コラーゲンゲン

「えっ、なに〜っ!?」。台所にピンクの切り身に黒いものや橙色が混ざったパックが…。
傍らには土鍋。「おぉ〜、アンコウだぁ」と喜んだのも束の間。
「自分でつくれってことね」
土鍋の蓋を取るとすでに先につくられた醤油ベースの出汁の残りが…。うむむむぅ。
「いいや、味噌入れちゃえ〜」。アンコウは皮や骨付きの部位から投入。
火が通ったところで、長葱と正肉に肝を。さらにもう一煮立ち。
shiraume_honoka_j.jpg

羽前白梅 純米酒“穂の香” (17.1詰)
開栓から一週間あまり、味わいに幅が加わりました。
冷やで、なら十分にいけますな。
が、熱燗(50℃近辺)を超させると、「もうちょっと上!!」と痒いところまで手が届くには今一歩。表から見る限り50%磨きをおくびにも出さない、あのスタンダード“純米酒”よりも味が多くて良さそうなものだけど、この頃のはまだガチガチの“羽前白梅”だったのかなぁ。
もうしばらく忘れましょ♪
コラーゲンたっぷり、プルプルの皮が口の中で踊ります。骨の回りのゼラチンをしゃぶり尽くして、明日はツルツルだぁ!! って、どこが? (笑)
正肉も弾力があってうまい。でも、アンコウといえば、やはり肝ですよねぇ。
一口ずつ口に入れると舌の上でとろけていきます。そこに“穂の香”をひと口。
あぁ、肝にはもうちょっと余韻のある酒がほしいかも。
“煮菜”や持ち越しのソーセージ・キャベツ・トマト煮、“はりはり漬け”で杯を進めている間に、あらら、“のだめ”の最終回が終わっちゃいましたよ。