重量級

Scene

実るほど頭を垂れる稲穂かな

なんて悠長に構えてはいられませぬ。
日中の湿った雪のおかげで竹がグニュ〜ッと。
まだひ弱な若竹ゆえ、このままじゃ雪の重みに耐えかねて折れてしまいまする。
あたふたと頭から雪まみれになっての雪落とし。X-)

まだ10cmほどでしたが、じっとしていると寒いだけなので、こんな時は身体を動かすに限ると、ついでに雪かきも…。
この冬はサラサラの雪が多いけれど、この重たい雪こそがこちらの常の雪。終わって中に入ったら汗が出てきました。
うぅ〜、ビール飲みた〜い!! (笑)


Scene■睡龍 速醸純米無濾過生原酒 H16BY
珍しや冷蔵庫に置かれていた開栓放置酒♪
冷やだとやはり若干の生臭を感じまするが、鍋を温めながらアチチ燗(60℃近辺)に。
「お、ウンマ〜い♪」
常温貯蔵と比べ、当然、熟成は遅くなるものの、熟成によるうまみと勘違いされ易い甘ダレもなく、流石にきれいですな。時間はかかりますけれど、やはり生酒は低温でゆっくりの方が、その酒本来の味わいを損なうことなく楽しめまする。

某書を鵜呑みにして、「生酒も常温熟成」と思い込んでいる諸姉諸兄、甘ダレとうまみは別物ですから、安直にもて映やすことなかれ!!
「えっ!? どれが甘ダレで、どれがうまみかって?」
それはまっとうな酒でベロの鍛錬をすれば分かりまする♪
これではあまりにも薄情なので…
いい造り手かいい売り手にお願いして、甘ダレサンプルを作ってもらいましょ。
その上で、同じ酒をきき(味わい)ながら教えてもらえばよろしいかと。

そのためにも、まっとうな縁をきちんと紡ぎましょうぞ。(笑)