ネタにされた日

外八文字 三千世界の烏を殺し
    ぬしと朝寝がしてみたい

この都々逸、高杉晋作が作ったそうですが、当地には郭の華、“花魁(おいらん)” を主役とするまつりがありまする。
下は保育園児から上は昔のおネエさんまでも巻き込んで、白昼堂々、遊女の行列をウリにするのですから、お堅い筋からすれば顰蹙ものでしょうが、今年は4月20日(日)に催されるその『おいらん道中』に託けて、鄙の町に取材が…

記事「またどこかの建築屋さんかな」と思いつつ酒の話をあれこれして“どぶ”を売りつけたら、ようやく名刺が出てきました。
「あら、“月刊にいがた(*1)”さんでしたか」

「4月号の“町歩き”コーナーで分水を取り上げるのですが、載せさせてもらえませんか?」
「え〜っ!? ウチ、万人向きじゃないから」
「それに貧乏だから広告料も払えないよ」
「お金をもらうための記事じゃないんです」
・・・・・がありまして
「じゃあ、オレを載せないってことで」
「あらためてカメラマンを連れてお邪魔します」
となった次第。


町グラフ届いた掲載誌を見て…
「こんなにきれいじゃないのに」(笑)

記者の目にはこんな風(→)に写った我が鄙。
タウン誌も地元ネタはほぼ出尽くしたのか、とうとうこんな田舎町まで…と思いつつ、地元民なら埋没させてしまっている日常が他人様の目に写る様を「へぇ〜」と眺めておりましたとさ。

よろしければ、4月号を手に取って…
とちと掩護射撃を♪

*1:月刊にいがた
  掲載誌の正式名称は、“月刊にいがたタウン情報”。