セリ・ウド・コゴミ

そして、タケノコに近々ワラビも。
ありがたいいただきものが次々にやってまいりまするが、もちろん栽培されたものではなく、どれも天然もの。野生ならではの香り・エグ味の強さが堪りませぬ。
山の幸をアテに晩酌できる喜びを噛みしめつつ…
 
竹鶴■竹鶴 雄町純米にごり原酒 H17BY
猛々しいほどの酸を感じさせた16BYと比較すると、まだまだ大人しく感じますな。その証拠に上澄みだけでは…
「渋〜っ!!」(笑)

開け立てですから致し方ないところもあれど…
「いつまで待ったら…」と思案している間にあの常套句
「もうなくなりました!!」ってことになるのでしょうか。

取りあえず “竹鶴” らしく煮てみますが、すんなり飲めてしまい、野獣を調教する悦楽はおあずけ。
常温貯蔵なのに、まったく焦れったいこと。(苦笑)

アテは、セリの煮物。セリの香りが酒をすすめまする。
蛸の煮物には、先日同様、子がたっぷり。これだけでもグビグビ回転上昇♪
ギョーザや豚肉の炒め物と春キャベツをたっぷりムシャムシャしていたら…
「あれ〜、もうお終い!?」
まだ薄目を開けたばかりの酒をいきなり減らすのは勿体ないですから

■日置桜 純米 “玉栄60%” -7号酵母- H18BY
こちらは今もっとも定番にしたい酒No.1の“日置桜”。
定量に満たないものの…今こそわかれめ、いざさらば♪
とばかりに空いてしまいました。早っ!!