個人非商用なら無料

xfy
謳い文句に惹かれたものの、拙ブログシステムは対象外。orz

もし以下のブログシステムをお使いなら、試してみてもいいかも。

  • ココログ
  • Seesaaブログ
  • FC2ブログ
  • ブログ人
  • ヤプログ!
  • JUGEM
  • ドリコムブログ
  • アメーバブログ
  • livedoorブログ
  • ジャストシステムブログ
  • TypePad
  • WordPress/WordPress.com
  • Movable Type 4.0x/3.17x/3.2x/3.3x
  • Movable Type 4.1x
  • 詳しくは、JUSTSYSTEMSのサイト→【動作環境/製品構成】で。


    飲むこと即ち応援さ

    拙ブログ、ようやく “オススメ” や “リンク” を整備しましたから、ほぼ一ヶ月ぶりに復旧したとはいえ、あれこれ詰め込んでちと煩くなりすぎたかも。(苦笑)

    さて、遅ればせながら6月14日(土)の “岩手・宮城内陸地震” では、杜の都の燗主さんや呑兵衛ご夫妻はご無事だったようで胸を撫で下ろしておりましたが、宮城県北部の蔵元は少なからない損害を被ったようです。
    “綿屋” を醸す金の井酒造さんも「貯蔵在庫に被害はなかった」とお知らせいただいたものの、あの山がなくなった画像を見るにつけ心配していたのは仕込水のこと。栗原市のサイトによれば旧一迫(いちはさま)町地域に大きな被害はなさそうですが、初めて伺った時に蔵元が「まず水を見てください」とご案内いただいた “不動の滝” 上流の水源が無事でありますように。

    綿屋■綿屋 特別純米“特別栽培米ひとめぼれ” H19BY
    今年の新酒、しかも火入酒ですし、原料米の “ひとめぼれ” は酒造好適米ではありませんから、「すっきりスイスイか」と期待はしていなかったのですが…
    これがなんと、トロトロり〜♪
    “綿屋” らしいふくよかな酸もあり、燗をつけるとさらに幅味がふくらみます。冷しトマトなんぞと合わせたら、トマトが甘く感じられるようになって、箸が止まりませぬ。

    地元宮城ならきっと冷やでグビグビやられてしまいそうですが、熱燗(50℃近辺)超から冷まして夏野菜をたんまり摂りたい気分にさせてもらいましょ。
    “綿屋” のみならず被災されたお蔵へのお見舞いとその復興のために、一人一本!!
    これ、ノルマ♪ (笑)

    ただし、あくまでも新酒ですから、冷まし過ぎと放ったらかしは禁物。
    せっせと飲んで、せっせと空けませう。(笑)


    お久しぶり♪

    二年半ぶりにお越しくださった酒友、マック次郎さん。
    いつの間にかこちらのお蔵の名刺を携えての営業職に…。
    「どうしてまた難儀な稼業に?」
    前職をうっちゃってお百姓さんに転身されたくらいですから、信念を貫く方であることは存じあげておりましたが、選りに選って薄酒の地に営業をかけるとは…。
    他の蔵元さんなら目を回してしまわれるのでは? (笑)

    せっかくの機会ですからバリエーションに富んだサンプル13種を怒濤のきき酒♪
    初めてのお酒とはいえ、マック次郎さんも立場が変わられたことですし、それを受けての仕事としてのきき酒ですから、気になるもの、面白いものはもちろん、不満なものも遠慮容赦なく感想を。変人のベロですから役に立たないでしょうけどね。(苦笑)

    さて、これにてお互いの仕事は終り。ということは…

    Foods気になったサンプル3種とマック次郎さんのリクエストで “鉄人にごり” を持ち込んで、酒友としてのおつきあいに♪

    休日なのに昼ビールを我慢していましたから、まずは冷え冷えのヱビス樽生で…
    ( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

    次いでサンプル3種を…
    「あのぉ〜、これお燗してください」

    Foods 2Foods 3

    「あらま、これ冷やだと良かったのに、甘が出てきちゃった」
    「冷やの時はバラバラだったけど、これ結構飲めるようになっちゃった」
    「食中酒としての古酒ならこれくらいがいいよね」
    と相変らず好き勝手言い放題♪ (笑)

    Foods 4Foods 5

    右の“鮎の風干し”が出てきたところでマック次郎さんがおもむろに一言。
    「それ、さっきダメだった○○と合わせてみてください」
    「どれどれ…。おぉ〜、鮎の苦みが味を締めてくれて、うまいっ!!」
    「でしょ!? やっぱ○○は山のモノと良く合いますよね」
    さすが、お蔵のサイトで燗酒コラムを担当しているマック次郎さんならではの洞察力♪

    Food 6Foods 7

    といいつつ、お酒の方は “鉄人にごり” が「どんどん、お代わり〜!!」
    見る見る減ってくて〜つじん、28号♪ (笑)

    最後にカマスご飯と味噌汁、お新香をいただいて、楽しい宴はお開き。
    「今度は大阪で…」とお誘いをいただいたので、夜逃げしなければいずれ。(笑)


    どぶ見参

    みなとぴああの “生酛のどぶ” の元締め、久保本家酒造(奈良県)の久保社長が二年ぶりにお越しくださるというので「せっかくですから柳都の夜に “(睡)龍” の雄叫びを」に先立って、「初めてなんですよ」という久保社長を、移築された歴史的な建物や本館脇の“四間堀”などで古の新潟を彷彿していただこうと、“みなとぴあ(新潟市歴史博物館)” へご案内しました。
    もう10日早ければ、こんな催しもやっていたとはいえ、お蔵にとって得るものは…。(汗)


    さて、夜。宿から這っても行ける場所なれど、古町から鍋茶屋通りをぐるりと回って、しばし夜の柳都の雰囲気を感じていただいた後は…当地で “まっとうな燗酒” を求めるなら、やはりここでしょう。
    新堀通りの夜から蕎麦屋、“そばきり酒房 吟” さん。

    「ビールにしますか?」「いいえ、燗酒で」とさすが元締め。
    地元組が1名加わったところで…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
    ■睡龍 速醸純米瓶燗 H15BY
    皮切りはまだ持っていたこれで♪

    いなだのなめろうイサキの刺身
    【左】イナダのなめろう 【右】イサキの刺身

    「こんばんわ〜」とまっとうな燗酒も飲めるカフェ、“marilou” さんご夫妻が…。
    もう一度あらためて…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
    ■生酛のどぶ H17BY仕込19号+13.5
    ようやく柳都に “どぶ” が炸裂!! (汗)

    佐渡産岩牡蛎ミル貝・かきのもと(食用菊)・アスパラのぬた
    【左】佐渡産岩牡蛎 【右】ミル貝・かきのもと(食用菊)・アスパラのぬた

    お酒の話や蔵の話、“marilou” さんのマクロビオティックの話などを伺いながらも、グビグビモードは一向にペースが落ちませぬ。“睡龍” と “どぶ” の二升がペロッと空いて…。

    蚕豆出汁巻き
    【左】食べ残しを辛うじての空豆 【右】同じく最後の一切れ、出汁巻き

    他にも栃尾の油揚げステーキやお新香も食べていたはずですけど、“群馬泉” や “竹鶴”、“ひこ孫” も追加して、優に三升は超えたはずですから、写真なんか撮っていられませぬ。
    仕上げに “吟” さん自慢の十割蕎麦をいただいて…お開き〜♪

    遅くまでおつきあいいただいた元締め、“marilou” さんご夫妻、地元の某氏、そしてお世話になった “吟” の畔上さん、楽しい夜をありがとうございました。
    また柳都の夜をまっとうな燗酒で染めましょうぞ♪ (笑)

    ■そばきり酒房 “吟”
     新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
     phone: 025-224-7181
     18:00〜26:30(02:30) 日曜・祝日休み


    林檎のような窓

    予告通りWindowsのMac化を♪

    Startup

    Parallels Desktop 3.0 For Mac” からWindows XPを起動するも…
    あれれれぇ〜、なにゆえ林檎が!? 確信犯♪

    Desktop
    ログイン後のデスクトップにはMac OS Xユーザならおなじみの…
    システム環境設定Dockが!!

    さすがにそっくりとまではまいりませぬが、かなりWindows色が抜けましたな。
    Leopard用のテーマに変えれば、もっとらしくなるかも♪


    梅雨入りしたものの

    岩手・宮城内陸地震“の被災地や九州など大雨の被害に遭われている方々には申し訳ないけれど、梅雨入りしたというものの少しも雨の降らない空を恨めしく見上げておりまする。

    辨天娘■辨天娘 H17BY八番娘 純米にごり“五百万石・玉栄”
    これ、すっかり忘れておりました。(汗)
    冷やジュルであっさりとした瓜系の含み香。ジメジメする陽気の中、実に清々しい風が吹き抜けるかのようでありまする。
    飛び切り燗(55℃近辺)から冷ませばもう言葉は不要。イヤなことはすべて忘れ、しばし若桜の娘を愛でませう。

    アテは、鰹のヅケ。生姜の利いた漬けダレに馴染ませた鰹がまたさっぱりとして、端っからグビグビモード突入♪
    夏野菜の冷たいラタトゥイユ。味付けに醤油も少々使われておりますが、全体的には洋風の味わい。トロトロの茄子やトマト、玉ねぎに箸が進むこと。
    生ハムとレタス・トマトのサラダ。昔ながらの酸っぱくて青臭いトマトが懐かしいけれど、今様の甘いトマトも悪くはありませぬな。
    ほうれん草のお浸しや白菜の漬け物など、野菜をたっぷり摂りつつ…
    「お嬢ちゃん、お代わり〜♪」 (笑)

    写真のホワイトバランスが狂っていたので白黒にしてしまいましたが、
    このテンプレートだと遺影のようですね。(苦笑)


    呉越同舟?

    Windows on Mac
    Parallels Desktop 3.0 For Mac” を入れ、並べて使っていたWindowsマシンの環境をようやく移築終了。これでiMac 1台ですべて事足りまする。
    今はまだ普通にWindows XPの起動画面ですが、間もなくこれが「MacOS X!?」に♪

    また、今までのiMacは「如何にも液晶」という画だったのですが、新しいiMacは最近の薄型TVで見るハイビジョン放送を思わせる鮮やかな画像。今まで気づかなかった微妙なコントラストもはっきり、くっきり。とはいえ、裏を返せばアラも目立つ訳でして…往年の

    を思い出してしまいました。(笑)


    越の国巡り -其之漆-

    “其之漆” は、「無事の帰還、お疲れさ〜ん♪」の “裏ここ飲み屋かい?” 編。:-)

    刺身盛合せICを下りるとやおら電話を取り出すK兄。
    「オレだけど、今ICを下りたから○時くらいに」
    これだけで通じる相棒ホットライン♪

    帰って旅の荷をほどけば、先ほどのホットラインのお相手、いつもの仕出し屋さんのお刺身と盛合せで、『反省会』という名の “裏ここ飲み屋かい?” 本拠地の宴のはじまり。お疲れさ〜ん!!
    ( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!


    オードブル■睡龍 速醸純米原酒 H17BY
    前夜のストレス払拭に選んだど真ん中のストレートを飛び切り燗(55℃近辺)を超させれば…「ふぅ〜」と溜め息の一つも出ようというもの。

    後はもう…いつもどおりアハハ、ワハハ♪
    と長旅の疲れも忘れて旅の思い出話に花が咲き…
    早くも来年の悪巧み先さえピックアップされているではありませぬか。
    ちと気が早過ぎません? (笑)

    【しつこくつづく♪】


    越の国巡り -其之陸-

    “其之陸” は、「さて、そろそろ参りましょうか」の “帰路” 編。:-)

    九頭竜湖駅“おおの” の街を後に越前から美濃に抜けるR158を九頭竜川の上流へと向かいまする。
    ここはJR越美北線(通称:九頭竜線)の終着駅、“九頭竜湖駅” 。

    折しも福井行のワンマン運行、一両編成のディーゼルカーが発車を待っておりましたので、俄テッちゃんを装い、ホームや線路敷へ入れてもらって撮影。
    架線のない線路は久しぶり♪ 🙂

    道の駅 九頭竜隣接する “道の駅 九頭竜” には恐竜の化石で沸く福井らしく、こんなものが♪

    右の写真をクリックすると動画にリンクしますが、
    回線のスピードによってはちと重いかも。m(__)m

    せっかくだから “県立恐竜博物館” へも行けば良かったでしょうか。

    【下】
    ロックフィル式の “九頭竜ダム” ダム湖の広いこと!!

    九頭竜ダム九頭竜ダム

    冷しとろとうどんこの日のお昼は…高山の外れで食べた“うどん”。
    冷しとろろうどん大盛り♪
    真っ黒な色の割にはしょっぱくありませぬ。でも、麺の量が半端じゃない!!
    腰もあって、なかなかおいしいうどんではありましたが…もう一度、正調 “越前そば” を食べたかったぁ〜。

    「えぇ〜っ、こんなに安くていいの!?」
    というバカ安のガソリンを車にもたっぷり食べさせて…飛騨から越の “中の国” へ抜け、富山ICから北陸道を直走りまする。

    【つづく】