宿題 -其之肆 第2科目-

明日、11月1日からは弥彦の“菊まつり”(新潟県菊花展覧会)がはじまります。また、“もみじ谷”の紅葉も前半が見頃とか。
菊花で模した“上高地”はどんな出来栄えでしょうね。紅葉狩りと併せて出かけませんか?
鯉川 純米吟醸 五百万石50% H17BY
冷やで。熟度はかなり上がっているものの、弾けるような若さも。
“鯉川”のこのお酒は後の苦がない、数少ない五百万石の酒の一つですし…。
熱燗(50℃近辺)ほどから冷ますと、開いたうまみと前後するかのように元気の良さも。
軽快に喉を滑り落ち、後のキレも良し。お酒に限っていえば、熟女の魅力に抗えないおやぢですが、こういうフレッシュさも時にはうれしいものですな♪
遅れに遅れましたが、これにて宿題完了!! のはずだけど…。X-)
ならば、たまにはこんな酒もいいでしょう。
take_honjo.jpg

竹鶴 “金冠” 本醸造 H15BY
地元以外ではなかなかお目にかかれない、幻の“竹鶴”。(笑)
さすがにここまで寝ると、“竹鶴”らしい芯の強さも、熟成香も、ともに薄まりますなぁ。
熱燗を超えさせると、アル添酒にもかかわらず、アルコール臭さやハネは見当たりません。ひたすら滑りよく喉を通ります。が、もう一押し欲しいという不満がないわけではありません。
純米と比べると、酸も少ないですからねぇ。
とはいえ、消毒薬かと思えるほどの添加アルコールの臭さも、舌や喉がヒリヒリするような刺激もありませんし、炭(炭素濾過)臭さとも無縁。本醸造としては良くできていますから、純米にこだわらなければ…。(苦笑)
アテは、鶏・つみれ・長葱・もやし・春菊・椎茸・豆腐・シラタキの鍋。味噌味にキムチのタレも加わり、にぎやかな味わい。酒が負けますよ〜。orz
茹でたワタリガニ。「あれれ、ミソは!?」。なければ面倒臭いだけの代物。
春菊のお浸しで気を取り直して、晩酌のお終〜い。
取りあえず、これで二学期を迎えられるでしょうか。(汗)


宿題 -其之肆 第1科目-

今日10月30日は、旧暦の9月9日。そう、“菊の節句”とも呼ばれる“重陽の節供”ですな。
この日から燗酒に…といわれても、こちとらぁ、年中燗酒ですからねぇ。(笑)
1shuan061030.jpg鯉川 純米大吟醸生原酒“阿部亀治” H17BY
冷やでもきれいな甘み。穏やかな含み香は…
なんだろ、桃?それとも、りんご?
甘みといっても、甘残りしただけの後味の悪さは皆無。上品なうまみをそう感じるだけ。
残りを熱燗(50℃近辺)ほどにしてから冷ます。
と、「あれれ、生臭は!?」。不思議〜!!
生酒特有の嫌な香りが出ないことだけでもうれしいのに、うまみがさらにふくらみ、心地良く喉を過ぎまする。どこまでもやさしい大吟醸。“亀の尾”を原料としたお酒で、しかも一年も経たない内から、こんなにまとまりが良いのは…ひょっとして初めて!?
決して安くはありませぬが、「これ、くださ〜い!!」(笑)
アテは、鮭・玉葱・人参・キャベツ・ブロッコリーのクリーム煮。とろみをつけられたスープのやさしさと“鯉川”のやさしさが二重奏に…。こりゃ、いいですよ♪
焼き鮭も無難にこなしますが、刺身じゃなくてもいいから白身の魚を所望したいところ。
茹でた黄菊は富士さんばい酢で即席の酢の物に。菊の香りが鼻をくすぐりますよ。
青菜の浅漬けもいい箸休めで、あっという間にサンプルの一合弱がお終い。orz
其之弐”の追試は、残りわずかなため、すべて冷や。

  • 純米吟醸:へぇ〜、こんなに味があったんだ!?
  • 特別純米原酒:うぅむ、いいんだけど、ちょい苦手な味も…
  • 純米酒無濾過中汲み:まだ若いけど、好みからしたらやはりこれかなぁ…

晩秋

すっかり刈入れの終わった田圃。毎年見慣れた光景とはいえ、やはりどことなく寂しさが漂います。今年の酒米の出来具合はどうだったんでしょうね。
scene09.jpg鷹勇 純米吟醸“強力の郷” H12BY
13BYの誤りではありませぬ。まだあるのだ〜。(苦笑)
ずうっと涼冷え(15℃近辺)庫にいたから、もういいだろうと持ち帰ったら…開けたてはまだまだ渋いですよぉ。
強力らしい酸はうれしいけど、後の苦も…。
「このじゃじゃ馬め!!」
お蔵元・杜氏さん、(´Д`;)ヾ スミマセン。
え〜いとばかりに2分20秒。飛び切り燗(55℃近辺)超から冷ますと、やっとこなれた感じはありますが、まだ硬さが先に立ちますなぁ。あ〜あ、これもまた、手強い!!
しょうがない、しばらく忘れましょ。(苦笑)
アテは、鮭のチャンチャン焼き風。ただし、丸のままではなく、切り身ですが…。
玉葱やキャベツを炒めて鮭を焼き、味噌で味をつけたもの。
さすがはまともな味噌、風味が違いますな。燗酒が進むこと。
青菜・里芋・大根・人参・糸こんにゃくの煮物はうっすらの塩味。野菜のうまみがぎっしり詰まっていてうまい。パクパク食べて、早くもお代わり〜♪
牡蛎フライは出来合いかな。大きいけれど、牡蛎の風味が薄い。こりゃ、ダメだ。
お行儀悪くソースをドボドボと…。orz
青菜の浅漬けで口を直しながら、晩酌お終〜い。
ソファーに横になっていたらいつの間にか眠ってしまっていました。
気がつけば真夜中近く。ありゃりゃ、こりゃりゃ、おやすみ〜。X-)


事後報告

annex.png

“kanzake”というIDがとれたばかりに、性懲りもなく“VOX”にblog別館を拵えました。(笑)
今さらながら、石川杜氏の『間違いだらけの酒常識』を転載させてもらったり…。

すべて公にされるのが本来のblogというものでしょうが、全体に公開したくない記事や写真・ムービーは、“家族”と“友だち”、あるいはいずれかに限り公開することができるので、さっそく“隠し記事”も置いてあります。
すべてを見るためには、“VOX”のアカウントを取得し、“ご近所(友だち、または家族)”になる必要があります。
こちらからご招待する方法もありますから、メールアドレスをお知らせください。
なお、ここのタイトル下にも“annex”としてリンクを加えました。:-)


73.5%

祝日本一 北海道日本ハムファイターズ!!
タイトルは昨夜の札幌地区瞬間最高視聴率ですが、プロ野球のペナントが初めて津軽海峡を越えました。甲子園を沸かせた駒大苫小牧といい、最近の北海道野球は侮れませんね。
写真は札幌ドームとは何の関係もありません。カミさんがどこかにいるはず。(苦笑)
英(はなぶさ) 特別純米瓶火入れ無濾過原酒 H14BY
scene08.jpg14BYというと、“竹鶴”の雄町純米や大和雄町ばかりに目が行きがちですが、どうしてどうして、これもなかなかのもの。:-)
冷やでもしっかりうまい。原酒ならではの強さの後から、練れたアルコールの香りが…。
6号酵母ならではの図太い酸を味わいつつ、余計な甘はありません。
熱燗(50℃近辺)超から冷ますと、ぐっと押してくる強さとうまみが実に良い感じ。
良くぞここまで熟しましたなぁ。花丸!! 🙂
豚肉・長葱・シメジ・マイタケ・豆腐を土鍋で煮ました。味付けはお手軽に料理だし。
住乃井の三年熟成みりんを少々加えて、できあがり〜♪
熱々の鍋をつつきながら、“英”をグビリ。体の中から温まりますな。
青菜・里芋・油揚げ・玉葱の煮物。菜の風味と油揚げが郷愁を誘い、里芋のねっとり、かつ口の中で蕩けていく味わいが大地の力を感じさせますぞ。
焼いた厚揚げと茹でたレタスに鰹節をかけて醤油で和えたものもパクパク。
大根の浅漬けで口を直しながら、新庄の男泣きを見ていた夜でした。:-)
ちなみに、“竹鶴”の雄町純米14BYはもう陥落寸前。つづく15BYも残数わずか。
売切れご免ダス。X-)


宿題 -其之参 第3科目-

たまった宿題も半ばまで到達。-其之弐-の追試もしたいけど、「西が終われば東が待つ」ですからねぇ。もうしばらくはせっせと励みましょ♪
scene05.jpg

某純米大吟醸 H17BY 仕込5号
おやおや、開けたてはか細く感じたのに、数日でかなり味が出てきましたよ。もちろん、若さゆえのハネも残りますが、程良い吟醸香をまとい、大吟ならではの上品できれいなうまみ。うぅむ、美人だ。(笑)
熱燗(50℃近辺)ほどから冷ますと、若返るかなと思いきや、ぬる燗(40℃近辺)までは甘みさえ感じさせます。
それよりも下がると、さすがに素っ気なくなりますけど、しっかりとボディもあるってことですな。
決してグラマラスな美人ではありません。が、熟せば“見返り美人“を凌駕すること間違いなし!! 🙂
アテは、鰯のつみれがたっぷりの鍋。春菊・長葱・白菜・椎茸・シメジ・糸こんにゃく・豆腐に、なぜかうどんがちらほら。さては、二番鍋か…。でも、出汁がウンマい。
鳥取産天然メジマグロの赤身。鳥取からはおチャケばかりか、おチャカナも来るのね。
あ、時折、お人もいらっしゃいますな。(笑)
あっさりとした赤身のうまさが鼻に抜けます。
焼きたての厚揚げは生姜醤油で…。なんてやっている間に酒が終わってしまう。
睡龍 生?純米 瓶燗 H15BY
華はないけど、実のある酒。どしっと下支えする酸が力強い。あぁ、これこれ。
しかし、宿題がある日は、なぜか呑み過ぎてしまいまするなぁ。(>_<) ひょっとすると、いや、ひょっとしなくても、サンプルの量が中途半端!? (苦笑)


忙中アカンあり

慌ただしかったとはいえ、不手際から約束を一つ反故にしてしまいました。orz
猛省はもちろん、活を入れねばなりますまい。それには、おいしいお酒や〜い!!
scene06.jpg誉凱陣 純米吟醸 H16BY
これまた久しぶりの火入れ“凱陣”。
冷やで白桃というより黄桃のような香りと甘みがたっぷり。讃州山田錦と熊本酵母の純米吟醸。
最後にわずかなハネを残すものの、2年経って、やっと開きましたな。
熱燗(50℃近辺)ほどから冷ますと、香りは薄まるものの、うまみはさらに増します。この味わいの濃さこそ、“凱陣”の持ち味でしょうね。
アテは、鮭のクリームシチュー。市販のルーを使った濃厚なソースに引けをとることもなく、しっかり酒の味を伝えてきますよ。
里芋・キャベツ・シメジ・南瓜の煮物。とろとろに溶けた南瓜の甘みとそれぞれの野菜の味が一緒に口にあふれます。力強い里芋のうまみがいいですなぁ。
茹でた烏賊は、先日、スーパーで半額に下げられていた松田のマヨネーズ(風)辛口で。
賞味期限もかなり残っているのに半額って…。こちらとしてはありがたい限りですが、この辺の人たちにはまだ馴染みが薄いのかしら。売場には変なマヨネーズ擬きばかり。
鈴木さんちの“袖振豆腐”カンホアの塩の“石窯焼き塩”をパラパラと振って。
おっ、日ハムがタイに持ち込みましたぞ♪
親会社のハムはさておき、ローカルな雪国球団の俄サポーターになっちゃいましょ。
新潟も札幌同様、端っから多目的ドームにすれば、サッカーにしか使えないビッグスワンと老朽化の進む鳥屋野球場に代わる新球場、二つ造るよりも安くあがったでしょうに…。