勤呑感謝の日

荒れ模様もようやく収まったかに思える今日は、“勤労感謝の日” ですが…
毎日毎晩、まっとうな燗酒に勤しんでくださる呑兵衛諸姉諸兄にこそ、感謝を♪
おかげでなんとかメシにありつけるのですから、とても足を向けて寝られませぬ。(笑)
もっとも、それも毎年まっとうなお酒を生み出してくれるお蔵があってのこと。
“勤造感謝の日” があっても良さそうですな♪

さて、以前からチクりチクりくるものがあったとはいえ、今年はこちらのベロを見透かされているかのように、ツボに嵌ったお酒ばかりを出してくれる “日置桜” の山根蔵元。
毎度毎度「あぁ〜ん、もうダメ〜♪」なツボ責めで籠絡され続けておりますが…
先月行われた “平成19年広島国税局清酒鑑評会” の純米酒の部で、見事 “優等賞” に!!
しかも、温度が低すぎ!! とはいえ “燗” で評価されての受賞ですから、誠に重畳♪
当然の如く、祝杯!!

日置桜■日置桜 純米 “八割搗き山田錦” H18BY
受賞酒ではありませぬが、これもつい「あはぁ〜ん♪」と声を漏らしてしまうこと、請け合い。:-)
これ以来ですが、余計な味を廃して、80%とはとても思えないきれいさは変わらず。こんなに雑味を感じさせないのは、やはり内田農園(鳥取県八頭町)さんのお米あってのことでしょうか。実際、唯一無二かも♪
開け立てですから、当然のように渋いのですが、だからこそきれいさもひときわ。同じお米を使った “生酛山田錦” ももちろんいいですけれど、“八割搗き” もなかなかどうして、少しも引けを取りませぬ。

アテは、おでん。とくれば、大根・こんにゃく・・・
あれ〜!? 厚揚げもがんももないの!! そんなぁ〜。orz
しょうがないから、さつま揚げ・巾着・里芋を。
揚げ春巻きは出来合いっぽいけど、まぁ、いいか〜。
煮魚のこの大きさと厚さは…カスベ、そうエイですな。
その煮汁で煮られた牛蒡もいい歯触り。

こうなれば、卓抜したドライビング・テクニックもお持ちの蔵元に倣って…
無謀にも “グビグビ” アクセルを踏みっぱなし!! (笑)

しかし、ほとんどの出品酒がH18BYでしょうに、16BYの “生酛強力” を出すなんて…。
ダンディな蔵元のツボ責めテクニックに、ますます
あぁ〜ん、もうダメ〜♪
になってしまいそう。(笑)

【参考】
●平成19年広島国税局清酒鑑評会 受賞蔵リスト(PDFファイル)