シャイな純米酒

洗米実は…此度は蓮田の神亀酒造さんも訪ねておりました。
“墓参り” と称して、その実態は “飲屋・蔵巡りツアー -北関東編-” ♪ (笑)

この本が出たばかりに今まで以上にスポットライトを浴びることになった専務。その10日ほど前の颱風襲来の後、寝込まれたというので心配しつつのアポ取りでしたけど、「どうにかね」と我々を迎えていただき、感謝に堪えませぬ。

そのお見舞いの舌の根も乾かぬ内に…
「造りの時期は初めてなので、蔵を見せていただけませんか?」
と半病人の専務に案内を強請る因業おやぢ。:-)
とっくに “蒸し” は終わって、後片付けの進む “釜場” をさっと見た後、ホントはいきなり “槽場” に行ったのですが、一応、酒造りの工程に従い、“麹室” から。

麹室麹室内

といっても作業は終わり。全量蓋麹という “製麹” だけに壁際に積まれた麹蓋には覆いが掛けられ、次の作業待ち。
人っ気のない室内は、室温32℃・湿度33〜34%ほど。

酒母室酒母

次いで “酛場(酒母室)”。元気のいい “酛” が立っていますな。
ホントは、舐めたかったんですけどねぇ〜。(-。-) ボソッ
槽
仕込みタンクがフル回転の “仕込室” は省いて、最後は “槽場”。
“佐瀬式” の “槽” に高々と酒袋が…。
中身は50%の吟醸(だったはず)。つまり、“ひこ孫 純米吟醸”。
“槽口” からチョロチョロと出ているのが “上槽中汲” になるお酒。
これを指をくわえて見ているほどお人好しじゃない!!
もちろん、舐めさせていただきました♪

が、きれいではあるものの、炭酸ガスのピリピリ感とアルコールの苦み、「渋〜っ!!」というだけで、な〜んにもうまくなんかありませぬ。
“槽口” ですぐに「おいしい〜〜!!」という酒もないわけではありませんが、それが熟成でさらにうまみが乗るとは思えません。所詮、早飲み用のヨワヨワ酒でしょ。
この時点では、できあがったお酒の将来の片鱗が垣間見られれば、それでいいのです。

やまやお暇のはずが、先発隊同様、こちらへ連行。

ただ一つ違ったことは、おやぢは生憎と運転手。“昭和の酔っ払い” にも、“うわばみな酒娘” にもなれず。X-)
カニクリームコロッケやポテトコロッケ、豆腐サラダをアテに、実においしそうに “神亀 純米酒” や “ひこ孫 純米吟醸” の燗酒を呑む連れを指をくわえて眺めるだけ。

しかも、頼んだ “かき揚げ丼膳” のかき揚げには、あろう事か海老がたんまり。おあずけを喰らった口惜しさと海老責めで、胸も腹も一杯に…。orz

通い徳利造りを見せていただいて、やはり理詰め、あるいは手堅い酒かと。

専務自身、この本のおかげで “社会派”、“硬派” のイメージができあがったかもしれませんが、実際はとってもシャイなお人柄で、こちらから問いかけなければ、たぶん、ずうっと黙ったままなのでないか、と思えるほど無口ですし…。

「30代は一升、40代は5合、50代は3合でいいんだ」と語ってくださった専務。お孫さんにお酌をされて目を細める日も遠くないかも。:-)

心残りは、蓮田まで出向くのならお昼はこちらで…と思っていた “蕎麦切り さいとう” さんへの訪問が叶わなかったこと。次回こそ、呑んだ者勝ちだぁ!! (笑)


創業平成18年

槽場@被災後先日、“群馬泉”を醸す島岡酒造さんを訪問。
再建なった蔵もさることながら、造りの時期にお邪魔するのは初めてだけに、暮れに「おかげさまで搾れました」と報告を受けていた酒たちがどうなったか、伺う前からワクワク♪

あの厄災からほぼ一年。直後に “がんばれ、群馬泉” で一部は公開したものの、もっとも酷かったこの槽場の写真は封印してしまったのですが…
「助さん、格さん、もういいでしょう」とご老公の台詞を借りて、解禁。:-)

外観@被災後外観@再建後

左が火災直後、右が再建なった新蔵。真新しい漆喰の壁がまぶしい。
この日は今季最後の一本の “仲添え”。ってことは、明日は “甑倒し(こしきだおし)”。
良かったぁ、微妙なタイミングなれど、“蒸し” と “留麹(とめこうじ)” が見られる〜。
「もうすぐはじまりますから」と専務の案内で蔵の中へ…。

蒸し取り放冷後

和釜にかけられた “甑(こしき)” から蒸し上がった米を掘り出す蔵人さん。やがて放冷機が動き出すと、別の蔵人さんが温度をチェックしながら運搬用の箱に受けます。
蒸された米を “甑” から取って見せていただきましたが、すごい弾力。ぐっと潰そうとした指を跳ね返すかのよう。でも、思いの外にやわらかい “蒸し”。

醪仕込水

「ここもついでだから手を入れました」と仕込み蔵に移動。「運良く採取してあったとはいえ、最初に乳酸菌が検出されたときは、無事付いてくれたかとほっとしました」
はしごを登ってタンクをのぞき込むと、“泡消し機” が回るタンクからは若々しい酒の香りが立ち上ります。隣は豊かに湧き出る “硬水”。“山廃酛” を支える命の水ですな。

麹室出麹

今季の役目を終えた “麹室(こうじむろ)”。一階に下ろされた新しい “室” は、壁・天井はもちろん床まで、厚さ30mmという無垢の杉板が張り巡らされています。
“枯らし場” に置かれた “留麹”。ギュッと握って緩めると元に戻ろうとする感触がしっかりと感じられます。「こういう麹が欲しかったんですよ。流行りのガチガチに締めた麹では味がふくらみませんから」。弾力に富んだ “蒸し” の理由はそれだったのか、と納得。

きき酒「せっかくですから」と定番『群馬泉 本醸造』に小瓶は今年の『群馬泉 “初しぼり(山廃版)”』。加えて埃がこびりついた瓶のお酒も。

「蔵は新しくなりましたが、造りは以前のまま。昔ながらにじっくり寝かせてうまみがふくらむ酒を造っていきたいですね。最初の年だし、在庫もあるので、吟醸までは欲張りませんでした。ですから、創業平成18年といってもいいんです」と専務。

見事に復活を遂げた『群馬泉』。一献いかがですか?
ただし、今年の “醪(もろみ)” には “おやぢ菌” が混入したかもしれませぬ。
できあがる酒は、かなり臍曲がりな “変人酒” になるでしょうな♪ (笑)


婿殿な一夜

埼玉某所からタラタラとR17を走り、赤城山の麓、富士見村へ。日も暮れ始める頃合いとなり、赤城颪が顔に冷たい。久しぶりに義父の墓参りを。
「おやじさん、孫たちもそれぞれ独立しましたし、あんたの娘はしっかりデB…」
バキッ!!(-_-)=○()゜O゜)アウッ!

ホウボウ前橋へ戻った夜は義母・義妹と連れ立って夕食へ。
外飲みの酒までこだわる家族ではありませんから、ビールは銀色。燗酒は越の誉。あぁ、彼の所の酒か、と出元であろう知人の顔を思い浮かべます。

「冷酒」と書かれたメニューには、○保田・○海山・○張鶴・○法などの越後や信州のバカッ高い迷酒たちが…。前夜と打って変わって呑みたい酒がありませぬ。orz

江戸前穴子辛うじて前夜の “つくし” のデフォルト燗酒でもある “立山” を発見。なれど、グラス1杯600円。どのくらいのサイズかも分からないし、他に飲めそうな酒もないから四合瓶をボトルでもらい…
「お燗できますか?」「はい、できます」
酒はともかく、その姿勢や誠によしっ!!
おバカな飲屋たちよ、キンキンに冷やすばかりが能じゃないのよ。「温める」という日本酒最大の魅力を捨て去って、どうする!?
出てきたボトルは本醸造でしたけどね。X-)

揚出し豆腐『立山 本醸造』
出てきた徳利に “越の誉” の名があるのはご愛敬として、上は程良い温度なれど、下は冷や〜。
「おいおい、さっき褒めたの取消すぞ」

今度はお義母さんも “つくし” に連れて行ってさしあげましょ♪
【上】“ホウボウ” くんのお造り
【中】江戸前穴子の白焼き(ホントか!?)
【下】揚出し豆腐


いかがわしさの狭間で

戻ったその夜は地元の薄酒宴会で山また山の波状攻撃に曝され、翌朝はどよ〜ん。
留守中に溜めたメールの返事を書き終え、やっとまっとうな酒にありつける夕食。
草臥れた身体を癒してくれるのは…

●鯉川 鉄人うすにごり H17BY
あぁ、ゆるゆるとやさしさが沁みていきまする。冷やでもしみじみとウンマい。
が、残念ながら二杯でお終い。
ならば、お後は中から温めるとしましょ。今宵のお燗は…

のっぺ●秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過火入原酒 2002年醸造
これまた定量ピッタリでお終い。
飛び切り燗(55℃近辺)をわずかに下回るほどから冷ませば、開けたてからの好調を維持して、ホントにウンマい♪

アテは冬の定番、“のっぺ”。今日のは好物のナメコ入りとあって、ますます箸が進みまする。
麹漬けかと思える鯖のソテーに、付け合わせはほうれん草とニラのソテー。小さな切り身はあっという間にペロリと平らげられ…。

ワラビの煮染めの食感を楽しみつつ、“秋鹿” をグビリ。やはり酒はこうじゃなきゃ。
烏賊サラダピンボケですが、烏賊と胡瓜・モヤシのサラダ。「ピンクかよ」と思いつつ箸を出すと、ケチャップとマヨネーズを混ぜたような味に和えられています。ちょっと甘めなれど、まぁいいでしょ♪
ベーコン・じゃが芋・ブロッコリーのソテー。
箸が進めば、杯も進む。
ハイシドォドォ〜、ハイドォドォ〜♪ (笑)

外飲みもこういう酒ばかりなら大歓迎なのに、翌日の山また山責めを思い浮かべると、溜め息ばかりが漏れてきまする。もう寝ちゃおっと。(>_<)


とんだ粗相を

21:30駐車場に車を、ねぐらに荷物を放り込んで、群がる呼び込みのおにいちゃん・おねえちゃんを尻目に一目散に向かう先は…東和銀行本店裏の馬場川(ばばっかわ)近く。
「休んでないよね」とカミさん。灯りが点っている。開いててよかったぁ〜!!

さっそくキリンのクラシックラガーとお通しのいかわさで200kmドライブの緊張を解きほぐし、定番の…
●群馬泉 超特選純米
もちろん、お燗♪
「何かつくります?」
鯛・鯖の昆布〆“鯛・鯖の昆布締め” と写真はないけど “芹のお浸し” を。
最初の1本がややぬるかったので、お代わりは…
「思いっきり熱くしてください」(笑)
「まだ硬いなぁ」とカウンターに置かれた瓶を確かめると “18.12詰”。
ありゃま、まだピチピチ。この秋を待つ秘蔵の “14.9詰” はさておき、普段でも “16.12詰” の常温放置ものですから、無理もないですな。(笑)
それでも次から次へと「お代わり〜♪」「今季の第1号ですよ」と…
●群馬泉 “初しぼり”(速醸版)
うぅむ、しっかりとした味わいながら、きれい。でも、やっぱりゴツい山廃版のほうが好み。:-)

壁に貼られた短冊を見やって目が点に…。
「神亀〜!? 今まであったっけ?」「ひょんなことから入るようになったんですよ」
「何があります?」「ひこ孫と純吟と上槽中汲です」
「じゃあ、槽口を。あ、それも遠慮なく燗をつけていいですよ♪」
椎茸生海苔カミさんのリクエストで、“生岩のり”と“生どんこの網焼き”。
ここは茸もうまいのです。
お酒は…
●神亀 純米酒 “上槽中汲”
から「日置桜は?」で出てきた
●日置桜 純米吟醸 “伝承強力”
にチェンジ。

なめろうアテに “なめろう” を追加した頃から、記憶が怪しい。
“秋鹿” は確か頼まなかったはずだけど…それすらあやふや。
なれど、取っ替え引っ替えまっとうな燗酒を呑める幸せよ。
と、戻した肘が何かに当たったと思った途端、ガチャ〜ン!!
「あぁ〜!!」
床に割れた器と残りの “なめろう” が…。
大事な商売道具を壊したことより“なめろう”が勿体ない、とじっと見入ってしまった呑兵衛をお許しくだされ。(´Д`;)ヾ スミマセン

たらふく呑んで、粗相を詫びながらねぐらへ戻るおやぢ。
これに懲りずにまた寄らせてくださいねぇ〜。

その昔、地元の呑兵衛嬢に「前橋でまっとうな酒が飲める店を教えて」で返ってきた答えがここでした。
以来、前橋での常飲屋。
一時期、歩いて1〜2分のところにねぐらがあったときは、「這っても転がっても帰れる」と痛飲したものです。

後で知ったのですが、太田和彦氏の “太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172” や “新全国居酒屋紀行(Sky PerfecTV!)” にも登場する名店。
こんなファンサイトがありましたぞ。:-)

■小料理 つくし 【地図
 群馬県前橋市千代田町5丁目3-2
 Phone. 027-234-0081


Security Update 2007-001

Apple Downloads

QuickTimeの脆弱性を修正した “Security Update 2007-001” が公開されました。
詳細については、こちらで。

ダウンロードは、Software Update経由、もしくはこちらから。
Software Update経由では以下のコメントが…。

すべてのユーザの方に、Security Update 2007-001 の適用を推奨します。このアップデートでは、次のコンポーネントでの信頼性とセキュリティの強化が行われます。

  • QuickTime
  • このアップデートの詳細については、こちらを参照してください。


    日曜はダメよ

    ってことで、今宵はおさらいの手を休め、ただのグビグビに…。
    「いつもじゃないか?」って、それをいっちゃあ、おしめぇだよ♪ (笑)

    ●辨天娘 H17BY十番娘 青ラベル
    届いた直後に開栓して10日余り。冷やでは、キラキラと舞う酸が印象的。
    熱燗(50℃近辺)超に燗をつけると、「もう一押しあれば」とまだ若返る感があります。
    もうちょっと待ってもよかったか。とはいえ、コストパフォーマンスは○ですな。

    煮物アテは、里芋・蓮根・絹莢の柚子風味煮物。
    柚子の香りにウットリ、里芋はネットリ、蓮根と絹莢はシャキシャキ。見てくれは悪いけど、今宵のアテの中では文句なしのNo.1。
    トマト・シメジ・絹莢の卵とじ。
    甘〜いトマトの色が移って玉子がピンクに。最初はなんだか分かりませんでした。
    豚ヒレカツ。若い “青ラベル” にはつらいかと思いきや、なかなかどうして、しっかり酒の味を主張しますぞ。

    澱●すっぴんるみ子の酒 袋搾り無濾過生原酒あらばしり H14BY
    一合強の “辨天娘” から “人妻” へバトンタッチ♪

    写真では分かり難いと思いますが、一升瓶の底に澱がべったり。冷やでは、やはり生臭が…。
    そして、飛び切り燗(55℃近辺)を超させ、アチチ燗にしたらカラメルのような香りが…。麹由来でしょうか。味わいそのものはまだまだパワフルですけどね。雪冷え(5℃近辺)庫4年。そろそろ涼冷え(15℃近辺)庫におきますかねぇ。

    予想どおり持ち越された “煮菜” も。「あら、打ち豆も入ってたのね」。
    きんぴらごぼうは唐辛子が利いていて、ピリ辛。

    そういえば、“007” って、最後、どうなったんだっけ?


    おさらいはつづく

    来週、といっても月曜からはじまるおやぢ的カレンダーの上でのことなので…
    一般の日曜からはじまるカレンダーでは今週の半ば、二日ほど留守にいたしまする。
    遅ればせながらの “藪入り” となかなか行けなくなった義父の “墓参り” ですから…
    勝手にあれこれ邪推されませぬように。:-)

    煮菜これが “たい菜” でつくる冬の郷土料理『煮菜』。
    リンクにあるレシピには里芋も入ってますが、その時々でいろいろ。こういうレシピもあるように、地域や家庭で具や味付けも様々です。この日は打ち豆抜きのチクワ入り。煮干しの出汁と酒粕で、ごはんのおかずにも良し、酒のアテにも良し、とこれだけで軽く二合は…。:-)

    コツは “たい菜” の食感を損なわないよう煮すぎないこと。ついでに大鍋でたくさんつくることでしょうか。“のっぺ” もですが、煮物って都度ちまちまつくるより、まとめてどかんとつくったほうが絶対うまいですものね。
    難点はしばらくはそれを食べ続けることになること。それゆえ、飽きのこない素朴な味付けにすることも肝要かと。

    ●旭菊 特別純米酒 (17.XX詰) ←表示がかすれていて読めませぬ。X-)
    これ、含み香にある独特の香りは高温糖化酛由来ですかねぇ。
    酒自体はしっかりと練れ、きちんとした酸もキレもありますからうまいですけど…。
    飛び切り燗(55℃近辺)のちょい上くらいから冷まして “煮菜” とともにグビグビ。
    魚醤の香る鍋は牡蛎と鱈入り。ほうれん草はマヨネーズで和えて、ムシャムシャと。
    蓮根とパプリカのきんぴらはまだしも、赤南瓜・りんご・レモンの煮物はちょっと捻りすぎでは?

    土曜の夜って、TVつまらないのね。(>_<) といいつつ、しっかり「お代わり〜!!」。(笑)


    大寒に我思ふ

    闘う純米酒−神亀ひこ孫物語』の中の「余分なカネがあったらいいコメを買うために使えばいい」という専務の言葉に倣っているわけではありませんが、「カネもないのにサケを買い漁る」、そして「買ったサケはすべからく呑む」を続ける限り、貧乏との切っても切れない腐れ縁は深まるばかりですな。orz
    羽前白梅
    なのに、性懲りもなく今宵も…

    ●羽前白梅 純米 “尾浦城” (2005.10詰)
    この3日間の流れで次の銘柄は容易に想像できたかもしれませんが、その予想どおりこれまた久々に登場の “尾浦城”。
    冷やで。かなり練れてきた様子ですが、“どまんなか(原料米)” 由来の豊かな酸は健在ですな。この時点で早、お代わり♪
    飛び切り燗(55℃近辺)ほどに留め、押し味と滑り・キレの良さを確かめたあとは、いつものグビグビモード。(笑)

    アテは、一日熟成のイナダの刺身。鮮度が落ちるとはいえ適度にやわらかくなり、魚としてのうまみがグンと出てきます。
    真鱈の煮付け。異常なほどの暖冬ですが、いよいよ鱈がうまくなってきましたねぇ。
    刺身や昆布締めもいいけど、また粕汁をつくろうかなぁ。
    石井さん、良い鱈が揚がったら電話くださいねぇ〜!!
    菜の花
    菜の花の辛子和え。暮れから出ている蕗といい、食卓の上ではもう春がはじまっていますね。
    あべこべに冬の定番、“煮菜” とは別れの時期が近づいてもおりする。お名残惜しや〜。
    肉じゃが。うまみの染み込んだじゃが芋はもちろん、シラタキも。ツルツルッとすする食感が気持ちいい。
    唐辛子を散らした蕪のピリ辛漬けや大根の醤油漬で口を直しながら、たっぷり食べて “尾浦城” もお終い。

    相変わらずサンダル履きで表を歩ける大寒前夜。
    ホント、どこかおかしいですな。