芋名月

芋名月あれや〜、これや〜で、間が空いてしまいましたが、時節柄ですから…
芋も、その代わりとなる団子もありませねど、『旧暦8月15日』の月を。
うさぎは何処? (笑)

本当の満月となるのは、今年は9月27日(木)らしいけど、やはり「十五夜お月様、見て跳ねる♪」ですからねぇ。

しかし…デジタルズームまでフルに使った48倍ズームを手持ちで撮ることの難しさよ。X-)

日置桜■日置桜 “八割搗き山田錦” 純米酒 H18BY
写真は製品ではありませぬ。おサンプル♪ 🙂
メーターがしっかり切れている(日本酒度:+9.5)だけあって、野暮な甘残りもありませんし、口中で踊るふくよかな酸が快感。80%という低精米歩合ながら、味の汚れも見せず、シャキッとキレまする。でも、まだシブ〜い♪ (苦笑)
その当年酒ゆえの若さを除けば、論うところはありませぬな。

こういうお酒に出会うたびに思うこと。
「これは○○%まで磨いてます」「我が社の平均精米歩合は○○%」と精米歩合だけを自慢する蔵元に、「何のために磨くのですか?」と問い質したくなることの何と多いことよ。
その結果、吊り上がった値段は誰が負担するのか。あまつさえ醸造アルコールをジャブジャブ入れ、連続蒸留式焼酎と見紛うような薄っ辛い酒に仕立てるなんて、米の無駄遣いもいいところですな。

要は、『磨かずとも味が汚れなければいい』んざんしょ!?
アルコール添加で薄くのばして安価に抑えるのと、無駄に米を磨かずともしっかりと米のうまみを引き出しつつきれい、かつ、適価に抑える。これからの飲み手に飲んでもらいたいお酒、あるいは、飲み手に選ばれるお酒は、どちらでしょうや。


いいね、いいね♪

夜ともなれば、否応なしに声高な虫の音を聞かされる時季になりましたが、ここに書かない日はあっても、呑まない日はほとんどないのですが…

    日々呑んだお酒については…
    『隠れ処*別館』(閉鎖)の備忘録代わりの『呑録』に置いてありますゆえ
    そちらをご覧いただきたく…。

かといって…

朝もよし、昼もなおよし晩もよし、飯前飯後その間もよし

と墓に刻んだ、戒名『米汁呑了信士』氏に倣うにはマルビの身がそれを許しませぬ。
せめて秋の夜長くらいは、傍らの旨酒とともに過ごしたいものですな。

群馬泉■群馬泉 超特撰純米 (18.8詰)
原料米:群馬若水・精米歩合:50%・アルコール分:15度以上16度未満・日本酒度:+2・酸度:1.7
というスペックではありますが、数値でお酒を呑むほどつまらないことはありませんから、あくまでも参考として。
一年の常温貯蔵を経て、冷やでもしっとりとした練れ味を漂わせており、まっとうな山廃ならではの酸も味わえますが、以前よりきれいになったでしょうか。

エアコンがいる日にも拘わらず、2分30秒も回しましたから、仕上がりはアチチ燗(60℃近辺)超。
飲み頃に冷めてくると、「これが同じ酒っ!?」ってくらい、まろやか〜、かつ、ウンマ〜い♪
きっちり出ていた酸がうまみに変わって、ひたすらグビグビ♪

程良い厚みとなめらかなキレ。さすがレギュラーのフラッグシップ。この重厚さと品格のバランスは、悔しいけれど “山廃酛純米” では決して味わえないもの。

当品は、山廃酛で作られたお酒です。
酒母の育成時、蔵内の優良乳酸菌が低温で生成する、自然乳酸の淘汰力により、酵母を純粋に培養していく、という今では数少ない伝統的技法で、ほどよい酸味とつやのある、深い味わいの酒質となります。

蔵 元 
    ※お燗により巾と膨ら味はさらに際だちます。

はさまれた栞の文言どおりの出来ですし、
しかも、それが開け立てから味わえる!! なんて…
誤算も誤算、実にうれしい大誤算。滅多にないことですもの、ね♪ (笑)

アテは、豚の冷しゃぶ。素直に山葵醤油でパクつき…
レタス・玉葱・もやしのサラダもたんまりと。串カツの脂もなんのその。
汁たっぷりの茄子とエリンギの煮物は、いつもどおりダシ汁もアテに。:-)
先日来食卓に並ぶ “かきのもと” にも秋を感じた夜でした。


日がな一日

雨の予報から一転、「今日は暑いッスねぇ〜」の天気になりましたから、あちらこちらでコンバインが金色の絨毯の間を縦横無尽に走り回っていることでしょう。
遅ればせながら、稲刈り真っ盛りですな♪

Sceneさて、先日の休みに久しぶりに “松之山” へ出かけました。帰りに撮った写真は、画素数は大きいもののレンズの解像度がまるでダメな携帯のカメラゆえ、夕陽の色彩感も捉えられず、色合いも変。見るに忍びない散々な出来ですが、ご容赦いただき…
野山すべてで穂が垂れる
豊穣の秋の雰囲気を少しでも感じてくだされ。
早いところでは “稲架架け” も始まっていました。

有馬(兵庫県)、草津(群馬県)と並ぶ日本三大薬湯、“松之山温泉” ですが、いつも行くのはここ、“ナステビュウ湯の山”。約96℃という源泉に恵まれ、露天風呂・内風呂とも掛け流し、という贅沢さ。無色透明ながらしょっぱいお湯に浸かると、コリや疲れが一気にほぐれていくのを感じます。

至る所に日帰り温泉がある新潟は、やや供給過剰なのか、料金も実にリーズナブル。過日、赤城の麓で時間制料金を目にしたときには「高ぇ〜っ!!」と目を凝らして見直したほど。こちらでは “ナステビュウ湯の山” はじめ、大概は無制限一本勝負♪ (笑)
貸しタオルセット(バスタオル付)込みでも700円で、お湯に浸かったり、一杯飲んだり、はたまた惰眠を貪ったりしながら、終日ダラダラ過ごせまする。
さすがに週末は大混雑になりますが、此方人等、平日オンリーですから…座布団を枕に高鼾♪ ってなもの。

さらに、ここの良いところは『飲食物の持ち込み自由』ってとこですな。
不味い銀色ビールやビール擬きは元より、薄っ辛いだけのアル添酒から逃れられるだけでも、ありがたやありがたや。(笑)
お手製のアテがなければ、うまい惣菜を作る店を回って買い揃えた品々を持ち込んでの一宴会。湯上がりのビールのなんとうまいこと♪
あ、誰ですか、96℃の源泉なら煮酒も可能!? なんて…。
露天風呂にひかれている源泉を燗徳利に入れれば、それもありでしょうが…
傍迷惑を忘れたら、こうした場には行けませぬゆえ。

温泉としては、新潟イチ押しの “松之山”。春秋の棚田やこれからの紅葉もさることながら、雪にスッポリ覆われた真冬の風情も堪えられませぬ。近くの “美人林” もおすすめ♪
「おめさんもいがんかね?」(笑)


隠れひやおろし

“ひやおろし” といわれても、お酒自体、どこか中途半端な感じが否めなくて、今一つ乗り気になれないのだけれど、その語感がいいのか、この時季はそこいら中に “ひやおろし” が溢れておりまする。イメージにばかり頼っていると「その内に “猫跨ぎ” になりやしないか!?」って大きなお世話? (苦笑)

今季、「火入れはこれしかない」という一本だけにとどめておこうと思ったら、あそこからも案内が来たし、今日も今日とて「出しますよ、11月ですけどね」と。
あぁ〜、なんと悩ましいこと・・・ X-)

そしたら、はたと気づいたことが…
「これ、一度火入れの瓶貯蔵だよね!?」「はい、そうですよ」
貯蔵タンクからの生詰めではないため、厳密にいえば外れるかも知れませんが、“一度火入れ” だし、タンクの代わりに瓶内で夏を越させた後、そのままの出荷。
となると、“ひやおろし” といえないこともない!?

img1173_samples■天穏 純米“改良雄町七割”-7号酵母- H18BY
飲み応えまでみるには心許ない300mlとはいえ、せっかく手配してもらった貴重なサンプル。半分はもう少し先に再度…と珍しく踏みとどまりました。(苦笑)

冷やジュルで。「当然、まだ渋いんだろうなぁ」が「え〜っ、こんなに飲めていいの!?」と驚きに変わりまする。鼻をくすぐる香りに7号酵母がもたらす酸とふわっと広がる甘。心ウキウキ♪ってなもの。

飛び切り燗(55℃近辺)でも新酒の割に崩れませぬ。冷やよりもふくらんだうまみを楽しみつつ喉を通すと、すう〜っと切れていく。このあたりは、如何にも “天穏” らしい品の良さ。
定番酒として申し分のないお酒に仕上がっておりまする。◎♪
届くのが楽しみだぁ〜っ!!

が、蔵元の在庫は「たったそれっぽっちしかないのぉ〜!?」ですから、「またあそこが分捕った」と叱責を受けようとも、品切れ仕舞いですので悪しからず。(笑)


ぐふっ、ぐふふふ

新暦上とはいえ、一応 “重陽の節供” ですからそれなりのお酒を充てないと…
といいつつ、腹黒い笑いが止まりそうにありませぬ♪ (笑)

ラベル自体は見慣れているでしょうが、中央下の “製造年月” に刮目すべし!!
なんと『2001.6』ですぞっ♪
何がどれだけ寝ていることやら、まったくもって発掘し甲斐のあるお蔵ですこと。(笑)

ただ…お願いしたあとで
「たまたまこれがあっただけで、他はすべて新しいものになっていますよ」
と釘を刺されてしまいましたけどね。orz

神亀■神亀 純米酒 “真穂人” (2001.06詰)
さすが6年物。色はしっかり熟成色を帯び、練れてギュッと締まった味わい。余計な甘は微塵もなく、スパッとキレまする♪
五百万石でもこんな酒ができるんですねぇ。

アチチ燗(60℃近辺)を超え、推定65℃の煮酒から冷ますと、さらにキリリと締まる飲み口。呑兵衛には堪らない強さなれど、やや硬さも。
開け立てなのでしょうがありませんが、このまま2週間ほど放置したら…その締まりとキレに鳥肌が立つであろうことを期待♪
“睡龍 生酛純米15BY” や “辨天娘 純米-玉栄-” が好き、という呑兵衛にはお誂え向きでしょうな。(笑)

アテは、またもや出来合いのトンカツ。味は二の次、三の次という品。orz
なれど、“真穂人” がしっかりと口を洗ってくれますこと。それだけは、◎。:-)
鮭のソテーに付け合わせは、長葱・椎茸・エリンギのピリ辛ソテー。
脂を洗い流すのはお手の物。それにつけても椎茸との相性のいいこと♪
ブロッコリー・ピーマンの鶏味噌かけ。味噌でもいいんですよ、“真穂人”。
ただ、南瓜の煮付けだけは…甘さがちと邪魔をしますな。

四合瓶ですから、辛うじて残ったもう一回分をいつまで我慢できるか…。
そして、これもなけなしの一本を減らしてしまいました。お許しあれ♪


ど真ん中のストライク

すっかり色づいた田圃で、例年より一週間以上遅れて、早生の稲刈りが…。
所々にべったりと稲が寝てしまった田圃も。反収を上げようとスケベ根性で穂肥をやりすぎたのでしょうか。品質の良い米を作って高く売るより、例え安くても量をたくさん穫った方が収入が多い、という今のシステムの欠陥が生んだ現実。
30%もの減反で農家も弱っていますが、耕作されなければ農地も傷んでしまいます。全面耕作の見返りに、反収を抑え、優れた品質の米を生産することが高収入につながる。
米作に限ったことではありませんが、農家の経営安定のためにも彼等のやる気を引き出すシステムに変えなければ、食糧自給率の回復なんぞ望みようがないのでは?

日置桜■日置桜 純米吟醸 “伝承強力” 協会7号酵母版 H17BY
開けて10日余の早過ぎる完飲。X-)
これほどまでにぴったりとツボに填ってくれた酒は、実に久しぶりですな。まさに痛快♪

冷やでも酸による押し味とふくよかなうまみ。加えて吟醸ならではの品の良さが後味に生きておりまする。
飛び切り燗(55℃近辺)を超させてから冷ますと、シャッキリした酸が心地良く、もうウマウマ♪
滑り良く、しかもしっかりとした飲み応えもありますゆえ、定量でピタリと杯を仕舞える。あまりに良すぎてリリーフが思い当たらなかったとはいえ、こういう終り方はなかなかありませぬぞ。
外飲みはさておき、家飲みでも「やめられない、とまらない」とお嘆きの某ご夫妻に!! (笑)

アテは、煮たバイ貝。「肝がない!!」とこぼしながらサッサと食べたのは誰? X-)
豚肉と茄子の煮物が少々。汁たっぷりで、その汁まで啜りながら酒をグビグビ♪
一夜干しの烏賊、胡瓜添え。これはマヨネーズの出番。胡瓜にトッピングし、さらに烏賊に。エンペラとゲソの食感がいいですぞ。
なれど、烏賊の身がないって、どういうこと? X-) 2
小振りで細身の焼き魚は…滅多にお目にかからない魚。
食味に憶えはあるものの、頭が落とされているため分かりませぬ。X-) 3
冬瓜の煮物や冷やしトマトで口を直しながら、杯は進みまする。

アテに “X-)” が三つも並んでしまいましたが…
「許してつかわす♪」
とこの夜は実に寛大。とにもかくにも酒が◎!!
「やっぱ7号(酵母)はいいなぁ〜」
と我が “7号偏愛” 性癖にますます拍車がかかりそう。(笑)

とはいえ、世に7号酵母を使った酒は数多あれども、その良さを上手く引き出した酒は決して多くありませぬ。気難しい酵母を存分に使いこなすのも、すべては造り手の技量次第ゆえ、闇雲な盲信は自重されますように。;-p


やり直し orz

実は…前夜の “割水どぶ” が冷めてきたら、ちと腑に落ちないところがあり、あらためていつもの杯をしげしげと眺めてみたのですよ。
「どうみても二勺半よりも大きいよなぁ」とメジャーカップで計量してみたら…
なんと60ml(1/3合)!!
正二合の定番徳利にこれで一杯半の水を注いだのだから、水90mlに15%台の酒270ml、すなわち1:3のアルコール度数は…11〜12%の仕上がり。『20%割水』の指令が「二勺半だろう」という勝手な思い込みにより『25%割水』になってしまっていたことに・・・この5%の差はでかいっ!! orz

どうりで喉を通した後に素っ気なさを感じた訳ですな。(苦笑)
てな訳で、競馬ではありませぬが、「やや重」「硬さほぐれず」のこれで再試♪

img1171_asahigiku_daichi■旭菊 純米酒 “大地” (18.02詰)
今宵はいつもの杯でぴったり一杯。つまり1/6割水燗。
元の酒そのままの冷やジュルでは、まだ放置の甲斐無しという印象が…
ひょえ〜、またしても 化けたっ!!

ふんわりとやさしいうまみと軽やかさが出てきたではありませんか。薄っぺらくなることもなく、程良い飲み応え。これなら割水燗も悪くありませぬ。
ただし、スルスルと滑りも良くなりますゆえ、つい呑み過ぎ!! ってことになりがち?
それだけは、なけなしの自制心に頼るしかありませんな。(笑)

アテは、またもや秋刀魚。今宵は素直に醤油での煮付け。
出来合いのトンカツ。これを見て引っ張り出した “大地” ですから、“割水燗” とはいえ、脂に負けるなんてことはありませぬ。
野菜の煮物や長瓜の糠漬けで口を直しながら、連夜の “割水燗” が定量でお終い。

しかし、この自制心がいつまで続きますかねぇ。(苦笑)


初めての○○○

タイトルの伏せ字に何を期待しました? (笑)

二つ前の “どっちのどぶショー” でこのお酒のことを書いたら、小森谷嬢から「20の%割水後、60℃で燗せよ」という指令が下りましたゆえ、早速チャレンジ♪
実は…家飲みでの “割水燗” は、これがハ・ジ・メ・テ。

生酛のどぶ ■睡龍 生酛のどぶ H17BY仕込20号+11
まずは愛用の正二合徳利にいつもの杯で一杯半、約70mlの水を注ぎ、開けて数日、冷やではまだ厳つい “どぶ” で満たしまする。
焼酎もですが、割水する場合は、必ず水が先、酒が後。
先水後酒』と憶えておきましょ♪
これを700Wで2分30秒ですから、指令よりはちと高め。X-)
すると…

「ひょえ〜っ!!」
あらあら不思議、あら不思議。
あれほど厳つかった “どぶ” が口当たりもやわらかく、ふんわりと…。
そして、軽やかなれど薄さを感じさせずにスルスルと喉を通った後は、きれいな引き際。そして、ストンと腹に収まるではありませんか。
さすがは『燗付師』の異名を持つ小森谷嬢。
そのお酒に見合った飲み方を見抜く目はますます冴えを増しておられまする。

アテは、新秋刀魚の香草煮。皮目はピカピカと輝き、脂も程良く抜けて、身はしっとり。
牛肉・里芋・シラタキの煮物は煮汁たっぷり。薄味の煮汁も啜りながら “どぶ” をグビグビやれば、そこは『飲むごはん “どぶ” 』の独壇場♪

ただ、こうした効能を目の当たりにしても割水燗は…あまり所望ではありませぬ。
量を飲まなければ満足できないという齢でもありませんし…。
それに、そもそも製品として蔵出しされるからには、そのお酒を味わうに最も適したアルコール度数として意図されたものでしょうから、濃ければ濃いなりに、薄ければ薄いなりに。さらに、重ければ重いなりに、軽ければ軽いなりに、その時々の体調やアテに見合ったお酒を選ぶことをこそ楽しみたいと…。もちろん、締まりとキレを併せ持ったまっとうな酒であることは云わずもがな。
と根っからの強欲おやぢ。(苦笑)

とはいえ、緊急避難策としての使い途があることも知りましたゆえ、折々に応じた使い分けも楽しみたいと思いまする。そして、それを教えてくれた小森谷嬢に感謝♪
どうもありがとうございました。_(._.)_


業務上横領罪♪

澱見よ!! この見事な澱、また澱♪
“ひやおろし” を否定する訳ではありませぬが、こんなの見せられたら「たかが半年、さもさも熟したようにいうんじゃねぇ!!」と思いません? (笑)
と煙幕を張った後は…
【註】この写真は、本記事のお酒とは関係ありませぬ。
ちなみに…
“清酒竹鶴 純米吟醸 H11BY 雪冷え(5℃近辺)貯蔵” ♪

■某純米吟醸にごり酒 H17BY
精米歩合:50%・アルコール分:17.6%
日本酒度:+4・酸度:1.6・アミノ酸度:1.0
※詳細はML(メーリングリスト)限定でご案内済み

「今頃どうして?」というタイミングで電話が…。「実は…」と話を聞いた後、即「全部くださいっ!!」と。が、その全部でも一升瓶18本。orz
この本数ではご希望の注文数に沿えない恐れもあるとはいえ…味も見ないでおすすめするのは流儀に反しますゆえ、すみません、一本減らしました。(汗)

早速、ジュルジュル。さすがH17BY、よく練れていますこと。冷やでも十分にうまいのですが、熱燗(50℃近辺)から飛び切り燗(55℃近辺)ほどに燗をつけると、開け立てにもかかわらず、もうウマウマ♪
17.6%(確か原酒だったはず)と市販ヴァージョンよりアルコール分も高いけど、それがうまさをしっかりと支えまする。
お酒自体がやわらか、かつ、上品ですから、原酒のままでも苦になることはないと思いますが、なんでしたら割水燗もお試しくだされ。

アテは、烏賊の煮付け。やわらかく煮られた烏賊のうまみにお酒がピッタンコ♪
大葉と茗荷をトッピングした冷や奴は、“銀座三河屋” の “煎酒” で。江戸から続く伝統の調味料はいいのですが、惜しむらくは調味料等の表示が…。当時からアミノ酸があったとは思えませんけどね。:-)
冬瓜とシメジを煮て、餡でからめたもの。こういうやさしい味わいはもってこい♪
あ、マズいっ!! 導火線に火がついたぁ〜、とお代わり〜。(笑)

■日置桜 純米 “生酛強力” H16BY
だいぶ梃摺りましたが、およそ四週間の放置により、やっと熟れてきましたぞ。
強力ならではの豊かな酸が図太い味わいをもたらしているのは、6号酵母由来か。
この強さがなんともいえませんなぁ。ウンマ〜い!!

元に戻って…
開け立てからうまさ全開という、近頃では珍しいこのマル秘◎にごり
なくなったら、ゴメンナサイ!! ですから、どうぞ悪しからず。;-)


どっちのどぶショー

どれにしようか、神様のいうとおり、スッペラポンのスッペラポン♪
選ぶのに困ったとき、子どもの頃ならこう唱えながら指で一語ずつ順番に指していき、最後に止まったものを取る、という遊びをしたものです。
ご当地に同様の遊びはありませんか?また、その際に唱える言葉は?

こんな古めかしい遊びを思い出したのも、すべて “どぶ” のせい。
なんてったって、まだH17BYとH18BYの全仕込み選び放題ですから、うれしい悲鳴。
てな訳で、今夜の “どぶ” は…こっち♪

生酛のどぶ■睡龍 生酛のどぶ H17BY仕込20号+11
底に沈んだ醪が絡まないよう、そぉ〜っと持ち帰り、上澄みをジュルジュル。
「しぶ〜っ!!」
澄酒としては、まだまだ発展途上のよう。
しっかり攪拌してからアチチ燗(60℃近辺)に…
「うへぇ〜、まだガチガチじゃない!?」
甘さの欠片も見当たらず。こりゃ、厳つい男酒ですわ。
もっとも開け立てですから、なおのことですけど…。

アテは、豆腐・長葱・若芽の卵とじ。ヘルシーといえば聞えはいいものの、どちらかといえばジジババ食の色合いが…。好きだからいいけど。
秋刀魚の揚げ浸し。筒に切った秋刀魚に片栗粉を付けて揚げ、漬け汁に浸したもの。濃いめの漬け汁なれど、“どぶ”なら、どんとこいっ!!
キャベツ・ピーマン・シメジ・ジャコの煮物。またまたヘルスィ〜。X-)
胡瓜の糠漬け口を直しながら厳つい “どぶ” を腹に納めはしましたが…

うぅむ、貧乏が加速しているからか、アテがますます貧相になってきましたぞ。
このままでは60kgを割り込む日も近い!?
諸般の事情で竹原遠征も断念いたしましたし…
おデブになるつもりは毛頭ありませぬが、せめて現状維持が叶うよう、みなさま…
より一層のお引き立てを隅から隅まで、ずず、ずい〜っと御願い奉りまする。(苦笑)