カン! かん!! 燗!!!

先日のカンフルが効いたのか、それとも “かんずり” の滋養か、ようやく復調の兆しが…。
やはり、目の前にぶら下がっている五週間ぶりの休み、という人参が最たるもの?
いずれにしろ、“まっとうな酒” あってこそ!!な訳でして…
呑むこと、すなわち歓びさ♪

この後に続くあのおチャケは飲みたいとも思いませぬが、この文言だけは◎。(笑)

かんずりアテは、豚の冷しゃぶ。いつもなら迷わず山葵の出番となるところですが、今宵は “かんずり” 三兄弟の中から中央の “生かんずり” と醤油で。
発酵調味料としての味の深さは右端のレギュラーに譲りますが、酒同様、生ならではのフレッシュさ、ビビッドな辛さで、今一度…
カ〜ツっ!!

付け合わせのレタスや水にさらした玉葱もムシャムシャ、パクパク。
前夜の鰆に次いで、またしても焼き魚。脂コテコテの紅鮭の味噌漬けはスル〜っと避けて、鱒といってもいいほどの鮭も一切れ。
ユルユルのゴーヤチャンプルーは一舐めだけ。X-)

胡瓜の糠漬けや紫蘇の実と大根の味噌漬けもつまみながら、箸も杯も止まりませぬ。
そうそう、呑んだおチャケは…

■綿屋 特別純米 “トヨニシキ” H17BY
良い具合に滑ってくれますなぁ。早速の「カ〜ツっ!!」効果で、お代わり〜♪ (笑)

てな訳で、明日・明後日と留守にいたしまする♪