セリ・ウド・コゴミ

そして、タケノコに近々ワラビも。
ありがたいいただきものが次々にやってまいりまするが、もちろん栽培されたものではなく、どれも天然もの。野生ならではの香り・エグ味の強さが堪りませぬ。
山の幸をアテに晩酌できる喜びを噛みしめつつ…
 
竹鶴■竹鶴 雄町純米にごり原酒 H17BY
猛々しいほどの酸を感じさせた16BYと比較すると、まだまだ大人しく感じますな。その証拠に上澄みだけでは…
「渋〜っ!!」(笑)

開け立てですから致し方ないところもあれど…
「いつまで待ったら…」と思案している間にあの常套句
「もうなくなりました!!」ってことになるのでしょうか。

取りあえず “竹鶴” らしく煮てみますが、すんなり飲めてしまい、野獣を調教する悦楽はおあずけ。
常温貯蔵なのに、まったく焦れったいこと。(苦笑)

アテは、セリの煮物。セリの香りが酒をすすめまする。
蛸の煮物には、先日同様、子がたっぷり。これだけでもグビグビ回転上昇♪
ギョーザや豚肉の炒め物と春キャベツをたっぷりムシャムシャしていたら…
「あれ〜、もうお終い!?」
まだ薄目を開けたばかりの酒をいきなり減らすのは勿体ないですから

■日置桜 純米 “玉栄60%” -7号酵母- H18BY
こちらは今もっとも定番にしたい酒No.1の“日置桜”。
定量に満たないものの…今こそわかれめ、いざさらば♪
とばかりに空いてしまいました。早っ!!


飲むごはん -新年度産-

生酛のどぶH19BYの火入れ“どぶ”♪
左から…

  • 仕込14号+13
  • 仕込15号+13.5
  • 仕込16号+13.5
  • 仕込17号+10
  • 仕込18号+9

はてさて、今年はどれにしましょうか。
去年よりメーターは抑えられ、ほぼ17BY並みとなっておりまするが…
きき酒ではなく、あくまでも飲み手として選ばせてもらいます!! (マジ)


試飲用私物化

試飲用に栓を開けて、少し、あるいはかなり飲まれた後、端瓶となったまま放って置かれている、いわゆる開栓放置酒が数多ありまする。時折思い出しては味見すると・・・
「わぁお!!」「あらま!?」「へぇ〜!?」「うげぇ!!」「ダメだこりゃ…orz」
当然、すべてが意に適うはずもないのですが、今宵は…

Read More


曲者じゃ!!

タイトルとは裏腹に話はストレート♪

先日…

    ブレンドするんで調べていたら、瓶貯の原酒に面白いのがあったんですよ。
    とっても○○○○(答は後ほど♪)なんです。
    これをベースにするつもりなんですが、ご入り用ならその分だけ除けます。
    残りは割水してブレンドしてしまいますから、一回こっきりですけど…。

とまたもや悪魔の囁きが…。

くぅわぁ〜、カネがなくて酒だけでは足りず、身も売るか(売れるのか?)!?
という貧困酒屋に天使はいないのでせうか……。

暖気入れ■睡龍 速醸純米瓶燗原酒 H17BY
早速、冷やジュル。
「あれぇ〜、“睡龍” 臭くない!?」
しかも、原酒にありがちな鈍重さは微塵もなく、スルスルと喉を通り、ストンと腹に収まりまする。後のキレも申し分なし。
「なにこれ!?」はひたすらウンマい。(笑)

アチチに燗をつければ…
もちろんさらにうまみは増すものの、スルスル・ストン・スパ〜ッ、青竹(ヒント♪)を思わせる潔さはそのまま。

となれば、もう、グビグビ・パクパクでしょ!?
アテは、蛸の和風マリネ。ノンオイルで針生姜とともに漬けられていますが、小さな蛸ですから足は丸ごと一本、そのまま。弾力がすごく、噛む度に弾けるかのよう。
かつ、「おぉ〜、これは!?」の子持ちでしたから、子が口の中でまったり♪

ヤバい、蛸も酒も止まりませぬ!!
当然のように、お代わり〜♪

今度は、豚肉・茄子・ピーマン・エリンギのオイスターソース炒め。
この “睡龍” 、中華の濃い味付けもしっかり受けとめますが、力任せの真っ向から対峙…ではなく、雪の重みに耐えながらもいつの間にかはね返している竹を思わせる強さ。
小森谷嬢が『しなやか(答♪)』といいたくなるのも無理ないことと実感。
「いやぁ〜、こちらも止まりませぬぞ」と独りグビ♪

しかし、いくらしなやかでも…やはり『原酒は原酒』
であることを今朝、思い知りました。(爆)

飲み過ぎたのは自己責任なれど、「敵ながら天晴!!」のとんだ曲者。
これは割水などせず、ぜひ生(き)のままで味わってくだされ。
ただし、ごく僅かな数量ゆえ、各々方、出合い召され〜い♪ (笑)


冷やでもいける

すっかり初夏の陽気となった昨日、1時間ほど南まで出かけた道中では、ほとんどの田圃で“田打ち”が終り、早いところではもう水が張られていました。
間もなくゴールデンウイーク、そして田植え。
といえばやはり・・・
は〜るは さなえの 季節です♪

てな訳で…探したら見つかりました!! →YouTube CM集

Scene雨のおかげで少し涼しくなりましたけれど、葉が伸びきった紅垂れの陰にこんな珍客が…。
雨蛙でも雨宿りするんでしょうか?

■日置桜 純米 “玉栄60%” -7号酵母- H18BY
開栓10日で早くも終りが見えるのですから、如何に回転が早いかお分かりでしょ!?
冷やで、7号酵母ならではの心地良い香味に「このまま冷やでいいや」と思ってしまったほど。
となると…
ブログは “冷や酒おやぢの隠処” に改称、ドメインは “hiyazake.com” に変更か!?

なんてこと、あるはずがありませぬ。思った以上に熱くつけてしまった燗をすすれば…
やはり日本酒の王道は燗酒にあり♪

例のギョーザ事件以来、久々のギョーザをアテに “日置桜” をグビグビ♪
この値段でこの味わい。ホント、家飲みばかりか外飲みでも、これ一本で通せてしまう定番酒中の定番酒。飲み屋さんなら、こういう酒を基本にしてほしいところ。
ちなみにタレは、酢醤油+ “生かんずり” ♪

付け合わせのネギ焼や青菜の煮物をつつきながら、ツル〜ッと定量がお終い♪

さて、憐れなるかな、今日からゴールデンウイーク明けまで・・・
休みはオアズケです。orz


大人の白酒 -6-

昨夜の “おせん”、ご覧になりました?
蒼井優はそれなりにかわいいものの、キャスティングといい、脚本といい、あまりにもお粗末で、原作の面白みがちっとも生かされていません。呆れて途中で見るのを止めてしまいました。
最近のドラマがつまらないのは、いい脚本家がいない所為でしょうか。
原作のセリフを借りれば…見なければ良かった。orz

さてさて、大人の白酒シリーズで唯一遅れていたこれがやっとお目見え♪
今季の真打ちは…

Foos■清酒竹鶴 純米にごり酒 H19BY
上澄みは開け立てということもあって、まだまだ渋〜く、苦(にが)を感じますが、よぉ〜く混ぜてしまうと思いの外にうまみもあります。
これが “にごり” の魅力ですな。

いつもどおりアチチ燗(60℃近辺)にすれば、もうウマウマ。今年もいい出来ですぞ♪

アテは、鰹の刺身。酢醤油と生姜でいただきましたが、いちいち箸で細かくしてから食べる癖は貧乏たらしくていけませぬ。
筍・里芋・インゲン・シメジの煮物やサラダも食べつつ、当然のように…
お代わり〜♪ (笑)

19BYはやってきましたが、古物好きの諸姉諸兄のために18BYももう少々。
いっそ飲み比べてみます?


おこぼれ♪

毎年この時期はお互いに関わっている催しのため、週末だというのにカミさんと互い違いに留守になりまする。少しだけ違うのは…

疲れと薄っ辛い酒にやられて、帰るなり沈没するおやぢ。
おばさんパワーで好みの酒を用意することに成功し、深夜までご機嫌なカミさん。

その差はますます広がるばかりの様子。orz

せっかくカミさんが出るイベントがありながら、夜でもなければ観に行くことも叶いませぬゆえ、写真は夏祭りの時のです。
和太鼓これの慰労会に「冷たいのと、冷やと燗、どっちでもいけるのを1本ずつ用意して」と持っていった酒が、翌朝、片付けに行ったら「少し残っていたよ」と持ち帰ってくれたので、おこぼれに与ることに♪

■鯉川 特別純米酒 H18BY
「うひゃ〜、なにこれ!?!?」
ただでさえタダ酒はうまいのに、黙って飲まされたら「純米吟醸はうまい!!」と思うに違いない、練れたうまみと品の良い吟醸香、そして後味のきれいさ。
「これだとみんな飲むのよね」との言葉どおり、一升瓶の底にわずか2cmほど残った酒の冷やジュルだけでもオドロキ・モモノキ・サンショノキなのに、燗をつけたら…もう頬っぺたが落ちまする。(笑)

ただし、お決まりのように蔵出しは既に19BYに替わっていますけどね。
1年待つ甲斐のある酒ですから、どうぞ慌てず騒がず、じっくりと♪
ワシントンDCから戻られる頃からが飲み頃ですよ。 >まき子さん

アテは、ニギスの煮付。かなり大きい上に丸々太っているし、良く見るとお腹から白子が覗いているではありませんか。これは堪りませんな。うんま〜い♪
チビッとだけ残っていた “鯉川” があっという間に空いて…

■秋鹿 純米“山田錦80%精米”無濾過生原酒 H15BY
「冷たいのを…」で持たせた酒なれど、我が家では当然、燗かぁ〜ん♪
ちょっと熱くしすぎたら生臭が出てしまいましたが、温度が下がるとともに気にならなくなり、“秋鹿” らしい、うまみを感じさせながらも後の切れは軽やか、という酒に。

筍・椎茸・高野豆腐の煮物。筍のシャクシャクした歯触りと出汁を吸い込んだ高野豆腐がうんま〜い。子供の頃は嫌いで丸呑みしていた椎茸も、今ではいいアテ♪
蕗のピリ辛きんぴらにも春の香りを感じつつ、ジャガイモのサラダをむしゃむしゃ。

天気予報を見ていたら、当地の「最高気温は19℃から22℃に」と。
へぇ〜、北海道でも20℃超!? いきなり初夏かいな。
年寄りには急な暑さは堪えるのよね。