有朋自遠方来 不亦楽乎

床の間2007年も押し詰まった或る日、遠来のお客人が…。
初めて奥様もご一緒に…ってことは「英語、喋れませ〜ん」ではすまされないと一番娘に通訳をさせようと思ったら、「その日は出張だからダメ」とすげない返事。「たまには授業料の元を取らせろ」と憤慨してみたものの、大晦日にも帰れない因果な稼業なるがゆえ、その声が届くはずもなく…。

「え〜い、なるようになるさ」とお出迎え。
「はじめまして、○○○○○と申します」
わぁお、日本人よりきれいな日本語。ホッ♪

静かなことと心づくしの料理が取り柄の隠し宿の離れは、早、お正月の設え。

はなれ八寸

ひこ孫雪見障子の向こうに庭を望みながら、かんぱ〜い♪
いつもながらに燗どうこまで持ち込んでの我が儘宴の開始と相成りまする。

■ひこ孫 純米吟醸 (2001.5詰)
「一升瓶がまだあったはず」と必死に探したけれど見つからない。てことは、「お正月用にいかが?」と先日、神亀ファンのMさんにおすすめしたあれが、最後の一本だったのか!? X-)
大事に育てたお酒なれど、おいしく飲んでもらうのが務めですから、同じ日付の四合瓶でご容赦を。
「うん、おいしいです」
うれしいことに奥様も燗酒を召しあがってくださる。控え目な物腰といい、さすが、ご主人の薫陶よろしきこと。世の○嫁たちよ、見習いなされ♪ (笑)


日置桜ご夫妻との会話も楽しく、お料理も次々に運ばれてきますから、カメラはすっかりおいてけぼり♪

“ひこ孫” がさら〜っと空いて、次に控えしは…

■日置桜 純米“生酛強力” H14BY
「まだ持ってたの!?」と怨嗟の声が聞えそうですが…ちとお待ちを。だって、ようやく5年が経とうとしているだけで、このお酒にはまだ足りないくらいでしょ!?

アチチ燗(60℃近辺)から冷ますと、がっしりとした骨格にそこはかとないうまみが絡んで、ようやく「うまいっ♪」と素直に口に出せるように…。
雪冷え(5℃近辺)貯蔵ですから致し方ないことなれど、あの時のあのお酒がやっとここまできましたよ、製造担当者殿♪

竹鶴ズワイガニ、お刺身は甘海老・烏賊・鮃・鯛・鰤に鰤の山かけもさることながら、鰈の焼き物がウンマ〜い♪
なんだったっけのグラタン風や陶板焼、鰈と野菜の揚げ物、お蕎麦に締めのごはん、それにデザートのル・レクチェなどなど、目一杯食べながら “日置桜” が空いたところで、この席はひとまずお開き。
迎えが来るまでお部屋でのプチ二次会は…

■清酒竹鶴 雄町純米 H15BY
珍しく冷やでいきましたが、もっとキリッと冷やしたほうが良かったかも。

某蔵元曰わく、「ホントに良く似た舌」というお客人との楽しい時間はあっという間に過ぎ、翌朝、またもやしばしの別れと相成りましたが、これに懲りずにまた奥様とご一緒にお越しを。:-)


あわわわわ

ここまで押し詰まってから、プリンタがダウン。
2万円を超えるドラム・カートリッジの手当てを一日延ばしにしていたツケとはいえ、
年賀状が、そして、払込用紙や発送用送り状が…。orz

歳末助け合い”に引き続き、“お年玉”もよろしくお願いいたしまする。(爆)

img1335_shiraume_honoka■羽前白梅 純米“穂の香” (17.1詰)
「ただの純米酒でここまで磨くか!?」と驚かされ、しかもその精米歩合(50%)の高さを少しもひけらかさないことに半ば呆れる、あの “純米酒” を以て “白梅” の定番としておりますゆえ、やや影が薄い “穂の香”。
開け立てはさすがにまとまりが悪く、パワー不足も否めないけれど、飛び切り燗(55℃近辺)から冷ませば、スルスルと滑る酒に…。

アテはまたまた鮟鱇鍋。ただ、今宵の鮟肝は鮮度に難があり。肝ならではの濃厚なうまみを味わうには至らず。X-)
まぁ、野菜をたらふく食べられるから、良しとしましょ。
持ち越しの鯖の蒸し煮。脂っぽいだけの鯖では、このしっとりした鯖の味はでませぬな。
さつま揚げ・里芋・里芋・シメジの煮物で、またグビリ♪

「明日からお天気が崩れそう」「よりによってなぁ」「あたしも明日はいないよ」
あまり大荒れにならなければいいけれど…。


まだ終わりませぬ

世の中では今日が “仕事納め” らしいですけれど、ちっとも納まらない因果な稼業。
今日も今日とて民営化なった郵便局で口座開設。
嫌な顔も見せずに応対してくれた川○さん、忙しい日にあたふたさせてゴメンね♪

奥播磨■奥播磨 山廃純米スタンダード H17BY
「ダメだ、こりゃ!!」
冷やではとバラついた味わいに閉口してしまいましたが、アチチ燗(60℃近辺)手前から冷ますと…
「若さは残るけど、いいじゃない!?」
もっと開かせて、“兵庫夢錦” の山廃らしい溢れんばかりの酸を楽しみたいけれど、この時期は寒すぎて開栓放置のし甲斐がないんですよねぇ。

アテは鯖の蒸し煮。粗くおろした “おにおろし” がたっぷりかけられ、鯖をさっぱり、パクパク食べさせまする。
サラダ烏賊のゲソやエンペラ・胡瓜・水菜・もやしのサラダ。これにはマヨネーズを。
牛薄切り肉ともやし、水菜の炒め物。塩胡椒でシンプルに。
そして、青菜とビーフン、豆腐の炒め煮。

一人増えると食卓もにぎやか。
「お代わり〜♪」で出てきたこれ…

■生酛のどぶ H17BY仕込14号 +9
「○○も飲みたいんだって」「群馬泉じゃないよ」「いいの、どぶも」
てな訳で、三番娘には奪われるは、「あたしも」とカミさんにも奪われるは…。
トドメが「(一升瓶が)もう空よ」って、一昨日開けたばかりでしょ!? orz


3/6

Scene今朝、霜が降りていた苔。
遠目で見ると抹茶オレがこぼれているかのような色合い。(笑)

しかし、誰もこのおチャケに食いつきませんなぁ。あまりにも呆気なく空けてしまったから、シカとされているのかしら? (汗)

そうそう、尾瀬さんの…
蔵人 -クロード- 第5巻“、出ました!!


最近、ますます領土監視が厳しくなっている我が家の酒置き場。
おまけに「稀少品を自分で飲むな!!」と衆目の監視も厳しくなっているため、
増やそうにも増やせない、という悪循環の中、手持ち6本の内、3本が “どぶ” !?!?
17BYの最終チェックとはいえ、ちと占有率が高過ぎ。orz

■旭菊 純米吟醸 “麗” (17.3詰)
開けて何日も経っていないのに、もう終わりそうな減りよう。
飛び切り燗(55℃近辺)から冷まして、グビ開始♪

早くも帰省してきた三番娘と囲む食卓。
アテはキムチ鍋。“大地” ならともかく、“麗” にはちとつらいかも…と思いつつ。
「おや、色ほど辛みはないから、案外いける!?」
鶏つみれと春菊をたっぷり取って、ハフハフ&グビグビ♪
鰈の煮付け。こちらにはピッタンコですな。
その煮汁で煮た大根や里芋がまた、ウンマ〜い♪

「ただいま♪」「おかえり〜。立っているついでにお代わりを」(笑)
ちっとも在庫が増えないのは…燃費の悪いおやぢの所為!? (汗)

それにしても…減らない酒はいつまで経っても減らないもの♪ (笑)

蔵人 5 (5) (ビッグコミックス)

蔵人 5 (5) (ビッグコミックス)小学館年末・年始の休みにあわせて、最新巻登場♪

心の準備

生きていればどんなものにもつきものなのが、「別れ」の二文字ですな。
ひたすら熟成を待ち侘びて、「やっとこれから」という時には、酒がない!!
もう幾度となく繰り返してきたことなれど、またしても…。
「飲むんなら、まだ17BYでしょ!?」と気軽にいっておられなくなりました。orz

「酒がなくなる」こともさることながら、齢を重ねれば確実に「自分がなくなる」時にも近づいている訳でして…。
その時になって後悔しないよう、今日もまたせっせと、呑む!! (笑)

生酛のどぶ■生酛のどぶ H17BY仕込16号 +12
届いて一年。常温で一夏越させましたから、「もうそろそろ」という淡い期待は…
初恋のように儚く散りました。X-)

冷やジュルではそこそこ熟しているように感じられまするが、アチチ燗(60℃近辺)超から冷ますと、またもや蕾に逆戻り。
もっとも比べる相手が二夏越えのこれですから、“16号” にとっては迷惑千万な話。

「これは…14号も試す必要あり♪」と身勝手に呑兵衛的解釈を…。
連夜の “17BY” 減らしと相成りましてございまする。

生酛のどぶ■生酛のどぶ H17BY仕込14号 +9
同じ “+9″ なれど、やはりあの満開の風情にはもう一歩及ばず。
とはいえ、これ、ホントにもう少し。
その証拠にアチチ燗(60℃近辺)どころか、煮ちゃえばもうウマウマ♪

今宵のアテは味噌仕立ての鮟鱇鍋。正肉はもちろん、ひれやコラーゲンたっぷりの皮もたんまり。もちろん、鮟鱇に欠かせない肝も。
その肝を一口。そこへ “どぶ” をグビりとくればもう、プハ〜ッてなもの♪
本場の “どぶ鍋” とはまいりませぬが、取りあえず “どぶ” さえあれば…。:-)
自家製のポテトサラダもたんまり食べて、当然、「お代わり〜♪」

あれれ、カミさんも二本目。「あんたも!?」「うん♪」
おいおい、一日一本、三日で三本!? そんなに稼ぎがないでしょうに…。(汗)

しかし、これからすると、今後の “どぶ” には、あの “ひやひやおろし” 並みに “二夏越し” の禁固刑を申し渡さねばなりますまいかな。
その際は、我が口を養うだけでもヒ〜コラいっている貧乏人を頼らずに…
どうぞ各々のご自宅で軟禁してやってくだされ♪ (笑)


I wish you a Merry Christmas

キリスト教徒ではありませんから、今年もターキーやケーキのない聖夜でしょうが…
気分くらいは味わいますか?

以下、個人的趣味によるクリスマス・ソング集♪

トラディッショナルなところでは…

旭菊■旭菊 純米吟醸“麗” (17.3詰)
これも涼冷え(15℃近辺)庫のヌシになりかけていたもの。
来た頃は「きれいだけど、線が細く、頼りないなぁ」の痩せっぽちだったけれど、冷やでも「え〜、こんなにうまいの!?」とまさに麗しくなってくれました。
熱燗(50℃近辺)を超させてから冷ますと、さらにまろやか、かつ、うまみも豊かに…。かといって味が多すぎる訳でもなく、涼やかなうまさ。
「こりゃ、いいわぁ〜♪」
しかし、どれもこれもこんなに時間がかかっては…
里親のなり手がいなくなりますぞ。(苦笑)

アテは前夜から持越しの刺身がたっぷり。
「おぉ〜」ツマの陰から鮃のエンガワが…。
こんなにたくさんあるのに、誰も気づかなかったのね。シメシメ♪
鱈やはんぺんに春菊たっぷりの鍋。“旭菊”とともに体の中から温めてくれまする。
車麩と葱の卵とじ。「また葱をいっぱいもらってしまってさぁ」と老母が…。
「くれる人がいるだけありがたいじゃない」と貧乏息子。X-)
いよいよ御出座しの“煮菜”を箸休めにしながら、「お代わり〜♪」な夜でした。

みなさま、どうぞ素敵なイヴをお過ごしくださいな♪ 🙂


年忘れの宴

睡龍まさにこの酒を飲むためにあった夜。(笑)

■睡龍 速醸純米大吟醸 H18BY
加藤杜氏らしく、含めばそれと分かる香りはあるものの、プンケバの “プ” の字さえ微塵も感じさせない “華なし” 大吟醸。(笑)
さすがにきれいなれど、まだまだ若い。
お燗も、熱燗(50℃近辺)を超えるとさらに若返ってしまいますゆえ、上燗(45℃近辺)からやや上くらいでとどめた方が、大吟醸らしい珠のような味わいと滑りの良さを感じさせてくれまする。

が、如何せん “蕾” ですから。これが大吟醸らしい風格を漂わせてくれるのはいつになりますやら。


刺身盛合せこういう高い酒を飲むからには、それなりのアテと物分かりのいい割り勘相棒という名の犠牲者が欠かせませぬから、いつもの面々の年忘れに託けて。(笑)

K兄に強請ったいつもの魚屋さんのお刺身。
これ以外は、すべてが “一軒一品” の手づくりお持ち寄り宴会♪
果して、どのような品々が集まるか…
此度の一品・逸品たちを順にご紹介。


まずはH1兄家の【左】カモネギは文字どおり鴨と葱の黄金コンビ【右】鶏の生姜焼き

鴨・葱炒め鶏生姜焼き

次いで…【左】H2兄家のぜんまいの煮染め 【右】T兄家のポテトサラダ

ぜんまい煮染めポテトサラダ

漬け物上手のK兄家の【左】小茄子辛子漬け・蕪漬け 【右】白菜漬けのお新香トリオ

小茄子辛子漬・蕪漬白菜漬

カミさん作のトマトとチーズの揚げ包み焼
トマト・チーズの揚げ包み焼この他、K兄の息子さんが送ってくれた宮城県産殻付牡蛎はK兄家とH2兄家製の野菜とともに味噌仕立ての鍋に…。
ちなみに鍋の料理酒は…“睡龍速醸純米無濾過生原酒H18BY” の開栓放置もの♪

よ〜い、ド〜ン♪
いよいよ飲めや喰らえや、大宴会のはじまりはじまり〜!!
この顔ぶれではのっけから燗番おやぢは大忙し。いつものように笑い転げながら…

“睡龍純米大吟醸” の一升瓶が呆気なく空いて、リリーフは…
醤油おこわ
■日置桜 純米吟醸 “伝承強力” H16BY

懐かしき協会9号酵母ヴァージョン。変人のベロにビビッとくるのは今の7号酵母なれど、これもしみじみうまい酒ですな。

宴も闌。H2兄家作の醤油おこわが…。
自家製 “こがねもち” をY姉が絶妙の水加減で蒸かしあげたこれがまた、ウンマ〜い♪
12号サイズのジャンボ土鍋では2回目の牡蠣鍋が…。

日本酒あり、ビールあり、ワインあり。「飲み足りない!!」なんてことは絶対にあり得ない隠処宴会。今夜もまた、心も体もホッカホカ♪


緊急ここ飲み屋かい?

Scene「良かったら今夜、鍋でも…」
と一番ご近所の飲み仲間、Yさんからの電話があったとなれば、こりゃ、頑張って仕事を終わらせないと…。

「こんばんは〜♪」
と時間どおりに隠処を訪ねてくれたYさん。そして、その手には土鍋や材料とともに一本の甕が…。
「これを一緒に飲みたくて」


隠処1階にて、土鍋に豆乳を投入♪(笑)
温まるのを待ちながら、“秋味” でかんぱ〜い♪ そして、いよいよ…

■某かめぐち酒 H17BY
もち米四段本醸造、アルコール度数19%台。冷蔵庫に入れられていたとはいえ、生老ねはもちろん、味わいに厚みも深みもない。甘だけが残骸のように…。
顔で笑って心で泣くを地でいきながら、5勺きき猪口で何杯かおつきあい。X-)
酔うためだけの酒はつらいですなぁ。甕酒ならぬ亀酒だったら…。(笑)

「お、出た出た」と湯葉ができあがったところへ牡蛎を入れて…
「もうちょっと、もうちょっと」と鍋奉行はYさんにおまかせ。:-)
「いいですよ〜、湯葉をからめて、出汁醤油を一垂らし」「うま〜い♪」
「でしょでしょ。次、牛肉いきま〜す」「ピンクになったところで…」
食べながら飲みながら…と口と手を休めることなく、Yさん、次々に材料を。
「豆腐と若布でいきましょ」
いやぁ、酒はともかく、マメな人がいると楽ちん楽ちん♪

鍋が一段落したところで…
「紹興酒のお燗は平気?」「台湾で飲んだような古いのなら」
と隠処でやるからには、こちらの嗜好に引きずり込まねばなりませぬ。
「陳年紹興酒もあるんだけどさぁ」

鷹勇■鷹勇 山廃純米60%原酒 H9BY
開栓してから一年以上も常温で放置され、金色からやや褐色に近づいてきたこれを飛び切り燗(55℃近辺)にし、タンポから徳利に移すと、あっという間に飲み頃に。
「どう、口に合う?」
「甘いといっても甘さの次元が違うんだ!?」
「冷やとこれ、どっちにします?」
「これもらいます。いいわ、これ」
幻の一本をすっかり気に入ってくれたご様子。

アテは、蛸の頭、鰺、メジマグロ、天然鰤の刺身。
レタスにトマト、モッツァレラ、生ハムのサラダにポテトサラダも盛り合わされて。
春雨の中華サラダや水菜・レタス・玉葱のサラダ。
とサラダのオンパレード。女性軍の手が加わるとヘルシーですこと。
よぉ〜く漬かって酸味が出はじめた白菜や煎った銀杏などなど。

こうなれば、酒の強いYさんともどもグビグビモード♪
「あたしにも」と横からY奥様と “新潟麦酒” の缶を飲んでいたカミさんの手が…。
「これは色見本♪」とカウンター裏で訪れる方々をさんざん驚かせてくれたこれ。
ほとんど減っていなかったのに一気にここまで。orz

「わぉ、もうこんな時間!?」「じゃあ、仕上げしますか?」

■新潟麦酒“アイスビア”
初自腹の夜でした。(笑)


くうぅ〜 きくぅ〜

「オイ、この前のビール、どうした!? 金、払っただろ?」
仕事帰りのH1兄にそういわれるまで、他のは届けておきながら代済みのこれだけ、
うっかりすっかり忘れていましたぁ。orz

「ごめんねぇ」と目の前に置いたら「お、これか!? どんな味か、楽しみだなぁ」
「だよねぇ。たまに飲ませてくれてもバチ当たらないよ」「じゃあ、味を見るか」
といわれた瞬間にはグラスを用意して、気が変わらない内にプシュッ♪ (笑)

新潟麦酒■新潟麦酒 アイスビア
容器充填時にもガスを足さない新潟麦酒ですから、泡立ちはごく僅か。同社のケルシュ系の華やかな香りと濃いうまみ。そして、少し経つと胃から食道を駆け上ってくる熱い刺激。
二人揃って「おぉ〜!?!?」と声が…。(笑)

「氷結濃縮製法」ならではの麦汁濃度とアルコール度数(10%)の高さがもたらすコク味。「瓶内発酵・瓶内熟成」がウリの新潟麦酒で普段おすすめしているスペシャリティ以上の濃醇さが際立っています。こりゃ、面白いですな♪
「うまいなぁ。それにしても、きくぅ〜!!」
喉越しだけでは味わえないビールとしてのグラマラスなうまみに悩殺されそう。(笑)

値段も330mlで1,200円(税込)とちとどころか、かなりグラマラスですが…
銀色はもちろん、鯛を抱えた薄ビールの中ジョッキ2杯よりもはるかに価値あり♪


日置桜■日置桜 純米 “生酛強力” H16BY
今年5月の詰なれど、開け立てでは…まだまだゴツいこと。
良く間違えられる名前どおり「強力(きょうりょく)」。(笑)
そして、これまた良く間違えられる「甘みだけがうまみ」ではないってこと。これは、そんな見せかけのうまみ、甘を取っ払った酒の醍醐味を教えてくれる大人の酒…
のはずなのですが、一体いつになったら!? (苦笑)

「もう一年は…」などといわれたら、酒よりも先にこちらの方がへたりそう。X-)

アテは紅ますのコシヒカリ麹漬け。甘さ控え目で肴にもなりますが、ノルウェー産かぁ。とはいえ、彼の地の養殖技術は世界でも最たるものらしいですから、うまければ良し!?
鶏のカレーカツ。カツカレーではなく、カレー風味の衣がつけられたカツって…予想どおり風味はさも取って付けたというカレー擬きな上に、あれがたっぷり。orz
付け合わせのレタスや持越しの野菜のサワー煮、そして “日置桜” でベロを洗って…。
こっちの方も強力クリーナーという “生酛強力” な夜でした。:-)


ご注意くだされ

最近、続け様にあったので、ご注進♪
もし同じ目にあったとしても、怪我をされないよう、お祈りいたしまする。

開封ミスほとんどの一升瓶には、写真のようにアルミ製のキャップシールが被せられており、切り口から引き上げれば難なく取れるようになっているものの、ごく稀にこのような不具合が発生することがありまする。
いつもどおり開けているつもりなのですが、プレカットに沿ってくれず、ぐるりと一周した結果がこれ。

「やや上向きに引っ張っるように」もありでしょうが、ご存じのようにこの部位はさほど大きくない、というよりもかなり小さいですから、それを「引き上げるように…」はなかなか困難。そもそもプレカットされていながら、どうしてそれよりも破断強度が高い方に切れるのでしょう。


ようやく開封しかも、残ったこれを取り外そうにも専用工具などあろうはずがありませんし、なかなか厄介。下手をすれば、アルミの断面や使う道具で指・手を切ったり、一升瓶を倒したり…と怪我や事故につながることも。

くれぐれも用心の上、マイナスドライバーなどでプレカット部分を本来の方向に上手く切り離したらいいです。諄いようですが、決して力任せや無理をなさらずに。
でも、これ、或る意味で不良品なのでは?


生酛のどぶ■生酛のどぶ H17BY仕込20号 +11
“仕込13号+9″ につづく二匹目のどじょうを狙ったものの、敢えなく討ち死に。X-)
実日数でどれくらいの差があったかは存じませぬが、さすがに最後の仕込み、手強いですなぁ。

アテは鯖の塩焼き。脂っこいだけの魚は、魚の味というより脂の味しかしませんから論外ですが、この鯖は適度な脂で誠に結構。
ベーコン・ウインナー・キャベツ・玉葱・人参のサワー煮。冬のキャベツはウンマい♪
里芋・蓮根・銀杏の煮物。うへぇ〜、この蓮根、いくら根菜とはいえ筋が…。X-)
茄子・エノキ・ヒジキの胡麻酢和え。こりゃまた、酢がたっぷりと利いて…。
渋い“どぶ”との、戦いすんで夜は更けて…な夜でした。:-)