もういくつ…

どこの局も深夜のニュース番組がなくなりましたね。この時間帯を除いてTVのない暮らしをしておりますから、一日の出来事をおさらいするのが楽しみだったのに…。報道のないTVなんて、まっとうな燗酒のない夕食みたいで、悲惨そのもの。ただでさえ内輪の学芸会に年末年始の特別編成が輪をかけてくれて…。ニュースやれ〜!! (○`ε´○)
akishika_yjg02.jpg

秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過火入原酒 2002年醸造
「そろそろ…」という予感的中。開け立てから「これぞ山廃」という含み香と適熟のうまみ。すっかり飲み頃〜♪
常温に置かれていたとはいえ、いきなり気温が下がりはじめたこともあって、700Wで今冬最長3分10秒のグルグルり〜。
飛び切り燗(55℃近辺)を超えた“秋鹿”を卓上で冷ましながら、温めた土鍋を運んだり、取り皿を設えて…。
「いただきま〜す♪」
アテは、茸と野菜のカレー風味豆乳鍋。ふんわり香るカレーの風味が食欲を呼び覚まし、エリンギ・エノキ・白菜・長葱・玉葱など、ベジタリアンな具をムシャムシャ。
汁をすすりながら“秋鹿”をひと口。カレーやとろりとした豆乳と相見えながら、酒のうまみもくっきり。それでいて野菜の甘みも損ないませんぞ。Good job!! 🙂
加えて“だらみ”の煮付け。スケソウダラの白子ですな。昨夜の真子につづき、雌雄対決タラコシリーズ♪ フルフルと口の中で踊る白子を味わいつつ、またも“秋鹿”を…。
さすが純米吟醸!! さすが原酒!! 繊細な白子のうまさ、濃いめの煮汁、双方ともにしっかり支えるしなやかさと強さ。年の瀬が押し迫った晩酌の質を高めてくれる酒となりました。
焼餃子も食べながら、新沢庵で口直し。カウントダウンも最終コーナーですな♪