忘れもの

あたふたと打合せに出かけて帰った途端、首を長〜〜〜くして待っていた、あの酒を忘れたことに気づく。「あぁ、裏口に置いたままだぁ」。orz
戻るのも億劫だったから、前夜につづき、これをスクランブル発進。
akishika_y80.jpg秋鹿 山田錦80%精米 無濾過火入原酒 H14BY
今なら「純米酒」と謳えるものの、当時は精米歩合の定めがあったため、純米表示がなかった“秋鹿”の山田錦80%精米酒。
今頃、こんなものが出てくるなんて、たぶんウチくらい? X-)
しばらく飲んでいなかったが、まーちんさんにおすすめしたこともあって、後付け試飲。ただし、あくまでも“試飲”であって、決して“きき酒”ではない。キッパリ♪(笑)
冷やで。甘みたっぷりだった味わいは練れて、わずかに枯れ味さえ漂わせるように。「これならアチチ燗でいいでしょ」と飛び切り燗(55℃近辺)を超させて…。
開けて数日ですから、冷やよりもばらついた感があるとはいえ、締まりはこちらが上。最近、山田錦の良くも悪しくもたっぷりなうまみが、もたつくようにも感じられ、疎んずることが多かったけれど、ここまで練れれば、さすがは山田錦。枯れてもなお分厚いボディを味わわせてくれますな。
アテは、おでん。大根・里芋・蒟蒻・がんもどき・さつま揚げでいいかな。
鯖の煮付け。おやおや、珍しく濃い味付けだこと。醤油が違うかも。
作り置きされた“のっぺ”。箸で食べるのが面倒臭い〜。ガバガバとかっこみたい気分。
茗荷の梅酢漬けで口を直し、またもや鯖に。結局、三切れも食べてしまいました。
“秋鹿”、安心して飲める“定番酒”になりましたよ。
ちなみにこの“秋鹿”、まだたっぷり。「我こそは…」という助っ人を募集中!! (爆)


物欲のすすめ -5-

“神亀”と小川原良征専務については、今さら語るに及ばないことと思いますが、こういう書籍が出ますのでご紹介を。
さっそく左サイドの“amazonおすすめ”にも追加しました。
闘う純米酒 神亀ひこ孫物語
著者:上野 敏彦
出版社:平凡社 ISBN:4582824501 1,575円(税込)
共同通信社の記者でもある著者の上野敏彦氏については既刊の著者紹介をご参照あれ。
数日中には書店にも並ぶはずですが、ぴったり配送料がかからない価格ですから、よろしければこのリンクバナー、または左サイドから”amazon”でご予約ください。
貧乏おやぢ歳末助け合い運動にチョビッとだけご協力を♪ (笑)

珍種の亀

「酒の補充をしなければ…」と思い、取りあえず一本は選んだものの、つい目が合ってしまった“この亀”もお供に…。
「どちらにしようか…」。しばしの逡巡の後…忘れていたアテも鑑みて…
「勝者、かめ〜!!」(笑)
hikomago_3yg.jpgひこ孫 純米三年原酒(2001.07詰)
ずいぶん久しぶりなだけに思い出しながら、冷やジュルを。神亀臭さはあまり強くないし、原酒であることを殊更主張するわけでもないけど、「やはり神亀の酒だ」と思わせるだけの引き締まった強さが…。
ただ、如何せん開け立て。閉じこもった感は拭えませぬ。
なのに熱燗(50℃近辺)どころか、煮ちゃいましたよ♪
杯に注いでグビリ。「あぁ〜、これこれ」。
「某県の酒は軽いのは良いとしても、何であんなに薄くてひ弱なんですか?」「(?の)打瀬をきちんととらないからなぁ」。ブツブツ、モゴモゴながらに耳に届いた言葉が今も忘れられませぬ。
土台がしっかりしていなければ、頑丈な家が建たないのと同様、強い?でなければ、骨格のしっかりした酒はできないということ?
ついでにいえば、「何でもかんでも濾過しちゃうからなぁ」とも。X-)
hamayaki_saba.jpg

家飲みでアテの写真を出すのは…初めてかも♪
画が暗くて申し訳ないけど…
三日経ってもまだおいしい鯖の浜焼き。:-)
切り身の鯖は腹側で割き、一切れずつあの“まよぎ”の串に刺されて焼かれます。包んであった紙を通して余計な脂が抜けたのか、魚としての鯖の味がくっきり。脂が滴り落ちる焼き立ても良いですが、冷めてもおいしいのが本当にうまい魚かと。まさか、余所様の店先で燗酒の店ひろげ…というわけにもいきませんし…。(笑)
他には、たい菜でつくる“煮菜”とともに季節の風物詩、“のっぺ”。里芋の他は家々でマチマチですが、今宵の具は貝柱・人参・蓮根・牛蒡・蒟蒻・銀杏・エリンギ。干した貝柱の出汁を使い、薄味に炊きます。これも2〜3日経つと、さらに味が深まるのは、やはり大鍋で作るからでしょうね。
茎若布と松の実の煮物は、茎若布の歯応えが杯を誘います。
ハンバーグと付け合わせにブロッコリー。やや甘めのソースですが、こんなものでも“ひこ孫”にかかれば、そこそこのアテになってしまうのだから不思議。:-)
「ふぅ〜、食べた、食べた」と定量を終えたときには腹鼓が打てるほどに。(笑)


ゆく酒くる酒

年の瀬に去る酒あれば、訪れる酒あり。
今さらながら、人の縁も酒の縁も、巡り巡っての因果応報ですな。

年々歳々花相似 歳々年々人不同
年々歳々花相似 歳々年々酒不同

wakamatsu_03o.jpg

旭若松 2003年醸造(H14BY)純米無濾過火入原酒
 旭若松 2006年醸造(H17BY)純米無濾過生原酒』
先月、“某純米火入原酒 H14BY”とした酒が定量の半分しか残っておらず、「然らば」と三つ違いの妹酒、17BYの“生原酒”で、ほぼ1:1のブレンド。:-)
冷やでジュルジュルやっている内に熱燗(50℃近辺)超の燗が…。
さっそく杯に注いで一口ジュル。「うほぉ〜、こりゃいいわ」。
どちらも自家栽培の雄町と徳島産日本晴という原料米の組み合わせだけに、相性もピッタンコ。濃いうまみを感じていた14BYに捌けの良さが加わり、程良い甘がふわ〜っと余韻を残す。
二本とも手に入れてのブレンド燗。おすすめダス!! (笑)
アテは、白菜・長葱・椎茸・豆腐というヘルシーな鍋。なのに、魚介系の出汁が…。
鍋の汁までジュルジュルしたら(笑)…
「これ、牡蛎だぞ」「え〜、何にもなかったよ〜」「おかしいなぁ、さては…」
と思いつつ気を取り直して、ヘルシー鍋をつつきながら“旭若松”をグビリ。ウンマい!!
焼いた鮭が一切れ。ではなく、小片が一つ。頬張れば一口で終わるところをチビチビと。
春菊の胡麻和え。昔はこの匂いが苦手でしたが、今は好物に。歳々年々好不同♪
蕪と胡瓜の漬け物や石井さんちの塩辛もウンマいわ。
鍋が空く段になって、小指の先ほどの牡蛎が出てきました。それもたった一個。
「やっぱり牡蛎鍋だったんだぁ〜」
これは二番煎じならぬ、二番鍋!? やられた…。orz


なごりどぶ

年の暮れに来て、先日の“群馬泉 純米吟醸生酒“淡緑” H15BY”煮酒さん“鷹勇 山廃純米原酒60% H9BY”など、今生の別れとなる酒が相次いでおりまする。
そして、ここにもまたなごりを惜しみつつ分かれなければならない一本が…。(涙)
dobu_16a.jpg生?のどぶ H16BY春火入れ
ここで顔見世は済んでおりますが、マル秘の“どぶ”、とっておきの虎の子ともまもなくオサラバ〜。(T^T)
冷やでもたっぷりうまく、煮てアチチ燗にすれば、これまた妙なる味わいが歓喜を呼び起こす。おやぢにとってはこれが…
初めての“どぶ” 君は“でぶ”♪バキッ!!(-_-)=○()゜O゜)アウッ!
記念すべき一本だった。
アテは、真鱈と鰈、煮魚二種。
真鱈もさることながら、真子を抱いた鰈がうま〜!!
大根・里芋・椎茸・ぜんまい・車麩・さつま揚げの煮染め。
こういう素朴な料理も“どぶ”に合ったらなんのその。煮汁の染みた大根と車麩はもちろん、椎茸・里芋の味の濃いこと。やはり、ぜんまいは郷愁を誘いまする。
前の晩、飲み過ぎたからではないでしょうが、“どぶ”が良く回ります。
“渡辺 謙”を観ながら、定量ですっきりお終い。
そうそう、なくなったとばかり思っていた“群馬泉 淡緑”の一升瓶。
なんと試飲用の残りを発見!! 残り物に福があるか!?
これまた「余り物に福がある」が本来の言い方だと。最近、ミニ日本語講座。:-)


不定期オープン“ここ飲み屋かい?"

師匠といえど趨走する月はゲストをお招きするには心苦しいものの、神も仏もごちゃ混ぜの日本人らしく、無宗派で気ままに燗酒を楽しむにはもってこい。:-)
ゆく年の出会いや別れを思い起こしながら、くる年に思いを馳せるもよし。
てな訳で、年忘れの会をいつもどおりこぢんまりと♪
18切符を買いながら、またも涙を飲んだ甲州駐在員ま・ぜらさんの欠員補充、数少ない地元組K氏・皆勤を続ける広報部長ちゃむさん・新潟大学日本酒サークル“四合瓶”からは埼玉・石川・秋田出身の若手精鋭が、“ここ飲み屋かい?”二階に集結。
「ガツン系も!!」「綿屋ぁ♪」「生?がいいッス!!」
061209_d1.jpg−リクエスト 出すはお気楽 受けるは苦悶−(笑)
睡龍 生?純米“おこぜ” H16BY
ホントは「大七を…」だったけど、ウチで生?といえば、まずはこれ。王道でしょ!?
綿屋 山田錦65純米原酒 H15BY
素直にお答えしつつ、予算上、雄町は却下。:-)
旭若松 純米無濾過生原酒 H17BY
新入りのお披露目も兼ねて自家栽培雄町と日本晴のこれを。熟成火入原酒はまたのお楽しみ。:-)
アテは、地元のまっとうな仕出し屋“Y7”特製の盛り合わせと天然真鴨を使った鴨鍋♪
061209_f1.jpg    061209_f2.jpg
加えて、ちゃむさん差入れの“袖振豆腐”・かつお味噌・河豚の糠漬。
大豆の味をそのまま引き出した“袖振豆腐”には、豪州産岩塩を振りかけて。
コラコラ、塩だけ舐めちゃイカンぜよ♪
鴨鍋はさすが天然真鴨。どぎつい脂ではなく、軽やかで爽やかささえありまする。
薄味だけど、脂のうまみに支えられてコクはたっぷり。こりゃ、ウンマ〜い!!
お酒は番外編で…
加賀の井 別誂え大吟醸“くろうざえもん” 斗瓶取り瓶燗原酒 H9BY』祝事業再開。 🙂
鶴の友 大吟醸“上々の諸白” H8BY』忘れ去られていた私物。 🙂
清酒竹鶴 雄町純米 H14BY』ちゃむさんの差入れ。稀少な14BYを惜しげもなく…。
酉与右衛門 無濾過純米 雄町 H16BY』同じくちゃむさんの差入れ。雄町はいい♪
豊の秋 特別純米酒』“四合瓶”の初代からのメンバー、りんさんの差入れ。
これらを次々にさまざまな温度で味わいましたが、“おこぜ”が温度によりがらりと表情を変えるさまに、みんなビックリ。「冷やで飲む酒じゃないですね」。ごもっとも♪
“加賀の井”は上品ながらアル添を感じさせない強さも。よく練れたねぇ〜。
小人数でまったりしていたら「えっ、もうこんな時間!?」に…。
慌てて鍋にうどんを入れ、〆は鴨汁うどん。これがまたウンマいのよ♪
残りのお酒をみんなで分けて「気をつけて〜」とお見送り。さあ、次回はいつ開く!? (笑)
【写真はいずれもちゃむさん提供】Thanks!!


今こそ別れめ、いざさらば

この『仰げば尊し』の「別れめ」は「別れ目(別れる節目)」じゃないって知ってます?
「知らざぁ言って聞かせやしょう」と見得を切りたいところですが、大の苦手だった古文ですから、解説はこちらにおまかせして、このお酒ともしばしお別れ。(涙)
gunma_usumidori.jpg

群馬泉 山廃純米吟醸生酒“淡緑(うすみどり)” H15BY
これを火入れして、きちんと熟成させたものが四合瓶でしか出されない“純米吟醸”になるのですが、「ホントに同じ酒?」といいたくなるほど、若いときにはまったく別物なのですよ。
が、二年半、雪冷え(5℃近辺)から花冷え(10℃近辺)で冷蔵貯蔵されていたこれ。クンクン、ジュルジュル…再びクンクン…何度試しても「生臭がない!!」。こんな生酒、初めて。(*_*)
鼻が悪いおやぢですから心底信用できませんけどね。(苦笑)
ピシッと引き締まった味わいに吟醸ならではの上品さも兼ね備え、スッとキレる。生酒にありがちなざらつきや不安定な味わいは皆無ですぞ。すんばらしい〜〜♪
遠慮容赦なく煮ましたから、徳利からは湯気が立ち上ります。推定60℃。:-)
生酒を燗したときに出る“もわっ”とした鼻につく臭いもない上に、この、締まり、滑り、切れ、どれを取っても申し分のない味わい。“群馬泉”に馴染みの薄い地方からもリピートが入るのも頷けます。良くぞ、ここまで…。
アテは、鰤刺し。いよいよ鰤の味に深みが出てきましたな。ウンマ〜い。
ソテーされた牛肉・長葱・椎茸・青梗菜の盛り合わせ、蓮根のきんぴら、クリームコロッケ、豚肉の煮物、と今宵はにぎやか。鮭のアラと大根の味噌煮は酒粕も入っているかも。
新しくなった麹室では、米の芯まで破精込みながら外は硬く締まった、見事な麹ができているそうですから、今季の“群馬泉”はお蔵が目指す「しっかり味の乗った酒」になりそうですよ。乞う、ご期待!!
ちなみに“淡緑”は四合瓶ならもう少々。
後は、18BYが出てくる来年の5月頃までお待ちいただくことに…。_(._.)_


笑わば笑え

そこそこ追加しているはずなのに、なぜかある一定のところで本数が増えない。
何本かはもっと熟成を進めたいものもあるのだけど、これがなかなか。
事ほど左様に自宅での開栓放置は難しいものですな。今宵もこれとお別れ。X-)
hioki_yamawara1f.jpg日置桜 古酒ブレンド純米“山笑ふ” 其の一
開栓から二ヶ月。師走の声を聞いた途端、とうとう空いてしまいました。
冷やで。しっかりと練れたうまみを伝えるように。もっと味わいたい!!と思ったときにはお終いになるのは、まっとうな酒の宿命でもありますな。
さっそく2分50秒。ここまで開けば、飛び切り燗(55℃近辺)を超させても崩れる心配は無用です。本領を発揮するまでに時間はややかかるものの、このブレンドを見極めたお蔵元はさすが。きめ細やかでありながら力強い。熟成酒ならではの魅力を堪能できる酒。最後まで威風堂々としておりました。
アテは、豚肉・豆腐・椎茸・ニラ・万能葱のキムチ鍋。下拵えしてあったものに豚肉も追加しちゃいました。というのも、賞味期限が前日まで。酒ばかりか豚肉まで熟成ものダス。orz
戻り鰹のタタキは、生姜醤油に酢を加え、薬味に万能葱も。出来合いですから、まぁ、こんなものでしょ。
毎度お馴染みなますと漬け物。一年経った“睡龍”生?純米酒粕漬の瓜も食べ頃かなぁ。先日、送ったものは茶色い漬け汁が…。これもあのお酒の一部かと思うと、あたら捨てられませんな♪ (笑)


雪おろし

1shuan_061201.jpgといっても雪国名物、屋根の“雪下ろし”ではありませぬ。漢字にすると“雪颪”でしょうか。こちらでいう雪の前兆となる“雷”のこと。雪国にとって雷は、夏の夕立や入道雲だけではなく、冬にもつきものなのですよ。昨日から今日の昼過ぎまで、まぁ、良く光り、良く鳴ってくれました。
昨夜、最後のお客様がお見えの頃、外は霰で真っ白に…。慌ててタイヤをスタッドレスに換えました。明日からいくら降ってもいいぞぉ〜♪ (笑)
suiryu_kjg17g.jpg

睡龍 生?純米吟醸瓶燗原酒 H17BY
15BYの“生?純米吟醸”を“+13仕込19号のどぶ”に例えるなら、これは“+9仕込13号のどぶ”。加藤杜氏の酒ですからあざとい吟香はありませんが、珍しく夥しい甘が満ち溢れています。とはいうものの、香りが抜けたらただの砂糖水になってしまうプンケバ系未熟酒ではありませぬゆえ、決してご心配なきよう。
この味わいを一言でいうなら、「濃密」でしょうか。
まだ若さも残るとはいえ、原酒ですから苛め甲斐もありますよ♪
飛び切り燗(55℃近辺)を超させてから冷ますと、たっぷりの甘が口中を満たします。たなびく余韻はどこまでもゆるくつづき、まるで下ることを知らないかのようですが、甘の丘を越えたところで、あの加藤杜氏ならではの生?の香りがふっと姿を現します。
思わず、「丘を〜越え〜て〜行こうよ、生?〜の酒はほんがらかに晴れて〜♪」と矢野顕子調で口ずさみそうに。(笑)
天気が悪かったせいか、食卓の上はスカスカですよ。orz
かろうじておでんが鍋に。大根・蒟蒻・里芋・蕪・人参・がんもどきに野菜天。
鮭の味噌漬け。分厚いとはいえ、これも一切れだけ。カミさんと半分こですよ〜。(T^T)
大根と人参のなますに、たくあん・胡瓜と蕪・白菜のキムチ、漬け物をあれこれ並べて、寂しさを紛らわしつつ、石井さんちの塩辛で“睡龍”をチビチビがいつしかグビグビに。
アテが少ないといいつつ、結局、お代わり〜♪ (苦笑)
原酒の後にまたもや原酒。先日の金色ですな。うぅ〜、ひたすらウンマい〜!!
雷や霰の音を聞きながら『ALWAYS三丁目の夕日』を見ていたはずなのに、後半の記憶がまったくなく、目が覚めたら布団の中。朝、「夜中に家が揺れたほどのものすごい雷が」とカミさんにいわれても、「それはどこの国のこと?」と白河夜船おやぢ。
「鬼の居ぬ間に…」飲み過ぎで開けた師走の初日でございました。X-)


うんと遅い初物

「あれっ、あんた、何でこんなところに!?」。帰り際、出口の脇にポツンと一本。
先日、開栓しておきながら、忘れられたままになっていたおチャケ。ごめん、ごめん。
ようやく15BYにありつけますぞ♪
えっ、今頃やっと!? ですって。だって、14BYがあったんだもの〜。(笑)
最近、酒瓶の下に敷かれているのは某おチャ人のお取り持ちで加わった風呂敷。:-)
この“当世柿”と“利休鼠”の二色があり、どちらも一升瓶二本がすっぽり包める90cm角。もちろん、メイド・イン・ジャパン。ちなみに素材は綿100%です。
taketsuru_omachij.jpg清酒竹鶴 雄町純米 H15BY
冷やで。雪冷え(5℃近辺)で貯蔵されながらも、しっかりと“竹鶴色”をまとっておりまする。じゅるっとすすると、「えっ、もうこんなに!?」。でも、「あ〜、最後に苦がきちゃった」。
でも、いいわぁ〜♪
熟れに熟れた14BYもいいけど、冷やして持ち味のリンゴ酸を引き出すなら、この苦が味を引き締めてくれるでしょう。
手心を加えて、飛び切り燗(55℃近辺)止まり。(笑)
が、「もっと熱くしても良かったかなぁ」と思うほど練れていますよ。まぁ、今どき14BYを飲んでいるのはごく一部の方々ばかりでしょうし、「15BYすらない」といわれても決して不思議じゃありませんから〜♪
アテは、豚ヒレカツ。もうちょっと肉がうまければ塩で食べるんだけど…。え〜い、ソースをたっぷりかけちゃいましょ。
鰈の煮付け。朝まで置いたら「煮凝りができること請け合い」という脂の乗り。しっとりとした身に甘辛い煮汁がからんでウンマいこと。縁側がとろとろ。
南瓜とブロッコリーのカレー煮。南瓜の甘さとカレーの辛さで面白い組み合わせに。
たっぷり作り置きされたなますと白菜のキムチを間にはさみながら、定量お終い。
いつもより遅かった分、なんだか眠くなっちゃいましたよ。
ささ〜っと片付けて、お先に〜♪