なんちゃって燗上がりに惑わされること勿れ

日本酒業界もネタ切れなのか、近頃『燗上がり』や『燗向き』を標榜する酒が増え、お手軽に追随する記事や商いも見受けられるものの、何しろ俄仕立てですから、相変らずの勘違いに気づいているとはとても思えないものも…。
中でも『甘さ』と『うまさ』の混同なんぞはその代表格でありまするな。

それにはまず、温度と味、すなわち味覚との関係を知っておかなければなりませぬ。
ヒトが『甘さ』を感じるピークは自分の体温ほどの温度の時
それよりも温度が低ければ低いほど、もしくは温度が高ければ高いほど、『甘さ』を感じなくなるのです。このことは味を神経に伝えるタンパク質の一つである “TRPM5″ が温度が上昇すると働きが強まることを突き止めた研究チームにより明らかにされていますけれど、問題は…
燗をつけることによって感じやすくなったこの『甘さ』を以て『燗上がり』
としてしまうことでしょう。

巨石@大阪城食物の味わいは中国の五行説による五味では『酸・苦・甘・辛・鹹(塩辛さ)』をいうものの、酒の味わいをいう時には『甘・辛・酸・苦・渋』の五味とされることが一般的ですな。もっとも時には『しょっぱい』と感じ取れる味わいに出会すこともありますから、あながち外れとはいえないかもしれませぬ。
とはいえ、この五味が多種多様につり合うことでそれぞれの酒の味わいを生み出していることに変わりはありませぬゆえ、すべての酒に共通する『甘さ』が感じやすくなったことだけで『燗上がり』というのは性急過ぎるというもの。

本当に『燗上がり』するにはやはり、まっとうな酒が持つしっかりした酸や程好い苦の要素に加え、味わいに『締まり』や『キレ』があってこそ。それが欠落した酒を『燗上がり』と呼んで憚らないなんて、化学調味料天こ盛りの食べ物ですら『絶品!!』と誉めそやす似非グルメのようなものですな。
かつて、燗をつけたら香気アルコールが飛んでしまい、『ただの砂糖湯』になってしまった、というひどい酒にも遭遇しておりますが、『甘さ』だけをもて映やすお子ちゃまベロから早く卒業いたしませぬか。

まっとうに仕込まれた本物の『燗上がり』なら…

    ●最後まで繰り返し飽かずに飲め
    ●アテが欲しくなり
    ●飲んだ後の清々しい満足感

そして…

    ●酔い醒めすっきり

となること請け合いですから…。

と少々のアカデミックさも込めて、偏屈おやぢからのご忠言を♪ (笑)