猿真似

どぶブレンドこの薄らと濁った赤茶色の液体。紅茶でもなければ烏龍茶でもない。もちろん長期熟成の梅酒でもありませぬ。

然らば、その正体は…

時差 −(マイナス)14時間の海の向こうで「ミラクルだぁ〜!!」とはしゃぐ姿を黙って見過ごすほど人間ができておりませぬゆえ、早速やってみました。
どぶ+麦酒♪
どぶ・麦酒あちらの写真が小さいためにアバウトながら同じ仕込号数と思われる “どぶ” なれど、『旨口』印と日本酒度『+9』は本国ならでは。(笑)
合わせる麦酒はもちろん我が家の定番♪

■生酛のどぶ H17BY仕込14号+9【旨口】
   +
■新潟麦酒 ゴールデン・エディンバラ(Al.8%)

アチチに煮た “どぶ” にぬるい “ゴールデン・エディンバラ” を注ぎ、ブレンドの割合をいろいろ試してみると…
どれも大ハズレはないものの、麦酒と生酛特有の風味ともに感じられる 1:1 くらいが最も面白いかと。麦酒由来の華やかな香りと生?の酸味が絡んで、まるで干しぶどうを彷彿させるような味わいが生まれまする。
が、やはりこれは『酒』単独で味わうものであって、食中酒には不向き。
そうした意味合いからも、この日のようにスターターにもってこいですな。
お後はもちろん…
ウマウマの…どぶ祭。(笑)

上澄みだけだとあの特有の “睡龍臭” も強く、まだ渋さを感じさせましたが、よぉ〜く混ぜてからの “煮どぶ” は誰にでもわかりやすいうまみが…ボンッ・キュッ・ボンッ!! (笑)
途端に杯と箸の開店が急加速されたことはいうまでもありませぬ。

以下、ジェニファーへの伝言 (爆)
日本の地ビールも捨てたものじゃありませんから、帰国後にぜひお試しあれ♪
なお、この【旨口】の確保が必要なら、いつものように暗号文で。(笑)


不知を恥じ入る

昨日の朝のことなれど、何気なしにTVを見ていたら、『この人にトキメキっ!(NHK 生活ほっとモーニング)』と題された番組にとっても面白いおばあちゃんが…。

それまでは見るともなしに見ていたのですけれども、精進料理で知られる寺の庵主さまが語られる、なぜ料理をするのかはもちろん、生き方や恋愛論が最高に面白いのです。
84歳という齢や尼であることを忘れてしまいそうなくらい、喫煙・好物・男と女、何でもさらりと云ってのけるのですから、ずいぶんと型破りな印象を持ってしまいながらも、その話にグイグイ引きずり込まれ、とうとう最後まで釘付けにされてしまいました。
ヒマで良かったぁ。(笑)

気になったので憶えていた寺の名をGoogleで検索したら、ナント、あの『ほんまもん』で野際陽子が演じた精進料理の師、桜井泉恵尼のモデルとなったおばあちゃんで、知る人ぞ知る胡麻豆腐のつくり手だったとは…。

そのおばちゃん、右半身が不自由でありながら左手だけで一時間かけて、あのごま豆腐を拵える姿にも驚きましたが、寺の在処をGoogleマップで検索して、二度びっくり。てっきり京都にあるものと思っていたら、ナント、先日訪ねたばかりの大津の外れ

帰路とはいえ、酒の縁に導かれたのとせっかくですからまたしても鮒鮨狙いで出かけた大津にこのような方がおられ、しかも、予約すればその精進料理にありつけた!!とあっては…
もう口惜しいのなんの。(涙)

知らぬことは最大の武器ともなるとはいえ、此度ばかりは己が不明を恥じるのみ。
「え〜っ、ホントにそんな値段でいいんですかぁ!?!?」
目の玉が飛び出るほどバカッ高の老舗に寄らなくて良かった!!
と鮒鮨を手に意気揚揚と戻ったばかりで天国から地獄に真っ逆さま。orz

せめて、そのおばあちゃん、村瀬明道尼の書かれたご本でも読んで…
「お元気な内にきっと」
を心に誓いましょうや。

■月心寺地図
 滋賀県大津市大谷町27-9
 Phone. 077-524-3421
 →滋賀県観光情報
 →朝日新聞の記事


iPhone Update

噂どおり出ました “iPhone Firmware 2.2” !!

ようやく絵文字もサポートされたようですけれども、そもそもが『普通の Email (IMAP)』である iPhone のメールに馴染むのでしょうか。そして、その互換性は…。
そうした心配を余所に他国に先んじて導入されたところが、ただの『モバイルフォン』ではなく、ガラパゴスと呼ばれる『ケイタイ』(『KEITAI』と英語表記した方が適当か)文化を生んだ日本の風土というものなのかしら、と思っておりまする。

iTunes 経由で行われる iPhone のソフトウェア・アップデートでは、標準のそれと違って、コメントがテキスト形式でないためにコピー&ペーストができませぬゆえ、スクリーン・ショット画像を以下に貼り付けまする。

iPhone 2.2
※↑:マニュアルの置かれているサイトへリンクしています


休燗日

Londonまたもや気になるお酒が届いたというのに…
今夜から20日(木)の深夜(実際は21日)まで留守にいたしまするゆえ、今宵は久々の禁酒。
まぁ、その代わり明日は…午後(?)から深夜まで盛り沢山♪

無線LANのないホテルなのでiBookも持っていくつもりですけれど、更新やコメントへのお返事が滞りますことを予めご承知おきくだされ。

では、しばしの暇を。m(__)m


QuickTime H.264 Compatibility Update

Apple から QuickTime の互換性を向上させる “QuickTime H.264 互換性アップデート 7.5.5” が公開されました。

ダウンロードは、US サイトにもまだアップされていないため、Software Update 経由で。
Software Update 経由では以下のコメントが。

このアップデートにより、iChat との QuickTime の互換性が向上します。


どぉどぉ〜

霜月も折り返しを過ぎ、またもやワクワクさせてくれるおチャケたちがやってこようというのに、いつまでも未練を引き摺っている訳にはいきませぬゆえ、ここは米国ならずとも「Change!!」を。(笑)

そうそう、その前に…
あの『コイズミ君』がだいぶ安くなっておりましたのでおすすめに復活させましたから、初めての方はもちろん、買い替えや買い増しの方々も、どうぞよしなに♪

天穏■天穏 純米吟醸“馨” 中汲み H18BY
吟醸酒を飲みながらも「吟醸クセェ〜」という不遜な理由から避けてしまうことは、何も過日の19BYに限ったことではありませんけれど、これにそのような心配は要りませぬ。
酒名どおり穏やかなうまみ。とても+10とは思えないふくらみと中汲みならではの品の良さ。ともすれば線が細くなる佐香錦を使い、通常の吟醸よりメーターを切りながら、やわらかく、品格を持った酒に仕上げてしまうのですから、やはり長崎杜氏はすごいっ!!

タコの頭をアテに、熱燗(50℃近辺)ちょい上に燗をつけた “馨” を含めば、フワ〜ッと広がるうまみに肩の力も抜け、すぐに寛いでしまう反面、いきなりピッチが上がりまする。
ここでタイトルを思い起こして、逸る心を静めることになる訳ですな。(笑)
蒸し鶏も今宵は大葉とともに山葵醤油で。
里芋・車麩・人参・マイタケの煮物は里芋から出たとろみでねっとりうまい。
これでピッチを上げるなという方が無理というもの。
当然の如くに、お代わり〜♪

しかし、斯様な名杜氏の下で酒造りに携われるとは、何と幸運なことか。
そのことの有難みを肝に銘じ、20BYでのさらなる不謹慎な造りに…やよ励め!!
と某タオ君と北の国産エロス君に熱きエールを♪ (笑)


手打ち生酛

半袖でも汗ばむ陽気から一転、雨の日曜日。静かですこと。
ややヘタり気味だったバッテリーとついでに早々とタイヤも交換し、遠征準備は少しずつ進んでおりますが、肝心要の老体は…どうやら行き当りばったりになる模様。
待ち構えてくださっている方々、どうぞお手柔らかに。m(__)m

日置桜■日置桜 生酛純米“内田山田錦” H18BY
巷では既に【鍛造生酛】として出回っているこれ。引越しのドタバタの中で見つかった懐かしのラベルゆえ、同じ鍛造でも苛められ方は人一倍。
そのシゴキに耐えた稀少な一本をシュポン♪ (笑)

冷やではうまみを作り出す様々な要素が複雑に絡み合い、「ほほぉ、ようやく」という練れを感じさせるものの、燗をつけると…
火が通りきらなかった大根の煮物のようにゴリゴリした味わいが出てきて、先の長さを知ることになりまする。余計な甘がないだけにこの芯がとろけたら…とんでもない酒になりそう。
とはいえ、それを味わうには己の忍耐も鍛造しなければならないのが、ヒジョ〜につら〜い!! (笑)

奥様ばかりかお友だちまでご同伴の地元の呑兵衛氏との酒談義に気分を良くして…
「どぶ、アチチで♪」のお代わり?。

■生酛のどぶ H19BY仕込13号+11 瓶燗原酒
うぅむ、“日置桜” よりはまとまりを感じるものの、これまた強面。
フランスというと、まずポリス・カーを連想してしまうのは、クルーゾー警部のおかげで染み着いてしまったあの『待〜て〜待〜て〜♪』サイレン音の所為なれど、こうも待たせられるおチャケばかりだと、サイレンの鳴りやむ暇もありませぬ。(爆)


七五三よりも…

夜明けとともに… パン、パパン!! というけたたましい音が…。

Scene「あ、今日は15日か」
そう、毎年恒例の “鴨猟” 解禁日ですな。
「今季は真鴨を口にすることができるや否や」
と朝から全開の喰い意地もさることながら…
これでまた当分、目覚ましに不自由しませぬ。

朝焼けの丘を越え〜♪
と唄いところなれど、写真は西の空。
昨日の夕焼け。(笑)

昨夜は復活なった食品スーパーの開店初日。
タコの頭と稚鰤。久々の刺身はたっぷり山葵を利かせて…

■日置桜 純米“八割搗き強力” H16BY
開けて五日。ようやく和める味わいになった…という安堵も束の間、早、完飲。
脂たっぷりの秋刀魚の煮付けもすっきり食べさせてくれた “日置桜” 。
「これなら鴨の脂も…」と思うより早く、永の別れと相成りました。オヨヨヨヨ〜。

とはいえ、元気溌剌、19BYの “内田強力” も控えておりますし、この練れた味わいを求めようとするならば、また新しい瓶を開ければいいだけのことですから…
ちと大袈裟? (苦笑)


世界中の誰よりきっと♪

航空便が到着したというニュースは、先日、目にした覚えがありまするが、
実際に飲んだのはたぶん今シーズンの…一番乗り〜♪

なお、今回は大きなサイズの写真は用意してありませぬ。目を凝らしてくだされ♪

Nouveau■ピエール アンドレ “ボージョレ・ヌーヴォー”
  Pierre ANDRÉ “Beaujolais Nouveau”
  -Récolte du Domaine Les Rosières-
「そろそろ片付ければ?」
とまるで他人事のように宣ふてくれるカミさん。
「だったら手伝えよ!!」
と喉まで出かかった一言を押し止め、ほんの少し手をつけたものの、敢えなく中断の懶おやぢ。果していつになったらきちんとおチャケが並ぶことやら…。(苦笑)

然れど、飲む時だけは簡単に意見が一致。
「これ、飲む?」「あ〜、久しぶりにいいかも♪」
開け立てながらありがちなジュース擬きとは違い、思いの外にしっかりとしたボディ。最後に舌に残るタンニンもビロードのようにやさしい。
「へぇ〜、飲めるじゃない!?」「うん、いいわね」

ただし、アテは厚揚げとシメジの焼きものに大根おろし。
豚肉・里芋・レンコン・人参の煮物など、どれをとっても和の素材に和の調理。
レタス・セロリ・胡瓜のサラダはあっても赤ワインには…。

一、二杯はつきあったものの、残りはカミさんにまかせて、さっさと…
“ひこ孫純米+辨天娘18BY玉栄にごり” のブレンド燗に逃げ込むおやぢ。
割合は半々くらいのはずだけど、“ひこ孫” の強さはやはり並みではありませんな。

Read More


Safari 3.2

Safari 3.2

Apple の Web ブラウザ、“Safari” の最新アップデータ、“Safari 3.2” が公開。

ダウンロードは Software Update 経由、もしくは上の画像をクリック♪
Software Update 経由では以下のコメントが。

このアップデートをすべての Safari ユーザに推奨します。このアップデートにより、フィッシング詐欺 Web サイトからの保護が提供され、オンラインビジネスの識別が向上します。このアップデートには、最新のセキュリティアップデートも含まれています。

このアップデートのセキュリティ関連の内容について詳しくは、次の Web サイトを参照してください。
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP