惜しい人を…(笑)

お〜い、元気でねぇ!!
結局5時間20分の遅れとなったらしいANAのNH002便に向けて声を張り上げたら…
「そっちは西、飛行機は東」ですって。orz

夕陽でも、海に向かって叫ぶには「夕陽のほうが相応しい!!」と勝手に決め付け♪
今頃は半日待たされた腹いせに、機内に積んであるお酒を片っ端からグビグビ〜。きっと酒の減り方が異様だったことでしょう。(笑)
何はともあれ、あのおチャケたちともども無事、ワシントンDCに着きますよう、お祈りいたしまする。

しかし、彼女のいない一年間…一升瓶で365本の酒たちが路頭に迷うことは確実!!
まっとうな酒の造り手・売り手のためにも、必ず戻ってきてくだされよ♪

鯖粕煮菜粕煮

さて、我が家の食卓に酒粕料理が並んだ夜。左は “鯖の粕煮”。右は “冬菜の粕煮”。
出来の悪い携帯カメラゆえ、お見苦しいところはご容赦を。m(__)m

祖母が健在の頃なら、冬になると “蕪の粕炒り” はじめ、しょっちゅう登場したものですが、最近では珍しいかも。使っているのは…“群馬泉” の吟醸粕でしょうか。

■睡龍 速醸純米 H15BY
最近は “どぶ” ばかり飲んでおりますゆえ、“生酛純米” さえご無沙汰なのですが、この“速醸純米”もさすが加藤杜氏の酒。なかなかどうして捨て難いものがありまする。
ましてや来月から “生酛純米” 各種が値上げされるとなると、フトコロにやさしいこれはなおのことおすすめですな。
“生酛純米” の陰に隠れ、案外と古いBYものがあったりして♪

■仙亀 米だけの酒 (05.02詰)
スル〜ッと “睡龍” が空いてしまったので、定量の半分(一合)ほどのリリーフを。
低精米とはいえ、伊達に山田錦を奢っているのではありませぬ。
きちんと締まって、スッとキレる。これもまた定番酒としたい、お・チャ・ケ♪

“鯖の粕煮” は生姜が無用の長物となって、やや素っ気なかったものの、“冬菜の粕煮” のほうは冬菜自体の甘みも加わり、実にウンマい。
ブロッコリーと「わぉ!? すげぇ〜久しぶりっ!!」のコンビーフのスープ煮やサラダもどんどん減っていきまする。

まっとうな燗酒があると、ついつい食も進んでしまいますゆえ…
持ち込み手荷物同様、重量制限にご注意♪


あいの手

二日続いた浮き世の義理が終り、やっといつもの日常に戻りつつありまする。
途端に蟲が疼きはじめ、またもや良からぬ画策を…。

となれば、その路銀を工面せねばなりませぬゆえ、貧乏なおやぢに愛の手を♪
なお、勝手ながら『間の手』の儀は固くご辞退申しあげます。(笑)

蕎麦@さいとう■辨天娘 H18BY九番娘 青ラベル
先日来、あの今冬イチ押しにごりや、さらに遡って盛夏のカンカン娘を思い出しながら、これを酌んでおりますが、お転婆ぶりにもっと梃摺るかと思いきや、もう一押しというところで裾の乱れを気にされるご様子。だいぶお淑やかになられましたかな。(笑)

アテは冬菜の芥子和えやほうれん草の胡麻和えに、豚肉・じゃがいも・白菜の蒸し焼き。
「何かつくろうか?」と珍しくカミさんが…。
「何がある?」「ナメコと豆腐と…」「葱はある?」「あるわよ」
「豚肉があったはずだから、いつもの鍋がいいかな」

アチチの鍋をハフハフと食べながら、“辨天娘” をチビチビり♪
「えっ!? グビグビじゃないのか!?ですって?」
だからぁ〜、愛の手がいるんじゃないですか。(爆)

ナメコと葱の残る鍋の汁に、写真の “十割そば” があればねぇ。
そう考えることが既に貧乏性の表れでしょうか。X-)


労作♪

小さいけれど居心地のいい店
あの上石神井、“作-ZAKU-”さんのホームページができました!!
作ホームページ

おかみ修業中の“りえぞ”さんが
ホームページ作成アプリやウエブサーバと悪戦苦闘しつつ開設にこぎつけた
傍らの燗酒と寝不足と冷や汗の結晶♪ (笑)

\^o^/バンザーイ
と喜んでいたら、ブログまでつくちゃった!!
日記や掲示板はいずれこちらにまとめられると思いまするが
頑張って小まめに更新してくだされ♪
作blog

みなさま、どうぞご贔屓に♪

※各画像にリンクが埋め込んでありますので、クリックしてくだされ※


今日でお別れね

この唄を知っている人は、“おやぢ”だっ!! 間違いないっ!! (笑)

それはともかく、とうとうこのおチャケとの永の別れが…。

img1366_daruma_s54■達磨正宗 純米甘口果実香 昭和54年醸造酒
裏貼りを見やれば、14年5月詰。ってことは、5年8ヶ月もの長きにわたり居座ってくれていた訳で、あの奥深い味わいもさることながら感慨深いものがありまするが、請われていくのですから喜ばねばなりますまい。
しかも、養育費もきちんといただいたし。 (笑)
新しい親御殿においしく飲んでもらっておくれ♪

ともあれ、これで西の横綱が消えてしまい、残るは東の横綱、“神亀” の『大古酒 昭和54年醸造』のみ。
ちなみに西の大関には、同じく“達磨正宗”の『純米甘口芳香 昭和59年醸造酒』が控えておりまする。:-)

平成になって早20年目なれど、こうして今でも現役を張る “昭和の酒” があることはうれしい限りですな。そしてまた、昨今、熟成酒に目覚める人が増えたこともまた喜ばしい限り。

しかしながら、それに味を占め、古いものばかりを漁る不埒者が増えたこともまた事実でして、そういう輩は『無い物ねだり』や『いいとこ取り』を、さも当然のようにいたしまする。その「手にさえ入れば…」の傍若無人ぶりは甚だしいばかり。

数年ならばまだしも10年を超える長期の熟成に耐える酒がどれほどありましょうや。そして、それを育てる造り手や売り手の思いや辛苦をどれほどご存じでしょうや。
「時は金なり」なれど、金では決して買えないもの。
どうか造り手や売り手のその酒に懸けた重いや辛苦を真摯に受け止めてくだされ。
そして、己が分も弁えて、謙虚に対峙してくだされ。
然為れば、自ずとあなたの手に委ねられる酒も現れるものと思いまする。

ウチ? 絶対に『いいとこ取り』は許しませぬぞ。(笑)


薄酒や ああ薄酒や 薄酒や

どうにか復調と思いきや、二夜連続で浮き世の義理が…。
ご存じ「地元の普通酒しかない」という恐怖の薄酒宴会が待ち構えておりまする。
今夜はともかく、明日は“どぶ”でも持ち込むかなぁ。

そうと知りつつ、“出物” がありましたゆえ、地元酒を。

大洋盛■大洋盛 純米吟醸 “越の魂” (05.10詰)
「あらま、なんでこんなところに!?」
という場所で見つけた開栓放置2年もの♪
新潟酒らしい軽やかなうまみを特長といたしまするが、この蔵のはきちんと芯のある酒ですから、熟成させても崩れないのですよ。そこがただの薄酒との決定的な違い。
昨今の味の多い酒に慣れてしまうと物足りず、「相変らず薄いっ!!」と感じるかも知れませんけれど、この軽やかさも認められる『大人の呑兵衛』になっていただきたいもの。:-)

当然、遠慮容赦なしに700Wで3分間回ってもらって、さらにふくらむ軽やかなうまみをグビグビり♪

麹歩合を上げて、この蔵としてはうまみを持たせてあるとはいえ、まだまだ新潟酒の範疇ですな。うまみがあってもキレが備わっていれば諄く感じることもありませんし、そのためにももっと酸が欲しいところですが…。
新潟のうまい酒にするか、日本のうまい酒にするか。
おやぢとしてはもちろん、後者に一票ですけどね。:-)

牡蛎と鶏つくね入り豆乳鍋。酒同様、すっきり軽やか♪ (笑)
ほうれん草の胡麻味噌和え。いつもは胡麻和えなのに、珍しく味噌まで。
野菜の煮物や焼き鮭もつまみながら、定量がお終い。

計らずも「三夜連続で新潟の酒を…」と相成ったおやぢ。また大雪か!? (苦笑)


寒後半

全国的に大荒れになっているようですけれど、雪は大丈夫ですか?
こちらは積雪はないものの風が強く、吹雪で視界最悪。
気温の低下とともに路面が凍りはじめていますから…
ドライバーはもちろん、歩行者の方も事故や怪我には十分にご注意を!!

こんな夜は「早く帰って、アチチな燗酒を」と思っていたところへ

雪が降る〜 ○○が減る〜〜 あなたは来ない〜〜〜

某お蔵からの召喚メッセージが。
行きたいのは山々なれど、税金払ったら今月も、ピ〜ンチ!! orz

日置桜■日置桜 古酒ブレンド純米 “山笑ふ” 其の一
「風邪にどぶ」がしばらく続きましたから、よぉ〜く練れた熟成酒を飲みたくなって、これを。
しかし、セーブしていたつもりなのに2週間もたず完飲。13ヶ月ぶりだったのですから、もうちょっとゆっくりと愉しむゆとりを持てないのか、おやぢ!? X-)

アテは、豚肉と長葱の炒め物。この手のアテも難なくこなしてしまうのが、熟成酒の底力ですな。
脂のたっぷり乗った鰈の煮付。普段なら脂を諄く感じるところでしょうが、“山笑ふ”を含めば、たっぷりの脂もスッと洗い流してくれ、また箸を運ぶことに…。
野菜の煮物や白菜漬けもつまみながら、「うまいうまい」とグビグビやっていたらたちまち空っぽで、お代わり〜♪

■神亀 米だけの酒 “仙亀” (05.02詰)
“山笑ふ” の後ではさすがに熟成感は薄れますが、その分、“神亀” ならではの強さがストレートに伝わってきます。
やわらかなうまみの後は、程良い押し味を持った酒で締めはしたものの…
病み上がりで二合徳利2本は…ちと飲み過ぎ?


○○○●酔行譚

Scene飲み気と食い気の趣くままに彷徨った上州・お江戸・武州遠征。タイトルは白星三つと黒星一つの星取表ですな。
その合間にこんな光景もしっかり目に焼きつけてまいりました。
それでは…ここでクイズをば。
【問題】
 これは、どこから見た富士山でしょう?

【賞品】
 正解された方にはもれなく…
 おやぢの熱き抱擁を♪ (笑)

賞品の適不適はともかく、「どこだろう?」と少しでも考えてくださったとしたら…
あなたは実に素直な方ですな。
まぁ、これ以上は言わぬが花!? (笑)

Sceneさて、『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった』のとおりチェーン規制のしかれた関越道は所々で除雪渋滞。黄色の警告灯や赤い尾灯に染められつつも、川端康成が『夜の底が白くなった』と書いた風景のままに降りしきる雪なれど、降雪量そのものは大したことありませぬ。
なのに50km/h規制とは…。X-)

延々と続いた速度規制に焦れたのか、はたまた虫の知らせか、いつものICより手前で降りたら、その区間が「路面の凍結により事故が多発したため、通行止になりました」と。
シメシメと思いきや、反対の上り車線。そんなの関係ねぇ〜!! (苦笑)

束の間の糠喜びの後にやってきたのは…
Scene積雪はまったく支障ないものの、ツルツルに凍った道路。ブレーキを踏んだところでちっとも止まりませぬ。怖がって30〜40km/hしか出さない前走車を尻目に「お先に〜♪」。
とはいえ、ハンドルとブレーキ・アクセルは慎重の上にも慎重を。いずれも『急』がつくのは大禁物。これが雪道ドライブの鉄則ですから。

道中の雪の少なさに高を括って戻ったら…
ご覧のとおり一面真っ白。長靴がなければ、とても車から降りられませぬ。orz

風がなくて、典型的な “里雪” になってしまったのね。
おかげで翌朝は早朝からせっせと雪かきをする羽目に…。X-)


伊奈非酔譚

さいとうこの写真は、「ここへ来たら当然呑むもの」とまずは前回の仇討ちで “穴子の煮こごり” を頼み、「さて、これに合いそうな酒は…」と物色をはじめた途端、「今日はダメ〜!!」とカミさんからハンドルを握るのを拒絶され、黄昏れモード一色に染まってしまったおやぢの心象風景です。(笑)

良くいえば「縁側で日向ぼっこ」、悪くいえば「ここは地の果て アルジェリヤ」。orz

おやぢにとって蕎麦屋へ行く楽しみの大半は、蕎麦屋ならではのアテで楽しむ燗酒にありまする。ましてやこちらはそのアテのどれもが「やれ呑め、され呑め」と呑み手を挑発することで知られるお店。ここまで来ておきながら大人の愉しみを味わえないなんて、まったく何しに来たのやら。

と普通の蕎麦屋なら凹んだままになるところですが…
「そうはさせじ」と奮い立たせる術を持つあたりが、ただの蕎麦屋じゃない!?

ゆばせいろ■ゆばせいろ
“ゆば刺し” と “梅肉” は想定内とはいえ…
なんと “ゆば天” まで仕掛けてくるとは…。
伊奈にあれども恐れ入谷の鬼子母神♪

蕎麦屋の天ぷらといえば、代表格はやはり海老でしょうか。その大きさや本数を競うような風潮には、少しも惹かれるものを感じないおやぢなれど、この “ゆば天” には仰天。
繊細なゆばのうまみを損なわない揚げ方もさることながら、なんといっても衣が軽やか、かつ、うまい!!
許されるものなら「ゆば天、お代わり〜!!」となること請け合い。
さらにそれを「霙ゆば天ぬき〜♪」などと頼んだが最後…
帰れなくなることを覚悟で呑まなければならなくなること必至!!

『放し飼い』は竹原の某モアイ酒だけでたくさん。

こんなアブナい蕎麦屋を 野放しにしちゃイカン!! (笑)

もりつゆ+豆乳なのにご主人にはこれでもまだ足りないと見え、またしても改造を加えに出かけるんですから。
あなたがもし呑兵衛ならば、くれぐれも…

呑めないときには行くな!! (笑)

此度のおやぢはど真ん中の直球で♪
■十割せいろ
“ゆば刺し” から出た豆乳をもり汁に…。
この宇宙の先にご主人の顔が♪

さいとうさん、どうもごちそうさまでした。
呑めなかったから “穴子の煮こごり” の写真は掲載いたしませぬ。;-p

蕎麦きり さいとう地図
 埼玉県北足立郡伊奈町小室9819-1
 Phone: 048-722-2725
 Open: 11:30〜20:00(平日は15:00〜17:00中休み)/月曜休み


上石神井酔夜譚

いつもは『ひとたび腰を落ち着けたら、そこでじっくり』を旨としておりますが、
久々の外飲みとお江戸の灯りに弾む足取りは、新宿だけで止まりませなんだ。
「明日早いから」「私も仕事だし」と冷めた娘たちが、帰れない二人を残して〜♪
そそくさと帰った後、向かった先は…
急行なら『高田馬場から二つ目』の上石神井♪

焼白子自家製豆腐

この日の “作-ZAKU-” さんはマスターと板前くりさんのレギュラーコンビ。
白子の塩焼きのうまさに「どうしたら?」「鮮度はもちろんですが、ていねいに掃除して洗い、水気をきちんと取るだけ」とくりさんから教わる。なるほど、あの『一に蒸し、二に蒸し、三に蒸し』という究極のフレーズどおり、どんなお酒も “蒸し” で決まるといわれますが、調理もまた “下拵え” がすべてなのですね。

ひこ孫いただいたお酒は…
■辨天娘 H17BY四番娘 純米 “玉栄65”
■辨天娘 H18BY九番娘 青ラベルにごり
■鷹勇 山廃純米50%火入原酒 H9BY
こともあろうにウチでは「呑むなっ!!」指令が出ているお酒ばかり。“作-ZAKU-” さんも大切に売ってくださっているお酒だけを狙い撃ちしたように減らしてしまって、誠に申し訳なく…。

それなのに「これ、一杯いかがですか?」と
■ひこ孫 純米吟醸 “小鳥のさえずり” (98.4詰)
まで出していただいて‥
相変わらずの『居心地の良さ』に呑兵衛おやぢはもうフニャフニャ。
マスター、くりさん、お世話になりました。ありがとうございました。

すっかりごちそうになってお店を出たら、目にはっきり見える大きさの雪が。
久しぶりのお江戸行。余計なものまで連れていってしまいましたかねぇ。X-)

燻、炙、酒。作-ZAKU-地図
 練馬区上石神井1丁目19-9 ハイツアドリバー101
 Phone: 03-3594-5909
 Open: 18:00〜03:00/無休


新宿酔夜譚

田舎者は車が手放せませぬゆえ、お江戸のど真ん中までも車でまいりまする。
常盤台→東中野→池袋とヘンテコなコースの後、不忍通りへ。
「へぇ〜、ここがあの “紅いよ!” の舞台なのね」
束の間の酒縁を紡いでからUターンして荻窪まで。思いの外、スムースな移動なれど…
車をあずけ、今度は久しぶりの丸ノ内線へ。

松の屋末廣亭の斜向かいまではその昔の定期便コースだったけれど、地下鉄では初めて。
「私は誰? ここはどこ?」
体内コンパスが狂ってしまい、逆方向に。X-)
あったぁ〜!!」。
おぉ、生るみさんだぁ〜♪ (笑)

席について程なく、カミさん・二番娘・三番娘が到着。ビールを飲みたいカミさんと二番娘は黒ビールで。
こちらはお初の “睡龍 涼” で…と思いきや、燗酒人気上昇中のお店ゆえ、「スミマセン、切れてます」。
然らば、“睡龍 生詰(ひやおろし)” で、お疲れ〜♪
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

香箱かに「あ、このお酒、おいしい」と三番娘。
「いいお燗ですな」とるみさんをヨイショ♪

「お腹空いている人?」というしーちゃんの問いに「はいっ!!」と全員の手が…。
あんたらは…どうしてそう『慎み』という言葉と無縁なの。
「今日までの “香箱がに” はぜひ。それと、裏で “寒鰤” も…」の誘い水に次から次へとオーダーを入れる欠食児童、というにはでかすぎる女たち。

そうこうしている間に、出張で出てきていたまっとうな『麦の酒(おやぢ命名)』を醸す蔵の営業くんも合流。炭火焼の鶏や野菜をアテに…
睡龍 生詰”・“生酛のどぶ”・“日置桜 八割搗き強力”・“日置桜 生酛山田錦原酒” がメビウスの輪のように延々と繰り返され…。あ、“竹鶴” も飲みましたっけ?

そして、そして…
何気なしに入り口を見やると、「あれぇ、良く似た人がいるもんだ」と感心していたら、向こうは向こうで中を覗いたらおやぢみたいなお客さんがいるけど「まさかねぇ!?」と思っていた、というサプライズな出会いが…。
「元気で」と出発ち前に挨拶ができたのも酒の神の思し召しでしょうか?

そして、その偶然を導いてくれた松の屋さんに感謝♪
たいへんごちそうになりました。ありがとうございました。m(__)m

創作和食の店 松の屋地図
 東京都新宿区新宿2-15-13 ナカエビルⅢ 1F
 Phone. 03-3351-3115
 Open :月〜木 :17:00〜24:00(LO22:45)
金・土・祝前:17:00〜02:00(LO24:45)/日・祝休み