夏のにごり -其之伍-

ダメ押しでせうか。(苦笑)
居丈高な“開栓注意 生”の朱書きに恐る恐るキャップを捻ると…
うわ〜っ!!
と悲鳴を挙げることもなく、これ同様、活性にごりなのにすんなり開いちゃいましたよ。もう3回目の夏を迎えたわけですから…無理もないかも。
okuharima_nigori.jpg奥播磨 純米活性すくい汲み H15BY
含み香に生っぽさを感じるものの、ぶどうの果汁を思わせるかのようなゆたかな酸味と甘味がさまざまなコントラストを描きます。完熟といっても良いほどですぞ。
上燗(45℃近辺)ほどに燗をつけても、あの生酒特有の香りはほとんど気になりません。酸味と甘味がさらに分厚いうまみを織りなします。ただし、鋭利なキレを求めるのはお門違いでしょうね。“奥播磨”の持ち味である豊潤なうまみ。それをたっぷりと味わうことを第一義とすべきかと。
アテは、秋刀魚の塩焼き。最近の網で獲られた秋刀魚は、飲み込まれた鱗が肝や腸を楽しむ邪魔をしてくれて、なんだかつまらない。「さんま さんま さんま苦いか 塩つぱいか」の佐藤春夫の詩どおり、腹の中の苦さも味わってこその秋刀魚かと…。
イカ刺し。ヤリイカでしょうか、久々にイカ刺しをたらふく食べたばかりか、ゲソは茹でて胡瓜や若布とマヨネーズで和えて。
冷や奴は茗荷を薬味にカンホアの塩で。十全茄子の塩漬は夏だけの味ですものね。
しかし、アテがうまいとつい「お酒、お代わり〜♪」となることだけが玉に瑕ですなぁ。