蔵巡り -番外編- “山形縦断”

波の花庄内へ向かったのは、先月の鳥取ほどではないものの、かなりの強風が吹き荒れる日でした。いつもの “笹川流れ” ルートを避け、素直にR7を北上。村上を過ぎると雪が降り始めます。

写真(撮影場所)は “醪のなまこ泡” ではありませぬ。山形県へ入ると海面のあちらこちらでこうした光景を見ることができます。そう、“波の花” ですな。これが風に飛ばされてふわふわと舞う様は、冬の日本海の風物詩でもあります。
カメラを構える身体が揺れるほどの風の強さ。寒かったぁ〜。

山居倉庫鶴岡からR7バイパスに乗る頃には横殴りの雪となり、視界不良。ちょっと遠回りして久しぶりに立ち寄った酒田の “山居倉庫” は、市内有数の観光スポットにガラリと様変わりしていました。

さすが商都、酒田。お金を落とさせる工夫が随所に。
ただ、あれこれ見て回りましたが、食指の動くものはごくわずか。良くある観光物産館といったところでしょうか。決して懐古趣味ではありませんが、ここでは写真の大けやき並木が見せる四季折々の風情や、ずらりと立ち並ぶ倉庫の建築様式の美しさを愛で、時間が止まったような空間で往時を偲びながらのひとときを静かに楽しむのが相応しかったように思えてなりません。
いたずらに商業化することだけが地域おこしではないはずですから。

米倉庫翌朝、庄内蔵巡りの常宿、“余目観光ホテル支店” でご当主とお別れし、JR余目駅前へ。まだ現役の “新堀倉庫” の脇にひっそりと佇む “余目倉庫”。ここに庄内各地からの米が集まっていた頃の名残ですな。

連れのリクエストにより新庄から尾花沢へと抜け、“そば街道” で知られる大石田から村山へ。車窓から全国で引っ張りだこの超有名銘柄を醸す某蔵と思しき建物が見えますが、もちろん素通り。(笑)
目的の河北町に辿り着きました。

朝日川此度の蔵巡りで唯一の蔵の写真。(苦笑)
一度、知人の引き合わせで酒席に同席させていただいたとはいえ、その後は縁も所縁もないこちらのみ。突然の訪問にも拘らず、ご当主から長期熟成酒のお話を伺ったり、試飲させていただいたり、と親切に応対してくださいました。
「さて、どうします?」「どこへでも」
庄内・最上・村山の三地方を回ったならば、残る一つ置賜へも行かねばなりますまい。ただ、ほぼ県内全域に高速道路網が整備されている当地とは異なり、これがまた不便で…。(笑)

その不便さを押してまで出向いた先は、地元山形県内に留まらず、お隣の会津や中通りに杜の都、はてはお江戸、そして京都と神出鬼没のこのお方がおわす城下町。
ブランド牛やご当地ラーメンでも知られる街なれど、お教えいただいた何軒かが休みだったり、売り切れ仕舞いだったりと運に恵まれない中、「エイヤッ!!」で飛び込んだ店は…
「ダメだったら電話してくれって云ったじゃないですかぁ」
とお口の肥えたおチャケ人にはすすめるに忍びなかったようですが、まぁ、それは二の次、三の次。やっとのことでお目通りが叶った上に、おいしいお茶やいろいろなお話を伺うことができただけで恐悦至極でございました。
次は…何処かでおチャならぬ、おチャケをご一緒しましょうぞ♪