一富士 二鷹 三茄

新暦“重陽の節供”を愛でるならいざ知らず、思いっきり時季外れのタイトルです。(笑)
【一富士 二鷹 三茄】
煮鷹ではなく、鷹勇二種。:-)
taka_yusho17by.jpg鷹勇 “勇翔” 無濾過火入原酒 H17BY
無濾過生原酒を瓶燗火入してもらった限定ヴァージョン。生特有の匂いが残りますが、苦にするほどではありません。燗をつけるとさらに強くなるものの、生老ね嫌いでも許容範囲。
それも開栓一週間足らずですっかり落ち着いて、ウマウマに…。
たかが一週間の我慢でこのうまみがこの値段(2,200円/1800ml:税別)で味わえるのが“勇翔”の強み。70%とは思えない品の良さも兼ね備えていますしね。
アテは、豚肉蠣油醤炒め。豚肉は好きですが塩胡椒や和風の味付けばかりでは飽きてしまいます。たまには中華風も良いかと。
ハタハタの煮付け。久しぶりに見るまともなサイズ(20cm超)のハタハタ。しかも、“ぶりこ”入りのメス!! ですが…。実は、食べられないわけではありませんが、“ぶりこ”は好みではありません。ツルッとした独特の食感の身は好物ですし、値打ち半減といわれようと白子入りのオスで、けっこう毛だらけ、猫灰だらけ、おやぢの頭は粕だらけ♪ (笑)
若布と胡瓜の胡麻和え。うぐ〜、こりゃ、あきまへん。
taka_yusho_b16_17.jpg

鷹勇 “勇翔” 無濾過火入原酒 H16BY
さすがに富士はありませぬが、三茄の茄子の漬け物をかじりながら、ついH16BYも飲んでしまいましたぁ。
こちらはどっしりと落ち着き払った姿。開栓放置ものですから余計にそれを感じますが、熟れたうまみに一年の長がありありと。
ウンマ〜い!!
仕入れた分だけかと思っていたら「16BYもまだありますよ」とこーへいさん。(*_*)
うぅむ、喜んで良いのか悪いのか…。またまた二鷹シリーズがつづきそう。X-)


出雲のさき?

1shuan_060907.jpg先月のまき子さん来訪から遠来の客人があるたびに花をつけるホテイアオイ。この日は出雲から未来の杜氏を目指す、『天穏』板倉酒造(島根県)の若き蔵人、岡田さんお迎えし、両手に花!!とばかりに大サービスのダブル咲き。物言わぬ身でありながら、実に健気でありまする。(笑)
午後から雨が上がってホッとしたのも束の間。「雨男なんですよ」という岡田さんに負けず劣らずの雨男おやぢが輪をかけ、夕方からは再び強い雨に雷まで鳴り響く中、向かった先は出雲ならぬ出雲崎。あとで宿のおかみさんに伺ったところによると、“大国主命”にまつわる地名だとか。これも縁の為せる業?
浜焼きで知られる石井魚屋さんから「地の魚しか使わないお店なんですよ」と教えていただき、「うまい魚が食べたい」という岡田さんのリクエストに迷わず選んだのは、“割烹御宿 みよや”さん。
案内された広〜いお座敷。窓の外には闇を通して日本海が広がっています。
まずは持ち込みをお許しいただいた今宵のお酒。:-)

  • 『天穏 佐香錦45%』
  • 『睡龍 生?のどぶ H17BY仕込19号』
  • 『神亀 純米 甘口の酒(2002.3詰)』
    miyoya_d1.jpg    miyoya_f01.jpg
    お通しの“岩もずく”はもちろん、地元出雲崎産。
    いつもなら燗どうこを持参するところですが、小勢ということあもあり、“睡龍”の久保本家さんに倣って、「電気湯沸かしポット+たんぽ」で燗をつけた“天穏”でかんぱ〜い♪
    miyoya_f02.jpg    miyoya_f03.jpg
    卓上に配された蟹スプーンを見て「また蟹か…」と食傷気味になっていたところに運ばれてきた蟹を見て、(・。・) 目が点。「これ、毛蟹ですよね!?」「はい」「出雲崎でも獲れるんですか?」「みなさん、北海道のものと思われているようですが、日本海側の広い範囲で獲れるんですよ」へぇ〜!!×20、知らなんだ〜。しかも蟹味噌はもちろん、ご覧のようにオレンジ色の内子入り!!
    “神亀”とともにサザエの壺焼きもあっという間にお腹に消えました。:-)
    miyoya_f04.jpg    miyoya_f05.jpg
    出雲崎といえば、鯛。ただし、骨が硬い魚ゆえ食べづらいのが難なのだが、「食べ方をお教えしますね」という女将さんのアドバイスどおりにやれば、初心者でも安心です。
    この焼き物が絶品で、“どぶ”がウンマ〜い!!
    お刺身は、新潟では”南蛮海老”とも呼ぶ甘海老から時計回りに鮃+縁側とアラ。
    この後に出てきた口細鰈の唐揚げ。「手で持って真ん中からガブッと」の教えどおりかぶりつけば、香ばしさと鰈の甘みが口いっぱいに広がります。“神亀”で油を流しながら、中骨だけが残りました。
    スケソウダラの煮付けには、肝とこちらでダダミとも呼ばれる白子とタラコになる真子が添えられて、肝好き・白子好きのおやぢはもうク〜ラクラ。
    おかげでこの二品に関しては写真を撮り忘れたまま、呑む&喰うに没頭。
    「あとはごはんとお味噌汁、お新香をお出しします」といわれた頃には腹パンパン。
    「ごはんは結構です」と味噌汁を啜りつつ、燗酒をぐいっと。お新香を口に放り込んで、またもやぐいっとを繰り返したのですが、呑むよりも喰うほうでリミッターが利いてしまい、三本の四合瓶を開けるには至らず。
    なれど、岡田さんは夜明け頃に出雲を発っての長旅の疲れもおありでしょうし、翌日はU会の洗礼を浴びることになっていますから、お酒は無理強いせずに終わりにしましょ。
    ごちそうさまでした〜♪
    miyoya_s1.jpg

    漁業資源保護のための禁止期間が終わり、9月から再開された底引き網漁のおかげで、魚の種類が劇的に増えたそうです。浜焼きの最盛期は過ぎましたが、出雲崎のおいしいものはこれからもますますパワー全開。
    よろしければ、足を運んでみられませんか?

      かくでは
      にしられたる
      すみどこ

    割烹御宿 みよや 【地図
     新潟県三島郡出雲崎町羽黒町101-1 〒949-4305
     Phone. 0258-78-3181 Fax. 0258-78-3182


  • 隠し球

    9月の声とともに次々に届くお酒たち。
    ちょっと間が開いてしまいましたが、まずはこれから。:-)
    kubo_dobu19.jpg睡龍 生?のどぶ H17BY仕込19号
    はじめに。今年(H17BY)の“どぶ”に秋火入れはありません。
    代わりにこんなタマが用意されていました♪

    旨口 +13

    メーター(日本酒度)を+13まで切った平成17酒造年度仕込順号「第19号」の“どぶ”。
    開けたて、かつ上澄みの味わいは「シブ〜ッ!!」。でも、H15BYの生?よりは味がはっきりしておりまする。よぉ〜く振ってにごり部分と混ぜると、フワ〜っと鼻に抜けてくる含み香と醪の味が加わって程良い幅味が出てきました。こりゃ、か〜ん(燗)!!
    最近のコンディションからしたら10秒長く回ってもらいました。目論見は飛び切り燗(55℃近辺)の手前。
    すぅ〜ぱっ、でゅら、すぅ〜ぱっ♪スモーキングブギのコーラスじゃありませんが、余計な甘さを取っ払った直球勝負。グビグビモードにうってつけの味わい。ウンマ〜い!!
    アテは、豚生姜焼。“どぶ”を燗しながらチャチャッと作りましたよ。
    温かい“どぶ”がスパスパと脂を切ってくれまする。
    里芋・人参・蓮根・牛蒡を炊いたもの。土の力を感じさせる素朴な味とも好相性。
    身欠き鰊の煮付け。やや甘めで脂たっぷりの身欠き鰊もばったばったとなで切り。
    やめられない、とまらない… あらぁ〜、もうお終い?
    お代わりは、+9“どぶ”(H17BY仕込13号)を♪
    こちらのほうが味が前面に出てきていますから、はるかに分かりやすいですな。
    某蔵人さんのおすすめどおり、ビギナーから楽しめる13号、もしくは14号の“どぶ”か。
    それとも、甘さを廃した大人の味わいの19号の“どぶ”。
    あなたのご注文はどっち!? (笑)


    夜長月

    残暑に気を取られていた隙に、朝晩の気温は下がり、日も短くなってしまいましたが、昨年の秋から今年の春にかけて仕込まれた平成17酒造年度のお酒も熟成が進んで、そろそろおいしい飲み頃を迎える時季でもありまする。
    さっそくいろいろ届いていますから、それらはおいおいご紹介することにしましょ。
    長月の幕開けは古女房から♪
    moriki_ru11by.jpg

    るみ子の酒 純米吟醸“K7” H11BY
    麹米に山田錦、掛米に五百万石を用いた純米吟醸。酸が豊かだけど鈍重にはならないのが7号酵母らしいところでしょうか。いかにも古酒でございと熟成香や熟成味を主張する酒ではありませんから、吟醸が穏やかに枯れていく様を楽しんではいかがでしょ?
    熱燗(50℃近辺)超に燗をつけるとキレが増したようで、後味の吟醸ならではの上品さが全体をまとめています。
    もっとも開けたてですからね。当然、秋が深まる頃まで置いて、その変貌ぶりを楽しまなくては片手落ちというものでしょう。
    アテは、レタス・オニオンスライス・茗荷が敷かれた皿に豚肉・玉葱・マイタケの炒め物がどか〜んと。orz
    前略おふくろ様。あなたの息子は馬食が似合う歳をとうに過ぎておりまする。肉を喜ばない歳でもあることをお忘れなきよう、伏してお願い申しあげまする。
    秋刀魚の煮付け。生姜を利かせ、身はあっさりしているものの、皮の裏にはこの季節ならではの脂乗り。それも梅干しで抑えられ、見た目よりもさっぱりと燗酒に合うアテに…。ウンマ〜い♪
    茄子・ピ−マン・エリンギのピリ辛煮。七味の色が鮮やかですこと。
    出雲崎ではノドグロが揚がりはじめたとか。天よりも馬よりも、人肥ゆる秋!? (笑)


    長月前夜

    「ただいま〜」帰るや否や今宵の酒選び。白身の刺身に豆腐があったみたいですな。
    どれどれ、何にしましょうかぁ〜♪ おぉ、これ、いぐねぇか。
    koi_kaze.jpg鯉川 純米吟醸“庄内の風” H16BY
    少女時代から二ヶ月半、暑い盛りも乗り越えてすっかり熟女になっていますぞ。それにつけても…
    「ひょえ〜!? 亀の尾ってこんなに味の出る米だっけ?」
    いやいやお見逸れしました。そそくさと燗をつけて…
    あまり熱くしないほうが良さそう。とはいうものの、しっかり熱燗(50℃近辺)は超えさせます。
    ふぅむ、滑りが良くなりましたよ。
    アテは、真鯛の刺身。これがあったゆえの“鯉川”。当然といえば当然のことながら、白身との相性はさすが。
    牛ステーキは“富士 ゆずぽん酢”で、さっぱりと…。
    まき子さんにお出しできず申し訳ないことをした“佐渡のえごねり”も久しぶりに登場。
    冷や奴は茗荷を盛り、醤油をかけ回して…。
    定量の“鯉川”とともに八月の終わり。もう九月になるんですねぇ。はやいなぁ〜。