大人の白酒 -2-

蔵人@天穏遅ればせながら指名手配♪
冗談はさておき、ようやく “純米にごり” 戦線に参加してくれたけれど、その陰には、人間の言葉が通じない蔵元と根気強く交渉してくれた彼の努力があったに違いない!!
今季入った北の国からの蔵人さんとともに、宇宙人との交渉に当たる特命大使。
さらなる新風を期待しておりますぞ♪

てな訳で、大人の白酒シリーズ第2弾は…

天穏裏貼り■天穏 純米にごり“五百万石” H19BY
三平さんも書かれているけど、おやぢは逆に上澄みの方に味を感じ、混ぜたら渋くなるように思いまする。
「なんだこりゃ、普通のにごりとあべこべ!?」

アチチ燗(60℃近辺)から冷ますと、案外飲めてしまうのは “五百万石” だからでしょうか。やや暴れますが、きれいさとキレを併せ持ちながら長崎杜氏の酒らしい品格もありますし、“初にごり” としては上出来の部類ですな。
ただし、ぬる燗(40℃近辺)まで冷めるとまた渋さが顔を出しますゆえ、一旦熱くしてから上燗(45℃近辺)〜熱燗(50℃近辺)で楽しまれたらよろしいかと。

欲をいえば…
にごり(醪)の量をもうちょっと多目に!!
さらにハイエナ的には…
来季のは改良雄町と7号酵母で!! (笑)

Foodsアテは、青梗菜・人参・パプリカのとろみ付炒め。ごちゃ混ぜの信号みたい。
鶏肉・豆腐・もやし・エノキダケ・シラタキの卵とじをたっぷり食べつつ、ハナイカ・大根・里芋の煮付けやぜんまいの煮染めも…と“天穏”に合いそうなアテばかり♪

白菜漬けを口直しに、300mlしかないサンプルがスル〜っと空いて…
これももっと多目に!! (爆)


■鯉川 純米吟醸 “出羽燦々” H16BY(?)
老父母の晩酌用のこれを定量盗み酒。これまたきれいでやさしい味わいですこと♪


いつ来るんかい? “京編” -1-

目印のりんご♪ちと間が空いてしまいましたが、前回のお店を後にして、いよいよ本命◎のお店へと向かいまする。
大丸の脇からそのまま四条通を横切り、薄暗い高倉通に入って程なく、左手の当世風居酒屋から洩れてくる灯りがやけに眩しく、その二階を見上げれば焼酎の有名銘柄の一升瓶がずらり。
「ふぅむ、京はまだまだ焼酎の勢いが?」
などと思いつつ、首を戻すと隣のビルに…
「おぉ〜、懐かしの6色林檎(*1)だぁ〜!!」

写真のAppleマークにうれしくなって、全面ガラス張りの居酒屋から見つめる酔客の視線を気にしつつ、カメラを構えるおやぢ。辛うじてこのショットをものにし、一二歩、歩を進めると…
「ここじゃない!?」とカミさん。


 
「わぁお、そうだ♪」
階上への上がり口の上にはしっかり頭に入れてきたビルの名が…。

それにしてもお店の看板のちっちゃいこと!!
初めて行かれる方は下手に探すより上の “りんご” を目印にした方が見つけやすいかも♪
あるいは…一際明るい当世風居酒屋の隣と憶えても。

入口ちっちゃな看板
【左】階段の上がり口と【右】看板の拡大版

店内に入ると、前以て「お邪魔します♪」とお伝えしてあったからか、すぐに気づいてくださったようで、カウンターの一番奥に案内されまする。
「ようやく来られました」と昨年秋、反故にした予約のお詫びから。
「来られたらお聞きしようと思って…」とカウンターにどど〜んと酒瓶が並べてくださいますが、どれもこれもレアなものばかりで、目をパチクリ。
取りあえずこれをいただきながら…

辨天娘■辨天娘 H14BY仕込ロ号 純米吟醸“五百万石”
まさか復活なった年の “辨天娘” に会えるとは…。
よぉ〜く練れて、実に穏やかな味わい。
しかし、中島杜氏って、酒造りは素人だったはずなのに、初年度からこんな酒を造るなんて、やはり只者じゃありませんな。

仄暗い店内でまさにアテと呼ぶに相応しい質と量の肴をつまみながら、ご主人と酒談義やきき酒を繰り返していたら、おやぢが訪れることを聞きつけた地元の呑兵衛氏がお二人でご来店。当然のことながらますます酒談義に花が咲いて、さぞや煩かったことでしょう。(汗)

最初の一枚以外はピンボケのため、大きな画像がありませぬ。X-)
鯖の “へしこ” と “里芋”。器も素敵でしょ? 🙂

へしこ里芋

こちらは “煮やっこ” と〆にいただいた “辛味蕎麦”。

煮奴辛味蕎麦

キュッと締められた蕎麦もさることながら、このもり汁のなんとうまいこと。
某お蕎麦屋さんが誉めるだけあって、キリリ、かつ鮮烈なうまさ。
こんな汁は実に久しぶりでしたから、つい啜ってしまいましたが…
この汁だけで酒が呑めそう。(笑)

ご主人が厨房に入っている間もさり気なく気配りをしてくださった奥様も愛らしいし、居心地の良さはまさに『京の隠処』といえますな。
高橋さん、そして奥様、たいへんお世話になりました。ごちそうさまでした。

■たかはし

    京都市下京区高倉通四条下ル 京阪ビル2F
    Open: 18:30〜24:00(LO)/毎月曜・第3日曜休み

【つづく】
 


 
Apple Logo*1:6色林檎 ろくしょくりんご
古のApple社のトレード・マーク。
虹同様の7色と勘違いしている人もいるようだけど、ごらんのように6色が正解。
もっと詳しくは、こちらを。;-p



大人の白酒 -1-

いつもながら引越しはしんどいですが、今回は割とスムースに終えた方かも。
都心へ出るのにやや手間取るとはいえ、さすが埼玉の外れ、一方通行になってもおかしくない道路の狭さには閉口しますが、スーパーの駐車場は当たり前のようにゲートなしの無料で駐め放題。こちらから260km弱、とやや近くなりましたし…。:-)

と舞い戻れば、弥生も3日。世間一般では “桃の節句”・“雛祭” とされておりまするが、昔ながらの “上巳(じょうし)の節供” という呼び名も。
なれど、“延喜式” の時代まで遡ると「煖酒料炭一斛(と)」が支給されなくなる日であり、秋の “重陽(ちょうよう)の節供” までは否応なしに冷や酒となる日でもありましたから、燗酒呑みにとっては忌み嫌うべき日でもありますな。(笑)

二年前にもこう書いておりましたが、季節の移ろいと呑む酒は別物♪
懐かしい童謡でも思い出しながら…

白酒というからには「また“どぶ”か」と思ったあなた、残念!! (笑)
ようやくお目見えしたこれ。しかもサンプルまでいただいたとあっては…
呑むしかないでしょ!?!?
てな訳で、大人の白酒シリーズ第1弾♪

某酒■X H19BY
メーリング・リストのメンバーなら、お分かりですよね?
やっと純米ヴァージョンが出たあれです♪

まずは冷やジュル。若いメロンを思わせる含み香。もっと渋いかと思いきや、そこそこにうまみもあり、スウッと切れる後味。わずかに炭酸ガスのチリチリ感も。

飛び切り燗(55℃近辺)以下に留めるつもりがいきなりアチチ燗(60℃近辺)にしてしまったら…
「シュワシュワシュワシュワシュワ♪」
徳利に耳をつけるまでもなく、醪の囁きか、という音が聞こえてきまする。ベロで感じた以上に炭酸ガスが多く含まれていたようですが、肝心のお味の方といえば…

「わぁお、しっかり燗上がり♪ ウンマ〜い!!」
これですよ、これ。この酸が欲しかったの。イヤな生臭もなく、いきなり呑めるなんて、うれしい誤算。しかもさすが50%純米、後味のきれいなこと。危うくカミさんに見せない内にペロッと呑みあげてしまうところ。これはもう、ここのファンならずとも…
「呑んでみなはれ!!」(笑)

「こんなことなら…もっともらえば良かった」
はひなの祭り、じゃない、後の祭。悲しいくらいに少ないから、争奪必至!?
「これで来年は、ホントの “にごり” を出さなければならなくなりましたな」
と早速に電話しなければ。

ちなみに…残念 “どぶ” の19BY初号は、今日届くはず♪


初クラッシュ!!

三番娘が引っ越すというので、月初にも拘わらず休みをいただき、お江戸へ。
今までも某区内川越街道の近くでしたが、引越し先はそれをさらに下った終点の手前。
おかげで川越街道を環七まで何往復したことやら…。トドメは環六の中落合から青梅街道経由でのUターン。もうナビなしでも十分ってなくらい駆けづり回されました。X-)

Sceneそのドタバタがはじまろうとする矢先、一本の転送電話が…。
着信の番号を見れば、ネコ便の新潟サービスセンター。
「はて、センターが何の用?」と電話に出ると…
「すみません、昨日お預かりした○○様宛のお荷物なんですが、事故がありまして1本割ってしまいました」
「なに〜〜〜!?!?!?」
時計を見やれば、10時40分。
「いつの話?」
「昨夜のセンターでの作業中に誤って…」
「だったら、どうして朝イチで知らせないの!?」
「たいへん遅くなりまして申し訳ございません」
「今日着くように、と指定されたのに今頃か!?」
いくら怒鳴ったところで荷物はまだ新潟、そして割れたお酒は覆水盆に返らず。選りに選って出先では、代品の対応も後手後手になってしまいまする。

お申し越しどおりにお届けできなかったことは、ネコ便の不始末だけではすまされませぬが、不幸中の幸いは割れたのが手持ちがまだあったお酒だったこと。
本日、辛うじて残っていた6本の内から代品をお送りいたしましたので、なにとぞご寛恕のほどを。そして、これに懲りず、今後ともお引き立てを賜りますように。

それにしても、ネコ便に切り替えて初めての事故のお届け先がこちらとは…。(汗)