こち亀、ただし両さんに非ず

「ナメタガレイは三陸(青森・岩手・宮城)の年取り魚(年夜[*1]を祝う宴に供される魚)」と“築地魚河岸三代目(小学館ビッグコミック)”で目にして、「所変われば品変わる」を実感していたら、新潟市場にもどっさりと揚がったようで…。
こちらの“年取り魚”は、やはり“塩引き”ですが、みなさまのところは?
shinkame_jk.jpg神亀 純米酒辛口(2004.12詰)
常々「これが酒をみるときの基準」といいつつ、実に久しぶり。
開栓して一週間に満たないはずだけど、「おぉ!!」と思わず声が。こんなにうまい“神亀”はいつ以来でしょ!? スミマセン、専務。
さっそく飛び切り燗(55℃近辺)を超させて…。
ゆっくり味わった後で「はぁ〜〜〜」と溜息一つ。ギュッと詰まった米のうまみを噛みしめるかのような、それでいて申し分のないキレ、清々しい後味。これが熟成不足や開けたてでは決して味わえない“神亀”の真骨頂ですな。いやぁ、まいりました。脱帽!!
ただし、これをスタンダード(基準)にしちゃうと…それはそれで不幸のはじまりですよ。ヤワな酒を受け付けなくなりますから。(笑)
アテは、豚ヒレカツ。この酒ならば油はもちろん、ソースをドボッとかけても大丈夫イ。
胡瓜と玉葱、レタスの塩揉みは松田のマヨネーズで和えて。
納豆の油揚げ包み焼き。納豆が多くて溢れておりまする。orz
その納豆を退避させたものに石井さんちの塩辛をトッピング。
「うほっ!?」。こりゃ、なかなかの珍味です。試してみます? 😉
いただきものの“鱈の親子漬”。これは残念ながら石井さんちのではなく、加島屋製。
あれあれ、久々に食べたら、いつの間にか木耳から昆布に変わっています。
とはいえ、暮れの疲れが吹き飛ぶような旨酒に出会って、杯が進まない訳がありませぬ。
当然、「お代わり〜♪」
もういくつ寝ると〜♪まで押し迫った時期の鶴亀ならぬ、亀亀な夜でした。
*1【年夜】としや


 詳しくは、こちらの“年越し”の項をご参照くだされ。