三回目の冬に

scene061129.jpg

今日、明日と最高気温の予測が花冷え(10℃近辺)ほどに…。いよいよ冬がはじまるのでしょうか。昨日の日本海は大荒れ。鈍色の空の下で白い波頭が走っていました。
先日、「間違えて梅酒を燗してしまったか」と勘違いしたほど、強烈な酸を感じたこの酒。
クイズの賞品は、正解のとりしやさんにも、譲渡されたまき子さんにも不評のようで…。(涙)
okuharima_yj_s.jpg奥播磨 山廃純米 スタンダード(15.12詰)
冷やでは、生?系特有の香りというよりも、清々しい木香(樽香)を思わせる含み香。米の酒ならでは色合いは熟成を感じさせながら、濃いほうではありません。甘もなく、程良いうまみを伴い、すう〜っと喉を過ぎていきます。
やや長めに回ってもらって飛び切り燗(55℃近辺)を超すと、もう「梅酒!?」ではありませんでした。「また変わった?」。(苦笑)
先日は甘の多い酒の後だったから余計にそう感じたのかもしれませんが、味わいを引き締める酸を噛みしめながら、「ここまで待ってこそ」の“奥播磨”を堪能。
先年、“dancyu”で『お燗酒No.1』に選ばれた後、品薄になり、本来の“奥播磨の山廃”を満喫するには熟成が足りないように感じていましたが、「やはり“兵庫夢錦”でも3年かかるのね」とあらためて熟成の遅さを実感。
ホント、手を焼きますわ。X-)
アテは、イナダの刺身。本鰤ほどの脂はないものの、魚のうまみはしっかり。○!!
塩鱈・揚げ・モヤシ・万能葱・マイタケのみぞれ煮。とろみがあるから片栗を加えた?
モヤシの食感とあっさりとした味付けで、アテにも、お腹を満たすにも、もってこい。
茄子とししとうの炒め煮は、汁を吸い込んだ茄子がうまい。
大根と人参のなますや蕪と胡瓜の麹漬けもいい口直しになりまする。
前夜、“日置桜 生?強力 H14BY”と“悦凱陣 純米吟醸無濾過生 H16BY仕込5号”をたっぷり飲んだため、今宵の晩酌は「定量で打止め〜♪」と心残りなく杯を伏せさせる飲み応えも持ち合わせていますぞ、“奥播磨”。
ただし…


手の早い方がいらして、常温放置ものはすでに売約済み。
あわてて雪冷え(5℃近辺)庫から常温に移したもの、こちらも終わりが見えてきました。
この後は…いきなり若くなります。(汗)


Security Update 2006-007

su2006-007.png

Mac OS Xの脆弱性を修正した“Security Update 2006-007”が公開されました。
詳細については、こちらで。
ただし、指摘されているDisk Image(.dmg)ファイルの問題には未対応。
ダウンロードは、Software Update経由、もしくはこちらから。
Software Update経由では以下のコメントが…。


すべてのユーザの方に、Security Update 2006-007の適用を推奨します。
このアップデートでは、次のコンポーネントでの信頼性とセキュリティの強化が行われます。

  • AirMac
  • ATS
  • CFNetwork
  • Finder
  • Font Book
  • Font Importer
  • Installer
  • OpenSSL
  • PHP
  • PPP
  • Samba
  • Security Framework
  • VPN
  • WebKit
  • gnuzip
  • perl
    このアップデートの詳細については、こちらを参照してください


  • 鱈汁に誘き寄せられて

    前夜、持ち込みした大洋盛(新潟県・大洋酒造)の別ブランド、“北翔”の燗酒で開けた宴。後半、酒が変わった途端、薄っ辛いアルコールの味しかしないという良くある外飲みパターンに…。せっかく骨まで食べられる口細カレイの唐揚げや白子の天ぷらが出されても、喉がヒリヒリ。
    目の前には日本海と彼方に浮かぶ佐渡島。絶好のロケーションを台無しにするボロ酒よ。汝の罪深さは翌朝の浮腫んだ顔が物語る。(怒)
    ishii_hamayaki.jpg朝風呂で毒を抜いた後は、目と鼻の先にある“石井鮮魚店”さんの焼き場へ。熟練のおばちゃんたちがこうして一本一本、炭火で焼き上げていきまする。松本ナンバーのお客さん、「こんな味だったんですねぇ。こりゃ、うまいわ!!」と焼きたてのあなごにかぶりつきながら。「最初、こんな黒いものが…。気持ち悪そうと思ったけど…」という奥方に、すかさず「おんなしく〜ろても、おめさんちのしなもんよりよっぽど気持ちいいこて」とエロな間の手を返すおばちゃん。「またこんげんバカゆうてしもた」と笑えるのは、やはりそちらも亀の甲より年の功ですなぁ♪ (笑)
    おばちゃんの言った言葉の意味を知りたい方はDMで。:-)
    久しぶりに若奥さんのお顔が見えたので「鱈、ありませんか?」と尋ねると「すみませ〜ん、昨日は休みで船が出なかったんですよ。一昨日も荒れて漁ができなかったし。生魚は何にもない状態で…」。ぐわぁ〜ん、だらみ(白子)の入った鱈汁が…。(泣)
    戻ってから近くのスーパーでリベンジ!!
    と思いきや、北海道産のスケソウダラなれど、♀ばかり。orz
    定刻、じゃがいもとベーコンのピリ辛炒めをぶら下げたT1兄と、北寄貝と漬け物を差入れのH1兄。「手ぶらだぞ〜」とK兄。いつもの面子が顔を揃え、さっそく鱈汁づくりに…。
    大鍋で輪切りにされたスケソウダラとその肝・真子を煮て、長葱と豆腐を加えるだけというシンプルさ。酒もドボドボ注ぎまする。味付けは田舎味噌で。仕上げに“辨天娘”の純米酒粕を入れると、ふわぁ〜っと良い香りが立ちこめます。できあがり〜♪
    鱈汁をよそって、ザ・スーパープレミアム・モルツで( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ!
    酒粕風味の味噌汁を啜ると、頭から汗が噴き出てきます。一同、「うめぇ〜!!」と声を。
    それが合図だったかのように「酒くれ〜!!」に代わり、今宵も燗どうこがフル回転。
    宗玄 特醸“玉箒” (04.06詰)
    軽めの酒が好みのT1兄に合わせて。良く練れ、まろやか、かつ、スルスルと滑る佳酒。
    といえば聞こえはいいけど、その実、在庫処分につきあわせた。(^^;
    〆鯖・イカ刺し・揚げと菜の煮物・ポテトサラダ・串カツを揃え、あはは、わはは♪
    来月はフルメンバーで年忘れの会ですな。:-)


    なに、これ!?

    外で薄酒の地としてはまともな“大洋盛 金の穂(普通酒)”を飲まされて帰宅。
    良く練れていて口当たりもやわらかなれど…ちょっと物足りない。(苦笑)
    アテもあるし、飲み直そう!! と飛び切り燗(55℃近辺)から冷ましたら、目が点!!
    「“羽前白梅 梅湧水”を燗しちゃった!?」
    そう思わせるほど衝撃的な酸。喜々として飲み続けたものの、その後は敢えなく沈没…。
    ここで、クイズ♪

    さぁ、このお酒はなんでしょう? (笑)

    正解者には…おやぢの熱い抱擁を!! バキッ!!(-_-)=○()゜O゜)アウッ!


    酒縁を愛でる

    暦月11月の異名は“霜月”ですが、“霜降月”・“雪待月”という呼び方もあるように、師走の喧噪を前に初冬のしっとりとした趣を感じる時季でもありますな。
    この月に生まれた酒友たちに乾杯♪
    okuharima_simotsuki.jpg

    奥播磨 純米吟醸無濾過生原酒 旬酒“霜月” H15BY
    「日本酒には飲み頃、『旬』があります。搾りたてがおいしい生酒もあれば、ひと夏を越し秋に旨みが増すものや、二年後にピークになる生酒もあります。酒のもつ旨さが満開になる時が『飲み旬』。」と裏貼りに…。
    2年前の11月に届いたばかりを開けてみたものの、ガチガチに硬くて渋い。とても“飲み旬”とは思えず、そのまま常温に放置されていたこれで、お江戸の酒友を祝おうと…。
    冷やで。仄かな熟成香をまといながら「甘も生老ねも枯れ果てた」といわんばかりに、ピシッと締まった芯のある辛口の酒。「これ、ホントに“奥播磨”?」(苦笑)
    飛び切り燗(55℃近辺)ほどから冷ますと、締まった味わいとキレの鋭さにふわっとうまみが加わりましたぞ。忘れていた甲斐があったぁ♪

    [2006/11/24 追記]…心配になったので、以下におせっかいを。
    これはあくまでも偶然の産物であって、狙ってやったわけではありません。
    某氏が「生酒も常温で熟成…」云々と言ってくれたおかげで、どんな生酒でも端っから常温に置いて熟成させればうまくなる、という誤解が生まれているようですが、まっとうな酒とボロな酒があるのは生酒も同様。耐え得るか否かを知らずして鵜呑みすると、痛い目に遭うことになります。
    それに、まっとうであっても生酒はやはり生酒でしかありません。きちんと火入れされた完成形ではないのです。ですから、たとえまっとうな生酒であっても、最低一年間は雪冷え(5℃近辺)以下で貯蔵し、状態を見ながら常温に移すくらいの心配りは必要です。それを知らずしてやれば、ただの博打。まだ首も据わらず、抱くにも頭に手を添えるような赤ん坊を、かわいいからといっていきなり振り回したりはしないでしょ?
    お酒、特に生酒はそれと一緒なのですよ。やたらと真似しないように。:-)

    アテは、真鱈の蒸し物。真鱈の切り身に片栗粉をまぶし、焼葱やシメジとともに酒と出汁で蒸したのでしょうか。仕上げに蒸しを加えただけだから、良く分かりませ〜ん。(汗)
    湯豆腐は、もめん豆腐に長葱と椎茸だけ、と実に質素。ポン抜き出汁醤油で。
    蕪・里芋・人参・マイタケ・高野豆腐の煮物。乏しい色合いを蕪菜が救ってくれます。
    ほうれん草とマイタケの胡麻和え。なんか日々精進料理に近づいているような…。
    週末の宴に期待しましょ。:-)


    しっかり金色

    先週、クロネコが1本の一升瓶を届けに来ました。某蔵元からのお酒。
    知人から「どうですか?」と。「取りあえず見せてよ」と送ってもらったもの。
    「それって、また増やすつもり!?」と心配してくださる声が届きそう。(苦笑)
    その時にはもう少し葉が残っていたのに、今はほとんど裸ん坊。
    いよいよ冬の入り口でしょうか。最後の一葉が散るのはいつ?
    1shuan_061123.jpg某純米火入原酒 H14BY
    「本来、米と水だけで造ったお酒には、独特の色があるものです。(中略) だから、○○(銘柄)は、ほんのり淡い黄金色です」と首掛けには“間違いだらけの酒常識”を彷彿させる断り書きが…。
    磁器杯に注ぐと、「ほんのり淡い」どころか、実に瑞々しい金色。この色合いはとてもH14BYとは思えませぬぞ。
    冷やで。ふわ〜っと香る熟成香。予備知識どおり甘はあるものの、原酒ゆえのアルコールの強さに支えられ、もたつくようなことはありません。例えるなら、“旭菊 熟成純米古酒H5BY”と“鷹勇 山廃純米60%原酒 H9BY”を足して二で割ったかのよう。平成一桁年代の両熟成酒と肩を並べる濃い熟成味を出すには、たぶん冷蔵はしていないでしょう。
    飛び切り燗(55℃近辺)ほどから冷ますと、さすがに開けたて。ややバラツキが出ますが、すぐに収まることを伺わせます。味の多さを苦にしなければ、心配した酵母の弱点やキレの悪さ、澱下げに使われたという濾過剤特有の香りは問題なし。そこそこに酸を感じられるのは、この酵母との組合せは初めての体験ながら、原料米に助けられているのかも。
    ホント、“○号系”と呼ばれる酵母には曲者が多くて…。(笑)
    また一つ銘柄を増やすとなると、それなりの苦労は覚悟しなければなりませぬが…
    H14BYでありながら、堂々の古酒然とした風情はやはり魅惑的であります。
    うぅむ、実に悩ましい艶姿。はてさて…。
    この蔵のお酒、実は初めてではありませぬ。
    知る人ぞ知る雪冷え(5℃近辺)庫の私物コーナーには、冷蔵開栓放置のまま間もなく3年が経とうとしている、ここの14BY生原酒が3本。あの頃は生老ねが大の苦手でしたからね。
    3年も経てば、冷蔵とはいえ行くところまで行っちゃったはずですから…
    近々、こちらも試してみましょうかねぇ。


    タネ明し :-)

    先日、「もうしばらく先…」と勿体つけながら、その舌の根も乾かぬうちにこちらにも登場した件の酒。ただし、16BYは既に陥落寸前。届いた17BYの味見を…。
    hioki_jg_dg.jpg

    日置桜 純米吟醸“伝承強力”協会7号酵母版 H17BY
    品の良さなら9号酵母を使ったほうかもしれないけど、“強力×7号酵母”の組合せは実に魅力的。7号酵母と生?系との相性の良さは先刻ご承知と思いますが、独特の酸に特長のある強力とでも、きりりと締まった酸の二重奏を楽しめまする。ゴールデンコンビといっていいかも。
    17BYでありながら、キラキラと立ち上る酸が口の中で踊り、すっきり切れ上がる後ギレの良さを早くも備えています。線がやや細く感じるのは開けたてでもあり、ご愛敬。
    燗をつける場合は、熱燗(50℃近辺)ほどで。うまみたっぷりだった16BYに近づくには、開栓して2〜3週間はかかるでしょうか。
    ぜひ、“協会9号酵母ヴァージョン”との飲み比べをお試しあれ♪
    アテは鮭の唐揚げ。パリッと揚がった皮がうまいこと。
    焼餃子にはたっぷりの“老梅酢”を。すっきりさっぱり食べるにはこれ。:-)
    里芋・玉葱・カリフラワー・ブロッコリー・ベーコン・フランクフルトの煮物。
    里芋ってさほど好きでもなかったのに、しみじみうまいと感じるように…。
    齢のせいでしょうか? X-)
    そういえば、小学校の頃、これを串に刺して七輪で焼き、生姜味噌を塗ったのがバザーの定番でありました。その名も『いも串』。
    炙られた生姜味噌の風味といい、好物でしたなぁ。


    冷卸らしからぬ“ひやおろし”

    来月初旬で切れる“kanzake.com”ドメインを更新しました。“鷹匠”1本ほどの出費で、またもや2年間キープ。よろしくおつきあいくださいませ。
    しかし、棚ぼたデジカメ、オートフォーカスが今イチ甘いなぁ。
    akishika_hiyaoroshi.jpg秋鹿 純米吟醸 ひやおろし 2003年醸造
    酒造年度(BY)の定義からすると現在では前BYになってしまいますが、夏を越した“当年”の酒の熟れ具合を楽しむのが、本来の“冷卸(ひやおろし)”というものでしょうな。
    が、実際は“冷卸”とは名ばかりの若すぎる酒が多いことも事実でして、しっかり熟させようとすると、蔵にもよりますが、こうなってしまうという見本かも。
    届いたばかりの桃を思わせる酸や甘も捨て難い“秋鹿”ですけどね。
    冷やで。一時、「黴臭?」という個体もあったので心配していましたが、練れたアルコールによる古酒らしさを漂わせ、しっかりとしたうまみを伝えます。枯れ味といってもいい風情。
    飛び切り燗(55℃近辺)から冷ますと、良く練れた純米吟醸ならではの上品さ。余計な甘を廃し、締まりと滑りの良さを味わわせつつ、芯の強さも垣間見せる。“秋鹿”ファンはもちろん、そうじゃない方々にも、定番酒として不足のない佳酒ですぞ。:-)
    アテは、蛸とブツ切り胡瓜のキムチダレ和え。たまには酢の物にしてくれないかなぁ。
    がんもどき・大根・椎茸の煮物。出汁をたっぷり吸った具材がどれも、ウンマ〜い♪
    ベーコン・丸のままのキャベツ・玉葱・じゃが芋・ブロッコリーの煮物。
    ほうれん草と人参の胡麻和え。おからもたっぷり食べて…。
    うぅむ、「肉、要らない!!」といってから、野菜中心でヘルシーですこと。X-)


    越後長岡といえば…

    okucho_s1.jpg

    「久しぶりに長岡でやりません?」で実現した外飲み。処は『億兆』(長岡市)さん。新潟市から参加の“ここ飲み屋かい?”広報部長、ちゃむさんはじめ、柏崎市と地元から燗酒軍団+予備軍が集い、定員8名の小さな店を占拠。
    「たまには銘柄のおっかけよりも酵母の違いを楽しんでもらおうか」と協会6号・7号・9号の三種類。それぞれの特徴が分かりやすい酒をセレクト。お好みはどれ? 🙂
  • 協会6号:『英(はなぶさ) 特別純米 瓶火入れ無濾過原酒 H14BY
  • 協会7号:『日置桜 純米吟醸 “伝承強力” H16BY
  • 協会9号:『旭菊 特別純米 “阿蘇五百万石” H14BY
    トリビー抜き。いきなり“旭菊”の燗酒で、( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ!
    “億兆”さんにおまかせした料理は…
    okucho_f1.jpg    okucho_f2.jpg
    左がつきだし。右はゴルゴンゾーラ入りクラムチャウダーと地野菜の煮物。
    ゴルゴンゾーラと7号を使った“日置桜 伝承強力”がよかったですぞ。
    okucho_f3.jpg    okucho_f4.jpg
    シシャモの唐揚げ。刺身盛り合わせは、カワハギ肝和えと小さな枡の中の鰤(?)・甘海老・鮪赤身の下には白飯が仕込まれていまする。“かきのもと”と茗荷添え。
    肝のうまみが加わったカワハギ、ブラボ〜♪
    okucho_f5.jpg    okucho_f6.jpg
    クジラの竜田揚げと角煮(?)。酔いとともにただでさえ危ういピントがボケボケ。
    このあたりは“英”の出番ですな。
    せっかく“生?のどぶ(今は’05秋火入れの+8)”や“鷹勇 山廃純米60%原酒 H9BY”、“ひこ孫 純米”が常駐している店ですから、追加で“生?のどぶ”も「思いっきりアチチでお願いしま〜す♪」と。
    最後はご飯まで出していただいて、初のオープン宴会 at 長岡が終了。
    しっかり食べて、しっかり飲んだおかげで、当初の予算をオーバーしてしまいましたが、参加してくださったみなさま、遅くまでおつきあいいただき、ありがとうございました。
    これに懲りずに、またご一緒しましょ♪
    億兆(おくちょう) 【地図
     新潟県長岡市殿町3-3-8 〒940-0064
     Phone. 0258-32-2400
     19:00〜 月曜定休


  • 昨夜の会話

    ben_16by5.jpg帰ったら、カミさんが一人で晩酌を…。
     おやぢ「お、何、飲んでる?
     山の神「ん、○○(昨日の記事のおチャケ)!!
     おやぢ「えぇ〜っ!? それ様子見の…」orz
     山の神「飲まれて困るんなら、書いておいてよ!!
    ごもっとも。(>_<) 打ち拉がれて、すごすごと台所へ…。ヨワヨワおやぢ退場。 『辨天娘 H16BY五番娘 純米酒(玉栄65%)
    ちょうど一回分残っていた、若桜の娘に慰めてもらいましたとさ。