大人の白酒 -4-

昨日「よ〜い、ドン!!」をかけたおチャケ、いくら温かくなったとはいえ、
まだ「風呂上がりに中ジョッキでゴクゴク♪」というわけにはいきませぬが…
例年以上のアブナイ酒に仕上がっておりまする。
例によって………

飲み過ぎ注意!!

てな訳で、大人の白酒シリーズ第4弾♪
 


 
二年ぶりに原料米が五百万石に戻った今季の “鉄人”。
到着までに紆余曲折があったおかげで、待ちくたびれた首が轆轤(ろくろ)首のように、ニョロ〜ッと伸びてしまいましたよ。(笑)

鯉川■鯉川 純米吟醸“鉄人うすにごり” H19BY
さっそく冷やジュル♪
裏貼りに記されたアミノ酸度の低さが気になっていたものの、それよりも “+3″ という日本酒度とはとても思えぬメーターの切れを感じますし、瓶燗なのに生酒の炭酸ガスを思わせるチリチリ感も。

いきなり飛び切り燗(55℃近辺)を超させてしまいましたが、さらにチリチリとベロに当たる酸やキレが増しまする。
従来の “鯉川” は『やさしい』という言葉が似合う酒でしたが、若手主体の19BYはそれにシャープさが加わったようです。

アテは、鶏つみれと野菜のトマト煮。青臭さと酸っぱさが際立つ昔ながらのトマトが好みなれど、使われていた甘みのあるトマトと“鉄人”がピッタリの相性。
ブロッコリーにもトマト煮をからめて、“鉄人” グビグビ♪
かと思えば、カボチャと挽肉の煮物のカボチャの甘みともOK。
総酸度 “1.7” にはお蔵元のふくよかなお腹同様、楽しい酸がたっぷり!? (笑)

「あたしも飲みた〜い!!」と遅れて帰ってきたカミさんにいわれりゃ、
「ダメッ!!」という答えはハナっからなきものと…。X-)

そして、烏賊とカリフラワーの炒飯さえもアテに代えてしまうなんて…
昔日、歩行しかできなかった“鉄人”がロケットを装着して空も飛べるようになった、あのヴァージョンアップを思い出させてくれまする。
しかもトマトとの相性の良さを知ってしまったからには…
これはもうアルケッチャーノへの道を辿らずにはまいりますまい。
おかげでカミさんともどもグビグビ全開。あっという間に残り四合。orz

ことりさ〜ん!!
「夏には…」と仰らずになるべく早い機会にアッシーさせてくだされ♪ (爆)