土の力

日置桜暖かいを通り越して暑い日が続いた10月も月末から一転、雨、または曇より、そして寒い11月へ。
サンプルをみてすぐにでも入れたかったけれど、財政上の理由により半月の我慢を強いられたおチャケが、霜月第一号として入荷♪

■日置桜 純米“八割搗き強力” H19BY
16BY以来となる“八割搗き”。外見的には『平成19BY 7号酵母仕込』のラベルが首に追加されただけの違いなれど、驚くのはその中身(下の写真参照)。18BYの山田錦で圧倒的な米の差を見せつけた、あの内田さんがとうとう強力を手掛けた!!
三年ぶりの仕込み復活だけでもワクワクするには十分過ぎるのに、そこに奇跡の米が加わったら、もう心の臓がバクバクいってしまいますわ。(笑)

日置桜内田さんがつくる米のすごさはきれいに整った容姿もさることながら、酒造りには不向きな或る成分が極めて少ないこと。それゆえ80%精米でありながら「どうしてこんなに…」という味わいを生み出してくれるのです。

『米づくりは土づくり』
米に真摯な農家なら誰しも口にする言葉でしょうが、食べてうまい米と酒造りに向く米はまた別物。どちらにも地力は欠かせないけれど、或る成分の元となる要素が多いと、できあがった酒にうまみはたっぷり出るものの汚れや淀みも出易くなりますから、それを如何に抑えるかが酒米づくりの肝となる訳です。

そこまで見極めての土づくりがあってこその奇跡の米。そして、それを使いこなす造り手の技。突き詰めれば、やはりどちらも『人の力』に帰するということ。
もはや産地ではなく、個人(あるいは集団・団体?)。
食も酒もまっとうなものを選ぼうとすると、すべからくつくり手で選ぶ時代になったことの証左であり、いつの世であれやはり『基本は不変』であるということでしょうな。

肝心のおチャケの味わいは…ただいま放置中ゆえ、また後ほど♪


未練たらしく

いよいよ霜月。ふた月ずつ記載されているカレンダーはとうとう最後の一枚となりました。
下旬には新酒の声も聞かれようという頃になって、こちとらはようやく19BYの本番。
今日、霜月の第一陣が到着。何が届いたかは、またあらためて♪

天穏■天穏 純米吟醸“馨” H19BY
19BYだし、日本酒度が+10。記載されている数値だけ見れば「まだ若くて、うまみにも乏しい」と思ってしまうところなれど、意外や意外、もう飲めまする。それに、とても+10とは思えないふくよかなうまみの片鱗も。
表示された事柄・数値だけで判断してはいけない
とつくづく思わされた“天穏”。九月に入った19BYの初物、改良雄町無濾過純米原酒につづき、吟醸もいい出来だったようで、ご同慶の至りですな。

が、タイトルどおりこれ、売り物ではありませぬ。(汗)
吟醸好きにはまだまだ物足りなく感じられるでしょうけれど、変人にはちと吟醸香がありすぎるのが、見送りの最大の理由。
とはいえ、きれいで品格のある酒には違いありませんから、余所で見かけられたらお試しを♪

そう感じたのも、豆腐ともやしにシメジが主な具、という素朴な鍋がアテだったことも影響しているかも知れませぬ。味付けも極めて薄く、具材の風味だけで食べさせるものでしたから、余計に酒の香りを強く感じたのでしょう。

その証拠に「お代わり♪」で選んだ蔵の華ヴァージョンの“綿屋倶楽部”でさえ、
「くせ〜(吟醸臭い)!!」
とこぼしておりましたから。(苦笑)

ちなみにウチが入れたのは “馨” は “馨” でも…18BYの中汲み。(爆)


口実になりますかな

Fake callお、電話だ 今の着信音♪

で、いきなりこんな名前が表示されたら、本人はともかく一緒にいた人は腰を抜かしますわな。
今なら顔写真入り Barack Obama の方が余計に驚く?
麻生さんの顔なら「ただいま電話に出られません」。(笑)

実はこれ、“Fake Call” という iPhone 用アプリ。
立ち上げると、予めタイマーで設定した時間(最長10分後)に、これまた自分で設定した相手の名前や写真を表示しながら呼び出し音が鳴る、という実に無駄なアプリなれど、話の長いおばちゃんやくだらない会議から抜け出したい時にはいいかも♪

詳しくは… → iTunes Store > Fake Call