、あなごをパクパク、鯛をムシャムシャ。25cmほどの尾頭付はあっという間に骨だけになってしまいましたぞ。:-)
佐渡産“えごねり”を薄くスライスして、薬味に葱を散らした我が家の定番の食べ方。
あとは何を食べたんだっけ…。こちらの頭もかなりおめでたくなっていたみたい。(苦笑)
早くお蔵を見にいきたいなぁ〜♪


輪々爛々 柳〜都♪

1shuan_060822.jpg蹲(つくばい)のホテイアオイが可憐な花をつけた夏の或る日、“トーキョーワッショイ”で帝都の夜を席捲する“まき子さん”が燗酒の縁(えにし)をつなぎにご光臨。
帝都ばかりか地方遠征もこなしておられるから、いつかは…と思っておりましたが、夏休みを過ごす先に当地を選んでくださり、感謝感激雨霰。
“嬢々颱風”と勝手に呼ばせていただいているだけあって、残暑厳しい新潟にひとときとはいえ雨をもたらしてくださいましたぞ。
やっぱ“低気圧が〜る♪”だったのね。(笑)
asai_d01.jpg

ならば当然『酒は純米、燗ならなお良し』で歓迎の宴を…と、稀少な燗酒組が柳都“あさい”に集合。
“ここ飲み屋かい?”広報部長、“ちゃむさん”のお声掛けで集まった“ヒヨコ豆之助さん”と“あいこマンさん”のmixiコンビが揃ったところで、まずは「かんぱ〜い♪」
“ここ飲み屋かい?”での出雲崎名物、炭火で焼かれた石井さんちの浜焼き、“ノドグロ”・“鰈”・あの“あなご”とブラウマイスターの缶&“鯉川 純吟 庄内の風”の冷やというランチからはじまった…

あ、バラしちゃった♪ (笑)

“まき子さんの食・酒紀行”の2ページ目は、このブラウマイスター樽生でスタートしたのでした。

今宵の献立は3,500円であさいさんにおまかせ。
さっそく登場したのは“〆鯖のホットサンド”。「空飲みにならないよう、まずはお腹に入れてから」があさい流とはいえ、「え〜っ、〆鯖とパン!?」となるところだが、これがまた絶妙。「燗酒〜!!」の呼び水となってくれたのにはびっくり。
asai_f01.jpg    asai_f02.jpg
asai_f03.jpg    asai_f04.jpg
asai_f05.jpg    asai_f06.jpg
asai_f07.jpg

【お献立】

  • 〆鯖のホットサンド
  • 豚スネ肉のトマト煮
  • 北寄貝の生姜焼
  • ヒヨコ豆入りのラタトゥイユ 🙂
  • 刺身(鮃昆布〆・真烏賊・鰹・イナダ)
  • 香の物(定番の身欠き鰊山椒漬・十全茄子塩漬・燻りガッコ)
  • 貝柱・水菜入り豆腐汁
  • 汁なしの冷たい坦々そば [写真なし]
いよいよの燗酒た〜いむ♪は、まき子さんのリクエスト『大七 生?純米CLASSIC』で幕開け。「うぅむ、もっと早く開けておけば…」と後悔先に立たずの大七に次いで、竹鶴としては比較的地味な『竹鶴 純米“秘傳”』へと。
このあたりのチョイスは、“ヒヨコ豆之助さん”と“あいこマンさん”の両ビギナーへの“燗酒菌”の強制接種も兼ねておりまする。(笑)
asai_m01.jpgそしてそして、「これでどうだぁ〜!!」の『睡龍 生?のどぶ H16BY春火入れ』で“燗酒菌”の完全注入を成し遂げ、罹患者2名確保した頃には、ちゃむさんはすっかり女衒の顔に…。

女:「あんまりじゃない!?」
男:「オレだって好き好んで…」

どうぞ思い思いのセリフを入れてくだされ。(笑)
内緒で持ち込んだキリンの“NUDA”500mlPETボトル(中身は『鯉川 純米吟醸“庄内の風” H16BY』)につづき、先日のちゃむさん持ち込みの残り…

  • 日置桜 熟成純米“燗あがり”
  • 芳水 “高柿木”
  • 小笹屋竹鶴 番外編“山田錦” H12BY
    などをご相伴に与ったほか、まき子さんのおみやげ『竹鶴 本醸造“金冠”カップ』まで、用意してもらった燗鍋とカセットコンロがフル稼働。
    話も弾んでいつの間にか「わぁ〜、もうこんな時間!?」でたいへんお名残惜しゅうございますが、散会。暑い柳都の夜がさらに熱くなったひとときでした。
    まき子さんは今日も夏休みを満喫しているでしょうか。:-)
    「また来なせやぁ〜♪」
    ちゃむさん、ヒヨコ豆之助さん、あいこマンさん、たいへんお世話様でした。
    これが“柳都の定番”となるよう、“燗酒菌”罹患者諸姉諸兄、やよ励め♪ 😉


  • 夏のにごり -其之肆-

    tenorさんからいただいたコメントへのお返事で紹介したものの、久しく飲んでいないことに気づき、急遽出番となりました。:-)
    秋鹿 純米吟醸にごり生原酒 “霙もよう” H15BY
    akishika_mizore.jpg活性にごりにもかかわらず、開栓はすんなり。こりゃ、不活性にごりですな。開けて匂いをクンクン。
    「あれぇ〜!? この香りは“神亀”が練れたときのような…」
    いくら“神亀 活性にごり”の隣に置かれていたとはいえ…
    「まさか、神亀臭が移った!?」そんなことあるかい!! (笑)
    冷やジュルで。当然たっぷりと出てくるであろうと予想していた“生老ね”は、思いの外、気にならない。わずかに(炭酸)ガスっ気を感じるけど、練れたうまみに溢れている。
    ならば、上燗(45℃近辺)と熱燗(50℃近辺)の半ばに♪
    その間にフライパンを熱してバターを溶かし、ステーキを焼きましょ。仕上げに純米酒をバッと振りかけ、強火にして酒を飛ばし、最後に醤油を一垂らし。できた〜♪
    アツアツのステーキを頬張り、飲み頃に冷めた“秋鹿”を一口。「うわっ!!」甘々。なんたるうまみでしょ。生臭もほとんど気になりませぬ。901(号酵母)ゆえ、脂を切るような強さはありませんが、さすが純吟。余韻や後味に品があります。うれしいことに邪魔な吟醸香もなし。;-)
    さて、呑みモードに切り替えて…。
    アテは、鰤の刺身。と思いきや、「あらぁ〜」養殖のハマチかな。orz
    キムチのタレがかけられた蛸と胡瓜。和えられていないから赤くないところを選って…。
    鰹節をたっぷりのっけた冷や奴。冷やしトマト。十全茄子の塩漬は新潟の夏の味ですな。
    花冷え(10℃近辺)ほどで貯蔵されていた“秋鹿 霙もよう”は最後までうまみたっぷり。
    うぅむ、どうせなら雪冷え(5℃近辺)庫の一升瓶を開けるべきだったか。ざんね〜ん!!


    元気です。

    takuro_genkidesu.jpg“春だったね”からはじまるこのアルバム、当時としてもなかなか聴き応えのある一枚でした。“旅の宿”だけは、なぜか好きになれませんでしたけどね。;-p
    先日、これを見て以来、1970年と71年のフォークジャンボリーをなつかしく思い出しています。
    いきなり脱線しましたが、この“お題”は吉田拓郎のことではありませぬ。
    無濾過生原酒にもかかわらず、蒸し風呂のような我が家の台所で常温放置されていた酒のことざます。:-)
    gaijin_s_omachi.jpg

    悦凱陣 速醸純米赤磐雄町 無濾過生原酒 H17BY
    栓を抜こうとしたら「しゅぽん!!」と大きな音が…。
    「おぉ〜、これは…」冷やでは“悦凱陣”ならではの煌めくような酸とチリッと刺すような炭酸ガスを感じます。
    さすがに生臭もありますが、とっても元気です!!
    熱燗(50℃近辺)を超えるか超えないくらいに燗をつけると、「あらま!?」生臭が気にならなくなりましたよ。
    ここが“悦凱陣”の不思議なところ。蔵元が「ウチのは生でも冷蔵庫に入れないで」と仰るのも道理。
    開栓してから40日ほど、小癪にもたっぷりのうまみをフェロモンのように撒き散らしてくれまする。
    「愛い奴よのぉ、どれ」とすっかり悪代官モード♪ (笑)
    アテは、昨晩同様、刺身の落としがヅケ風に。鮪の赤身が多かった所為かしら。
    鼻にツンとくるくらい山葵を利かせて、“悦凱陣”をグビリ。ウンマ〜い!!
    牛ステーキも山葵をのっけてすっきり食べましょ。久しぶりのほうれん草はマヨネーズで。トマトをパクリ。少しだけ残った白菜の塩漬を平らげると、Tシャツの首に当たるところがぐっしょりと濡れていた夜でした。:-)


    もうないの〜?

    ヘタレな颱風10号。昨日はガス欠でも起こしたのか、しばらく停滞という有り様ながら、なかなかしぶとく残っておりますなぁ。
    今のままの進路を保ってくれればいいけど、日本海へ東進すると、ちと心配。
    群馬泉 山廃酛純米
    gunma_yj.jpgシドニーのとりしやさんから「良くなっていますよ〜」と教えていただいたので、久々に開けてみました。
    というのも、これもまたお蔵にもない酒。
    ウチの手持ちだけですから勿体なくて…。
    あの出来事さえなければ、「今年のはすごく良い出来で自信があったんですけど」と専務を悔しがらせた傑作も味わえたでしょうに…。返す返すも残念。
    冷やジュルで「おぉ〜、こんなに!?」。届いた直後のやんちゃさが収まってからは「ちょっと線が細い?」とひたすら我慢を重ねていた甲斐があって、いい具合に練れてくれました。こりゃ、いいわ♪
    さっそく飛び切り燗(55℃近辺)に…。
    アテは、1パック300円だったであろう刺身の落とし。中身は鰤・鮪赤身・甘海老・蛸。
    うまみの回った鰤とプリプリの蛸がいいですなぁ。
    飲み頃に冷めた“群馬泉”を含むと、生?系の酒が熟したときの、あの得もいわれぬ香りとともに、多からず、少なからずの程良いうまみ。肩肘張らずに飲む定番酒にもってこいの味わい。
    明太子で和えた烏賊や茄子・ピーマン・厚揚げの煮浸しをつまみながら、チビリチビリ。
    気をつけないと容易に“グビグビ・モード”に陥りそう。
    白菜の塩漬を間にはさんで刺身がなくなったところに「ただいま〜♪」とカミさん。
    「ゴメン、全部食べちゃった」X-)