悪い予感ほど当たるもの

涼しいのを通り越していきなり肌寒い気温になったというのに、未だ半袖。
夜、雨のそぼ降る外へ出れば軽い鳥肌さえ立ってきます。
こんな日はおでんか鍋をアテにアチチ燗を♪ と発掘した酒を手にして戻れば…
「さすがにもう冷しゃぶはないだろう」という裏目の方が大当たり〜!!
ば、ばあさん、これはイジメか。orz

竹鶴■竹鶴 雄町純米にごり H15BY
まるで戦場で傷ついた傷病兵のような姿なれど、中身はビクともしておりませぬ。一口飲んで…

すっぱぁ〜!!

と同時にこの唄のあのフレーズが♪ (笑)
本家のがないのでこちらでも。→憂歌団 on YouTube

早速アチチに煮て、冒頭の冷しゃぶと合わせますが…山葵醤油でははっきりいって物足りませぬ。ゴマだれはないし、作るのも面倒。ならば…
とんかつソースをたっぷりかけたトンカツを♪
これこれ、これでいいのだぁ〜。(笑)
さすが竹鶴で最もぶっとんでいる酸度の雄町純米。しかもそのにごりですから、とんかつソースの濃厚な味や衣の油もなんのその。
竹鶴色のにごりを酌みながら「肉…もっと肉を〜!!」ってなもの。

油揚げに包んで煮られたさつま揚げやシメジにレンコン。
茄子とピーマンの中華風炒め物。冷しゃぶの付け合わせ、トマト・グリーンアスパラ・キャベツなど、野菜もたっぷり補給して、ようやく人心地がつきましたぞ。

珍しく冷蔵庫に入れてあった “秋味” は、一瞥したものの手は伸びず。
ますます「燗酒街道まっしぐら〜♪」な予感。(笑)